SESSION「KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S × 環ROY」

いわゆるアンダーグラウンドといわれるヒップ・ホップがダントツに面白い。アイドルからロック・バンドまでが、ラップのファッション性やスタイルのみを拝借するほどヒップ・ホップが市民権を得た中、ずば抜けた技術とユーモアに溢れるラップを披露する新世代のラッパーが頭角を表してきている。彼らのMCバトルで鍛えられたセンスとスキルは、決してまねごとでは到達出来ない境地なのだ。今回、そんな今後のジャパニーズ・ヒップ・ホップ・シーンを担っていくであろう二組のアーティストによる対談を行う事ができた。

内なる”アンダーグラウンド”を、3人で始めた路上パフォーマンスによって晴らしていったKOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'Sとジャンルの枠を飛び越えたアーティストとして、類い稀な才能を発揮している環ROYによる対談だ。

■ 対談は下記のバナーよりダウンロードして下さい!!

環ROYxEccy『more?』の制作秘話、特典音源について。KOCHITOLA環ROYのオススメ・アルバム。お互いの作品に対する率直な感想、音楽の衝撃など普段は聴く事のできない話がユーモアまじりで盛りだくさんですので、是非一度聴いて下さい!

■ HAGULIFEのボーナス・トラックが収録されたCD-Rを先着五名様にプレゼント! ! !

KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'SHAGULIFE』を全曲購入して頂いた先着五名様に、特典音源「ILL」と「日本語ラップ」が収録された直筆名前入りCD-Rをプレゼント。お早めにお買い求め下さい。

※アルバム全曲購入先着5名様には、recommuni事務局からメールにて御連絡致します。

KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S

鎮座Dopeness、サボ、カトマイラの3MCから成るヒップ・ホップ・グループ。結成は2004年夏。それぞれが府中、東村山、立川という東京西部のベッド・タウン育ち。結成時のメンバーは鎮座Dopeness、カトマイラ、チップ、DJヨシミ、サボ。ちょっぴりはみ出し者だった5人は、他にあまり趣味の合う友達もいないし、ライブやる場所もないということで、路上でのパフォーマンスを開始する。お金を出し合い、充電式の黄色いアンプを購入し、井の頭公園に出没するようになる。ウルトラ・マグネティック・エムシーズを全員一致でカッコいいと認定したことをきっかけに、自らをKOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'Sと命名。鎮座DopenessはサイファーやMCバトルなどに参加し、強烈なインパクトを残したことをきっかけに、知名度を上げる。またや<蝕>といった日本語ラップ・イベントにも出演を果たし、友達も増える。この間鎮座DopenessはスカイフィッシュやDJファミリーといったDJ/トラックメーカーとセッションを重ねたり、ハイファナの作品「Nampoo Cable」や「Connect」、環ROYやゼン・ラ・ロックのアルバムにもフィーチャーされ注目を集める。2008年、紆余曲折を経てメンバーは3人に落ち着き、やっとグループのアルバム「HAGULIFE」を出す気になったKOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S。「ヒップ・ホップは考え方」(by ヤン富田)にとっても賛成。ハスラー・ラップもお真面目ラップも流行モノも大好き。だったら、こんな日本語ラップ・グループがいても良いよね?ってことで、ダンサブルかつ真にオルタナティブな、自称「提案型」のヒップ・ホップを本格始動します!

環ROY

2002年から活動開始。都内を中心にライブ活動を行う。DMRのメンバーとして多くの関連作品へ参加しながら、2006年に1stアルバム『少年モンスター』を発表。2007年にMIX CD『shuffle』、鎮座Dopeness とKakatoを結成し、12inchシングル「E加減」を発表した。2008年には、Olive oil 、Evis beatsらをリミキサーに招聘し、fragmentとのコラボ・アルバム『Mad pop』を発表。また、Shing02との共演で知られるEccyとのコラボ・アルバム『more?』もリリースした。FUJI ROCK FESTIVAL 08をはじめ、様々な音楽フェスティバルにも出演し、大きな注目を集めている。日本人離れしたタイム感、ポップな声質、型に捉われない自由な感性で、新たな国産ヒップ・ホップの在り方を提示している。

KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S Schedule


  • 2009.01.23.(FRI) @代官山unit
—SLYE RECORDS presents Eccy & haiiro de rossi RELEASE PARTY!—

ADV. 2500yen / DAY. 3000yen
DJ:
Olive Oil, Michita,Eccy, DJ KEITA, 0Mizube
LIVE:
降神, 環ROY, Kochitora Haguretic Emcee's, haiiro de rossi, あるぱちかぶと,
オロカモノポテチ

  • 2009.01.31.(SAT) @吉祥寺WARP
—恥骨粉砕—
ADV. 1500yen / DAY. 2000yen
DJ:
DJ CONOMARK(MOTHER/徹頭徹尾/GRASSROOTS), DJ mew(恥骨粉砕/ねはん) ,
DJ MUTA(Libra Record / JUSWANNA / GROUNDWORK, DJ TSU, KO-DA EAST(KAMENOKO), CHAKLIKI, HOLY(CHOY!), Kaki(犬式a.k.aDogggystyle / ONE MILE SKANK), DJ JUMBLE(full-fill RECORDING), 広瀬亮,
DJ NAPSACK(full-fill RECORDING), mattcha-lime(FUNK STEP), FOOD FUNKSTEP, TQUILA GIRL Saico
LIVE:
younGSounds(モリカワアツシ、イルリメ、やけのはら、谷口順、竹久圏、柿沼実), KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S, MONJU(DOGEAR RECORDS), オロカモノポテチ, S.L.A.C.K(PSG)

  • 2009.02.11.(SUN) @渋谷VUENOS
—日本語ラップWEBマガジン -COMPASS- presents 刻韻vol.2—

ADV. 2500yen / DAY. 2000yen w/f 2000yen
LIVE:
DOSMOCCOS, Kochitora Haguretic Emcee's, MIDICRONICA, キリコ, cubex (from E.D.O.)
ギリギリBOYZ (from E.D.O.), The Grasshopper Set, TAK THE CODONA,
Black Mont Blanc stillichimiya(山梨), DELCATECK, Friday Night Music Club
DJ:
DJ ISSO (SD JUNKSTA)
DJ 49
DJ Rio (JACRREN)


  • 2009.03.14.(SAT) @渋谷O-nest
—イルリメニューアルバムレコ発『MADE IN TOUR』—
ADV. 2800yen / DAY. 3300yen

1/17(土)〜チケット販売開始!
・ぴあ(P:313-550)
・ローソンチケット(L:73966)
・e+
・カクバリズムメール予約
LIVE:
イルリメ / SUIKA / KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S
[問い合わせ] O-nest:03-3462-4420 / カクバリズム:03-3466-1380
—カクバリズム メール予約-
件名に『MADE IN TOUR』予約と明記の上、
本文に公演日時・場所と、氏名・連絡先・予約枚数を記載し、
[ticket@kakubarhythm.com]までメールをお送りください。
※枚数限定のため、定員に達し次第終了致します。

環ROY Schedule

  • 2009.01.23.(FRI) @代官山unit
—slye records release party—
  • 2009.02.01.(SUN) @代官山unit
—rose records トキメキNight! vol.02—
  • 2009.02.13.(FRI) @関内move
—hey mr.melody vol.82—
  • 2009.02.14.(SAT) @新木場ageha (newdeal×環ROY)
—clash vol.42—
  • 2009.03.07.(SUN) @下北沢shelter
—slye records release party—
  • 2009.03.29.(SUN) @新宿motion
  • 2009.04.25.(SAT) @渋谷club asia
  • 2009.04.26.(SUN) @京都metro
  • 2009.05.16.(SAT) @大阪shangri-la
—pervenium—

LINK

KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S website

KSR website

環ROY website

session#5、Poodlesへ

session#6、あらかじめ決められた恋人たちへ

session#7、はせはじむ

session#8、traks boysへ

TOP