album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
交響曲 第 10番 ホ短調, 作品 93: 1. Moderato  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 25:00 Album Purchase Only
交響曲 第 10番 ホ短調, 作品 93: 2. Allegro  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:09
交響曲 第 10番 ホ短調, 作品 93: 3. Allegretto  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 12:09 Album Purchase Only
交響曲 第 10番 ホ短調, 作品 93: 4. Andante - Allegro  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 12:47 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 54:05
Album Info

各方面から賞賛を受け、 新時代の到来を期待させる、 ジョナサン・ノットと東京交響楽団の最新録音盤が登場です。 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番は、 2016年に行なわれた同コンビのヨーロッパ・ツアーで喝采を受けた楽曲で、 当盤はそのツアー前のサントリーホールでのライヴ収録です。 東京交響楽団の高い技術力が存分に発揮され、 ジョナサン・ノットと繰り広げられる丁々発止の音楽的密度の濃い演奏が聴きものです。 美しく紡がれる弦楽奏、 木管楽器の華麗なソロ、 重厚なパワーを轟かせる金管楽器。 ショスタコーヴィチの魂に触れるかのような音楽のエネルギーに満ち、 ライヴ盤ならではの興奮を伝えます。 ノットがオーケストラを見事に統率し、 存分にドライヴさせた渾身の演奏です。 現在日本を代表する名コンビに、 ぜひご注目ください。

Discography

Classical/Soundtrack
数々の金字塔を打ち立ててきた音楽監督ジョナサン・ノットと東京交響楽団。待望の新録音は、ジョナサン・ノット自ら巧みなプログラミングによるマーラー「第10番」&ブルックナー「第9番」の未完の交響曲。まだファンの記憶に新しく興奮状態も頂点に達したサントリー・ホール&ミューザ川崎シンフォニーホールで行われた演奏会を、ライヴレコーディングしました。ライヴならではの臨場感と息づかいはそのままに、今最も賞賛を得ている名コンビによる極上の美しいアダージョを是非お聴きください。
Classical/Soundtrack
各方面から絶賛され続けているノット&東響の最新盤は、現代音楽史にも重要な傑作、「春の祭典」と「浄められた夜」です。現代音楽を最も得意とするノットの才気が爆発。「春の祭典」では圧倒的なエネルギーと揺るぎなき精密さを披露し、聴くものを興奮の坩堝へと引きずり込むかのようです。極美のロマンティシズムが壮麗に奏でられる「浄められた夜」と対比されたプログラミングはこのコンビならでは。また、当録音ではDSD5.6MHzによるピュア・ワンポイント・レコーディングを採用。超高解像度のサウンドによって、ライブの熱気や空気感共々克明に収められています。驚異的な演奏、録音をぜひお聴き下さい。
Classical/Soundtrack
ジョナサン・ノットと東京交響楽団の第3弾はブルックナー交響曲第5番です。昨年リリースの交響曲第8番は高く評価され、マスコミ各誌で絶賛を浴びました。ノットは、カトリック風とも教会的とも呼ばれる曲の特質をことさら強調することなく、むしろ真摯な姿勢によって、立体的で輝かしい音楽美を構築しています。弦は清澄な美しさを、管は壮麗な響きで指揮者に呼応し、全編がクライマックスを築く終楽章では、その圧倒的なサウンドが聴き手の耳を呪縛して離しません。現在、わが国で最も注目を集める熱きコンビの名演奏を、どうぞお楽しみください。
Classical/Soundtrack
各方面から賞賛を受け、新時代の到来を期待させる、ジョナサン・ノットと東京交響楽団の最新録音盤が登場です。ショスタコーヴィチ:交響曲第10番は、2016年に行なわれた同コンビのヨーロッパ・ツアーで喝采を受けた楽曲で、当盤はそのツアー前のサントリーホールでのライヴ収録です。東京交響楽団の高い技術力が存分に発揮され、ジョナサン・ノットと繰り広げられる丁々発止の音楽的密度の濃い演奏が聴きものです。美しく紡がれる弦楽奏、木管楽器の華麗なソロ、重厚なパワーを轟かせる金管楽器。ショスタコーヴィチの魂に触れるかのような音楽のエネルギーに満ち、ライヴ盤ならではの興奮を伝えます。ノットがオーケストラを見事に統率し、存分にドライヴさせた渾身の演奏です。現在日本を代表する名コンビに、ぜひご注目ください。
Classical/Soundtrack
2014年より東京交響楽団の音楽監督を務めるジョナサン・ノットとの初CDがリリースとなります。就任して3年、多くの共演を重ね、蜜月の時を迎えるこのコンビ。まさに満を持しての初ライヴ・レコーディングを決行しました。天上の響きへと導く美しい弦の響き。流麗に奏でる木管群。パワフルでありながらも重厚なサウンドを放つ金管群。ジョナサン・ノットが緻密に構築したブルックナーは天国的な響きと官能的で濃密な響きを併せ持ちます。これまで東京交響楽団は、ユベール・スダーンなどの薫陶を受け見事なブルックナー演奏を築いてきましたが