遂にYouTubeのあの曲が買える! EVISBEATSのニュー・アルバムが届いた!

EVISBEATSの4年ぶりとなるアルバム、『ひとつになるとき』が届いた。韻踏合組合を離れリリースしたソロ・アルバム『AMIDA』以降も、KREVAやRHYMESTERなどをはじめ、数多くのアーティストを通してハイ・クオリティな作品を世に送り出してきた彼。今作を待ち焦がれたファンは多いに違いない。半年も前にYouTubeにアップされた「ゆれる feat.田我流」は話題となり、今や田我流を代表する曲の1つと言っても過言ではない。続いて公開された「いい時間」も鴨田潤(イルリメ)が作詞を担当し、スピリチュアルかつグッド・バイヴスな曲となった。

本作では、普段のプロデュース・ワークでは聞くことができない、ラップ・ネーム“AMIDA”としてのラップを聴くことが出来る。そのリリックに特徴的なのが、彼の仏教的な世界観だ。宗教音楽と思われるサウンドを多く取り入れてはいるが、そのサウンドを身構えることなく親しめる。むしろ脱力感すら漂う彼の声とフロウは、親しみやすい青年のようでもあり、内容は落語家のように起承転結とウィットに富んでいる。そんなピースフルなスタイルを一貫しつつも、競争激しいシーンの中では頭ひとつ飛び抜けている彼のヒップ・ホップとはどのようなものなのか。今作の製作に触れながら、EVISBEATSのオリジナリティに迫ってみた。

インタビュー&文 : 斎井直史

約4年振り、待望のセカンド・アルバムが遂にリリース!

EVISBEATS / ひとつになるとき
数々のプロデュース・ワーク、客演で更なる高みへ到達したEVISBEATSのセカンド・アルバム。PVや7インチでCD化を渇望されていた楽曲も勿論含む全15曲収録。こんなときだからこそ「ひとつになるとき」が必要なのです。

【Track List】
1. 祈り / 2. フェリチタ / 3. ちょうどYeah! / 4. いい時間 / 5. ゆれる feat. 田我流 / 6. ギャーテーギャーテー / 7. なんともまぁなんだかな / 8. ジャイプールの裏路地にて / 9. 一本のロープ / 10. ヨーガ教室 / 11. 海岸を越えて / 12. 気楽な話 remix / 13. いなか浜 / 14. AGAIN feat. CHIYORI / 15. 帰りましょ

やはり面白いネタを聞いて探す中で個性が出てくる

——今作はサンプリングを感じさせない音が多いように感じますが、ご自身で楽器を演奏されたのでしょうか? また普段から楽器に触れる機会があるのでしょうか?

今回のアルバムに関して言えば、割合はサンプリングと演奏の半々で、演奏は前田和彦さんにお願いしています。僕は楽器は出来ないので、コードを打ち込むくらいですね。

——EVISBEATSさんは、MCネーム「AMIDA」として活動されており、前作のアルバム名も『AMIDA』というタイトルでした。今作『ひとつになるとき』でも、前作に続き平和な雰囲気に溢れ、仏教的な香りが漂っています。もし宗教的ルーツが 今作に影響を与えているようであれば、教えて頂けますでしょうか?

そういった類いの本を読むのが好きなので、そういう影響はあるかもしれません、あと、旅をする中で自然とそうなったのと、参加してくれた作詞家さんや歌い手さんとの化学反応ですかね。

——今作のタイトルは『ひとつになるとき』ですが、アルバム制作に至った経緯を教えてもらってもよろしいでしょうか?

今作に収録されているのは、前作『AMIDA』から作り貯めてきた曲達です。遊びで作っていた曲を厳選してまとめました。

——EVISBEATSさんは、どのようなタイミングで曲が生まれるのでしょうか? テーマを先に設定されるのでしょうか? それともビート・メイクが先でしょうか? また、制作で苦しむ時があれば、どんなことで苦労されているのか、教えて頂けますか?

ビート作りが先です。トラックを作っている時は集中してるので楽しいですが、作詞や歌となると、なかなかうまく出来ずに苦労しました。歌詞は最初何曲か書いていたのですが、納得出来ずに全部ボツにしてしまったくらいで、歌詞が書けず長い間制作を放置してました。歌は何度もやり直したり、一人きりで録音してることもあって気分が滅入りました。

——「いい時間」で鴨田潤氏に作詞を依頼された経緯を教えて頂けますでしょうか? また「いい時間」はどんな時に生まれた曲なのでしょうか?

鴨田潤さんは、僕が歌詞を書けずに悩んでいるのを誰かから聞いたみたいで、電話をかけてきてくれて。自ら作詞をかって出てくれました。大阪に来てはる時に数曲のトラックを渡したら、次の日に『いい時間』が出来てきました。ひらめいて一気に書いて歌ったみたいで、そのスピードに驚きましたし、歌の素晴らしさに、うんこちびりそうになりました。

——優しい音や幻想的な雰囲気に、仏教に関するワードを抜きにしてもアジアを感じます。アジアの音を取り入れたヒップ・ホップというと、ウータン・クランのような東洋趣味に傾く気がしますが、それとは違ったオリジナリティに富んだ楽 曲になっているのには、何が影響しているのでしょう?

4年の歳月の中で、インドでのフィールド・レコーディングやタイ・ファンクなどを聴く中で、色々と興味が変化していきました。タイ・ファンクなんかは、歌と音の怪しい感じが面白くて色々と聞きました。やはり面白いネタを聞いたり、おもしろい部分を探す中で個性が出てくるかと思います。『ヨーガ教室』は前田和彦さんが演奏してくれました、アイデアも技術も凄いのでほんと天才だと思います。

——宗教と音楽の繋がりというのは、現代、希薄に感じます。それは、EVISBEATSさん自身が求めているものなのでしょうか?

もともと芸能は神事から生まれてますし、神に奉納するみたいな、その繋がりはあってほしいですね。作品を発表するとなると多くの人に影響力があるので、やはり少しでも希望や慰め、励まし、癒し、安らぎなどがあればいいなと思います。今は、音楽の力が広がりもパワーもあるし、いつでもどこでもお金もかけずに楽しむことが出来る。しかも音の波動で良くも悪くも色んなエネルギーを与えれる。まぁ、このような作品でも音楽療法になればいいなと思います。

——ご自身のラップにおいては、ディス・リスペクトや他のラッパーに対しての「嫌み」や「感情」が排除されていますよね。ヒップ・ホップは、そういった棘が付きものかと思いますが、EVISBEATSさんのラップ・スタイルのスタイルは昔から一貫したものなのでしょうか?

そういう嫌悪や批判をラップで表現した時もありましたが、結局は天に唾を吐くみたいに自分に返ってきますし、ヒップ・ホップがどうこう以前に、なぜ相手にそういった感情を持つのかというと、自分自身の未熟で嫌な面を相手に見ていて、それが嫌悪の対象になると思います。羨ましかったり見下していたり自分のエゴだったり金のことだったり… まぁ自分にもありますが、気にならなくなりましたし、本当に理にかなった突っ込みじゃないと駄目ですね。

——そもそも、ヒップ・ホップにハマったキッカケを教えて下さい。そして、トラック・メイクを始めた頃のお話もお聞かせいただけますでしょうか。

ベタに中学の時にスケボーをしていて、そのビデオに使われてる音楽や、兄がテープに録音していたEric B. & Rakimの「Don't Sweat The Technique」を聞いたりしたのがきっかけです。日本語で初めて聴いたのは、スチャダラパーの「後者」っていう曲です。兄の部屋から聞こえて来て「なんやこれ? 」って。RAPしててもハマるオケがなかったので、トラックは自分で作りたいなと。20歳の時地元の先輩からASR-Xを譲ってもらいました。音はショボイですが、シンセ音源もついているし、耳で聞いて編集する感覚で作れるので楽しかったです。

——リスナーとして洋楽、邦楽問わずシーンの流れをチェックされたりはするのでしょうか? もし、されているのならば、ヒップ・ホップにおける"流行り"な制作手法に影響を受けることがあるのか、教えて頂けますでしょうか?

フリーで配っている音源とかを聴くくらいですね。BLU(E)とかKANKICKとかEXILEとかFUNKY DLとか好きで聞いてます。最新って感じではないですが。新旧問わず面白いやり方は真似します。

——他のアーティストに提供するトラックも、一聴しただけでEVISBEATSのトラックと直感するのですが、ご自身ではオリジナリティを出す為に、何に気をつけて制作されているのでしょうか?

個性は多分ネタの選択とかアイデアとかですかね、特に個性を出そうと思ってないですが変わったのが好きです。グルーブとか、ネタの質感、ドラムの質感と鳴りは気をつけてます。まぁ普通ですね。

——ご自身でライバル視もしくは気になるプロデューサーがいらっしゃいましたら、教えて頂けますか?

ライバルはいないですね。気になるのは、BENNY SINGSとかBLU(E)とかKANKICKとかEXILEとかFUNKY DLとかJ DILLAとか、まぁやばい曲作る人全員です。日本では、細野晴臣さん、TEI TOWAさん、BACHLOGICさん、PUNPEEさん、ハナレグミ、S.L.A.C.K.さん、鎮座君やシンコさん等、書ききれないですが沢山います。

——既にとてもアーティストの繋がりが広いEVISBEATSさんですが、今後共演したい方がいたら教えて頂けますでしょうか?

ライヴを一緒にやっている、PUNCH&MIGHTYとは一緒に作品を作りたいのと、鴨田潤さん、伊瀬峯幸さん、DOZANさん、前田和彦さんとは今後も一緒に作品を作りたいです。それと鎮座DOPNESSさんとハナレグミさん、七尾旅人さん、田我流さん、UAさん、KEYCOさん、LEYONAさん、ERIさん、女性の歌い手さんとか共演したいです。

RECOMMEND


QN / New Country

2010年「THE SHELL」、2011年「Deadman Walking 1.9.9.0」、そして2012年、3rd Album「New Country」前作から約5ヶ月、以前に増してグルーヴを増したトラック・プロデュース、ラップ・スキル、そしてメッセージ&アイデア。これはQNが導く、新しい世界「New Country」である。2010年に「THE SHELL」で幕を明けたQNのソロアルバムは、新たなPHASEに入る。


S.L.A.C.K. / この島の上で

忘れられない、忘れてはいけないような日を経験した。3.11。死を覚悟したその時、制作意欲が沸き出した。その時この島の上、S.L.A.C.K.が思う事とは?


WATTER / WATTER

S.L.A.C.K.主催のレーベル「高田音楽製作事務所」から、板橋出身ビートメイカー「WATTER」の初インディー・デビュー作が遂に登場。全7曲で構成されるWATTER BEATの数々は、板橋臭プンプンに漂う仕上がりになっている。地元から5LACK、PUNPEE、GAPPER、TAMU、MC KOMICKLINICKに加え、OYG、仙人掌を客演に迎え試聴意欲そそる癖のある一品に仕上がっている。

PROFILE

EVISBEATS
元韻踏合組合。2004年韻踏脱退後にトラック・メイカーEVISBEATS、ラッパー名義AMIDAとしてソロ活動を開始する。KREVAやET-KING、RSPといったメジャーから韻踏合組合、般若、SHINGO西成、UKのブレイク・ビーツ職人BOCA45のREMIX、サイプレス上野、スネークマンショウのCLUBKINGのコメディー音源等、様々な楽曲の制作に携わる。

official Blog

この記事の筆者
斎井 直史

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い! ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第12回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第12回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載がスタート!!第1回は今話題のSuchmosとビルボードを揺るがすMigosについて!!

HIP HOPライター斎井直史による定期連載がスタート!!第1回は今話題のSuchmosとビルボードを揺るがすMigosについて!!

RAU DEF 『ESCALATE』配信開始 & インタビュー! シーンを騒がす男!

RAU DEF 『ESCALATE』配信開始 & インタビュー! シーンを騒がす男!

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.6ーー哀愁あるラップ、北千住のムードメーカーpiz?

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.6ーー哀愁あるラップ、北千住のムードメーカーpiz?

【連載】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「INTERSECTION」Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS

【連載】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「INTERSECTION」Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.4——LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.4——LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG

CENJU『Cakez』を配信スタート & インタヴュー

CENJU『Cakez』を配信スタート & インタヴュー

ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulectionに迫るインタヴュー掲載!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.2

ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulectionに迫るインタヴュー掲載!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.2

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

Vlutent Recordsの首領、VOLOのニューアルバム『十』。「最先端かつ地に足がついた系ヒップホップが、松戸からすっげ~キテる!」

Vlutent Recordsの首領、VOLOのニューアルバム『十』。「最先端かつ地に足がついた系ヒップホップが、松戸からすっげ~キテる!」

足立区から発信するトラウマ電波…VANADIAN EFFECTが長い潜伏期間を経て1st albumをリリース!

足立区から発信するトラウマ電波…VANADIAN EFFECTが長い潜伏期間を経て1st albumをリリース!

MUTA、特定レコード店でしか入手できないEPを独占配信&インタヴュー!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」始動

MUTA、特定レコード店でしか入手できないEPを独占配信&インタヴュー!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」始動

超青田刈り独占配信!! MOD'z CORP's『Adjuster pack』!!

超青田刈り独占配信!! MOD'z CORP's『Adjuster pack』!!

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

長い沈黙を経て遂にニュー・アルバムが完成! Young Drunkerの『SIGNATURE』。

長い沈黙を経て遂にニュー・アルバムが完成! Young Drunkerの『SIGNATURE』。

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

鬼才ヒップホップ・ユニット! LowPassのセカンド・アルバムがリリース!

鬼才ヒップホップ・ユニット! LowPassのセカンド・アルバムがリリース!

ONE-LAW、初のオリジナル・アルバム『MISTY』を配信記念対談! ONE-LAW×febb(Fla$hBackS)

ONE-LAW、初のオリジナル・アルバム『MISTY』を配信記念対談! ONE-LAW×febb(Fla$hBackS)

POWER DA PUSH! GAMEBOYS『ODEKAKE』アナログ盤より先行配信!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS『ODEKAKE』アナログ盤より先行配信!

日本語ラップ・シーンの新世代。Fla$hBackSのファースト・アルバム先行配信決定!

日本語ラップ・シーンの新世代。Fla$hBackSのファースト・アルバム先行配信決定!

POWER DA PUSH! OMSB『MR.“ALL BAD”JORDAN』配信開始!!

POWER DA PUSH! OMSB『MR.“ALL BAD”JORDAN』配信開始!!

POWER DA PUSH第5弾! 世界に誇るビート・メイカーPigeondustのデビュー・アルバムを先行配信!

POWER DA PUSH第5弾! 世界に誇るビート・メイカーPigeondustのデビュー・アルバムを先行配信!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS登場!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS登場!

EVISBEATS『ひとつになるとき』配信開始

EVISBEATS『ひとつになるとき』配信開始

YOUNG HASTLE『Can't Knock The Hastle』配信開始

YOUNG HASTLE『Can't Knock The Hastle』配信開始

空也MC『独走』配信開始&インタビュー

空也MC『独走』配信開始&インタビュー

TAKUMA THE GREAT『THE SON OF THE SUN』配信開始

TAKUMA THE GREAT『THE SON OF THE SUN』配信開始

鬼『蛾』全面女性アーティストをフィーチャーした新作が登場!

鬼『蛾』全面女性アーティストをフィーチャーした新作が登場!

SALU インタビュー&独占PV特典!!

SALU インタビュー&独占PV特典!!

VOLO and piz? ABC『ABC』が配信開始 & インタビュー

VOLO and piz? ABC『ABC』が配信開始 & インタビュー

SIMI LAB 1stAlbum『Page 1 : ANATOMY OF INSANE』

SIMI LAB 1stAlbum『Page 1 : ANATOMY OF INSANE』

MOROHA アフロの40分

MOROHA アフロの40分

RAU DEF『CARNAGE』配信開始

RAU DEF『CARNAGE』配信開始

Sick Team 配信開始

Sick Team 配信開始

鬼 『湊』インタビュー

鬼 『湊』インタビュー

Earth No Mad from SIMI LAB『Mud Day』ボーナス・トラック付きで配信開始 & インタビュー

Earth No Mad from SIMI LAB『Mud Day』ボーナス・トラック付きで配信開始 & インタビュー

ROMANCREW『ロマンのテーマ』インタビュー

ROMANCREW『ロマンのテーマ』インタビュー

S.L.A.C.K.『我時想う愛』配信開始

S.L.A.C.K.『我時想う愛』配信開始

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND 『THE LABORATORY』WAV配信開始 & MACKA-CHIN & D.O.I インタビュー!!!

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND 『THE LABORATORY』WAV配信開始 & MACKA-CHIN & D.O.I インタビュー!!!

BUPPON 『蓄積タイムログ MEGA MIX』フリー・ダウンロード開始!

BUPPON 『蓄積タイムログ MEGA MIX』フリー・ダウンロード開始!

TETRAD THE GANG OF FOUR 『SPY GAME』 配信開始 & インタビュー!!

TETRAD THE GANG OF FOUR 『SPY GAME』 配信開始 & インタビュー!!

HOCUS POCUS インタビュー

HOCUS POCUS インタビュー

kero-one 『Kinetic World』インタビュー

kero-one 『Kinetic World』インタビュー

RAMP CAMP 『RAMB CAMP』インタビュ−

RAMP CAMP 『RAMB CAMP』インタビュ−

RAMB CAMP「B-BOY SHIT tomy wealth Remix」 フリー・ダウンロード

RAMB CAMP「B-BOY SHIT tomy wealth Remix」 フリー・ダウンロード

カコイミク『Doodle』インタビュー

カコイミク『Doodle』インタビュー

Ovall『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』インタビュー

Ovall『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』インタビュー

NAOITO『雑食familia』 インタビュー

NAOITO『雑食familia』 インタビュー

TOP