京都にて歌いはじめ、現在は主に東京で活動している富山出身のシンガー・ソング・ライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。今回のお相手は、同じ京都出身のシンガー・ソング・ライター、ハセケンこと長谷川健一。リリースされたばかりの待望のフル・アルバム『震える牙、震える水』とあわせてお楽しみください!

震える牙、震える水 / 長谷川健一
1.何処かへ / 2.絶景 / 3.空の色 / 4.ユリイカ / 5.極北の食卓 / 6.alllight / 7.青春 / 8.震える牙、震える水 / 9.白日 / 10.ふたり / 11.夜明け前


歌が純粋に歌として響くことの素晴らしさを思い起こしてくれるシンガー・ソング・ライター、長谷川健一。本作は山本達久・石橋英子・船戸博史という素晴らしい音楽家たちと共に作り上げられた待望のフル・アルバムだ。繊細で冷たい穏やかな光が暖かく震えながら降り注ぐ誰にも真似できないハセケンの世界。その官能的で優しくも切ない叫びは聞くものを別世界へと誘う。


message from youcan


 長谷川健一、うたうたい。

 京都で生まれて、京都で歌い始めた彼を、ぼくはずっと恐れてきた。年齢でいうと二つ上のこの人の歌に、追いつこうと思い追い越そうと思う、その度にぼくは跳ね返されたり、吸い込まれて消えそうになったりした。こっそり聴きに行き、こっそりデモ・テープを買った。同じイベントへの出演を避けたことも多々ーなにより好きすぎる。そしてこの人よりいいうたを歌える気がしなかったのだ。

 そんなひとの、初めての、待望のフル・アルバムが出る。ただ楽しみにしていただけだったのが、プロモ用にコメントを依頼され(山本精一さんや浜田真理子さんと並んで使われていた)、あまつさえ、てがみまで書かせてもらえることになり…ぼくは嬉しさと、困惑と、そして彼が相手だからこそ訊かなければならないという思いとが混じり合った複雑な気持ちー

 まあ、詳しくは、その「てがみ」を読んでもらうとしよう。

→長谷川健一×ゆーきゃんのてがみの続きはこちらから

続きはこちら

長谷川健一

1976年京都生まれ。1999年頃から歌を歌い始める。ソロでの活動と並行して、ベースの船戸博史(ふちがみとふなと)とのデュオやドラムに伊藤拓史(CHAINES)を迎えた長谷川健一トリオでも活動中。2007年、comparenotesよりアルバム『星霜』『凍る炎』を二枚同時にリリース。また2008年、京都のガケ書房よりそれまでの自主音源やライブDVDRをコンパイルした『長谷川健一BOXSET』をリリース。ソロでのライブ、内橋和久・石橋英子・山本達久らとのセッションを経て、2010年待望のフル・アルバム『震える牙、震える水』をリリース。

長谷川健一 official website

LIVEスケジュール

6月19日(土)金沢メロメロポッチ
6月20日(日)富山nowhere
6月24日(木)下北沢lete
6月25日(金)下北沢440
6月26日(土)鎌倉喫茶ミンカ
7月10日(土)UrBANGUILD
7月23日(金)下北沢lete
7月24日(土)下北沢440『震える牙、震える水』発売記念ライブ
7月29日(木)京都shinbi
8月22日(日)京都クラブメトロ
8月28日(土)町田簗田寺
9月19日(日)京都拾得
9月22日(水・祝前日)京都磔磔

PROFILE

ゆーきゃん

富山出身のシンガー・ソング・ライター。京都で歌い始め、現在は主に東京で活動している。アシッド・フォーク/サッド・コアを体現するようなその声と日本語詩は、聴くものに儚くも強烈な印象を残す。弾き語りのほか、サポート・メンバーを加えたシティ・ポップス・バンド「ゆーきゃんwith his best friends」、関西アンダーグラウンドが誇る鬼才ダブ・トラック・メーカーとのコラボレーション・ユニット「シグナレス(ex.ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへ)」、Limited Express (has gone?)のJJ、PARAの家口茂樹らとのバンド「conterattack from the babymoles」など活動は多岐にわたる。京都で開催されるD.I.Yフェス「ボロフェスタ」主催メンバーのひとり。「生まれ変わったら天使になりたい」と言ったとか言わなかったとか。

BACK NUMBER

各てがみのBCCKSページにとびます。

#11 テクマ!

#10 oono yuuki

#9 未知瑠

#8 enami Taisuke

#7 オオクボ-T

#6 キツネの嫁入り

#5 Akron/family

#4 Qurage

#3 and Young...

#2 Mirah

#1 とうめいロボ

BCCKSとは?

「本のようなもの」「ノートのようなもの」「本屋さんのようなもの」をweb上で作ることができるサービス。
写真集、雑誌、マンガのような、慣れ親しんだ「本のようなもの」を作ることができます。また、日々気づいたことを書きつづる日記のように使うことや、好きな本や自分に関係ある本などをまとめて並べることもできます。
BCCKS : http://bccks.jp/

この記事の筆者
TOP