デビュー・アルバム『まちがう』が配信開始!

清純派ヒップ・ホップ・アイドル・ユニットtengal6のイベント会場限定で手売り販売していた1stミニ・アルバム『まちがう』が、今回遂に全国流通盤となってリリースされる。自己紹介ソングとして一際印象が強い「tengal6」を始め、ミュージック・ビデオも制作されている「ルービックキューブ」ではFragmentがリミックスとして参加。アルバム・タイトルになった「まちがう」という言葉は、tengal6に参加して初めてヒップ・ホップに触れた彼女たちが、勘違いや間違いを恐れず精一杯ラップに取り組むまっすぐな姿勢を表現したもの。ヒップ・ホップに限らず様々な現場でも人気のある彼女達のデビュー作を要チェキ!

ファースト・ミニ・アルバム『まちがう』をWAV音源で配信!

tengal 6 / まちがう

【Track List】
1. tengal6
2. Photograph
3. ルービックキューブ
4. Akikaze
5. まちがう
6. ルービックキューブ Fragment remix
tengal6はこんな方々からコメントを頂いています!

はじめて彼女達の存在を知った時はびっくりしました。
いざ楽曲を聴いてみるとしっかり韻を踏んでるし、日本のラップが好きな人だったらニヤリとするようなラインもあって… プラス! あの声なので威力が大きいですね。
音源だけじゃなくライヴもすごく良いので一度見るを事をオススメします!
最後に… 握手会的なものってないんですかね? Tengaで。
—Cherry brown

tengal6。うーん良いですねえ!
音楽ってのは恋愛に似ているもので、ビックリするほどの美人だけがモテるワケじゃなく一緒にいてホッとする癒し系が根強く人気があるのと同様に、音楽にも4オクターブの持ち主だけ聴き心地が良いワケではない。
tengal6は癒し系。ギュウゾウの推しは2曲目の「Akikase」です!
ちょいと背伸びしたリリックに程よい合唱感がたまらないユニゾン・パート。この楽曲は実に癒される。DJプレイでもカケチャイマス!
—ギュウゾウ(電撃ネットワーク)

芯のあるふわふわラップに魅了されました。今度は僕らの作品にも是非参加して下さい。
—Fragment

ヒップ・ホップ、その全てはある男がブロンクスで二枚のレコードを繋ぐところから始まった…
というわけで2011年、その精神が6人組の女の子になんとなく伝わってしまったようで。なんて前置きはどうでも良く、ただ"かわいい女の子が小躍りしつつラップするってもしかしたら最高じゃね?"
とか思ってるあなたの理想を叶えてくれるのがtengal6。まるでガールズ・パーティーに紛れ込んでしまったような気分になれるアクトはBの定義も忘れてガン見できます。かといってヒップ・ホップという軸はないがしろにしないところもあり。
全体的に脱力したラップや振り付けが魅力ですが、一方ライヴごとにタイトになるマイク裁き、これからますます立ってくるであろうキャラクターも見逃せません。なんとなく、なんとなくですけど次の新曲も多分、なんか悪くない曲になる気がしますし…
—tofubeats

グルーヴィー女子会!
—OMS'Beats from SIMI LAB

「tengal6」の「~it`sユミ 名前轟かす街中に~」って所が個人的にかなり好きッスww。とりま、みんなtengal要チェキでf!! ya10mon☆
—RAU DEF

『まちがう』聞きました~!
「ルービックキューブ」が一番好きです!
PVも見てたのですが衣装のおしゃれな感じにダンスのゆるさが合っていて可愛かったです♪
Aメロの彩夏ちゃんの「ん~っ?」ていう部分にキュンとします!
—プー・ルイ(Bis)

初めて見た時のは、呂布君の中山フェスタの時でした。
ただビックリして、全員がエアフォース1のホワイト・カラーのMIDを履いて踊っている姿に釘付け!
まだまだ多くの人とコラボレーションして、「ルービックキューブ」のような多面性を表現していって下さい。
—和田隆嗣(ototoy)

ヒップ・ホップ・アイドルには驚かなかった。「ルービックキューブ」は良い曲と思ったけれど… でもライヴでのひたむきな姿勢と、インタビューでの真剣な眼差しに、『こりゃ本気のアイドルだわ!』としっかり虜になりました。
ー飯田仁一郎(Limited Express (has gone?) / ototoy チーフ・プロデューサー)

出たよミニ・アルバム! かわいい女の子たちのマイク・リレーってだけでたまらんけど、それだけじゃない!
歌を無個性化させる最近のアイドル・ソングの中で、ラップでキャラを立たせるって挑戦がいいぞ! もっとやれ!
ー滝沢時朗(ライター)

>tengal6のインタビューはこちらから

TOP