2012/01/28 00:00

Iceage / New Brigade

デンマークはコペンハーゲンから飛び出した若きポスト・パンク/ハードコア・バンドIceageがデビュー! 突きつけるかのような退廃的なサウンドと圧巻のライブ・パフォーマンスが話題となり、熱狂的なファンを増殖させ続けている彼ら。ヴァンパイア・ウィークエンドを発掘した敏腕A&Rが惚れ込み、初期ブラッド・レッドシューズやヴァンパイア・ウィークエンドのシングルをリリースしていた英気鋭レーベルと契約し、猛烈な勢いでバズを巻き起こして世界に殴り込みをかける彼ら、要チェックです!

デンマークの4ピース・パンク・バンドIceage。既に、本国デンマークを始め、各国で絶賛を集めている10代4人組のデビュー・アルバム『New Brigade』がいよいよ日本に登場する。ポストパンク、ハードコア、ガレージを「せーの」で同時に鳴らしたような… 言ってしまえば、文化祭でこのバンドをコピーした日には、教師や親が顔をしかめるようなバンドの登場だ。(そして、クラスのヒーローになるつもりが、距離を置かれる。)ギザギザ、ザクザクの硬質なギターに、「叩きたいと思ったらとにかく全部叩きます」と言わんばかりのつんのめったドラム。JOY DIVISION、POP GROUP、WIREといったIceageのルーツにあるであろうバンドたちが撒き散らしたような攻撃的な陰鬱さ。かと思えば、The Undertonesのようなガレージ・パンク。その全てが、凄まじいスピードで駆け抜けていく。

このアルバムには、10代の初期衝動という言い古された言い回しで表現されるものが、しっかりと刻み込まれている。洗練からはほど遠く、未成熟ゆえにならせる音。ただ、丁寧に研磨されていなくとも、ヤスリがけする必要も感じさせない切れ味の鋭さと音を構築するセンス。この新たな4人の"恐るべき子供たち"は、これから確実に大きな変化と進化を遂げていくだろう。しかも、そう遠くない未来に。僕は先に挙げたバンドは当然リアルタイムではないのだけれど、Number Girlに夢中になっていた頃を思い出した。そう考えると、これはもしかしたら、透明雑誌にまで地続きかもな。

とか真面目に書いてたら、年甲斐もなく、自宅で一人エアギターを掻き鳴らしてしまったぜ。
とりあえず、こういう初期衝動が詰まりまくったかっこいい音楽にのめりこんだら、人生間違えるぞ、若者よ!(text by 佐々木健治)

Iceage Live in Japan 2012

2012年2月8日(水)@原宿 ASTRO HALL
サポート・アクト / Psysalia Psysalis Psyche
開場 18:00 / 開演 19:00
Info : CREATIVEMAN

RECOMMEND

透明雑誌 / 僕たちのソウルミュージック

台湾版ナンバーガール!?2006年から活動する台湾の4ピース・オルタナティブ・ロック・バンド、透明雑誌。Pixies, Weezer, Sonic Youth, Superchunk, Cap’n Jazz等のUSオルタナティブ・ロックのパイオニア達、そして日本ではナンバーガールからの影響を公言する彼等の初期衝動に満ち満ちた魂を揺さぶる甘酸っぱい青春の破壊音!!これが、僕たちのソウルミュージック!!!!

Not Squares / Yeah Ok

2008年に北アイルランドはベルファストにて、元Tracer AMCのMichaelとKeith、Rickiの3人がリズミックでエレクトリックなダンス・ミュージックをやるべくして集まりNot Squaresを結成。タイトに疾走するドラム、時に印象的なフレーズ奏でるツイン・ベース、アナログ・シンセ、ハイテンションなヴォーカル等から生み出され るスラッシュ・ディスコ・パーティー・ミュージックはlcd soundsystemやFoals等を彷彿とさせつつもFUGAZIの遺伝子を受け継いだメンバーそれぞれのミュージシャンとしての経験の豊かさ、演奏力の高さを十分に感じさせるものである。待望のデビュー・アルバムはミックスにAdebishi ShankのVinny、マスタリングにAlohaのT.J. Lippleを起用し、始終テンション高めのエレクトロ / ロック・ダンス・チューンが目まぐるしく展開されている。

Atari Teenage Riot / Riot in Japan 2011

混沌の時代に、反逆のアタリ・ティーンエイジ・ライオットが大復活! 2011年に12年振りとなる4作目のオリジナル・アルバム『Is This Hyperreal? 』をリリースし、フジロック・フェスティバルではレッドマーキーの大トリを務め伝説のライヴを魅せた彼らが、2011年末に恵比寿リキッドルームで行われた単独公演のライヴ音源をリリース。満員のオーディエンスとフロアに響き渡る爆音のデジタル・ハードコアのぶつかり合いはまさに暴動、超過激!

Atari Teenage Riot / Riot in Japan 2011

混沌の時代に、反逆のアタリ・ティーンエイジ・ライオットが大復活! 2011年に12年振りとなる4作目のオリジナル・アルバム『Is This Hyperreal? 』をリリースし、フジロック・フェスティバルではレッドマーキーの大トリを務め伝説のライヴを魅せた彼らが、2011年末に恵比寿リキッドルームで行われた単独公演のライヴ音源をリリース。満員のオーディエンスとフロアに響き渡る爆音のデジタル・ハードコアのぶつかり合いはまさに暴動、超過激!

The Death Set / Can You Seen Straight?

ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度を大幅にアップさせている。

Iceage PROFILE

  2008年にデンマークはコペンハーゲンで結成、全員がまだ10代という4人組。ポストパンク、ハードコア、ガレージロック等の要素を余すことなく取り込んだサウンドと圧倒的なパフォーマンスでファンを増殖。本作『ニュー・ブリゲイド』は当初はデンマーク国内のみのインディー・リリースであったが、瞬く間に世界中で話題となる。その後、ヴァンパイア・ウィークエンドやザ・エックスエックスを発掘した敏腕A&Rが惚れ込み、「XL / Abeano」から世界デビューを果たす。この度、遂に日本盤のリリースと来日公演がダブルで大決定!

この記事の筆者
佐々木 健治

新宿ROLLINGSTONEレジデントDJ。 現在、毎週木曜日tutti fruttiをはじめ、平日週末問わず、プレイ中。 新宿を根城とするロックパーティ『Lamp session』主宰(現在、活動休止中)。 音楽に関する文章を書いてます。 ROCKが主食の雑食主義者。FUNKでPUNK。年代、ジャンルを縦横斜めに駆け巡り、GROOVEを生み出す。 日々、勉強。日々、ほろ酔い。

VIDEO『23区S』大谷学×柴田学(VIDEO)×加藤淳也(Tokyohelloz)対談

VIDEO『23区S』大谷学×柴田学(VIDEO)×加藤淳也(Tokyohelloz)対談

NEW HOUSE『Burning Ship Fractal』配信開始

NEW HOUSE『Burning Ship Fractal』配信開始

DIPLO率いるMajor Lazerの新作『Free the Universe』を配信開始!

DIPLO率いるMajor Lazerの新作『Free the Universe』を配信開始!

kilk recordsから新バンドがアルバムをリリース! フリーEPも配信開始!

kilk recordsから新バンドがアルバムをリリース! フリーEPも配信開始!

奇才bonstarによる39分20秒のB-BOY交響曲。『OUTCIDER HIP HOP』を配信開始!!

奇才bonstarによる39分20秒のB-BOY交響曲。『OUTCIDER HIP HOP』を配信開始!!

POWER DA PUSH! SUNNOVAのデビュー・アルバム『Flip Stoner』

POWER DA PUSH! SUNNOVAのデビュー・アルバム『Flip Stoner』

Animal Collective『Centipede Hz』配信開始

Animal Collective『Centipede Hz』配信開始

スクーターズ『女は何度も勝負する』配信

スクーターズ『女は何度も勝負する』配信

TOP