2013/02/03 00:00

2009年から活動し、サイケデリックなサウンドが特徴的なFold Music。彼らのデビュー作を全国流通盤に先駆けHQDで配信スタート。ゲストに、Shizuku Echo(Vocal)、壊れかけのテープレコーダーズの遊佐春菜(Organ)、エンジニアに君島結(ツバメスタジオ)を迎え、マスタリングをUSインディーの鬼才クレーマー(Second Shimmy)が担当。名刺代わりにして決定盤と言える本作から、1曲フリー・ダウンロードでお届けする。そのサイケデリアに耳を傾けてほしい。

>>「ソーニャに告ぐ [Song For Sonia] 」のフリー・ダウンロードはこちら

Fold Music / 山々よ容喙するな

1. 山々よ容喙するな [The Mountains Must Not Interfere]
2. ソーニャに告ぐ [Song For Sonia]
3. オルカと篤志家 [Orca And Philanthropist]
4. 乾いた油 [Dry Oil]
5. 梯子 [The Ladder]

販売形式 : mp3 / wav
販売価格 : 単曲 200円 / まとめ購入 800円

※まとめ購入の方には、Webブックレットをプレゼント

これは架空でも怪奇でもない、現実の音だ

このバンドのことを知ったのは、筆者がこの1月までパーソナリティを努めていたラジオ番組『radio kitten』を通じてのことだった。この番組では後半にデモ・コーナーを設けていて、自薦・他薦問わず送っていただいた自作の未発表音源、デモ音源の中から選りすぐりの曲を毎回ご紹介していたのだが、今年最初の放送でおかけした曲の一つがFOLD MUSICの「山々よ容喙するな」という曲だった。

送られてきた音源を聴いた瞬間、興奮したのを今でも覚えている。異端性と土着感とが折り重なってまどろんでいるようなこの奇跡は何だろうか、と。例えば羅針盤、渚にて、マヘル・シャラル・ハシュ・バズといった日本の真摯なバンドのサイケデリアや、グリズリー・ベア、フリート・フォクシーズなど新世代のバンドのゴシックな匂い。ヴォーカルとギターを担当するリーダーの小田切冴樹が描く歌詞、旋律には、間違いなくそうした先達、同志たちに通じる特有のオブスキュアな感触があった。それはドロリとした血なまぐささも孕んだ、稲垣足穂や内田百閒のような幻想文学のようでもある。繰り返し聴く中で、そんなことも想像してみたりした。

面白いのは、FOLD MUSICはそうした幻想文学然とした音世界を、あくまで都会の風景の中で鳴らそうとしているということだ。一歩路地裏に入れば華やかさの影でひっそりと息づくダークな都会の染みのようなものが顔を出す大都会、東京。このバンドは一見目を背けたくなるようなそうした翳りある風景に、ある種のファンタジーを与えようとしているのかもしれない。そこは本当にただの都会なのか。もしかすると桃源郷への入り口なのではないか、否、はたまた死に導く樹海への扉なのではないか、などと…。

その「山々よ容喙するな」を含む5曲入りのミニ・アルバムを聴いて、今、改めてそんなことを考えてみている。壊れかけのテープレコーダーズの女性鍵盤奏者、遊佐春菜がゲスト参加し、録音エンジニアには君島結(ツバメスタジオ)を、マスタリングには何とシミーディスクのクレイマーを迎えたという今作は、そうしたこのバンドの死臭漂うゴシックな音風景を見事に表出した力作だ。生と死が背中合わせであること、歓びと絶望が同じく紙一重であることをこのバンドは伝えようとしているのかもしれない。

しかし、これは架空でも怪奇でもない、現実の音だ。音の底辺に漲る生命力を感じ取ってほしいと思う。(text by 岡村詩野)

LIVE SCHEDULE

2013年2月11日(月・祝)@渋谷7th FLOOR
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 2,000円 / 当日 2,300円(ドリンク代別)
出演 : Fold Music / デマゴーグ / メケメケ / NAISHO / ENMANOVA

RECOMMEND

maher shalal hash baz / C'est La Derni_re Chanson

工藤冬里を中心とする不定形ユニット、マヘル・シャラル・ハシュ・バズの、ロング・セールスを続ける『他の岬』に続くKからの第2弾リリース。2005〜7年にかけて工藤により作曲された膨大な楽曲を、「初見プロジェクト」スタイルによりフランスはシェルブールにて録音。「ミュージアムに行って一枚一枚の素描を見ていくのと同質の体験を」というコンセプトにより、均等に曲間を10秒ずつ取って、極端なショートピース中心の作品群を配置。あまりに挑戦的/野心的な構成ながらもアルバム全体としてはポップと呼べる印象すら受ける驚異的な仕上がり。

>>maher shalal hash bazインタビュ―

壊れかけのテープレコーダーズ / ハレルヤ

エンジニア近藤祥昭(GOK SOUND)のもと、バンドの名に帰すようにオープンリールのテープレコーダーによってオール・アナログレコーディングが行われ、唯一無二の音が聴こえ、その場に引きずり込まれる独特独自のサウンド・ピクチャーとなる3rdアルバム『ハレルヤ』が完成。結成5年の集大成。

>>壊れかけのテープレコーダーズ 特集ページ

割礼 / 星を見る

2003年リリースの「セカイノマヒル」以来7年ぶりの6thアルバムがついに登場!ファンの間で正式なレコーディング・テイクを待ち望む声が多かったあの「リボンの騎士(B song judge)」をとうとう収録。この15 分間におよぶ怒涛のダーク・サイケ・ナンバーで幕を開ける本作は現在の4 人編成になって初めてのアルバム。

>>割礼 インタビュ―

PROFILE

Fold Music

2009年秋、東京のとある一角でFold Music(フォルド・ミュージック)は活動を始める。バンドの発起人が早々に脱退してからは、中心人物である小田切冴樹(Guitar & Vocal)が全曲の作詞・作曲を担当し、都内でライヴ活動をスタート。編成メンバーはライヴ毎でフレキシブルに変化し、小田切がソリストとして弾き語りをする場合もFold Musicである。また、最近のライヴ活動では四人編成がもっともスタンダードな形であり、結成当初から在籍する住村洋祐(Bass Guitar)を筆頭に、Kami(Lead Guitar)、モンジ(Drums)で"Bob Dylan and The Band"の"The Band"のような役割を担っている。主に都内近郊で、渋谷7th FLOOR、下北沢mona records、秋葉原CLUB GOODMAN、東高円寺二万電圧などをメインにライヴ活動を行っている。

>>Fold Music myspace

この記事の筆者
岡村 詩野

音楽評論家/ 音楽メディア『TURN』(turntokyo.com)エグゼクティヴ・プロデューサー/ 京都精華大学非常勤講師/ オトトイの学校 内 音楽ライター講座(https://ototoy.jp/school/ )講師/ α-STATION(FM京都)『Imaginary Line』(日曜21時〜)パーソナリティ/ 『Helga Press』主宰/ Twitterアカウント ▶︎ @shino_okamura / Instagram ▶︎ shino_okamura

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

「これがあるじゃん」の先は、それぞれで考えましょう──折坂悠太がたどり着いた『心理』

音楽をやっている理由を考え直そうじゃないかと──カネコアヤノの『よすが』はいずこに

音楽をやっている理由を考え直そうじゃないかと──カネコアヤノの『よすが』はいずこに

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

長く多彩なキャリアと新作から読み解く、アーティスト西村中毒の真髄とは

「アメリカ音楽」に魅了され続けた“タンテ”が提示する新解釈

「アメリカ音楽」に魅了され続けた“タンテ”が提示する新解釈

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

菅原慎一が語るアジアの音楽──韓国と台湾、現行シーンから生まれる音たち

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

アジア・インディー・ロック大研究!!! OTOTOY的ディスク・ガイド

アジア・インディー・ロック大研究!!! OTOTOY的ディスク・ガイド

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

【ハイレゾ配信】4年半ぶりの前野健太、待望の新作『サクラ』

【ハイレゾ配信】4年半ぶりの前野健太、待望の新作『サクラ』

キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信

キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信

スカート、メジャー・デビュー作『20/20』をリリース & 岡村詩野によるロング・インタビュー掲載

スカート、メジャー・デビュー作『20/20』をリリース & 岡村詩野によるロング・インタビュー掲載

【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ

【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー

SECOND ROYAL RECORDSからSeussがデビュー・ミニ・アルバムをリリース&リード曲をフリー・ダウンロード!

SECOND ROYAL RECORDSからSeussがデビュー・ミニ・アルバムをリリース&リード曲をフリー・ダウンロード!

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

2015年の決定的1枚、ceroの3rdアルバム『Obscure Ride』配信&インタヴュー

ムーンライダーズの鈴木慶一が新バンド、Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)を結成!

ムーンライダーズの鈴木慶一が新バンド、Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)を結成!

カジヒデキ『Sweet Swedish Winter』

カジヒデキ『Sweet Swedish Winter』

Controversial Spark待望のファーストフルアルバム配信開始!

Controversial Spark待望のファーストフルアルバム配信開始!

倉内太の新作、岡村詩野によるインタヴューを追加掲載!

倉内太の新作、岡村詩野によるインタヴューを追加掲載!

SWANS、2年ごしの新作は2枚組2時間越えの大作!中心人物へのマイケル・ジラへのインタビュー

SWANS、2年ごしの新作は2枚組2時間越えの大作!中心人物へのマイケル・ジラへのインタビュー

アジカン後藤正文こと"Gotch"、ソロ・アルバムがハイレゾで登場

アジカン後藤正文こと"Gotch"、ソロ・アルバムがハイレゾで登場

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

トリプルファイヤー、待望の新作をOTOTOY先行でリリース!

藤井洋平『Banana Games』を配信開始 & インタヴュー

藤井洋平『Banana Games』を配信開始 & インタヴュー

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

Fold Music 『山々よ容喙するな』配信開始

Fold Music 『山々よ容喙するな』配信開始

NRQ 待望のアルバムを配信開始! 対談:牧野琢磨×佐藤薫

NRQ 待望のアルバムを配信開始! 対談:牧野琢磨×佐藤薫

岡村詩野コンピレーション・アルバム『radio kittenコンピレーション vol.2』

岡村詩野コンピレーション・アルバム『radio kittenコンピレーション vol.2』

folk enough『Exit』レビュー

folk enough『Exit』レビュー

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

radio kittenへの道!!

虚弱。『孤高の画壇』HQD(高音質)音源で先行配信!

虚弱。『孤高の画壇』HQD(高音質)音源で先行配信!

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

ムーンライダーズ 活動休止前のラスト・アルバム『Ciao』リリース

ムーンライダーズ 活動休止前のラスト・アルバム『Ciao』リリース

ムーンライダーズ 無期限活動休止を発表

ムーンライダーズ 無期限活動休止を発表

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

全曲フル試聴『EVERYBODY LISTEN!』vol.2 ツチヤニボンド

在日ファンク『爆弾こわい』配信開始!

在日ファンク『爆弾こわい』配信開始!

TOP