2011/10/13 00:00

『40分』2011.9.17@新宿MARZ-Live Report-

『40分』Vol'3
2011年9月7日@新宿MARZ
Live : 田中光&MASAYA YONEYAMA(応募枠)、キリコ、撃鉄(バンド枠)、ISSUGI、MOROHA
photo by yukitaka amemiya

テーマは異種格闘技

短い時間のショウ・ケースにしか恵まれないラッパーが多い中、「時間をたっぷり使って本気のライヴをやり合おうじゃないか」というヒップ・ホップ・ユニットMOROHAのMCアフロの声から生まれたイベント『40分』。今年から新宿のライヴ・ハウスMARZではじまったこのイベントは、3度目となる。今までは手探りをしている感もあったが、今回の『40分』には、今まで掲げて来たコンセプト以上の、新しい方向性が生まれた瞬間があった。

田中光&MASAYA YONEYAMA

キリコ

毎回『40分』の1セット目に登場するのは応募枠のアーティストだ。今回は1MC&1DJの田中光&MASAYA YONEYAMA。ラッパーらしからぬ長髪の謎めいた風貌とは裏腹に、田中から放たれる純粋で熱い言葉が、初見のオーディエンス達をも静かにステージへと引き付けて行く。ふと、用意したイスに座り、中盤はポエトリーに近いラップ・スタイルを聞かせる田中光。MASAYA YONEYAMAがブレイクに挟むテクニカルなスクラッチにも観客から歓声があがる。「僕らはこれをラップと思わず、自分の音楽としてやっているんですよ」と語る田中光は、暗い照明と煙たいトラックの中で清々とした表情でマイクを握っていた。第2セットは歯に衣せぬアーティストDisが沢山詰まったサード・アルバム『DIS IS IT!!』で話題となったキリコ。トラック・メイカーとしても名を馳せるDJ OLDFASHIONを引き連れての登場だ。前半は主に攻撃的なジャズの音を取り込んだ曲を中心に披露してゆく。その様子は、ややクールすぎるようにも見えたが、「極悪JAZZ」後ライト・アップされたキリコは「COMA-CHIをディスってから、イベント呼ばれなくなっちまったよ」と自虐を皮切りに「B-BOYはオシャレじゃない。見ろ今日の俺を。頭のデカさを考えてのチョイスだ」「Twiggyの新譜を聴いたけどS.L.A.C.K.の影響受けまくりじゃないか」と、彼らしいユーモアを交えたトークに会場のムードが笑いに包まれる。「哀愁GRIME」では前半とは打って変わり、激しく踊りまくるキリコ。引き続きグライム系統のトラックを使った「プチョヘンザ!!!」では、「なんちゃって」の文字が書かれた紙袋を使い、観客にレスポンスのラッシュを求める。しかし、途中ヘトヘトに踊り疲れたのか、リリックが飛ぶアクシデントが… ! だが、そのドタバタも彼の愛嬌ある一面。ディスりまくるヒップ・ホップを貫きながらも「フリー・スタイルなんてできないぜ」などと言って笑いに変えられるのは彼のキャラの強みだ。結果的に、キリコのユーモアがとても活きたライヴだった。アルバムなどからは細い声のフロウでディスばかりするようなイメージを持たれやすいが、それを逆手に取ったパフォーマンスは流石だ。

撃鉄

ISSUGI

第三セットはパンク・ロック・バンドの撃鉄。ファンも多く押し寄せ、スタートから一体感のある盛り上がりとなっていた。そこへ縫いぐるみの虎を二匹担ぎ、下半身は豹柄タイツ、上半身はジャケットの姿でヴォーカルの天野が登場。観客を睨みつけるようにゆっくりと見渡すと即座にジャケットを脱ぎ捨て、「ヒップ・ホップのダボダボの服着た奴らぁ~!!! 」とオーディエンスを煽りまくる。乗っけからエンジン・フル回転。しかも、撃鉄のエンジンの回転数は上がる一方。汗を飛び散らして暴れまくるライヴにもかかわらず、全く中だるみは無い。徐々にエスカレートして、天野はステージから鉄骨を登り、観客にダイヴ。しかし、あまりの高低差のため誰も受け止めずに床へ落下する天野。「良かったよぉ。運動神経良くてよぉ」と若干ふてくされて話しだす彼によると、どうやら撃鉄は某フェスのオファーを断って『40分』に参戦してくれたとの事。かといって撃鉄が今回だけ特別なパフォーマンスをしているわけではなく、パンク・ロック・バンドがライヴをしている時に放つエネルギーというのは、ヒップ・ホップとはタイプが違う。そして、エネルギーの総量もケタ違いだ。彼らに匹敵する暴れ方ができるラッパーが果たしてどれだけいるのだろうか? 唯一のバンド枠と最もアウェーな環境ながら、そのパフォーマンスでヒップ・ホップ・イベントの色を塗り替えてしまった。

ISSUGI

そして、嵐のような撃鉄のライヴの後のMARZには、アンダーグラウンド・ヒップ・ホップ特有の煙たい空気を纏った男達が徐々に集まっていた。幕が開くとDJ Scratch Niceがターン・テーブルを回し始める。序盤から見せつけるジャグリングが、さっきまでのムードを一気にクラブの鬱蒼とした空間へと切り替える。そして、本日の四番打者であるISSUGIの登場だ。初っ端から盟友・仙人掌も参加し、キラー・チューン「NEW DAY」を披露してオーディエンスを釘付けにする。その後もTAMUやMr.パグなど、ISSUGIの属するDown North Camp(以下、D.N.C.)のメンバーが次々と登場し、曲を披露してゆく。途中、フリー・スタイルを挟めども、D.N.C.のメンバーが揃い、タイトなラップで展開をしてゆく。ファンにはレアでたまらないショウだ。終盤にはS.L.A.C.K.とO.Y.Gが参加し、Sick Teamの「Killin' It」を披露。撃鉄キリコとは異なり、オーディエンスとの掛け合いなどは無くとも、その無骨さこそがISSUGIの魅力なのだと思わせるほど見せ付けてくれる。客層やライヴ・ハウスの空気に流される事なく、自らのスタイルを貫き切ったISSUGIは立派に『40分』を使いきったライヴを観せた。

アフロ

最後はMOROHA。これまではバンド枠の後に登場していた彼等だが、今回は初めて自らがトリを務める。新宿MARZがホームである彼らは、いつも通り序盤から「俺のがヤバイ」で今回の共演者全員を煽ることで、自らアウェーの空気を作り出す。この日は「どんな名曲を産み出しても、シーンで成功しなければ忘れられてしまうんだ」とアーティストとして生き残る厳しさをメッセージにした新曲も披露した。アーティストとして足掻く様子綴るMOROHAが、実際に目の前で身を震わせながらライヴをして、他のアーティストのファンまで食ってしまっている。アフロは言葉を聴かせるタイプのラッパーだが、彼は顔作りから身のこなしまで荒削りでピュアだ。その出で立ちには、他のラッパーには真似できない才能を感じる。これまで出演してきたどの出演者にも引けをとらないこのライヴは、その夜のラストを括るに相応しかった。そこで終盤に差し掛かった頃「俺はヒップ・ホップもロックも、何かに反発するエネルギーを原動力としてる音楽だと思うんです。だから戦わないアーティストは、どんなに有名でもクソだ思ってます。童子-Tに呆れたのは俺も同じだよキリコ! 」と叫ぶアフロ。続けて「だから、ラッパーだったら『フリー・スタイルできません』なんて言うんじゃねぇ‼ 」と叫び、フロアへと降りる。観客が左右に分かれ、フロアで直接対峙するアフロとキリコ。唐突に指名されたキリコは驚きを隠せていなかったが、しっかりとアフロからマイクを受け取りフリー・スタイルを返しきる。そこでフロアは大きな興奮と声援に包まれ、キリコとアフロは熱く抱擁を交わす。そこには段取りも予定調和も無いからこそ生まれる、実力をむき出しにした者同士がぶつかり合うという本当のエンターテインメントがあった。ライヴを見せ合うイベントであった『40分』であったが、アフロが仕掛けた展開に観る者は皆奮い立ち、一体感を持ったヴァイブスが途切れることのないまま、MOROHAはステージを終えた。

UK

ホットかつスタイルの異なるMC2組とバンド1組を招き、応募枠を1組設けた、いわば出演者全員にとってアウェーなイベント、『40分』。この『40分』がヒップ・ホップによくあるパーティー・イベントと異なる趣旨を掲げている理由は、いわゆる"身内ノリ"を排除するためだ。そのため、ライヴの実力がオーディエンスの盛り上がりと直結し、脚色の無いエンターテインメントを作る。まるで異種格闘技のようなテーマ性を引き受けて参加したアーティスト達による真剣なショウにより成功を収めてきた『40分』を成功させてきたが、ライヴ中のアーティスト同士の掛け合いが起きた今回は、より一層テーマ性を強く感じた回となった。次回、1月そして一周年の3月に、どのような猛者達の40分一本勝負が観れるのか楽しみだ。(Text by 斉井直史)

出演者の作品をチェック

これまでの出演者を振り返る

アーカイヴでこれまでの出演者を振り返る!
2011年3月25日『40分』Vol'1の様子はこちら
2011年6月11日『40分』Vol'2の様子はこちら

応募枠も募集中!

まだまだ挑戦者募集!! 条件はラッパーが40分ライヴ出来る事です!

件名に「『40分』応募枠希望」、本文に氏名/住所/電話番号/アピール資料をご記入、添付の上、info(at)ototoy.jp までメールをお送りください。
当選者の方には、追ってメール、電話にてご連絡します。
※あらかじめ info(at)ototoy.jp からのメールを受信できるよう設定ください。

>>>『40分』開催の声明文はこちらからチェック!

MOROHA PROFILE

2008年に結成されたMCのアフロとGtのUKからなる2人組。結成当初は、渋谷Familyや池袋bedなどでクラブ・イベントをメインにライヴを行うが、ビートの無い編成ゆえに出演者やオーディエンスから冷ややかな視線を浴びることも多々あった。こうした現場を通して屈強な精神力を培う。言葉から汗が滲み出る程に熱量を持ったラップ、そして、ギター1本だからこそ際立つUKの繊細かつ獰猛なリフ。個々の持ち味を最大限に生かす為、この MC+Gtという最小編成にこだわる。抽象的な表現を一切使わず、思いの丈を臆面もなく言い切るそのスタイルとリリックは賛否両論を巻き起こしている。鬼気迫るLIVEはあなたにとって毒か薬か!? 雪国信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

MOROHAの特集はこちら
MOROHA ROSE HP

この記事の筆者
斎井 直史

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い! ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

常に全額ベット、宮崎大祐が演じる“映画監督”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第30回

常に全額ベット、宮崎大祐が演じる“映画監督”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第30回

VOLOJZAが新作『In Between』で示す“丁度良さ”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第29回

VOLOJZAが新作『In Between』で示す“丁度良さ”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第29回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは?   ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

90年代R&Bの体現者、注目の新星デヴィン・モリソンとは? ──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第28回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

CIRRRCLEインタヴュー「ここは3人が自由になれる場」──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第27回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

カニエとゴスペルの関係──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第26回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

KOHHとKEIJUの新作から考える“コンシャス”──斎井直史「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第25回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第24回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第23回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第22回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第21回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第20回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第15回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第14回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第13回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第12回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第12回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

HIP HOPライター斎井直史による定期連載がスタート!!第1回は今話題のSuchmosとビルボードを揺るがすMigosについて!!

HIP HOPライター斎井直史による定期連載がスタート!!第1回は今話題のSuchmosとビルボードを揺るがすMigosについて!!

RAU DEF 『ESCALATE』配信開始 & インタビュー! シーンを騒がす男!

RAU DEF 『ESCALATE』配信開始 & インタビュー! シーンを騒がす男!

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.6ーー哀愁あるラップ、北千住のムードメーカーpiz?

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.6ーー哀愁あるラップ、北千住のムードメーカーpiz?

【連載】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「INTERSECTION」Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS

【連載】HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「INTERSECTION」Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.4——LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ連載「INTERSECTION」Vol.4——LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG

HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.3 東京の湿っぽい地下室が似合う突然変異的ユニット、ZOMG

CENJU『Cakez』を配信スタート & インタヴュー

CENJU『Cakez』を配信スタート & インタヴュー

ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulectionに迫るインタヴュー掲載!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.2

ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulectionに迫るインタヴュー掲載!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」Vol.2

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

Fla$hBackSのメンバー、jjjによる待望のソロ・アルバムがリリース&インタヴュー

Vlutent Recordsの首領、VOLOのニューアルバム『十』。「最先端かつ地に足がついた系ヒップホップが、松戸からすっげ~キテる!」

Vlutent Recordsの首領、VOLOのニューアルバム『十』。「最先端かつ地に足がついた系ヒップホップが、松戸からすっげ~キテる!」

足立区から発信するトラウマ電波…VANADIAN EFFECTが長い潜伏期間を経て1st albumをリリース!

足立区から発信するトラウマ電波…VANADIAN EFFECTが長い潜伏期間を経て1st albumをリリース!

MUTA、特定レコード店でしか入手できないEPを独占配信&インタヴュー!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」始動

MUTA、特定レコード店でしか入手できないEPを独占配信&インタヴュー!! HIP HOPライター斎井直史によるガチンコ不定期連載「Intersection」始動

超青田刈り独占配信!! MOD'z CORP's『Adjuster pack』!!

超青田刈り独占配信!! MOD'z CORP's『Adjuster pack』!!

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

febbの季節が到来!! 重量級1stソロ・アルバム『The Season』カミネッチャ!!

長い沈黙を経て遂にニュー・アルバムが完成! Young Drunkerの『SIGNATURE』。

長い沈黙を経て遂にニュー・アルバムが完成! Young Drunkerの『SIGNATURE』。

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

ラップ歴たった10ヶ月でこれかよ? Fla$hbackSのDJ、KID FRESINOによる『Horseman's Scheme』がリリース!

鬼才ヒップホップ・ユニット! LowPassのセカンド・アルバムがリリース!

鬼才ヒップホップ・ユニット! LowPassのセカンド・アルバムがリリース!

ONE-LAW、初のオリジナル・アルバム『MISTY』を配信記念対談! ONE-LAW×febb(Fla$hBackS)

ONE-LAW、初のオリジナル・アルバム『MISTY』を配信記念対談! ONE-LAW×febb(Fla$hBackS)

POWER DA PUSH! GAMEBOYS『ODEKAKE』アナログ盤より先行配信!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS『ODEKAKE』アナログ盤より先行配信!

日本語ラップ・シーンの新世代。Fla$hBackSのファースト・アルバム先行配信決定!

日本語ラップ・シーンの新世代。Fla$hBackSのファースト・アルバム先行配信決定!

POWER DA PUSH! OMSB『MR.“ALL BAD”JORDAN』配信開始!!

POWER DA PUSH! OMSB『MR.“ALL BAD”JORDAN』配信開始!!

POWER DA PUSH第5弾! 世界に誇るビート・メイカーPigeondustのデビュー・アルバムを先行配信!

POWER DA PUSH第5弾! 世界に誇るビート・メイカーPigeondustのデビュー・アルバムを先行配信!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS登場!

POWER DA PUSH! GAMEBOYS登場!

EVISBEATS『ひとつになるとき』配信開始

EVISBEATS『ひとつになるとき』配信開始

YOUNG HASTLE『Can't Knock The Hastle』配信開始

YOUNG HASTLE『Can't Knock The Hastle』配信開始

空也MC『独走』配信開始&インタビュー

空也MC『独走』配信開始&インタビュー

TAKUMA THE GREAT『THE SON OF THE SUN』配信開始

TAKUMA THE GREAT『THE SON OF THE SUN』配信開始

鬼『蛾』全面女性アーティストをフィーチャーした新作が登場!

鬼『蛾』全面女性アーティストをフィーチャーした新作が登場!

SALU インタビュー&独占PV特典!!

SALU インタビュー&独占PV特典!!

VOLO and piz? ABC『ABC』が配信開始 & インタビュー

VOLO and piz? ABC『ABC』が配信開始 & インタビュー

SIMI LAB 1stAlbum『Page 1 : ANATOMY OF INSANE』

SIMI LAB 1stAlbum『Page 1 : ANATOMY OF INSANE』

MOROHA アフロの40分

MOROHA アフロの40分

RAU DEF『CARNAGE』配信開始

RAU DEF『CARNAGE』配信開始

Sick Team 配信開始

Sick Team 配信開始

鬼 『湊』インタビュー

鬼 『湊』インタビュー

Earth No Mad from SIMI LAB『Mud Day』ボーナス・トラック付きで配信開始 & インタビュー

Earth No Mad from SIMI LAB『Mud Day』ボーナス・トラック付きで配信開始 & インタビュー

ROMANCREW『ロマンのテーマ』インタビュー

ROMANCREW『ロマンのテーマ』インタビュー

S.L.A.C.K.『我時想う愛』配信開始

S.L.A.C.K.『我時想う愛』配信開始

BUPPON 『蓄積タイムログ MEGA MIX』フリー・ダウンロード開始!

BUPPON 『蓄積タイムログ MEGA MIX』フリー・ダウンロード開始!

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND 『THE LABORATORY』WAV配信開始 & MACKA-CHIN & D.O.I インタビュー!!!

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND 『THE LABORATORY』WAV配信開始 & MACKA-CHIN & D.O.I インタビュー!!!

TETRAD THE GANG OF FOUR 『SPY GAME』 配信開始 & インタビュー!!

TETRAD THE GANG OF FOUR 『SPY GAME』 配信開始 & インタビュー!!

HOCUS POCUS インタビュー

HOCUS POCUS インタビュー

kero-one 『Kinetic World』インタビュー

kero-one 『Kinetic World』インタビュー

RAMB CAMP「B-BOY SHIT tomy wealth Remix」 フリー・ダウンロード

RAMB CAMP「B-BOY SHIT tomy wealth Remix」 フリー・ダウンロード

RAMP CAMP 『RAMB CAMP』インタビュ−

RAMP CAMP 『RAMB CAMP』インタビュ−

カコイミク『Doodle』インタビュー

カコイミク『Doodle』インタビュー

Ovall『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』インタビュー

Ovall『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』インタビュー

NAOITO『雑食familia』 インタビュー

NAOITO『雑食familia』 インタビュー

TOP