Track TitleDurationPrice
1
Shibuya Again alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:29 N/A
2
On The Edge Of A New Age alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:27 N/A
3
Kilika alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:44 N/A
4
River Walk alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:47 N/A
5
An Alpine Forest alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:15 N/A
6
Wandering Through Kunsthal alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:24 N/A
7
Station alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:38 N/A
8
Echoes alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16 N/A
9
Prophets alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16 N/A
作品情報

カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Teen Dazeが、2017年初頭にリリースした『Themes For Dying Earth』と対をなす作品『Themes For A New Earth』を完成。全編インストゥルメンタルで構築された流麗で美しいドリーミーなアンビエント音源集。

ディスコグラフィー

  • カナダのアンビエント・ドリーム・ポップ才人、Teen Dazeが、2017年初頭にリリースした『Themes For Dying Earth』と対をなす作品『Themes For A New Earth』を完成。全編インストゥルメンタルで構築された流麗で美しいドリーミーなアンビエント音源集。
  • TEEN DAZEによるSUMMER DAZEアルバム!7月に2度目の来日ツアーも決定しているカナダのドリーム・ポップ才人JamisonによるTeen Dazeの2013年の『Glasier』以来となる4作目のフル・アルバムが完成!本作ではベッドルームを飛び出し、デビュー以来アップデートし続けて来た、これまでのエレクトロニック〜アンビエントのテイストとは異なる、生音主体のバンド的サウンドを披露! 7月に2度目の来日ツアーも決定しているカナダのドリーム・ポップ才人JamisonによるTeen Dazeの2013年の『Glasier』以来となる4作目のフル・アルバムが完成!本作ではベッドルームを飛び出し、デビュー以来アップデートし続けて来た、これまでのエレクトロニック〜アンビエントのテイストとは異なる、生音主体のバンド的サウンドを披露! 本作はBARSUKやDEAD OCEANSからも作品をリリースし、DEATH CAB FOR CUTIEやST.VINCENTなどとのコラボレーションでも知られるJohn VandersliceとSimon Bridgefootの共同プロデュースによってサンフランシスコのTiny Telephoneスタジオで録音された。 軽快な生ドラムのリズムを基軸に、センシティヴ且つ流麗なギターやキーボード、時折ストリングスを交えてたおやかなサウンドを構築し、Jamisonの温かみのある滑らかなヴォーカル/コーラスと解け合っていく。昨今の作品はどちらかというとクールなアンビエント・テイストのサウンドの印象が強かったが、本作は太陽が降り注ぐ夏にもフィットする壮快でリラックスした印象のドリーム・ポップ作。もちろん彼のメロディ・センスとエモーショナルな質感は継承しており、新たなTeen Dazeのヒストリーの幕開けとなるアルバムだ。
  • 早くもサード・フルが完成! 今年の晩夏はTEEN DAZEの納涼サウンドで! 2012年に待望の1stアルバム『All Of Us, Together』、そして2ndアルバム『The Inner Mansions』を立て続けにリリースしたカナダはバンクーバーのエレクトロニック~ドリーム・ポップの才人、Jamisonによるソロ・プロジェクト、Teen Dazeのサード・アルバム『Glacier』が完成! 日本のみで音源化!