album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Warmth Of Your Hand -- DRADNATS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:36
Find The Truth -- ALMOND  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:04
You're Not Welcome Anymore -- Ken Yokoyama  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:54
Fu-Fu -- SpecialThanks  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:35
Don't Know Why -- Ken Yokoyama  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:01
Alone -- DRADNATS  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:25
Lost Your Room -- SpecialThanks  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
BACK HOME -- ALMOND  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:48
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 23:53
Album Info

横山健が企画立案を手掛けた4-WAYスプリット盤が登場! ベテランのKen Yokoyama以外の参加バンドは、2007年10月に結成されたばかりのALMOND、昨年リリースされた1stアルバムがスマッシュ・ヒットを記録したDRADNATS、そして紅一点のボーカルを中心に昨年大躍進を遂げたSpecialThanks。なんと全て若手!

Discography

Rock

結成15周年を迎えてもメロディック・パンクに対する誇りとリスペクトを胸に、愚直なほどまっすぐに走り続けているDRADNATSが5thフルアルバム『Hang On The Faith』をリリース!約2年ぶりのリリースであり、昨今のシーンの流れからすれば少し遅いかもしれない。ただ、軽々しく流行りに乗るようなことはなく、ひたすらに己を磨き続ける寡作なバンドであることを考えると、これはかなり早いタイミングであり、モチベーションが高まっていることが想像できる。全編に漂うのは、持ち味のひとつである切なくも温かいメロディーとエネルギーが爆発したような力強いアプローチが見事に合わさったサウンド感。ただただハイクオリティなモノとしてまとめるのではなく、しっかりとその温度を伝える。普段の彼らのライヴから感じられるような圧がどこもかしこも漂っている。その中でも象徴的な曲を挙げるとするならば、「I'll Find The Answer」になるだろう。張り裂けそうな想いを歌い上げ、一気に加速。これぞメロディック・パンクと表現すべき疾走感と気概で突っ走りながら、メロディーの深みを増幅させる抑揚や巧みなコーラスワークで曲の豊かさが増幅。彼らの真骨頂が詰め込まれたモノとなっており、新たな代表曲として響いていくことが期待される1曲だ。もちろん、他にも秀逸な曲たちが顔を揃えている。骨太さと前へ踏み込む意志を宣言する「Just Go Your Way」から始まり、先に挙げた「I'll Find The Answer」やロマンティックなリリックと麗しいメロディーの調和が素晴らしい「Silent Night」と続き、冒頭から進化した彼らの今が存分に味わえるはず。中盤でも、DRADNATS流ロックンロールナンバーとして落とし込んだカバー曲「You've Got A Friend In Me」(ディズニー映画『トイ・ストーリー』主題歌)、ツイン・ヴォーカルが曲の深みをより生み出した「Trust In Me」や生命が躍動するようなパワフルさを持つ「No Looking Back」等々、聴きどころは十分。終盤に入ってもその勢いは衰えることなく、タイトル通り、感情を吐き出すハイテンションチューン「Crazy Now」、鬼気迫る表情と爽快感のあるメロディーというマッチング「Start Over」、恒例のシリーズ曲が初めて歌アリとしてまとめられた「#SUMMER DAYS 3」等が続き、締めくくりとなる曲でありながら、大きなスケール感でここから始まるんだという強い想いが描かれた「Memories」でフィナーレを飾るという盤石の内容となっている。多様化するシーンの中で、決してブレない芯を持ったDRADNATSというバンドがたどり着いた新たなる1ページ。キャリア史上、最高傑作と呼ぶにふさわしい作品である。

14 tracks
Rock

メロディックパンク、ガールズヴォーカルギターロックファン必聴!聴く者全てを魅了するVo.Gt. Misakiの表現力豊かな歌と過去最強のバンドアンサンブルが織りなすスペサンワールドは遂に聖域へと昇りつめる。キャッチー&スピーディーなメロディックパンクチューンからキュート&ハードドライヴィンなパワーポップチューン、さらには壮大なロックバラードまで史上最強のメンバーが織りなす新生スペサンの”今”を100パーセント詰め込んだ渾身のアルバム遂に完成。

11 tracks
Rock

SpecialThanks史上初の4ヶ月連続配信リリース第四弾!メロディック・パンクを基調としながらも壮大なアレンジで疾走感に溢れるナンバー!

1 track
Rock

SpecialThanks史上初の4ヶ月連続配信リリース第三弾!哀愁漂うエモーショナルなナンバー!

1 track
Rock

SpecialThanks史上初の4ヶ月連続配信リリース第二弾!これぞスペサンの真骨頂とも言えるメロディックパンクファン必聴の2ビートナンバー!

1 track
Rock

『Songs Of The Living Dead』——ゾンビのような楽曲たち。Ken Bandの旧メンバー在籍時の楽曲も多数収録されている今作にはふさわしいタイトルかもしれない。長い時を経た今、この世に蘇ったのである。コンピに提供したもの、当時録音までしておきながらライブでしか披露しなかったもの、WEB上で期間限定公開されたの……よくもまあ、アルバムに収録しなかったものだと呆れてしまうほど、力のある楽曲が揃っている。注目すべきは今作のために新たに録音された5曲だ。新曲としてオープニングを飾るのはストレートなメロディックパンクチューン「I Fell For You, Fuck You」。ここではKen Bandらしいメロディを活かした楽曲になっている。一方、もうひとつの新曲「Swap The Flies Over Your Head」は近年の流れを組むロカビリー・スタイル。今のKen Yokoyamaを両輪で支える2つのサウンドが、今後も彼の活動の主軸となっていくことが伺える。残り3曲の新録曲はカバーだ。「Nervous」はSnuffのドラムボーカルDuncanが90年代初期に参加していたメロディックパンクバンドの代表曲であり、超名曲。原曲に忠実なアレンジからもこの楽曲とバンドに対する横山の愛情が透けて見える。そして、NO USE FOR A NAMEのカバー「Soulmate」。これは楽曲に対する思いと同じかそれ以上に、6年前に急逝したバンドのボーカリストTony Slyへの深い愛情が感じられる。作品のエンディングに選ばれているのもそんな思いの現れだろう。残るカバーはVince Taylo「r Brand New Cadillac」。ゲストボーカリストとして、なんと、チバユウスケを迎えた。両者は、実はHi-STANDARD結成以前からの知り合い。30年近い時を経て、こうして音源で共演する日が来るとは実に感慨深い。当然、楽曲もチバを意識して選ばれたものだろう。このように、今作は語るべきポイントが非常に多い。世間一般ではこういった形式の作品を“Bサイド集”と呼ぶのかもしれないが、『Songs Of The Living Dead』には似つかわしくない。横山はこれを“セルフコンピレーションアルバム”、6.5枚目のアルバムとして捉えている。まさにそのとおりだ。ベスト盤等にありがちな懐かしさはこの作品にももちろんある。しかしそれ以上に、今なおギラついている横山のロックンロール魂がゆらゆらと立ち昇っているのを感じるのだ。

20 tracks
Rock

前作から四年の歳月、ドラマーの交代劇。決して常に順調とは言えない四年間だったであろう。しかし着実にキャリアを積み重ねた彼らは、楽曲、演奏、メッセージ全てにおいて深みを増し、横山健プロデュースによりバンド史上最高傑作と言われた前作を遥かに凌ぐ最新作「ONE HiT TO THE BODY」を完成させて還って来た。自らの居場所に誇りを持ち、そこに集まる全ての人を肯定するメッセージを込めたメロディックパンクナンバー「A Beautiful Place」、新生DRADNATSの新たなアンセムとなるであろう「Get Me Back」、ビーチボーイズのボーカルであるブライアン・ウィルソンのカバー「Your Imagination」等々、メロディックパンクにありがちな一辺倒なリズムに収まらず幅広いアレンジを見せつけ、KIKUO(Vo&G)の持ち味であるハイトーンボイスと秀逸なメロディーラインもさることながら、テクニカルなギターソロも披露。ベテランの域へ行かんとするバンドの成長も頼もしい。ピザオブデスの系譜とも言える「正統派メロディックパンクバンド」の代表格として、いよいよシーンの中心へ。

16 tracks
Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンマスト!必ずやファンを裏切らないメロディックキラーチューンは元より、このメンバーでしか出し得ないダンサブルチューン、そして哀愁漂うミドルナンバーまで、Vo.Gt. Misakiの聴く者全てを魅了する歌の力で不変のスペサンワールドに変えてしまう∞の魅力を詰め込んだ全音楽ファンの心を照らす今作品こそHEART LIGHT。

5 tracks
Rock

ガールズメロディック・ギターロックファン必聴!スピーディなメロディックチューンから珠玉のエモーショナルミドルナンバーまで緩急織り交ぜた今なお進化し続ける彼らのキラーテイクのみを収録した2017年型スピーディー&キャッチーにロールする待望の3rdアルバム「Anthem」がスペサン自らのアンセム(=代表作)となる。★録りおろし新曲12曲の今作は、今までの英語中心の歌詞がすべて日本語歌詞となり、珠玉のメロディと相まって、メッセージが直に心に響く、彼らの新たなるステージの幕開けを予感させる様々なリスナーを取り込むスピーディなメロディックチューンから珠玉のエモーショナルミドルナンバーまで緩急織り交ぜたサウンドは過去最大の広がりを見せ、今までの耳の肥えた洋楽系ファンは元より新たな層のファンを獲得するには余りあるハイクオリティなポップロックアルバムに仕上がった。★唯一無二の孤高の歌とルックスまでも兼ね備えたボーカルMisakiが奏でる英語中心の歌詞が、すべて日本語歌詞となりメッセージが珠玉のメロディと相まって、ストレートに心に響くようになり、より多くのリスナーに響くこと必至。

12 tracks
Rock

ガールズメロディックパンク・ギターロックファン必聴必見!スペサン待望のミニアルバムは最新ワンマンライブベストテイク収録DVDセット!2016年スピーディー&キャッチーにロールする彼らの今こそheavenly!録りおろし新曲6曲のCD音源と2015年11日1日下北沢GARDENにて行われた東京初ワンマンライブの模様を17曲収めたDVD映像作品を1つの作品にコンパイルした今までのファンは元より新たなファンを獲得するには余りあるお得感満載の豪華スペシャルエディション!今作のリリースに伴い発売記念ライブツアーが決定!

6 tracks
Rock

意欲作! 冒険作! あるいは……問題作? そんな周囲のどよめきをよそに、「I Don’t Care!(=気にしない)」と連呼する横山健は、笑顔でシャッフルビート。ありありと目に浮かぶのは、チャック・ベリーよろしく腰を落とし、エルヴィスばりに腰をくねらせ、心の中ではブライアン・セッツァーと同じリーゼントを揺らしている姿だ。日本におけるメロディック・パンクの創始者であり、今もシーンの頂点に君臨する横山健。彼のソロ6作目は、なんと、見事に、ロックンロールだ!生涯パンクスとしての考え方は変わらない。しかしルーツを紐解けば、横山はパンクに目覚める前からロックンロールと出会い、50〜60年代の音楽を漁ってきた耳の持ち主。それは過去にカバーしてきたタイトルを振り返れば一目瞭然であり、いつか古い名曲ばかりを扱うカバーバンドをやってみたいと無邪気に語る姿も、ここ数年で何度か目撃したものだ。その欲望は、初めてのセミ・アコースティック・ギターを手にしたことから加速する。まずはギブソンのESシリーズ、さらにはロックンロールの王道たるグレッチへ。改めてロックンロールに惚れ直し、ギターの奥深さを思い知る日々。夢中で新曲を書き続け、それらをKen Yokoyama名義で発表するためにバランスを調整したのは後のことだ。とにかく、ギタリストとしての探究心が爆発した。こんな感覚は過去に一度もなかったという。前作『Best Wishes』のシリアスな熱量に比べれば、終始ゴキゲンで茶目っ気もたっぷり。古き良きロックンロールの「記号」や「お約束」をも楽しんでいる横山は、今までの現場主義とは異なる場所にいるようだ。身近なライブハウスの等身大のパンクヒーローこそ横山健だと言うのなら、この変化にファンは戸惑うだろう。本人も自覚したはずだ。でも、止めなかった。今までメロディック・パンクと呼ばれたスタイルを離れてもいいと思った。なぜか。すべて繋がっているからだ。ロックの長い歴史は自分のギターと繋がっているのだし、世間から背を向けることも愛する人にバラードを捧げることも全部ロックから学んできた。メロコア一筋ならば今の自分はいなかったし、闘う姿勢は別にパンクに限ったものではない。自分の歴史をすべて繋げてみれば、「Roll The Dice」と歌いながら若者にメッセージを送ることも可能だし、ボブ・ディランを想いながら日本の現状を暴くことも一直線上になるのだ。震災を受けて生まれた『Best Wishes』の覚悟は、ロックンロールの大河に飛び込むことで『Sentimental Trash』に繋がった。そこには何ひとつブレがないのだと、横山が確信していたのだと思う。自分の耳と、心と、経験値とで。おまけに、クラッシュがカバーした「Pressure Drop」を改めてカバーすることで、ギタリスト・南英紀の過去と現在が繋がってしまうとは……! そんな嬉しい驚きも含めて、過去最高に発見の多い、ワクワクするような冒険のロックンロール。さぁ、それを受け止めるあなたの声は如何に?

12 tracks
Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンマスト!スピーディ&キャッチーにロールするキラーナンバーでオールウェイズ・ノンストップで疾走してきたスペサン、渾身の2ndフルアルバム遂に完成!メロディック、ガールズギターロックファンマスト!傑作フル「SEVEN LOVERS」から4年、更なる進化を遂げるスペサン渾身の2ndアルバム待望のリリース!必ずやファンを裏切らない2ビートメロディックキラーチューンは元より、この4人のアンサンブルでしか出し得ない様々なタイプの楽曲もVo.G Misakiの聴く者全てを魅了する歌の力で普遍のスペサンワールドに変えてしまう∞の魅力!今回の楽曲は英語歌詞は元よりイチオシの日本語詞楽曲Love begets loveにてMVを製作予定。そしてMisakiがリスペクトするPERSONZのカバー楽曲7 COLORS(Over The Rainbow)やJR西日本のCMソングSpecialDayをも含む全15曲を収録!

15 tracks
Rock

2005年の結成以来、年間何十本ものライブをこなし、着実に実力をつけてきた彼等。そんな彼等と横山(Hi-STANDARD / Ken Yokoyama / BBQ CHICKENS)が急速に距離を縮めたのは2009年にピザオブデスから発売された4WAYスプリット「The Best New-Comer Of The Year」での共演。同タイトルに収録されている「Warmth Of Your Hand」「Alone」(どちらも超名曲!)を耳にして以来、そのアグレッシブなサウンドや最大の武器でもある、シンプルでいて一度聴いたら忘れる事の出来ないメロディに惚れ込んだ横山は自ら''プロデュース''を買って出る事になる。''DRADNATS''逆から読んだら''STANDARD''。まさしくメロディックパンクのスタンダードになるべく作り上げられた楽曲達に、横山は一体どのような''マジック''をかけるのか。HUSKING BEE、HAWAIIAN6以来の横山健プロデュースとなる渾身のNewアルバム。

14 tracks
Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンはマスト! 傑作「SEVEN LOVERS」から3年、即完売した「Campanula ep」から1年、再び4人バンドとして初の作品に込め、彼らの新たなる歴史がスタート! 進化するスペサンワールド全5曲収録のCDに、代表曲をベストセレクトした最新ワンマンライブを11曲収録したDVDをプラスした豪華スペシャルエディション! 2013年春、再び4人組となりスタートを切ったSpecialThanks、現メンバーでの初レコーディング作品遂にリリース。今作は2014年夏に予定するセカンドフルアルバムへの期待も否応無しに膨らむ、スペサン健在をアピールするには充分なミニアルバムに仕上がった。傑作「SEVEN LOVERS」リリース直後の人気絶頂の時期に震災ぼっ発、その年の12月、メンバー2名脱退という最大の危機を乗り越え、遂に鉄壁のメンバーでフル稼働する準備が整った!新たなる布陣での新曲は、必ずやファンを裏切らない2ビートメロディックキラーチューン、新しい4人のアンサンブルでしかできない新境地とも言えそうなひねくれブリットポップ的楽曲、哀愁漂うミドルテンポナンバー等、進化するスペサンワールド全5曲収録。更には今までの彼らの代表曲をベストセレクトした最新ワンマンライブの模様を11曲収録したDVDもプラスし、今までのファンも納得する内容である事は勿論、初めて聴くファン層にも入門編と成り得る豪華スペシャルエディション。バンド史上今が最も充実し、自信に満ち溢れ輝く彼らを今作で高らかに宣言し、過去と未来をつなぐ重要作「Move on」。

5 tracks
Rock

メロディックパンク、ガールズギターポップファン感涙!傑作「SEVEN LOVERS」から約2年、更なる神化を遂げた神聖スペサン 「Campanula e.p.」 に込めて彼らの第二ステージが今始まる!2,000枚限定プレス!

5 tracks
Rock

''3.11以降''を 生きる僕らに向けた切実な想いを刻み込んだ Ken Yokoyama 通算5枚目のフルアルバム

12 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

AIRFLIPニューミニAL『All For One』レコ発ツアー東名阪ゲスト決定

AIRFLIPニューミニAL『All For One』レコ発ツアー東名阪ゲスト決定

大阪発POP PUNK BANDAIRFLIPが、1月27日に発売されたニューミニアルバム『All For One』のレコ発ツアーのゲストバンドを発表した。 下北沢SHELTER公演にはSpecialThanks、名古屋R.A.D公演にはSee You

名古屋クラブクアトロ開店30周年企画〈New Direction 2019〉出演者第二弾発表

名古屋クラブクアトロ開店30周年企画〈New Direction 2019〉出演者第二弾発表

2019年に30周年を迎える名古屋クラブクアトロの開店30周年企画〈New Direction 2019〉。 その第二弾ラインナップが解禁された。 今回も意外なようでクアトロらしいラインナップがぞくぞくと登場している。 以下が今回発表された出演者と出演

アニメ「オオカミ少女と黒王子」OP&ED曲の配信限定シングル発売

アニメ「オオカミ少女と黒王子」OP&ED曲の配信限定シングル発売

TOKYO MXなどで放送中のアニメ「オオカミ少女と黒王子」のエンディング・テーマ「オオカミハート」(ORESAMA)と、オープニング・テーマ「LOVE GOOD TIME」(SpecialThanks)をセットにした配信限定シングルが、12月3日に発売

〈WILD BUNCH FEST. 2014〉カランコロン、キュウソ、でんぱ組、テングバンドら出演

〈WILD BUNCH FEST. 2014〉カランコロン、キュウソ、でんぱ組、テングバンドら出演

8月23日(土)~8月24日(日)にわたって山口県の山口きらら博記念公園にて〈WILD BUNCH FEST. 2014〉が開催される。 1999年から開催されている〈SETSTOCK〉の後継イベントとして2013年に初めて山口きらら博記念公園で開催さ