2011/12/07 00:00

日本を代表するレゲエ・バンドDRY&HEAVYのシンガーとして活動していた井上青が、バンドを離れてから初のソロ・アルバム『Arrow』をリリースする。それも名義をAO INOUEに変えて、全編歌を入れないビート・ミュージックだ。そのサウンドは、ダブ・ステップに代表されるベース・ミュージックに通じるアンダーグラウンドな熱がこもっているものもあれば、Flying LotusなどのLAのビート・メイカーが持っているメランコリックさやユーモアを感じさせるものもあり、一枚の作品の中に近年のクラブ・ミュージックの要素が有機的な形で収まっている。しかし、あるジャンルの定型に沿ったような曲はひとつもない。そこにあるのは、音楽がかけられ、それを聞いた人々が心や体を動かし、そのリアクションに刺激を受けてまた音楽が作られるといったクラブ・ミュージックのサイクルが生むエネルギーだ。そんな作品を作り上げたAO INOUEに『Arrow』を作るまでにいったた経緯や何に突き動かされて来たのかというところまで語ってもらった。

インタビュー&文 : 滝沢 時朗

才気溢れる真のベース・ミュージックを、24bit/48kHzの高音質で先行配信

AO INOUE / Arrow
誰もが待ち望んだファースト・ソロ・アルバム『Arrow』は、ジャンルの枠にとらわれない驚愕の全編インストによる超強力盤! 豊富な経験と知識、ピュアな情熱を完全注入しトラック・メイカーとしての才能を全面開化させたアルバム。

【TRACK LIST】
01. Dread Bells / 02. Priority Shift / 03. Scared Version / 04. Bat Mobile / 05. Ge2gether / 06. Mr.Bo / 07. VS04 / 08. New Buzz / 09. Delta / 10. Diving / 11. Naha / 12. Monitored Posts

AO INOUE INTERVIEW

——今回ビート・メイカーとしてアルバムを出すことになった経緯を教えてください。

AO INOUE(以下、A) : このアルバムの中に入っている曲は、一番昔のもので2004年ぐらいから作り始めたんですね。当時メインでやっていたバンド活動とは分けて、単純に好きで作っていました。『Arrow』の曲は全部インストですけど、それはインストを作りたくて作っていたんです。今回発表するに当たって歌を入れてもいいかなと思ったんですけど、よく考えてみたらインストも歌詞を書くときも自分の中では全く同じプロセスで作っているんですね。インストだと自分の感情をメロディとか音色に置き換えていて、歌だと言葉を置き換えるというプロセスになるだけで。なので、ここはあえてインストでいこうと思いました。

——最初は機材をいじったりして面白いなという感じで作り始めたんですか?

A : そうですね。僕は楽器はできないんですけど、機材をいじるのは元々すごく好きなんですよ。ちょうどインストの曲を作りたいと思った頃にサンプラーとかシンセサイザーが手ごろな価格や大きさになっていて、じゃあ、やってみようと。近年はコンピューター・ベースのDAWっていうシステムでやってるんですけど、それもそういう機械いじりの延長でできるので、遊びながら作ったっていう感覚ですね。

——収録されている曲の中にはわりと昔のものもあるんですか?

A : 12曲のうち4曲ほど昔の曲が入ってます。機材の関係で2ミックスでしか残ってなかった曲もあったので、それはエディットして収録しています。あと、単純に曲が長いので編集した曲もありますね。それから、マスタリングは頼んだんですけど、ミックス・ダウンまでは今回は自分でやったんです。2004年のミックスのままだとあまりにも古いので、最近のトレンドも意識しながら、磨きをかけたりとか工夫してやりました。

——井上さんはDJをずっとやられていますが、収録曲はDJプレイの中でかけていたんですか?

A : インストの曲を作り始めたのは、元々DJの中で自分の曲をかけたいなという思いがあったからなんです。僕はほとんどレゲエしか聞いてなかったんですけど、レゲエのフレーバーが入っているダンス・ミュージックがすごく好きな時期があって。その時に例えば自分が古いルーツ・レゲエやダブをかけてから、テクノにかける間をつなげるような曲を作りたいなっていう単純な衝動があったんです。あと、曲を作り始めた2004年ぐらいにちょうどグライムとかバイリ・ファンキっていうダンスホール・レゲエとテクノが混ざったジャンルが爆発的に出てきた時期で、その時にその流れのシンパシーを感じたからっていうのもあるんですね。僕はそこに新しい自由さを見出しちゃって、こういうのだったら自分でも作れるかもしれないと。これとこれを混ぜちゃってもいいのかって思うようなものがあって、すごく自由だし、かっこよくて楽しい音楽ですよね。

——そういったベース・ミュージックでいくと今はダブ・ステップが勢いがありますね。

A : グライムからダブ・ステップに移り変わるあたりからでも、すごくオーセンティックなレゲエ色の強いものがあったりとか、ジャングルとかドラムンベースの時とはまた違った感じで面白いですよね。ビートも一拍目と三拍目にアクセントがつくっていうのは、レゲエのワン・ドロップっていうスタイルのドラムに近いものだし、自分が持っている文脈ともつながりを感じて、すごく新鮮でした。それで、今すごく大きな流れになってるじゃないですか。そういう流れとか進化の仕方にもすごく興味があって。DRY&HEAVYではずっと古いレゲエを再現したりとか、それを踏襲したものを追求していくっていうことが中心にあったんですけど、ちょうど現在進行形で動いていくものや、その先にあるものにもすごく興味が出てきた時にそうしたベース・ミュージックに出会ったんですね。

——ダブ・ステップはベースやリズムのパターンがある程度決まっていて、あとは何をやってもいいっていう自由さがありますね。

A : 確かにダブ・ステップは自由度が高いですよね。今もブロステップ論争※とか色々出てきているけども、その自由度を失っちゃったらおもしろくないですよ。機材が発展して曲を作ることの敷居が下がって、作る人口が増えるからその中で面白い人の数も増えてっていうサイクルが、やっぱり、クラブ・ミュージックにはでかいじゃないですか。それはすごくいいことだし、そのためにも自由でいて欲しいですよね。みんなが「これは自分でも作れるかもしれない」と思うって、すごく大事なことだと思うので。あと、海外のミュージシャンだと最近はSquarepusherが歌い始めたりしてますよね。僕ははじめてのソロを出すに当たって、「なんで歌ってないの? 」ってあまりにも周りから言われたんですけど、むしろ、そこのあたりの自由さをかもし出したいんです(笑)。レゲエのアーティストでもシンガーがダブ・アルバムを作ったりとか、Lee Perryみたいなダブ・プロデューサーが急に歌ったりだとか、元々境がなくて自由ですからね。

——『Arrow』からはその最近のベース・ミュージックの自由さをすごく感じます。ダブ・ステップ以外のベース・ミュージックもよく聞きますか?

A : 実を言うと、クラブ・ミュージックにはそんなに詳しくはないんですよ。ただDJで全国をまわっているときに、色々な街で色々ないいパーティーに呼んでもらえたことが多かったんですね。その時にそれぞれのDJとかアーティストが、自分の持っている文脈を工夫しながら表現して、おもしろいプレイをやっているのに感じ入ったところが作品には大きく出ていると思います。ベース・ミュージックっていうのも、言葉としては最近のものですよね。ガラージとか2ステップとか色んなものがあって、ダブ・ステップが出てきて、ポスト・ダブ・ステップになってからさらに自由になって大きい影響力を持っていく。それで今は多くのジャンルが生れたり発見されたりして、大きな括りとしてベース・ミュージックになっていますよね。僕はこのベース・ミュージックっていう名前が出てきたときに、すごく喜ばしいと思ったんです。細分化したままよりもベース・ミュージックっていう言葉で大きく括ったほうが素晴らしいですよね。おそらくなにを作ってもベース・ミュージックにはなりますよ。だから、言ってしまえば僕もダブ・ステップの元のジャンルのひとつであるレゲエ出身だから、ベース・ミュージック出身ってことでもあると思うんです。

——とは言っても、ele-kingのDJチャートを見ると色々と聞かれていますよね。Roots Manuvaをあげていましたけど、それも最近聞き始めたんですか?

A : Roots Manuvaも意識して聞き始めたのは2000年以降ですね。彼が2001年に出した『Run Come Save Me』からだと思います。彼は元々トースティングをやっていて、ラップの節々にジャマイカのフレーバーを感じるんです。オケもブレイクビーツとレゲエがうまく混ざっていておもしろいですし。彼はそういうジャンルの間に立っていい音楽を作るっていうことをすごく体現してると思います。それでいて、アメリカのヒップ・ホップとやっぱりちょっと違って、イギリスっていう国の雰囲気も出してると思うし。ジャマイカのレゲエに対しては憧れがすごく強いんですけど、UKのアーティストにはもうちょっと違うリアリティを感じるんですよね。都市でできた音楽でもあるのでもうちょっと肌身に近い感じがするのが魅力ですよね。あと、意外かもしれませんが、bibioをあげたのは本当に新しいものとして素直に感動しちゃったからです。彼の音が表す情景って懐かしくて新しくて、レゲエを聞く前の自分の記憶が呼び起こされるというか、もうちょっと根本的なものだと思ったんですね。

——そうですね。やっぱり、bibioを選ばれているのは意外でした。でも、『Arrow』を聞くとbibioですとかFlying Lotusに代表されるdublab周辺のビート・メイカーが持っている自由さも感じますね。

A : 去年までは自分がソロになるってことを全然想像してなかったんです。ただ、今までやってきたバンドの活動にちょっと行き詰りを感じていて、ソロになって自費で出していこうって思っていた時期もありました。そのときに自分の中にある自由や不自由みたいなものと向き合う場面が色々あったんですね。なので、今回こういう形で出すことになって、とことんそういうものに素直になりたいなと思いました。dublabとかBrainfeederとかの自由さって最高じゃないですか。世界中の音楽オタクに夢を与えていて、めちゃくちゃ偉大なことをしてると思うんですよね。コアなリスナーに喜ばれていて、それでいて、ライト・リスナーの人たちもOKっていう世界をBrainfeederは作ってると思うんですよ。それが本質的な音楽の楽しみ方だと思うし、そういうものを作りたいですね。『Arrow』をレコード屋さんに持っていくと、「いいんですけど、どこに置いていいか分からない」って言われることもあるんです。それは紹介しにくいっていう意味ではデメリットの部分があるかもしれないけど、それが全部で自分の作品だよっていうところを理解してもらいたいです。

音楽を聞く人には元気になってほしい

——バンドで行き詰まりを感じていたというのは音楽的な理由ですか?

A : DRY&HEAVYのメンバー編成が変わったりとか色々なことがあって、その中で自分の気持ちがどんどんバンドから離れていっちゃったんですね。今ではDRY&HEAVYは元々のドラムとベースで復活劇を果たしたわけなんですけど、そこに対して僕はトータルで考えて一緒にやらないという判断をしました。DRY&HEAVYっていうのは僕の人生の中でものすごく大きなもので、そこでの活動で自分の作品を多くの人に聞いてもらえたし、海外までツアーができました。今の自分のキャリアにもすごく影響があるんですけど、自分のクリエイティビティを磨いていきたいとか、自分なりに年相応に生きていきたいっていうときに、はじめてDRY&HEAVYとしてやっていくのはやめようと思ったんです。DRY&HEAVYにいるときはミュージシャンというよりはバンドマンで、ミュージシャンとして成長していきたいなと思ったときに、バンドに所属している必要はないなっていう判断をしたんです。

——バンドをやめて自由になったことがアルバムへ反映されていますか?

A : 去年に大分落ち込むことが重なって色んなことを決断をしたんです。自信っていうものが全くなくなっちゃった瞬間があって、その時に自分個人の中からなにか出てくるものがあるのかなっていうことを考える場面があったんですよ。その時にさっき言った2004年の音源を聞き返して、バンドより以前のガキの頃からの自分の性質とか気質を見つめなおすことができたんですね。それで、これからはそういう根本的なものを作品に注入してやるしかないって思いました。けど、はじめは本当に「よし! やってやろう! 」みたいな感じではなくて、全く自信のないところからもうやるしかないんだって作ったものですね。それから、今年に入って地震があったり原発事故があったりして。僕だけじゃないと思いますけど、これからどうやって生きていこうかとか、日本て本当はどういう国で、そこで生きている自分ってどういう人間なんだとか、色んなことを考え直しますよね。それが一人で音楽を作るということに、シンクロしたとも思います。個人的な体験と今年に入ってからの誰も想像できなかったような世の中の流れがリンクしたというか。

——様々なことをいちから考え直した結果として、今回のような特定のジャンルに括りきれないアルバムになったんですね。

A : ジャンルとかキャリアとかにこだわることなく、あのバカまたしぶとくやってんなぐらいに思ってもらえればいいかなと思います(笑)。僕は昔から国や性別が違ってても、どこかで同じ様なことを感じてる人がきっといるだろうって思っていて、それは僕にとって希望みたいなものなんです。そうじゃないと音楽とか芸術って広がらないと思うし。曲って僕の場合は喜怒哀楽プラスアルファの感情から生れてきてるものなので、共有してもらえたらっていうのもおこがましいですけど、つらい思いをしてる人には音楽を聞くことで元気になってもらいたいですし、楽しんでもらいたいですね。色んなオトボケ要素も含めたので(笑)。

——「自分が思ってることはどこかに同じことを思っている人がいる」という考えは、音楽から学んだものなんですか?

A : レゲエをはじめて聞いたときにこれはすごく怒ってるとかすごく悲しんでるとか、でも、元気が出るなって感じたんですよね。英語もわからないし、古い音楽なんだけどすごく伝わってくるものがあって。調べてみると、やっぱりそういうことを歌ってたんだっていう体験が根っこにあるんですよ。最初に感動したその衝撃がずっと忘れられなくて。それを再現したいって思ってるだけなのかもしれないですね。

※ダブ・ステップから派生してアメリカで生れたブロステップの賛否を巡る論争。詳しくはこちらを参照。

RECOMMEND

THE HEAVYMANNERS / SURVIVAL

レゲエ・ミュージックに対し更なる探求を続けているベーシスト秋本HEAVY武士が率いる、THE HEAVYMANNERSの新作アルバムが遂に到着!!

INDOPEPSYCHICS / INFINITE IN ALL DIRECTIONS

2002年に発表された2枚のアルバム『MECKISH』及び『LEIWAND』の収録曲に、未発表トラックを加えてDJ Kenseiがベスト・セレクトした今作。Indopepsychicsのヒップ・ホップ的な勘は相変わらず鋭く、前を向いて突っ走っていった時代の音源の価値を再発見するタイミングを逃さない。これは、10年前を知るリスナーにも、新たなリスナーにも、等しく新鮮でこの上なく刺激的なアルバムである。


V.A / Nu Sound & Version

リミキサー陣には、Moody Boyz、Dialect & Kosine (Unity Hi-Fi)、期待の新人Pempi、Digital Mystikz (DMZ)、Congo Natty、Horse Power (Tempa)、Kode9を迎え、客演には、Dennis Bovel、Roots Manuva、LSK、Little Axe、Suns of Arqa、Samia Farahらが参加!

LIVE SCHEDULE

ON-U SOUND 30TH SPECIAL
2011年12月9日(金)@渋谷SOUND MUSEUM VISION
OPEN / START : 23:00
ADV : 3,500円 / DOOR : 4,000円
TICKET : ローソン(L : 77154) / イープラス
LINE UP : ADRIAN SHERWOOD、AUDIO ACTIVE、AO INOUE、KURANAKA 1945、DOUBLE BARREL
PART2STYLE SOUND、NAOYUKI UCHIDA feat. guest LIKKLE MAI、O.N.O(MACHINE LIVE)

PROFILE

AO INOUE

90年代初頭、MIGHTY MASSAが結成したINTERCEPTORの一員として本格的な活動をスタート。その後、秋本と七尾によるDRY&HEAVYに参加、メンバーとして活動開始、海外リリース&ツアーでその印象的な歌声とメッセージは世界的な注目を集める。一方でDJとしての活動も活発に行い、レゲエに囚われない自由なプレイを各地で披露。アンダーグラウンドでミックスCDをリリースして話題を集める。さらにはDAIHACHIとのユニット、Maccafatでも活動を展開した。

この記事の筆者
滝沢 時朗

1982年東京生まれ。 twitter ID:@sarigenaginger

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

ショーロクラブwithヴォーカリスタス『武満徹ソングブック』

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

MOtOLOiD特集第4弾 DJ'TEKINA//SOMETHINGの“EDM的”作品を聴け!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

謎のネット・レーベルMOtOLOiD特集第3弾! トラックメイカー、bakerによる“悪”なEPを、限定特典とともにハイレゾで!

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

大島輝之&大谷能生のアルバムをハイレゾ配信 & インタヴュー

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

OTOTOY限定トラックあり! ハイレゾで聴く、立花ハジメのライヴ・アルバム『GalleriAprotia』

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

空気公団による、ライブ録音アルバムをハイレゾで!

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

ゲーム音楽作曲家、伊藤賢治。大人気ゲーム『サ・ガ』シリーズの楽曲を熱きバトル・アレンジで収録

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

豊田道倫『FUCKIN' GREAT VIEW』をハイレゾ配信&インタヴュー

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Go-qualia、宇宙をコンセプトにしたセカンド・アルバム『Xeno』をリリース

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

SUNDAYカミデ、小説付きの1stソロアルバムをリリース

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

中野テルヲ『Deep Architecture』配信開始&インタビュー

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

アルゼンチン音響の代表格アレハンドロ・フラノフの入手困難だった初期の名作を、2枚同時配信!!

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

SIMI LABのメンバーMARIAの1stアルバム『Detox』

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

Riow Araiが自身のレーベルから、第2弾ソロ・アルバムをリリース!!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

QN、RAU DEF、RICKによるMUTANTANERSの新作が解禁!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

soyuz project が新作『perspective』を高音質でリリース!

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

FINAL FANTASY シリーズ生誕25周年『FINAL FANTASY VINYLS』発売記念! 10月13日@JVCマスタリング・センターで行われたこと

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

空気公団『夜はそのまなざしの先に流れる』予約開始&インタビュ―

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

古川本舗の待望のセカンドアルバム『ガールフレンド・フロム・キョウト』

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

10年振りとなるXINLISUPREMEの新作『4 Bombs』リリース & インタビュー

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

昆虫キッズ『こおったゆめをとかすように』

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

伊藤賢治『Re:BirthⅡRomancing Sa・Ga BATTLE ARRANGE』配信開始!

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

fifi『orange.ep』配信開始&フリーダウンロード開始

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

Vegpher『Play』高音質で配信開始!

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

mishmash*Julie Watai『グラドルを撃たないで』音源&PV配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

kilk recordsからデビュー! cellzcellar『circus from a bygone era』1週間先行配信開始

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Coffee & Cigarettes Band『Sessions』ライヴ音源が緊急リリース!

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Shing02 × Chimp Beams『ASDR』レビュー

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Luis Nanook 2ndアルバム『丘の上のロメロ」配信開始&フリー・ダウンロード

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

Denkitreibe 『M4TC:Derived』フリー・ダウンロード開始!

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

中野テルヲ『Oscillator and Spaceship』 インタビュー&フリーダウンロード

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

ulrich schnauss『A Letter From Home An Ambient Selection』

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

AO INOUE『Arrow』高音質配信開始&インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

Go-qualia『Puella Magi』インタビュー

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

halos『ivy,ivy,ivy』フリー・ダウンロード&インタヴュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

INDOPEPSYCHICS リマスタリング&未発表曲リリース! nikインタビュー

TYCHO 『Dive』配信開始

TYCHO 『Dive』配信開始

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

Atlas Sound『Prallax』配信開始!

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

WORLD STANDARD『みんなおやすみ』

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

Fragment『鋭 ku 尖 ru』Fragment×ゆーきゃん対談

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

mama!milkライブ音源6新作同時配信開始!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.4』

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

DJまほうつかい(漫画家・西島大介)ロング・インタビュー

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

KASHIWA Daisuke『88』

KASHIWA Daisuke『88』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

Build An Ark10周年アルバム & Gaby Hernandez『Sweet Starry Night』

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

木下美紗都『それからの子供』インタビュー

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

芳垣安洋×おおはた雄一による1夜限りのセッションをDSD録音&独占配信

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

Virgin Babylon Records×Bunkaikei-records presents『super earth remixes』

二階堂和美『にじみ』

二階堂和美『にじみ』

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

FUJIROCK FESTIVAL'11特集 渡辺裕也×滝沢時朗対談

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

JESUS FEVER『Dozens Of Great Views』DSDリマスター版発売&レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

Wild Beasts『Smother 』レビュー

cyclo.『id』

cyclo.『id』

mito『DAWNS』

mito『DAWNS』

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

mito名義で発売直前の『DAWNS』から先行フリー配信開始!

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Tune-yards & Panda Bear 先行配信 & フリー・ダウンロード

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Shakuya Records『Paper Sounds』先行配信 & インタビュー

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

Metro-Ongen『EDEN』フリー・ダウンロード開始!

gak Sato『gF』インタビュー

gak Sato『gF』インタビュー

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 - 待望のBiS初フル・アルバム『Brand-new idol Society』が配信開始! -

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎え、ANIMAが新作『シャガール』をリリース!!

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

Oba Masahiro 『Still Life』 リリース&インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

空気公団 『春愁秋思』インタビュー

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート2@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

INNER SCIENCE 『Elegant Confection』2ヴァージョンで配信 & フリー・ダウンロード開始!

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

LIVE REPORT アニマキュレート@2010/12/30 秋葉原 MOGRA

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

FilFla『Sound Fiction』インタビュー

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

LIVE REPORT 青葉市子@青山EATS and MEETS Cay

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

DOOBEEIS 『DOOBEEIS』配信開始!

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

アルゼンチン特集 Alejandro Franov & Sami Abadi レビュー

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

谷口尚久1st album 『JCT』フリー・ダウンロード

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

BEATシーンを牽引する COSMOPOLYPHONIC 配信開始!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

Low End Theory 来日特集!

Low End Theory 来日特集!

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

Chisato Ohori デビュー作『toanowa』配信開始

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

SUFJAN STEVENS(スフィアン・スティーヴンス) 『The Age of Adz』レビュー!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

Design 『D.E.S.I.G.N』先行配信開始 & インタビュー!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

JESUS FEVER『lemniscate 』

JESUS FEVER『lemniscate 』

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

待望のLA BETAS特集! Alpha pup / corde音源フリー・ダウンロード開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

Turn On The Sunlight 『TURN ON THE SUNLIGHT』配信開始!

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

昆虫キッズ『text』より「サマータイマー」フリー・ダウンロード&インタビュー

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

3drum3piano vol.01@西麻布SUPER DELUXE

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

mama!milk『Parade』HQD高音質配信スタート&インタビューUP

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

world's end girlfriend 名作『hurtbreak Wonderland』を大胆に分解する「division」シリーズ完結

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

AC部 featuring まつゆう*「キッスはまだはやいわ」映像作品

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

ATOM & MASAKI SAKAMOTO『METEOR SHOWER from "Alien Symphony"』高音質で販売開始&インタビュー

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

CONVEX LEVEL 高音質ライブ音源「you are the alien」 フリー・ダウンロード

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団『キング オブ ミュージック』

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

LIVE REPORT KAIKOO POPWAVE FESTIVAL

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

鈴木祥子『my Sweet Surrender』 インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ Mixを24bit48KHzの高音質配信開始!! 『Made In Japan "Future" Classics』収録アーティストによるコメントも掲載!!

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

CRYSTALの配信限定オフィシャルDJ MixをHQD配信 『Made In Japan "Future" Classics』/ インタビュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

環ROY『BREAK BOY』インタビュー

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『VOLCANO』未収録音源を高音質でフリー・ダウンロード

ZZ PRODUCTION『ZZ』

ZZ PRODUCTION『ZZ』

レイト『さよなら昨日』特集ページ

レイト『さよなら昨日』特集ページ

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

ソウル・フラワー・ユニオン『アクア・ヴィテ』動画配信開始

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

レイト『さよなら昨日』先行フリー・ダウンロード

TOP