新しいフェイズに差しかかっている音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライブ「YOAKE」が本年5月に続き、vol.3を開催します。ありそうでなかったオープン、カジュアルで本格的なカンファレンスの本イベントも、昨年の初開催から1年を迎えます。リスナー、ミュージシャン、学生、業界人... ジャンルも世代も越えて、みんなで音楽を楽しみ、語り、考えませんか?

YOAKE vol.3


【日程】2013年11月25日(月)
【会場】渋谷クラブクアトロ(出入り自由)

【時間】
OPEN : 18:30
START : 19:00

【パネルディスカッション】
1 : 「すぐ外側から見る音楽シーンの未来」
椎野秀聰(楽器設計者、ESP / VESTAX創業者)
若林惠(WIRED編集長)
竹中直純(OTOTOY代表)

2 : 「2014年のアーティストの販売方法~そして何故アイドルは売れるのか?~」
飯田仁一郎(進行 / OTOTOY編集長 / Limited Express (has gone?))
加茂啓太郎(ユニバーサル ミュージック合同会社)
高瀬裕章(でんぱ組.incマネージャー)
渡辺淳之介(BiSマネージャー)
劔樹人(男の墓場プロダクション)

【ライヴ】
BELLRING 少女ハート、浜田真理子

タイムテーブルが変更となりました
19:00-20:15 ◆パネルディスカッション1 「すぐ外側から見る音楽シーンの未来」
20:15-20:45 ◆ ライブ1 BELLRING 少女ハート
20:45-22:00 ◆パネルディスカッション2 「2014年のアーティスト販売方法  ~そして何故アイドルは売れるのか?~」
22:00-22:30 ◆ライブ2 浜田真理子
※ライヴ1、2の出演順に変更がございました。御間違いのないようお気をつけ下さい。

【TICKET】
予約 : 2,500円
学割 : 1,500円
当日 : 3,000円(別途1ドリンク)
tixee 好評発売中!!
e+ 11/2(土)より発売開始

OTOTOYでも、チケットの取り置きが出来ます!!
【応募方法】
件名に「「YOAKE」チケット取り置き希望」、本文に氏名、住所、電話番号、ご希望の枚数をご記入の上、info(at)ototoy.jpまでメールをお送りください。追ってメールにてご連絡します。
※あらかじめinfo(at)ototoy.jpからのメールを受信できるよう、設定ください。

渋谷クラブクアトロからUstream生中継も決定!
【配信日時】 2013年11月25日(月)19:00-22:30
【チャンネル】OTOTOY TV♭Ustream

【MORE INFORMATION】
YOAKE vol.3 official web
YOAKE vol.3 official Facebook

【主催】
YOAKE vol.3実行委員会(一般社団法人ミュージック・クリエイターズ・エージェント、OTOTOY、TOKYO BOOT UP!)
【協賛】
FizzKicks.com / SpinApp
【特別協賛】
京都精華大学

『YOAKE vol.3』パネルディスカッション&ライヴ

パネルディスカッション1
「すぐ外側から見る音楽シーンの未来」
・椎野秀聰(楽器設計者、ESP / VESTAX創業者)
・若林惠(WIRED編集長)
・竹中直純(OTOTOY代表)

音楽が「コンテンツ」と呼ばれるようになってひさしい。そこからもたらされる利点があるとすれば、それは、"現在「音楽」が直面する課題をほかの「コンテンツ」と共有できるようになった" ことではないだろうか。
これは、裏を返せば、音楽の未来を考えるためには、音楽以外についても学び、考えていく姿勢がいまや不可欠だということだ。
70年代初頭にGRECOギターを設計、以来ESPやVESTAXを創業しながらもインディペンデントな姿勢を貫く椎野秀聰、日々、世界最前線のIT&カルチャー情報に触れながら、常に音楽を愛でて止まないWIRED編集長若林恵の両氏を迎えて、音楽シーンへの直言をいただきながら、共に未来を考えます。
聞き手は、電子書籍をも手がけながら音楽の明るい未来を夢見るプログラマー出身のOTOTOY代表竹中直純、実行委員会からMCA永田純。

ライヴ1
BELLRING 少女ハート

通称“ベルハー”。

サイケデリックからブチ上げロックまで、変幻自在アイドル・ユニット! 2012年4月にライヴ・デビュー。現在のメンバーはTIRA、仲野珠梨、朝倉みずほ、美月友華、宇佐美萌、柳沢あやの、カイの7人組。当初は学芸会以下と称されたゆるいパフォーマンス、足並みの揃わない個性的なメンバー、ひときわクオリティの高い楽曲など、アイドル・ファンはもとより業界関係者からも注目を集める。

>>>official HP

パネルディスカッション2
「2014年のアーティストの販売方法~そして何故アイドルは売れるのか?~」
・飯田仁一郎(進行 / OTOTOY編集長 / Limited Express (has gone?))・加茂啓太郎(ユニバーサル ミュージック合同会社) ・高瀬裕章(でんぱ組.incマネージャー)・渡辺淳之介(BiSマネージャー)・劔樹人(男の墓場プロダクション)

自分が素晴らしいと思うバンドやアーティストに出会ったとき、彼らを「どのようにプロデュースし、どのように売りだしていけばいいか?」。これは、この激動の時代において、音楽関係者がもっとも知りたいことではないでしょうか?ウルフルズやベースボールベアー、相対性理論などを世に送り出した新人発掘のプロフェッショナル加茂啓太郎、DEARSTAGEから野音をソールドアウトさせるまで上りつめたでんぱ組.incのマネージメント担当・高瀬裕章、神聖かまってちゃんを発掘し、あらかじめ決められた恋人たちへのベーシストとしても活躍する劔樹人、派手な手法と独自の理論でアイドル・グループBiSをマネージメントする渡辺淳之介が、どうすればもっと売れる!(音源がたくさん売れる、更に大きなステージにたてる、音楽だけで食べれるようになる)のかを考えていく。いまや音楽業界のメインストリームになったアイドル・シーン。AKB48やももいろクローバーだけでなく、次々とブレイクし続けるアイドルたちの活動、精神、方法論にこそ、ヒントが隠されているはずだ!?大ブレイクさせたければ、先人に学べ。あなたが販売方法を知らなければ彼らは売れない!

ライヴ2
浜田真理子

1964年島根県生まれ、松江市在住。'98年暮れ1stアルバム『mariko』をリリース。東京の大型CDショップの試聴器でロング・ヒットする。'02年レーベル美音堂が設立され10月に2ndアルバム『あなたへ』をリリース。ライブ活動を年間数本のペースで始める。'03年12月廣木隆一監督、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」にて「あなたへ」が挿入歌となり話題になる。'04年7月MBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演し反響を呼ぶ。’06大友良英プロデュース3rdアルバム『夜も昼も』をリリース。地元島根を舞台にした錦織良成監督映画「うん、何?」('08年5月公開)にて音楽を担当する。'08年11月世田谷パブリックシアターにて、演出家久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を題材にした音楽舞台で女優小泉今日子(朗読)と共演し好評を博し、各地で開催を続ける。'09年3月NHKドラマスペシャル「白洲次郎」にて『しゃれこうべと大砲』が挿入歌に起用される。'09年4作目となる『うたかた』をリリース。'11年資生堂アースケアプロジェクトCMに『LOVE YOU LONG』を書き下ろす。'12年8月プロジェクトFukushima!のイベントを松江、郡山で開催し、新曲『はためいて』を書き下ろす。13年3月より大友良英をはじめ、プロジェクトFukushima!の関係者を講師として迎え、原発を考える講習会「スクールMariko」を半年にわたって松江で開催する。'13年5作目となるアルバム『But Beautiful』をリリース。

>>>official HP

TOP