2012/03/31 00:00

テラシマユフ INTERVIEW

衣装をメイド服に着替えたぶりっこPVが物議を醸すなか、ついに新メンバーの加入決定がアナウンスされた我らがBiS(お披露目は4月15日の下北沢シェルター)。しかし先日のデビュー1周年記念ライヴでは、ここまでブレインとしてBiSを支えてきた渡辺淳之介が4月11日のワンコイン・シングルのリリースを持ってディレクターを降板すると発表し、彼女たちを取り巻く状況の混乱はより大きくなる一方だ。

そんな中、昨年7月からこのグループに加入したテラシマユフは、BiSの中核を担う存在として見事に成長を遂げた。今年に入ってからのステージを見れば、もはや彼女の存在なしにBiSはないと誰もが思うはずだ。だが本人の抱えてきたプレッシャーは周囲の想像以上に大きかったようで、この日の取材中に彼女は思わずこみ上げてくるものを抑えきることができなかった。がんばれユッフィー。BiSには君が必要だ!

インタビュー&文 : 渡辺裕也

もっと頑張らなきゃいけないと思ってます

——もうすぐ新メンバーを迎えるということで、まず現在の心境を教えてください。

私もそうですけど、特にプー・ルイさんとノンちゃんはゼロからのメンバーなので、その当時と比べれば少しは安定してきているのかな。もしかすると今から入るメンバーは、BiSにいろんな期待や希望を持っているんだろうなとは思って。私は、本当にわけのわからないところからスタートしたけど(笑)、オーディションに来てくれた子は、みんなBiSを知ってきていて、BiSに入ることへの覚悟も全然違うと思う。だってみんな「My lxxx」のPVを見た上で受けているわけですからね。すごいですよね。結果的にここまでこうして続いているけど、私はあれを見ていたらきっと受けてなかったと思うし(笑)。

——いつ頃から振り切った感じなのかな。

「Primal.」を撮ってからは割となんでも平気な状態になっていたかもしれないですね。でも、去年の10月頃に、タイでPVを撮るという案がでていた時は、ちょっとイヤになってましたけどね(笑)。でも、その10月から12月にかけて、なにかしら振り切れる時があったのかも。具体的には思いつかないんですけど。

——傍から見ると、でも今のユフちゃんは以前よりはるかに自分のキャラクターを発揮できているように感じます。最初は「真面目なアイドル」っていうコピーにちょっとふわっとしすぎな印象もあったけど、今はもうその真面目さが強い個性になってると思う。

みんなの前で勉強するわけでもないし、最初は自分でもその「優等生」というキャラ設定がよくわかっていませんでした(笑)。でも、研究員の方から「ユフちゃんはダンスも歌もしっかりこなしてて、ホントに優等生だね」って言われて、そういう部分で「優等生」と受け取ってもらえてるのかと思ったら、すごく楽になりました。とはいっても、自分のキャラクターや位置づけはいまだによくわかってないんですけど(笑)。

——でも、ステージでのパフォーマンスに関してはどんどん好きなことが出来るようになってきてるんじゃない?

そうですね。やっぱり最初は遠慮していたのもあるし、振り付けもすでに出来ているものを教えてもらって、歌割もリナハムさんのところを引き継いでいたから。でも私が入って以降の曲が増えるにつれて、自分が担うパートも増えたし、振り付けにも参加できるようになりました。あと、今はユケさんの歌っていたパートを引き継いでもいるので、もっと頑張らなきゃいけないと思ってます。

——3人体制になって、まずはなにを変えなきゃいけないと思ったのかな。

バンドマンみたいにかっこよく動き回れる人がいなくなってしまったので、まずはそこを補わなければいけないと思って。だから年末のライヴでダイヴしてしまったんです(笑)。みんなピリピリしていたし、ユケさんがいなくなってBiSがパワー・ダウンしたとは思われたくなかったので、ちょっと意地になってたんです(笑)。でも、ただガムシャラにやってもしょうがないってことに気づいてからは、三人での見せ方を考えるようになって、センターを立てて、その両脇を固めるトライアングルの作り方を意識してみたりとか、一人一人の動きを大きくする工夫を重ねました。ただ、プー・ルイさんとノンちゃんは可愛いらしい動きが得意だから、その中で今の私ががっつり踊っちゃうのはどうなのかなって最近は思ってます。ゆけさんがいた時は、いい意味でもっとがちゃがちゃした感じがあったんですけど、今はまとまりすぎてるかなって。

——その一方で、ユフちゃんはオトトイでゆるキャラの連載をスタートさせたり、個人の活動もできたよね。

あの企画ではゆるキャラとアイドルとの共通点を探っていけたら面白いかなって思っています。「優等生」っていうキャラなんだし、それっぽくレポートをしっかりと書き上げながら伝えていきたいなって(笑)。特にローカル・アイドルとゆるキャラって、地域をPRするという点では、すごく存在として近いなと思うんです。実際にうなりくんと会ってわかったんですけど、地元の人達にすごく愛されているんですね。そういうところと見せていくことで、アイドル・ファンとゆるキャラ好きの双方に新しい発見をしてもらえたらなと思っています。アイドルだけじゃなくて、ゆるキャラも戦国時代なんですよ(笑)。

——それ以外にも、なにか今後取り組んでみたいと思ってることってある?

それはマネージャーの渡辺さんにも言われるんですけど、自分ではわからないんですよね。提案されたものはだいたい「やりたい」って思うんですけど、私は自分の思っていることがまだうまくまとめられないみたいで。でもアイドルとしての仕事がなんなのかをまだ理解しきれてないから、次に自分がどうやって進めばいいのか、ちゃんと見えていないのかもしれない。このゆるキャラ企画にしても、みなさんが提案してくれたところから始まったし。

新宿LOFT/PLUS ONEにて

——BiS以外の日常はどうですか。これからはまた学校も新学期が始まるんだよね。

そうなんですよ(笑)。とれる単位はすべて取れたので授業の数は減るんですけど、これから介護体験の実習が始まるので、その時に大事な収録やライヴが重なったとしたらどうしようかなと思っています。時間割もなるべくBiSに合わせて組むようにしているんですけど、BiSの活動はその時々で状況が変わるから。

重要性でいったら、私は一番下だと思って

——これからは新しいメンバーのサポートもしていかなきゃいけないから、余計に大変だよね。正直、「今から新メンバー入れちゃうんだ? 」って思ったよ。 

それは私も思いました(笑)。そのことを考えてみんなナーバスになっているところはやっぱり少しあると思う。ただ、私のあとにメンバーが入ってくるというケースはこれが初めてだったから、BiSをよりよくしてくれる人に入ってほしいと思ってオーディションは見てました。いろんなことに耐えられる人であってほしいし、私たちもそれをちゃんと受け止められるようにならないといけないですよね。私たちも仲良くやっていこうと思える子ではないと続かないと思います。後から入る人の居心地の悪さってあるから、そういうのを感じさせずにやれたらいいなと思って。

——迎える方の気持ちになるのはこれが初めてだもんね。

みんな光るものがあって選ばれてくるんだから、これから自分のポジションもどうなるかわからないし、そこは不安ですよ。歌もダンスも、わたしよりうまい人なんていくらでもいるから、そういう人が入った時に、自分は差別化できるものがなにもないような気がして・・・。 新しいメンバーもきっと苦労するだろうな。私の場合は「My lxxx」以降、どんどん忙しくなってきましたけど、新しい子達はいきなり忙しい状況に飛び込んでくるんですもんね。それまでの生活を犠牲にしなきゃいけなくなるわけだから。私も、こんなにちゃんと学校に行かせてもらってていいのかなっていつも思ってて。

——でも、学生であることはユフちゃんの個性につながっているんじゃないかな。そういえば、オトトイの学校が終わりましたね。

和気あいあいとして無事終わりました。南波先生に「最初はユフちゃんと話しづらかったけど、打ち解けられて良かった」って言ってもらえて(笑)。南波先生だけでなく、BiSをはじめるまでは、こうして大人の人達とお仕事をする機会なんてなかったから、私もどう接したらいいのかわからなかったんです。このグループに関わってくださる方もどんどん増えていってるから、少しずつ馴染んでいけるようにしないとと思って。

——こうしてインタビューされることもそうだよね? 今となっては沢山の人にインタビューされる機会があると思うけど、それも少しは慣れたのかな。

そうですね。最初は模範解答みたいなことしか言えなくて、すごく気を使ってました。「ちょっとでも変なことを言ったら、自分のせいでBiSが叩かれるんじゃないか」と思って。いまはこうして話していくことにも少しずつ慣れてきたんですけど、やっぱりあまりマイナスの部分は出したくないとは思ってて。たとえば、モーニング娘。さんを小学生の時に見ていた時には、当然ですけど内部の事情なんてわからなかった。とにかくキラキラしていて、それがアイドルだって思ってたから。その一方で、大人になってきてから好きになったAKBさんやももいろクローバーZさんとかは、グループの苦労話を聞きながら「みんないろいろあるんだな」って思うのも面白いんですよね。で、BiSはどちらかというとそういう見せ方だから、もう少し客観的に見れるようにしなきゃなと思ってます。

——BiSは大人向けではあるよね。

そうですよね(笑)。だから、あまり夢を与えている感はないかも(笑)。BiSは自分が憧れてきたアイドルとはまた違うんですよね。自分たちの考えていることを見せ過ぎてしまっているせいで、私が好きだったようなアイドルを好きな人は離れていかないかと心配になる時はあって。BiSって、たとえばテレビに写った時に他のアイドルと比べられたら、完成度では一番になれないんですね。だからそこを磨いていきたいんですけど、かといってやりすぎるとBiSらしくないのかなって。これから興味を持ってくれる人に向けてアピールできるように考えたいんです。活動の規模は大きくなっていくのにパフォーマンスの質が落ちたらやっぱりがっかりされるだろうし。もっと「本気なんだ」っていう姿勢を見せたいんです。これからBiSを知る人が、今までのインタビューや動画にすべて目を通してくれるわけではないから。BiSのスケールや環境の変化に自分たちが追いついていけるのかが不安なんです。だからこそ、今の三人での結束をもっとしっかりしていきたい。

——でも、BiSは年齢的にみんな大人だから、ピンチの時のメリハリのつけ方は上手なんだと思う。これがもうちょっと若いグル—プだと難しいんじゃないかな。

それは、そうですね。私もそこはBiSのいいところだと思ってます。

——ユフちゃんとはもう何度もお話させてもらってるけど、いつも心配ばかりしてるよね(笑)。

確かにいつもそうですね(笑)。でも、意外となんとかなるということは、ここ何ヶ月かで学んだことですね。

——BiSのことが好きですか?

好きです。

新宿LOFT/PLUS ONEにて

——即答だね(笑)。嬉しいな。

(BiSが)すごく大事だなって思うようになった。やっぱりリキッド・ルームのライヴが大きかったと思います。ユケさんが辞めることになって、自分はどうしたらいいんだろうと考えるようになって。最初からこのグループにいたユケさんがいなくなっちゃうのはホントに大きなことで。プー・ルイさんと一緒にグループを引っ張っていた人がいなくなるわけですから、これからどうなるんだろうって。そこでなんとかしなきゃいけないっていう気持ちになった。その一連の流れで、BiSがいつの間にか大切なものになっていることに気づきました。だから3人になった時に、初めからがんばってきたふたりのなかに、ホントに私がいていいのかなとすごく思ってしまって…。(涙を流し始める)

——…。

こんなことを言ってもしょうがないですけど、どちらかといったら私が抜けてユケさんが残った方が絶対にしっくりくると思ったし、あの二人とわたしでBiSと言ってしまうことにすごく違和感があったんです。今はもう3人のなかで、もう誰も抜けないって言ってるし、私も抜けたくないけど、グループの中での重要性でいったら、私は一番下だと思って。

——そんなことないよ。

みんなきっとそう言ってくれると思うんですけど、私にとって、プー・ルイさんとノンちゃんはBiSの絶対的な存在なんです。そこに私みたいな人が加わって、果たしてなにになってるんだろうって。でも、あんなに大切な存在だったユケさんが抜けた今も、BiSはこうして続いている。もちろんそれからライヴにこなくなった方もいるし、それでも来てくれている人達もいる。むしろ増えていっている。そこで、誰かがいなくなってもグループは成り立つっていうことを実感しちゃったことで、もし仮に私がいなくなっても成り立つんだなということも見えてしまって。だから、「いなくなったら困る」と思ってもらえるように頑張りたいんですけど、まだ何をしたらいいのかという感じで…。このまま新しいメンバーが入ってきて活躍してくれるようになったら、きっと私はまた「自分はいらないんじゃないかな」と思っちゃうかもしれない。もしかすると他のふたりも同じようなことを思っているかもしれない。だからこそ私は、なんとかして今の中途半端な立ち位置から抜け出さなきゃいけないと思ってます。

——… うん。今日はここまでにしようか。話してくれてありがとう。

こちらこそ。ありがとうございました。

連続企画! テラシマユフのゆるキャラ大解剖 vol.3

こんにちは! 新生アイドル研究会BiSのテラシマユフです。第3回となりましたこの企画、今回も私の大好きなゆるキャラさんとそのスタッフさんに直接お会いして取材・撮影させていただいてきました!

そのゆるキャラとは… 埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」です! 実は現在公開中の、私達BiSが主演を務めさせていただいた映画『アイドル イズ デッド』(※)のロケ地が深谷だったのです。街の至る所に貼られたポスターや、かわいらしいゴミ収集車を見てすっかりふっかちゃんファンになってしまった私は、「次の取材はぜひふっかちゃんにお願いしよう」と密かに決意していたのでした。

>>>ふっかちゃん取材の続きはこちらから

「渡辺淳之介の空も飛べるはず」vol.3 これは失敗? 成功?

BiSを結成当初から見守り続け、今も裏方として引っぱり続けているBiSのマネージャーこと渡辺淳之介が、2012年のBiSの躍進を願う企画の第3弾。その名は「渡辺淳之介の空も飛べるはず」。行き当たりばったりの本企画ですが、BiSをリキッドルームまで引っ張り上げた彼が体を張ってBiSを盛り上げます! 苦笑いしながらお楽しみください。

撮影場所 : 2012年3月18日@代々木公園

「おみくじ的! 高音質ライブ音源付きオリジナル・ポストカード」を入手せよ!

BiSのリキッド・ルーム・ワンマン・ライヴでも販売した、BiSの特製オリジナル・ポストカードをOTOTOYでも販売します! このポストカードには、2011年11月13日の渋谷WWWのBiSのライヴ音源と、各メンバーの目覚ましボイスがついています。ポストカードの写真と目覚ましボイスの種類は、おみくじ仕様。どれがあたるかは、届いてみないと分かりません。WWW.BiS/1から5まで、好きな番号を選択して、2012年を占ってみてください。ライヴ会場に来れなかった方も、ライヴ会場では買えなかった方も、コンプリートしたい強者も是非ご購入ください。

まずは『WWW.BiS/1〜5』のどれかを購入し、目覚ましボイスのver.2(ver.1とは別ヴァージョン)を入手。数日後、ポストカードがあなたの元に送られてくるので、そのポストカードに記載されているパスコードを入力すれば、11月13日の渋谷WWWでのライブ音源と、目覚ましボイスのver.1を入手出来ます!

<ポストカードとライヴ音源(+目覚ましボイスver.1)の入手方法>

「おみくじ的! 高音質ライヴ音源付きオリジナル・ポストカード」を購入する。

各アルバムごとに違うメンバーの目覚ましボイスver.2を入手!

OTOTOYに会員登録されているあなたのメール・アドレス宛にメールが届きます。

そのメールにポストカードを送って欲しい住所を記入して返信。

数日後、ポストカードがあなたの手元に! 5種類、全部違うヴァージョン!

届いたポストカードに記載されている16桁のパスコードをOTOTOYのサイト右上にある、passcordの欄にいれると...

このポストカードでしか手に入らない11月13日の渋谷WWWでのライブ音源と、目覚ましボイスのver.1を入手! しかも何故か高音質! やった!

※OTOTOYへの会員登録が必要となります。twitter会員の方は、本会員登録が必要となります。
※ダウンロードができない、メールが届かないなど、不具合が発生した場合はinfo(at)ototoy.jpまでご連絡ください。
ポストカードに記載されているパスコードでダウンロードできる音源は、BiSの2011年11月13日@渋谷WWWの高音質ライブ音源と目覚ましボイスver.1!

WWW.BiS/1〜WWW.BiS/5


収録内容 :
01. My Ixxx
02. animal
03. MC-01
04. I'm coming!!
05. マグノリア
06. Give me your love 全部
07. MC-02
08. nerve
09. 目覚ましボイスver.1

※ライヴ音源は、WWW.BiS/1からWWW.BiS/5まで共通となります。
※09曲目の目覚ましボイスver.1は、各ポストカードの絵柄に連動した目覚ましボイスとなっています。

BiSプロフィール

プー・ルイ
BiSのリーダー兼ヨゴレ担当。現在女子大学3年生。中学時代からバンド活動を開始。2009年11月4日に第4回レコチョク新人杯に「限られた時間の中で☆」が最終ノミネートされソロでデビュー。20110年6月23日に自身のファースト・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」をリリース。

ヒラノノゾミ
秋田出身。きりたんぽうめえよ。秋田のことなめたらのんのんのん。BiSのマイペース担当。現在のアンダー・グラウンドな音楽情報を貪欲に集めるサブカル・ガール。好きな音楽は神聖かまってちゃん、黒猫チェルシー、FALL OUT BOYとロック、オルタナティブに造詣が深い。また、K−popとMADONNNAも好き。

テラシマユフ
BiSの優等生担当。トップ私立大学在籍の才女。スタッフ間ではなぜBiSに入ったのか疑問の声も多い。歌唱力は抜群。ダンス歴も長く、今後の活躍に期待が持たれる。

BiS Official Web

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定!-

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始!-

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライブ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定!!

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう!衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表!-

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタビュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス! 」ライプ・レポート!!! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ!!!-

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタビュー&ライブ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始!-

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタビュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタビュー!-

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライブ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタビュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタビュー「アイドルグループでの存在意義」

TOP