album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Shown and Told  mp3: 16bit/44.1kHz 03:23
Laughter Reflected Back  mp3: 16bit/44.1kHz 02:45
Just Pack or Unpack  mp3: 16bit/44.1kHz 05:09
9/11 2  mp3: 16bit/44.1kHz 01:19
A Tell-Tale P***s  mp3: 16bit/44.1kHz 03:50
Everywhere I Go  mp3: 16bit/44.1kHz 01:23
Vine On a Wire  mp3: 16bit/44.1kHz 04:58
Insects Don’t Eat Bananas  mp3: 16bit/44.1kHz 01:51
Lying and Cheating and Chasing You Around  mp3: 16bit/44.1kHz 00:26
If There Was a Time #1  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
The Surrender #1  mp3: 16bit/44.1kHz 03:14
If There Was a Time #2  mp3: 16bit/44.1kHz 03:57
The Surrender #2  mp3: 16bit/44.1kHz 04:51
So-and-So  mp3: 16bit/44.1kHz 03:18
Many Times I’ve Mistaken  mp3: 16bit/44.1kHz 03:18
Eventually, All At Once  mp3: 16bit/44.1kHz 04:10
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 51:22
Album Info

ポストロック〜EMOシーンにおける先駆的な存在としていまや伝説の域にあるティムが高校生のときに始めたバンド、キャップン・ジャズ。そこから果てしない数の素晴らしいバンドが産み落とされた。プロミス・リング、アメリカン・フットボール、オーウェン、メイク・ビリーヴ、マリタイム、アウルズ、フレンド/エネミー、エヴリワンド、ヴァーモント…。そんな広大なファミリー・トゥリーの、限りなく中心に近い場所に君臨するバンド、それがジョーン・オブ・アーク!そんな彼らの9 作目はティムの、振り絞るかのような唄声が大きく胸を打つ重厚な作品。

Discography

ティム・キンセラ率いる、言わずと知れたシカゴ発アヴァン・ロックの重鎮ジョーン・オブ・アーク。Polyvinylからのリリースとしては約2年振りとなる本作は、バンドもパフォーマンスの一部として参加したシカゴの前衛劇団Every House Has a Doorによる舞台『Testimonium』用に書き下ろされた曲群をスタジオにて新たに磨きをかけた作品集! 本編中1曲+日本盤ボーナスの『Pine Cone』の2曲はアルバムのみでしか購入できないため、アルバムでのご購入がオススメ!

96年に結成以来、ティム・キンセラを中心とした不定形グループであり、シカゴのポストロック~EMOシーンの最重要バンドの最新作。キャップン・ジャズの再結成ツアーにより、オウルズ以来、10年ぶりに再会したヴィクターをギターに迎えたエッセンシャルな4人で、USとヨーロッパにてツアーを敢行。強靭に鍛え抜かれた楽曲をもって、ツアー終了直後からエレクトリカル・オーディオ・スタジオに入り、スティーヴ・アルビニによって、バンドの最良の状態を捉えた9曲。

1996年に結成以来、ティム・キンセラを中心とした不定形グループとして、これまでにオリジナル・アルバムとしては9枚、他にもEPや、企画盤、ライヴ盤などをリリースし、さらに、別ユニットやソロ・アルバムなども含めると、優に50枚以上のアルバムを生み出し続けているシカゴのポストロック〜EMO シーンの最重要バンドの最新作。痛々しいほどにエモーショナルだった前作に比して、アルバム・タイトルからも見受けられるように、人生を俯瞰して見つめる視線が感じられる、より穏やか、かつ大胆な作品となった。常に音楽的に、文学的に、進化することをやめないティムの尽きない創造性が、また1つの高みに達したことを告げるシカゴからの最新レポート。

ポストロック〜EMOシーンにおける先駆的な存在としていまや伝説の域にあるティムが高校生のときに始めたバンド、キャップン・ジャズ。そこから果てしない数の素晴らしいバンドが産み落とされた。プロミス・リング、アメリカン・フットボール、オーウェン、メイク・ビリーヴ、マリタイム、アウルズ、フレンド/エネミー、エヴリワンド、ヴァーモント…。そんな広大なファミリー・トゥリーの、限りなく中心に近い場所に君臨するバンド、それがジョーン・オブ・アーク!そんな彼らの9 作目はティムの、振り絞るかのような唄声が大きく胸を打つ重厚な作品。

News

ジョーン・オブ・アーク、約6年振りのオリジナル・フル・アルバム発売

ジョーン・オブ・アーク、約6年振りのオリジナル・フル・アルバム発売

今年3月にグループ結成20周年を記念した「JOA20」日本ツアーも行った鬼才ティム・キンセラ率いるシカゴ・アヴァン/ポスト・ロックの雄ジョーン・オブ・アーク。 ニュー・アルバム『He's Got The Whole This Land Is Your L

ジョーン・オブ・アーク、結成20周年記念来日ツアーを開催

ジョーン・オブ・アーク、結成20周年記念来日ツアーを開催

ティム・キンセラ率いるジョーン・オブ・アークの来日公演が決定した。 今回の来日では、結成20周年記念ツアーとして、東京のほか、京都、名古屋、松本でもライヴを開催する。 来日メンバーはティム・キンセラ(Vo.G)、ボビー・バーグ(B)、セオ・カソウニス(D

American Football奇跡の来日公演開催決定

American Football奇跡の来日公演開催決定

OWENことマイク・キンセラ率いるエモ・ポストロック界のレジェンド・バンド、American Footballの一夜限りの来日公演が決定した。 1998年にEP、99年にアルバムを1枚ずつ出しただけであっけなく解散したAmerican Football(

USインディー界の歌姫ジェン・ウッドが新作リリース、リード曲の視聴も

USインディー界の歌姫ジェン・ウッドが新作リリース、リード曲の視聴も

シアトル在住の女性シンガー・ソングライター、ジェン・ウッドが5年ぶりとなる5thアルバム『ウィルダネス』を10月2日(木)に日本先行リリースする。 ジェン・ウッドは1992年よりTattle Taleのメンバーとして活動、98年にソロ・デビュー。その後

ジョーン・オブ・アーク、6年振りの来日公演開催、Owls新作もリリース

ジョーン・オブ・アーク、6年振りの来日公演開催、Owls新作もリリース

シカゴのポスト・ロック〜エモ・シーンの伝説的バンド、ティム・キンセラ率いるジョーン・オブ・アークがバンド編成としては2008年以来6年振りの来日公演を3日間開催する。 約20年に及ぶバンドのヒストリーから厳選されたナンバーを異なった内容で披露する初日と

Articles

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

レヴュー

JOAN OF ARC『LIFE LIKE』

ティム・キンセラがスティーヴ・アルビニとタッグを組んだ意欲作キャップン・ジャズの再結成ツアーを経て、10年ぶりにヴィクターを迎え、スティーヴ・アルビニとタッグを組んだ意欲的な11th。 96年に結成以来、ティム・キンセラを中心とした不定形グループであり、シ…

JOAN OF ARC『flowers』 インタビュー by 西澤裕郎

インタヴュー

JOAN OF ARC『flowers』 インタビュー by 西澤裕郎

キャリアを重ねたバンドであっても、感情の波は作品に現れる。1996年、シカゴで結成されたの前作『BOO HUMAN』は、ティム・キンセラが離婚という失意のうちに作ったアルバムだった。歌詞は叙情的で、パーソナルな面が反映されていた。ライナーノートでは、「他人…