2011/02/02 00:00

BiS初のフル・アルバム『Brand-new Idol Society』が、2011年3月23日発売決定!

自給自足がテーマです。オープン・ソースD.I.Yのアイドル・グループBiSが、初のアルバムを3月23日にリリースする事が決定した! タイトルは『Brand-new Idol Society』。自らがアイドル・グループを研究し、試行錯誤しながら新しいアイドルの研究所として、今作を発表する彼女等が、自分達のグループ名をタイトルにした渾身のアルバム! OTOTOYでは、そのフル・アルバムに先駆けて期間限定(2/23まで)で、「太陽のじゅもん」を先行フリー・ダウンロード配信中。

BiS / 太陽のじゅもん
ソロ・アイドルだったプー・ルイからアイドル・グループBisへと変貌を遂げた彼女等が、初のレコーディング作品を2011年3月23日にリリースする。その作品の中から「太陽のじゅもん」を先行フリー・ダウンロード開始!

フリー・ダウンロード期間は2月23日まで!

サウンド・トータル・プロデューサーとして柴咲コウや中川翔子への楽曲提供で知られる松隈ケンタ氏が参加。現在活動休止中のcuneから生熊耕治氏、小林公一氏(ex.超飛行少年)が楽曲提供をする等、豪華な参加陣。

収録曲 / one day、太陽のじゅもん、パプリカ、レリビ、ティーンネイヂフレイバ、BiS、nerve、Four dimention、他全13曲収録

BiSの活動報告書

いよいよ迫ってきたBiSの初ステージ! レコーディングも無事終了し、3月のリリースに向けてインストア・イヴェントなども続々と決定しています! でも、当然ですけど初ライヴってものは1回きりなんですから! ここまで4人を応援してきた方も、最近になって知った方も、二度とないこの瞬間を目撃してください! 2月4日は六本木morphに全員集合!

1/13
全員で振り付けの練習。そしてのんちゃんがついにパソコンを購入し、ヲタまっしぐら。

1/14
リナちゃんとユケはレコーディング! 徐々にレコーディングにも慣れてきたのか、松隈Pから歌を褒められて二人ともご機嫌のようです。一方のプーとのんちゃんは秋葉原でチラシ配りの許可を得るために、道路使用許可書を提出してくる。

1/15
「太陽のじゅもん」のフリー配信が開始! BiSの楽曲が初めて世に出た記念すべき日に4人は秋葉原でチラシ配り! のはずだったんだけど、プーちゃんは熱を出して欠席。

1/16
ユケとノンちゃんはこの日もチラシ配り。その後はまたしても石丸電気でアイドル見学。なんとそこでノンちゃんがヲタ芸を披露。ユケいわく「あんなに楽しそうなのんちゃんを初めて見ました(笑)」だそうです。プーは熱が下がらず欠席。

1/17
ユケがインストアのお願いに駆け回ったあと、ひたすらブッキングの電話をかけまくる。

1/18
この日もユケは宣伝に回って、電話かけまくり。苦労の甲斐あってアルバム発売予定週は全日ライヴ会場を押さえたらしいです。すごいぞユケ! すっかりBiSの切り込み隊長。
プーも復調し、4人揃って恒例のニコ生中継。

1/19〜21
全員でダンス練習とボイトレ等。本番が近づいてきたからか、若干雰囲気もピリピリ。

1/22〜24
レコーディングも佳境! なんだけど、このところプーが心も体もお疲れ気味なようで、心配。ユケの活躍で、たくさんの会場でインストア・イヴェントが決定してきた!

1/25
恒例のニコ生中継を行うも、のんちゃん欠席で、他の3人からも疲れ&焦りを感じますな。

1/26
ついに全員レコーディングが終了!

1/29
みんなお疲れ気味です。リナちゃんもついにダウン! そんな中ユケとのんちゃんはSHAKEを観にまたも秋葉原へ。このコンビは他のグループのライヴ研究に熱心。

Bisのライブが続々決定!!

遂にBiSとしてのライブが決定しました! まずは2月4日の六本木morphにてBiSが初ライブを行います。メンバーそれぞれ、期待と不安を胸に、今まで共にしてきた時間を力に、きっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると思います。頑張れBiS!

2月4日(金) 六本木morph tokyo
BiSの出演は19時50分を予定しています

3月11日 渋谷Gladにてライブ

3月16日 渋谷Asiaにてライブ

BiS公式サイトもオープンしました!!

BiSのオフィシャル・サイトはコチラから>>>

プー・ルイの最後の作品がリリース!

プー・ルイのラスト・シングルは、なんとSpank Happyのカバー「エレガントの怪物」。OTOTOYでは、12月15日(水)から、1週間先行で発売します。

■まだ誰もやってこなかった、Spank Happyをカバー!!
90年代を代表するサブ・カルチャー・ユニット、菊地成孔と岩澤瞳からなるSpank Happyの「エレガントの怪物」をカバー。今回のカバーに至ったいきさつとしては、プー・ルイ本人がライブ・パフォーマンスの参考にと、担当ディレクターから教えられ、Spank Happyのライブ映像を見るうちに岩澤瞳に自分を投影しはじめたことがきっかけとなった。Spank Happyカバーのニュース・リリースでは、Twitter等で300件以上のリツイート、コメントが書き込まれた。

■楽曲は2バージョンを用意!!
エレクトロを意識したPink ver.とミドル・スクールhip hopを意識したwhite ver.の2パターンのカバーver.が用意されている。どちらも原曲とはかなり違ったアレンジが施されている。Pink ver.ではシンセを前面に押し出し、心地よく突き刺さるビートが気持ちよい楽曲となっている。white ver.ではホーン隊とピアノが前面にフィーチャーされ、スモーキーで叙情的な楽曲となっている。

ソロだったプー・ルイを聴いてみよう!

第4回レコチョク新人杯にデビュー曲「限られた時間の中で☆」がノミネートされ、デビュー。中川翔子「フライングヒューマノイド」柴咲コウ「ラバソー〜lover soul」やAimmy「end of the world」の作曲で注目されている松隈ケンタ氏(Buzz72+、The tod-mats)をサウンド・プロデューサーに迎え、強力タッグでJ-POPにロック・サウンドをミックスした新しい音楽の形を表現した。2010年6月23日にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム「みんなのプー・ルイ」はタワーレコード・オンライン・セールス1位を記録MySpaceランキング2位、アメリカからのドキュメンタリー取材やフランスTV局でPVがOAされるなど、デビュー時から話題を欠くことはない。

BACK NUMBER

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始! -

TOP