Track TitleDurationPrice
DFF alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:54
Spook alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:45
King of Bones alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:56
Haunt alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:50
Echo alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:13
Ninth Configuration alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:52
Question of Faith alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:19
Calling Them All Away alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:45
Little Thing Gone Wild alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:18
Circus Bazooko alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:42
Carried From The Start alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:49
All Rise alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:40
曲番クリックで試聴できます Total: 59:03
作品情報

漆黒ロックンロール、 ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブが5年ぶりの新作 『ロング・クリーチャーズ』 をリリース!今作の制作にとりかかったのは2015年の夏のこと。 ちょうどドラムのリア・シャピロがアーノルド・キアリ奇形(脳の奇形の一種)のために受けた手術から半年経ち、 ツアーも一段落したタイミングだった。 北ハリウッドにある"ザ・バンカー"と名付けられた3人にとってのプライベートな空間にこもって、 新しい曲を書き始めた。 ロバート・レヴォン・ビーン(B / Vo)は話す。 「当時はヘトヘトになるまでツアーをして、 リアの脳も頭から流れ出始めてしまって、 とにかくボロボロな状態だったんだ。 僕自身精神的に落ち込んだりを繰り返したこともあったし、 ピーター(・ヘイズ、 G / Vo)は何を考えているのかわからない状態だった」 。 そんな中、 イギリスのベテラン・プロデューサー、 ニック・ロネ(ヤー・ヤー・ヤーズ、 アーケイド・ファイア、 ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ)は今作に欠かせない役割を担った。 ピーターは話す。 「気づくと死について書く自分がいるんだ。 死との葛藤というか...それってすごくダークに聞こえるけど、 僕にとってはダークなユーモアなんだ」 。 ロバートも付け加える。 「僕たちって島のようなんだ。 予測不能な天候だからその時々に相応しい格好をしてくることをおすすめするよ。 ただ、 炎に溺れる時はどうしたらいいんだろう? まあ、 そんな時は革製品に落ち着くのかな」 。

ディスコグラフィー

  • 漆黒ロックンロール、ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブが5年ぶりの新作『ロング・クリーチャーズ』をリリース!今作の制作にとりかかったのは2015年の夏のこと。ちょうどドラムのリア・シャピロがアーノルド・キアリ奇形(脳の奇形の一種)のために受けた手術から半年経ち、ツアーも一段落したタイミングだった。北ハリウッドにある"ザ・バンカー"と名付けられた3人にとってのプライベートな空間にこもって、新しい曲を書き始めた。ロバート・レヴォン・ビーン(B / Vo)は話す。「当時はヘトヘトになるまでツアーをして、リアの脳も頭から流れ出始めてしまって、とにかくボロボロな状態だったんだ。僕自身精神的に落ち込んだりを繰り返したこともあったし、ピーター(・ヘイズ、G / Vo)は何を考えているのかわからない状態だった」。そんな中、イギリスのベテラン・プロデューサー、ニック・ロネ(ヤー・ヤー・ヤーズ、アーケイド・ファイア、ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ)は今作に欠かせない役割を担った。ピーターは話す。「気づくと死について書く自分がいるんだ。死との葛藤というか...それってすごくダークに聞こえるけど、僕にとってはダークなユーモアなんだ」。ロバートも付け加える。「僕たちって島のようなんだ。予測不能な天候だからその時々に相応しい格好をしてくることをおすすめするよ。ただ、炎に溺れる時はどうしたらいいんだろう? まあ、そんな時は革製品に落ち着くのかな」。
  • 漆黒ロックンロール、ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブが5年ぶりの新作『ロング・クリーチャーズ』をリリース!今作の制作にとりかかったのは2015年の夏のこと。ちょうどドラムのリア・シャピロがアーノルド・キアリ奇形(脳の奇形の一種)のために受けた手術から半年経ち、ツアーも一段落したタイミングだった。北ハリウッドにある"ザ・バンカー"と名付けられた3人にとってのプライベートな空間にこもって、新しい曲を書き始めた。ロバート・レヴォン・ビーン(B / Vo)は話す。「当時はヘトヘトになるまでツアーをして、リアの脳も頭から流れ出始めてしまって、とにかくボロボロな状態だったんだ。僕自身精神的に落ち込んだりを繰り返したこともあったし、ピーター(・ヘイズ、G / Vo)は何を考えているのかわからない状態だった」。そんな中、イギリスのベテラン・プロデューサー、ニック・ロネ(ヤー・ヤー・ヤーズ、アーケイド・ファイア、ニック・ケイブ&ザ・バッド・シーズ)は今作に欠かせない役割を担った。ピーターは話す。「気づくと死について書く自分がいるんだ。死との葛藤というか...それってすごくダークに聞こえるけど、僕にとってはダークなユーモアなんだ」。ロバートも付け加える。「僕たちって島のようなんだ。予測不能な天候だからその時々に相応しい格好をしてくることをおすすめするよ。ただ、炎に溺れる時はどうしたらいいんだろう? まあ、そんな時は革製品に落ち着くのかな」。