4/12(木) Ron Zacapa presents 菊地成孔DCPRGに2組4名様をご招待!

3月28日に名門インパルスから第二弾リリースとなる約5年ぶりのオリジナル・アルバムが絶好調の菊地成孔DCPRG。きたる4/12(木)に新木場にあるスタジオコーストでリリース・パーティーを開催します。ゲストにSIMI LABに加えて、アルバムの冒頭で見事なマイクリレーを披露したJAZZ DOMMUNISTERS(MC YOSHIO*O & MC菊地)の参戦も決定! さらにオープニング・アクトにはKILLER SMELLSが登場します。このページ本公演に抽選で2組4名様をご招待します。応募方法は下記をご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております!

Ron Zacapa presents 菊地成孔DCPRG

開催日 : 2012年4月12日(木)
場所 : 新木場STUDIO COAST
開場 18:00 / 開演 19:00

Guest : SIMI LAB
Opening Act : KILLER SMELLS

【チケット】
スタンディング ¥6,500
指定席¥7,000
当日券¥7,500
http://sunrisetokyo.com/schedule/details.php?id=1147

【お問合せ】
サンライズプロモーション東京
TEL : 0570-00-3337

【チケット・プレゼント応募方法】
件名に「DCPRG」本文にお名前、お電話番号を記載の上、info(at)ototoy.jpまでメールをお送りください。
※チケット・プレゼントの応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました

抽選で2組4名様を本公演にご招待させていただきます。
※なお当選の発表は、当選者の方へのメールをもってかえさせていただきます。

菊地成孔が自ら語るDCPRGの真髄を、4/12(木)の新木場で体験すべし!

一夜限定で上映されたライヴ・ドキュメント映像『"Alter War in Tokyo" DCPRG 2010/10/09~2011/6/06 ライブドキュメント』から、菊地成孔への撮りおろしインタビュー部分を特別に公開! DCPRGの魅力、真髄を菊地成孔自ら語っているトータル約17分にもおよぶ貴重映像です。

 

DCPRGの高音質LIVE音源を独占配信中!

『LIVE at BOROFESTA 2010 (HQD ver.)』

2007年4月に活動を終了してから約3年半の時を経て、昨年10月に再始動したDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN。復活第2弾LIVEとなった昨年の京都BOROFESTAでのステージを完全収録して、高音質のHQD(24bit / 48KHz WAV)音源でOTOTOYから独占配信! メンバーを一新した新生DCPRGによる混沌とした怒濤のグルーヴが、強烈なダンス衝動を呼び覚ます。この日はギターに元Judy and MaryのTAKUYAが参加。

【Track List】
01. Perfect Days For Jungle Cruise (23:42) / 02. Play Mate At Hanoi (24:05) / 03. Catch 22 (25:07) / 04. CIRCLE/LINE〜HARD CORE PEACE (19:32) / 06. Mirror Balls (11:02)

【Personnel】
菊地成孔 (cond / CDJ / key)、 大儀見元 (perc)、坪口昌恭 (key)、丈青 (key)、千住宗臣 (ds)、田中教順 (ds)、アリガス (eb)、津上研太 (sax)、高井汐人 (sax) / TAKUYA (g)

Recorded & Mixed & Mastered by 高橋健太郎Recorded at KBSホール (2010.10.22)Mixed& Mastered at DONIDONIStudioAll Photos by goto yoshitaka

>>LIVE REPORT 2010.10.22 at KBSホールはこちら

『巨星ジークフェルド 2011.02.20 Part.1 & Part.2』

今年2月19日〜20日に新宿文化センター大ホールで行われた菊地成孔のダブル・コンサートの模様をDSD音源でお届け! 「同一の呪法による二つの儀式~菊地成孔と菊地成孔によるダブルコンサート」と名付けられた2DAYSの初日に登場したのは昨年、結成5周年を迎えた菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール。そして翌日には昨年の京都ボロフェスタでの復活第2弾のLIVE音源が好調な新生DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENが登場。2日連続でホール中を熱狂の渦の中へ落とし込んだ濃密な時間をDSD音源で再現。まずは、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENの音源リリースが決定です。

『巨星ジークフェルド 2011.02.20 Part.1』

【Track List】01. MC / 02. Perfect Days For Jungle Cruise / 03. Play Mate At Hanoi

配信ファイル形式 : 1) DSD+mp3(約2.72GB)2) HQD(24bit/48kHzのwav)(約1.05GB)

『巨星ジークフェルド 2011.02.20 Part.2』

【Track List】01. Catch 22 / 02. NEW YORK GIRL / 03. CIRCLE/LINE〜HARD CORE PEACE / 04. Mirror Balls-Encore-

配信ファイル形式 : 1) DSD+mp3(約3.46GB)2) HQD(24bit/48kHzのwav)(約1.2GB)

>>>『巨星ジークフェルド 2011.02.20 Part.1 & Part.2』特集ページはこちら

DCPRG スタジオ・アルバム

>>>菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、菊地成孔DUB SEXTETなどそのほかの作品はこちら

PROFILE

DCPRG
1999年結成。2001年、恐怖と衝撃と快楽を大量装備した1ST ALBUM『アイアンマウンテン報告』を発表。主幹、菊地成孔のクラスター・オルガンとコンダクツの下、16人編成によって繰り出されるマルチBPM(全員が無関係な別のテンポをキープする)、あらゆるアフロ・ポリリズムの発展構造を持つ異形のダンス・ビート、泣きのR&Bチューン等々、重爆撃的かつ潰乱的、そして浄化的なサウンド / リズム属性。3時間のランニング・タイムがトランス / 儀式 / 戦場 / ダンスホールを結晶させる強烈無比なライヴ・アクトは、クラブ・カルチャーに於けるエレクトリック・ジャズ復権という枠を超え、00年代前半のカルチャー・エッジとなり、多くのグルーヴァーを生んだ。2nd ALBUM『構造と力』を経て、LAST ALBUM『フランツカフカのアメリカ』まで、多数のタイトルを発表し、2007年4月に活動終了。2009年、マイケル・ヘンダーソン率いる「エレクトリック・マイルス・リユニオンバンド」の来日公演のダブルビルとしてのオファーを受け、一夜限りの活動再開を決定するが、マイケル・ヘンダーソンのプロジェクト自体が頓挫し、単独ギグを行う事となり、併せて活動を本格的に再開する事になった。2010年10月、メンバーを一新した新生DCPRGが東京と京都の2カ所で再始動LIVEを披露。

>>菊地成孔 official Web

TOP