作詞・作曲、ヴォーカル、ギターを手がけるみすちゃんと、トラック作りや楽器演奏をするゆみっこによる、女子2人組のDIYな雑食系ドリーミー・ポップス・ユニット、恋のパイナップル。来春にはアルバムのリリースを夢想し、突っ走る彼女たち。今回は、前衛? それともただの偶然? なぜかリヴァーヴまみれな音像がちょっとサイケな、切ない恋の物語EP『しましま』、配信開始!

フリー・ダウンロード「トラジディー・フルーツ」はこちら>>


恋のパイナップル / しましま
【配信価格】
WAV 単曲 170円 / アルバム購入 900円
mp3 単曲 150円 / アルバム購入 800円

【Track List】
01. ハニカミヤノハニイ
02. しましま
03. トラジティー・フルーツ
04. 中央線
05. サイダー
06. サライラン

【配信音源特典紹介 『マン読スライドショー』】
音源をご購入くださったみなさんに、みすちゃん作・画、ゆみっこBGM制作&編集のスライドショー・マンガ朗読作品をプレゼント! 声優には、恋パナのふたりのほかに、ゲルを使った唯一無二のパフォーマンスをする「ゾルゲルプロ」として活躍中のケイトと、画家でありmograg RADIOのラジオパーソナリティーもつとめる才人 野村康生くん、映像編集には20TN!主宰の奇才 浮舌くんをお迎えしてお送りしています! もしかしたら世界初!? な試み『マン読スライドショー』。どうぞお楽しみください!

※サンプル画像


INTERVIEW : 恋のパイナップル(みすちゃん&ゆみっこ)

左から、ゆみっこ、みすちゃん

インタヴュー & 文 : 羽山 豪

みすちゃんは多作なんで、次々新しいのが出来るんです

ーーまずは自己紹介からお願いします。

みす & ゆみ : すずきみすずとゆみっこです。

ゆみっこ (以下、ゆみ) : 担当はキーボードとか楽器いろいろとトラックを作ったり。

みすちゃん (以下、みす) : わたしが曲と歌詞を書いてます。

ーー恋のパイナップルのブレインはどなたでしょうか?

ゆみ : ダブル・ブレインて感じ? みすちゃんが曲と歌詞は書くし、わたしはトラックを作るし。でも、わたしはアレンジだよね、どっちかっていうと。

みす : アレンジなのかな。なんか形にしますというかんじかな。

ゆみ : そういうところで好きなものなんかの影響を入れてるんだと思うんだよね。

ーー『しましま』聴いて思ったんですが、失恋のトピックが多いですね。これは創作ですか? それとも個人的な体験ですか?

みす : 個人的な体験ですね。

ーー歌詞の舞台になっているのは、いつごろのできごとですか?

みす : だいたい。2、3年前? 情念をこめました。こもってますね。男性がきくとコワいっていいます。

ーー歌詞に中央線が登場しますが、なにか思い入れがあるんですか?

みす : 自分が大学のとき使ってたのと、ザ・ブームの「中央線」という歌を聴いたとき、まだ中学生で中央線に乗ったことなくて、ロマンチックなイメージがあって。いざ使ってみたら「別に」ってかんじだったんですけど。そのイメージが曲と合ってたような気がして。


恋のパイナップル『中央線』(short ver.)

ーーなるほど。若干、恋の各駅停車かすりましたね。今回の曲でいちばん気合い入っているのはどれですか?

みす : 気合い……。

ゆみ : やっぱり「しましま」かなあ。

ーー表題曲「しましま」ですか。

ゆみ : ライヴでは毎回やってる曲で。だからすんなりできると思ったらすごい大変だったんだよね。慣れてるはずなのに、想像と全然違うというかライヴの方がいいというか。でも最終的に2番目にできる曲になった。

みす : 評判がいちばんいいかも。

ーー完成したときお風呂で泣いたんですか。

みす : 泣かないです。完成した途端聴かないです。それまでずっと聴いてるから聴きたくないよ。だからレコ発でも歌いたくないし、練習もしたくない(笑)。

ゆみ : それ聞くと、もうレコ発やらなくていいんじゃないかって思うね(笑)。

みす : 私はどんどん新しい曲をやりたい!

ゆみ : みすちゃんは多作なんで、次々新しいのが出来るんです。

だから絵だけを真面目に描いてたかっていうと、そうでもないよね。

ーーまわりの友だちは、どんな仕事をしてるひとが多いですか?

みす : もちろんバンドで知り合ったひとも多いけど、わたしは普通に働いてるひとが多いかな。

ゆみ : わたしは物作ってるひとばっかりですね。フォレストリミット(渋谷区幡ヶ谷のライヴ、クラブ・スペース。本作の何曲はそこでレコーディングされている)やってるのも友だちだし、今日つけてるニコちゃんのバッチ作ってるCOLORgungとかもそうだし、音楽やったり映像やったり絵を描いたり、作品作ってるひとが多いです。

ーー特にそれは意識してるわけじゃなくて集まってくるんですか?

ゆみ : 友だちが友だちになってみたいな。通称、パンぺン。パンクなルンペン。フリーダムなパンペンばっかり。みんな心優しいクリエイティヴなパンペンです。

ーーふたりで遊ぶときは、パンペンな仲間たちと遊ぶんですか?

ゆみ : パンペンがやってるイベント行ったりね。

みす : それにはゆみが行ってわたしはあんまり行かないかな。お互い遊んでる場所がわりと違うよね。

ゆみ : いま好きな音楽とかも違うよね。

ーー遊び場は違うんですね。そもそもおふたりはどういう関係だったんですか。

みす : 大学の同級生。同じクラス。

ーー何を学んでたんですか?

みす : 日本画専攻です。クラスも1クラスしかなくて、名字が鈴木同士だから席も隣で4年間ダラダラと一緒に過ごしました。

ーーそのときから一緒に音楽をやってたわけじゃないんですか?

みす : そのときはやってなくて、22歳、23歳で大学は卒業してるけど、恋のパイナップルを始めたのが25だから、そこまでは空いてるよね。

ーー卒業したあと、そのまま絵の仕事をやろうと思わなかったんですか。

ゆみ : 大学にいる間、ふたりとも一番楽しかった授業は特別授業の映像制作で。だから絵だけを真面目に描いてたかっていうと、そうでもないよね。わたしは途中から立体を作り出しちゃったし、みすちゃんはみすちゃんで絵は描くけど奇抜すぎて、先生が「この子はほっておこう」ってかんじの絵だった(笑)。

みす : 周りから見てても「絵に行けば」とか薦められる対象でもない。

ゆみ : なんかお好きにどうぞってかんじかね。

声が聴きたいから声が終わちゃったら飛ばす

ーーふたりで音楽をやるきっかけはなにかあったんですか?

ゆみ : 音楽やるきっかけはですね。ある日メールが来て、「銀座のライヴハウスでライヴやるから来てよ」って言われて、知らなかったからびっくりして。お母さんと一緒に見に行って、そしたらひとりで渋いライヴハウスでギター片手に弾き語りで歌ってたのね。仲良い子が頑張ってるってだけで感激しちゃうじゃないですか。一生懸命歌ってたから感動して泣けちゃって。すごいよかったからみすちゃんに「頑張ってね」って言って家に帰ったらメールが来たんです。わたしがピアノを弾けるのを思い出したみたいで、「一緒にやらない?」って。

みす : ギター弾くのがいやだったし、ひとりだとつまんないし。ゆみと仲いいし、ピアノを弾けるし一緒にやったら楽しいんじゃないかと。

ゆみ : そんなこと言われると思わなかったから「えっ」って驚きました。みすちゃんは現実的で「お金もかかるし大変だけど、それでもよかったらやってほしい」って言ってくれて。そしてその後練習してはじめてのライヴのときに名前をつけたの。恋のパイナップルのエピソードがあるんです。

ーーそれに関して何かエピソードが?

ゆみ : たいしたことないんですけど、ライヴハウスのひとにセット・リストを書かされるでしょう。そのときに「バンド名書いておいてください」って言われて。

ーーまだつけてなかったんですね。

みす : つけてないし、聞かれるとも思ってないから。

ゆみ : 夏だったから、なんとなくパイナップルだって。「恋するパイナップル」 → 恋するって意味がありすぎるから「恋のパイナップル」に落ち着きました。すごい急いでつけて。そのままこれが長く使うことにはなるとは。

ーーそのときは仮の名前ぐらいだったんですか?

みす : めっちゃ仮。だけどそのまま忘れちゃってそのまま活動続けちゃって。

ーーゆみさんが、はじめてみすずさんのライブを観に行ったときの演奏はどうでした?

ゆみ : 基本的にいま作ってる曲と変わらないかんじのを弾き語りでやってて。「とにかく歌ってます」みたいなイメージがすごくある。わたしは友だちだし、歌ってるだけで十分だった。曲間にMCが一切ない。たぶん「はやくこの時過ぎろ」って思ってたんだろうな。

みす : ライヴ1ヶ月前ぐらいから死にたいって思って。

ーーでもゆみさんに観てもらってて心強かったっんじゃないですか?

みす : そう。

ゆみ : 一緒にやるようになってからもわりとライヴ前に若干鬱になるんだよね? わたしはないんだけど。

ーーライブがプレッシャーなんでしょうか?

ゆみ : プレッシャーじゃないよね。

みす : それを人に話したらそれはステージ・フライトだよって言われてたんですけど。

ゆみ : 気持ちが落ちるの?

みす : うん。ステージに立つ前に。ほんとになんにもしたくないからライヴの準備で荷物をまとめるのもつらくて。

ゆみ : わたしは緊張したりはあるけど、わたしは常におもしろいって思ってるだけ。

昔から「みんなと違うもの聴いてきたぜ」ってかんじではない

ーーちょうどバランスがとれてるんですね。バンドを始める前からお二人とも音楽が結構好きだったんですか?

みす : そうですね。

ゆみ : わたしは大学入ってからいろいろ知りました。基本的に周りの人がジャンルを問わず音楽に詳しいんで、それで教えてもらって聴いたりとかが強いかな。すごい昔から「みんなと違うもの聴いてきたぜ」ってかんじではないんだけど、大学入ってからの周りの影響が大きいかな。

ーーじゃあ、好きな音楽が近いものだったり同じものだったわけじゃないんですね。

ゆみ : いまでも違うよね。

みす : わたし超J-POPのひとで、いまでもわりとそう。

ゆみ : アニソンも好きだよね。

みす : 中学生のときはミスチル、スピッツみたいな。ゆみと違うけど、お互いに「これいいんだよ」っていうのはいいじゃんって。

ーーその共通項ってなんですか?

ゆみ : 大学のときに借りて覚えてるのは中村一義の『金字塔』を貸してもらったのは覚えてる。そして借りパクしたっていう。そういう感じだよね。お互いに「いいよね?」「いいよね」という感覚。

みす : そこでお互い拒否してたら難しいかも。

ゆみ : みすちゃんってどちらかというと歌詞とかメロディとか声重視で。そのせいか前奏、間奏、エンディングをほとんど作らなくて。人のCD聴いててもそういう部分は飛ばすっていうのを聞いてびっくりして。

みす : 最後歌が終わったらピって。

ゆみ : だからデモも、弾き語りでくれる間奏のコードは同じとこばっかり弾いてたりとか。

ーー補足する必要があるんですね。

ゆみ : だからそういうのはわたしが補足して作ってる。みすちゃんはインストとか聴いてるイメージないよね。

ーー言葉とメロディと。

みす : 声。 

ゆみ : とばすって衝撃だよね。エンディングって余韻があるものじゃん。

みす : 声が聴きたいから声が終わっちゃったら飛ばす。ずっとそれできたから自分でも作れない。

歌以外のなにかがあったほうが、お得感があったから

ーーライヴ中に、漫画の朗読をされるそうですが?

みす : 漫画を流しながら台詞を喋って演奏もして。

ゆみ : 少女マンガを取り込んでスライド・ショーにして流して、吹き出しに合わせて声優をやる。で、生で音もつけるんです。

みす : 友だちのライヴ観に行って歌だけ聴いて帰るのより、歌以外のなにかがあったほうが、お得感があったから。自分たちもやるときにはプラスしようと。

ーー普通にMCで「今日、調子どうすか?」より、インパクトがあったほうがいいですしね。いままで演目ってなにやったんですか。

みす : 宮川匡代先生の「キスが痛いよ」っていうラヴストーリー。

ーー敬愛している漫画家さんはだれですか?

みす : もう神ですが、萩尾望都。

ーーちょっと耽美なやつがいいんですか。

みす : ぜんぜん耽美じゃないですよ。

ーー萩尾望都の作品は、美少年同士の恋愛が多くないですか?

みす : でもあれは、竹宮恵子とかはそうだけど、萩尾望都はそうでもない。

ーー「トーマの心臓」とか。

みす : でも違うよ。

ーーそれは乙女ポイントなんだよね。

ゆみ : でも好きなひとはそういうとこで見てないんだろうね。女子でもすっごいすきなひとってのそういうとこで見てない気がする。

ーーガサツな男には踏み込めない聖域ですね。

みす & ゆみ : そういうの理解してもらわないと、「しましま」の良さ深部には触れられないよ~(ニヤニヤ)。

ーーところで、注目の連載はありますか?

みす : 「なつこの酒」を書いてるひと。尾瀬あきら。あのひとの描く漫画がいつもすっごいいいのと、あとは「浮浪雲」。

ーージョージ秋山先生ですね。

みす : わたしあれ以外読んだことないけど。

一日の始まりが楽しくなったみたいなのが自分でもできたらいいな

ーー意表をつくチョイスですね……。漫画の朗読みたいに突飛なこともしますけど、表現自体はキャッチーでポップだと思ったんですが、やっぱり完全に理解できないような道を突き詰めたいわけではないんですね?

みす : ぜんぜんです。むしろってかんじ。

ーーちゃんと人がわかるようなものでおもしろいものっていうのが作りたいって気持ちがあるんですね。

みす : J-POP聴いてたときもそうだし。「わーーー」とか感動するとスピッツだったら「マサムネくんありがとう」みたいな。そのありがとうの気持ちをここにとどめておいても仕方ないから、「どうぞ次の方へ…」みたいな気持ちで作ってるかな。「一日の始まりが楽しくなった!」みたいなのが自分でもできたらいいなと。そういう人が一人でもいたらいいな。

ーーなるほど。ところで、最近恋してますか?

みす : いやもうブイブイ言わせてますよ! いろんなとこで。

ーーいろんなとこで恋してるんですか。

ゆみ : 恋したりさせたりしてんでしょう! いろんなとこでいろんなとこで落として。「さあ、つぎつぎ」ってかんじでしょう。

みす : 渡り鳥のように。一回ずつ越冬する。

ーーずいぶんウェットな歌詞を書かれますが、ドライな恋模様ですね……。

みす : それぞれはウェットなかんじなので。

ゆみ : …… 最近のわたしたちは正直クソです、恋愛においては。一回死んだほうがいい人間です… (泣笑)。

ーー次のアルバムはどういった内容になるんでしょうか?

みす : それがもっとパワーアップします。

ーー湿度がもっと強くなるんですか。

ゆみ : しかも逆に懐かしいというか何年前にもやってた曲とかを入れるから、改めて。

ーーその当時の恋を掘り起こして…。ものすごく早い曲とか次ありますか。

みす : ない〜

ーー基本、落ち着いた感じなの?

みす : 落ち着いた感じかな。

ーー「うおおお」ってあっつい反応は期待はしてないんですか?

ゆみ : うちらの曲のどれでモッシュすんの?

ーーぜひ髪を振り乱して歌うみすずさんを見てみたいです。

ゆみ : でも入れていけるもんなら入れていきたいですよ。

みす : ぜんぜん。

ゆみ : 次々回作はアーバンをテーマにしようと思ってる。ほんとは次回やろうと思ってたんだけど、もうちょっと『しましま』寄りのポップな感じになりそうなので、その次はアーバン・センチメンタルでいきたいと。

ーーもう次々回作の構想ですか。アダルト・オリオンテッド・ロックですね。

ゆみ : AORの要素を入れてきたい! あとヒップホップっぽいのもやりたいし、JUKEとかダンスっぽい要素もトラックに入れたい。そんで高速道路とか海沿いとか郊外で聴くのが似合うものにしたい!

ーー いいですね。ビルボードの舞台狙ってけますね。次々回作はアーバンということで。じゃあ、最後にファンのみなさんに向かってひとこと。

みす : ファンひとりしか思い浮かばない……。

ーーファンのひともタイマンはつらいですね。聴いてくれるひとにはどういうメッセージがありますか。

ゆみ : 旅のお供に。あ、日々のお供に。

RECOMMEND


24952 / ni-hao! EXPO2011 "MARVELOUS"Release Party"(HQD Ver.)

京都ロックの核弾頭、Limited Express(has gone?)のゆかりがリーダーとなって結成された、3人娘によるロック・バンド、ニーハオ!。ジョン・ゾーンも惚れ込むエキセントリックでフリーキーな魅力は、恋のパイナップルとも近い?


DODDODO / ドの道ドッドド

大阪在住の女性単独ユニット。ローファイなサンプラー二台から繰り出される摩訶不思議な音楽と、時に凶暴性すら感じさせられる鮮烈なビートは、中毒者を増やし続けています。 ある種の突き抜けた音楽性は恋のパイナップルとも近似性がある?


neco眠る / Even Kick Soysause

ENGAWA~フロア~老人ホーム~まで、マイペースにイーブンキックで繋ぐ唯一無二のONYANCOオブスキュGROOVE!!! neco眠る!!! 言っとっけどよ、盆踊りでもなければ、 DUBでもなければ、インストでもナイ!! (※インストではアル!!)青春ビザールDISCO!!

LIVE INFORMATION

なりすレコード Presents 《たそがれは逢魔の時間 vol.1》
2013年9月16日(月/祝) @赤坂グラフィティ
詳細情報

PROFILE

恋のパイナップル

作詞・作曲、ボーカル、ギターを手がけるみすちゃんと、トラック作りや楽器演奏をするゆみっこによる、女子2人組の雑食系ドリーミー・ポップスユニット。武蔵野美大卒業後の2008年に結成。通称「恋パナ」「パナちゃん」。みすちゃんが生み出す、せつなくてちょっぴり胸キュン!な恋のうたを、ある時はシンプルなアコースティックに、ある時は浮遊するhiphopのように、またある時はビートを利かせたダンス・チューンにと、2人それぞれの好きなものを取り込みながら楽曲・トラック制作、アレンジをしている。自分たちでは無意識だが、「どこか懐かしい」と言われること多々あり。最近はもっぱら『アーバン』というワードにはまり、早くも次回作or次々回作でのセンチメンタル・アーバンな世界をもくもく構想中。不定期開催の自主企画イベントでは、みすちゃんお得意の萌えアニメ声で90年代の少女マンガをスライド・ショー朗読し、ゆみっこがシンセでBGMや効果音を付ける『漫読』なども行うなど、とにかくおもしろそうなことはとりあえずやってみる派の雑食系。そして2014年新春にフル・アルバムをリリースすべく、只今絶賛録音中。
オフィシャルHP

すずきみすず
恋パナの作詞・作曲を手掛ける、シンガー・ソングライター。ボーカル&ギター担当。お絵かきも得意でマンガ好き。今回のDL特典のマンガの作・画もつとめている。

ゆみっこ
恋パナのアレンジ、チャカポコ・トラック作りなどを担当。ゆるい・ぬるいぬいぐるみを作る『ぬるぐるみ作家』として展示を行ったり、DIY的VJユニット『MS5SICK』ではTARODAVID名義でVJ助手として活動。これまで、2.5DでのDE DE MOUSEライブや渚音楽祭など、様々なアーティストのライブやDJイベントでVJ助手を経験。また、音×映像×ダンスのパフォーマンス・グループ『OPENdAN』の音担当としても活動、10月6日には秋田県大館の根子集落トンネル内でパフォーマンス予定。幡ヶ谷forestlimitでは、たまーにバーテンとしていたりいなかったり。
ぬるぐるみHP
OPENdAN

この記事の筆者
TOP