album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
トモダチ feat. Jinmenusagi  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:16
Album Info

今後のヒップホップ / ラップ界を確実に担う男、NIHA-C(ニハシー)がいよいよ本腰を上げて再起動開始!電波少女が2015年〜2016年に2枚の作品をリリースしたレーベル、redrec / sputniklab inc.に移籍し、その第1弾としてリリースされるのは盟友Jinmenusagiをフィーチャリングラッパーとして招いた配信限定シングル「トモダチ feat.Jinmenusagi」である。不器用な友情を絶妙のリリックで描いた素晴らしき賛歌とあり、ヒップホップの枠を超えたキャッチーなポップミュージックとしての醍醐味も感じさせる名曲に仕上がっている。NIHA-Cが電波少女のフィーチャリングで参加した「MO feat.NIHA-C」、「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi,NIHA-C」でラップした際の必殺フレーズ「ただ死にたくなったら連絡しろ」も炸裂しているので要チェックである。

Discography

HipHop/R&B

電波少女の代表曲に数多くフィーチャリングラッパーとして参加し、今後のヒップホップ / ラップ界を確実に担う男、NIHA-C(ニハシー)が「新生NIHA-C」としてリニューアルし、2nd Ful Albumをリリース!電波少女が2015年〜2016年に2枚の作品をリリースしたレーベル、redrec / sputniklab inc.に移籍し、今年6/26に盟友Jinmenusagiをフィーチャリングラッパーとして招いた第1弾配信限定シングル「トモダチ feat.Jinmenusagi」をリリース。6/26付iTunes Storeヒップホップ / ラップ シングルチャート5位を記録し、8/10には第2弾配信限定シングルとして電波少女のハシシをフィーチャリングラッパーに迎えた「モナリザ feat. ハシシ from 電波少女」をリリース。8/10付iTunes Storeヒップホップ / ラップ シングルチャート2位を記録し、8〜9月には電波少女の全国9か所に及ぶ全国ツアーのオープニングアクトを全公演務める等、NIHA-Cを取り巻く状況は今までに無い盛り上がりを見せている中でのアルバムのリリースとなる。 新生NIHA-Cは「キャッチーなヒップホップ」を前面に押し出しており、「ヒップホップの枠を超えたポップミュージック」としての醍醐味を堪能できる楽曲がバラエティに富んだ形で多数収録されている。そしてNIHA-Cのリリックはリアリティのある普遍的な応援歌としても十二分に機能している。ヒップホップを知らないリスナーに確実に刺さるジャンルを超えたポピュラリティーを今作は獲得している。ピースフルで愛に満ちていて、それでいて1本筋の通ったNIHA-Cの真の魅力が詰まった作品である。マシンガンの如くシーンをDISる「It's Going Down」から始まり、一転してキャッチーかつグルーヴィーな応援歌「リーダー」、優しく切ない「夜光虫」、不退転の覚悟を叫ぶ「Touch The Sky」、アルバムのラストに相応しいピースフルな「Nothing」等、多彩な音楽性が心地良い力作である。

HipHop/R&B

6/26に配信限定シングル「トモダチ feat. Jinmenusagi」をリリースし、iTunes Storeヒップホップ / ラップ シングルチャート5位を記録したNIHA-C(ニハシー)が8/10(木)に早くも第2弾配信限定シングルをリリースする事が分かった。 タイトルは「モナリザ feat. ハシシ from 電波少女」、電波少女のハシシをフィーチャリングラッパーに迎えたシングルである。NIHA-Cは電波少女の代表曲に数多く客演で参加しているが、今作は黄金コンビの復活ナンバーであるのでクオリティは間違い無し!の太鼓判を押せる内容である。(電波少女は最新デジタルシングル「FOOTPRINTZ」が7/10付iTunes Store ヒップホップ / ラップ シングルチャート1位を記録する等絶好調である。) 今作はエキゾチックなビート、屈折した恋愛感情を描いたリリック、キャッチーなメロディーという3要素が見事に融合しており、センチメンタルかつユーモラスかつキャッチーな楽曲に仕上がっている。NIHA-Cとハシシの掛け合いが非常に聴きごたえのあるので要チェックである。

HipHop/R&B

今後のヒップホップ / ラップ界を確実に担う男、NIHA-C(ニハシー)がいよいよ本腰を上げて再起動開始!電波少女が2015年〜2016年に2枚の作品をリリースしたレーベル、redrec / sputniklab inc.に移籍し、その第1弾としてリリースされるのは盟友Jinmenusagiをフィーチャリングラッパーとして招いた配信限定シングル「トモダチ feat.Jinmenusagi」である。不器用な友情を絶妙のリリックで描いた素晴らしき賛歌とあり、ヒップホップの枠を超えたキャッチーなポップミュージックとしての醍醐味も感じさせる名曲に仕上がっている。NIHA-Cが電波少女のフィーチャリングで参加した「MO feat.NIHA-C」、「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi,NIHA-C」でラップした際の必殺フレーズ「ただ死にたくなったら連絡しろ」も炸裂しているので要チェックである。

HipHop/R&B
V.A.

SKY-HIが主宰するインディーレーベル=BULL MOOSEから化学反応(コラボ)を生み出す音の研究所(FLOATIN' LAB)が再び開設!AAA, SKY-HI, BULL MOOSEと3足の草鞋を履くSKY-HIが絶対の自信を持って世に送り出すBULL MOOSE期待の新人NIHA-C(ニハシ), Moro(モロ)のお披露目&現在のシーンを彩る多才なアーティスト達とのコラボレーションは必聴!2012年、SKY-HI発案〜Amebreakで展開されたSKY-HI×気鋭のHIPHOPアーティストの楽曲制作ドキュメント=FLOATIN' LABから発展し、自ら主宰するインディペンデントレーベル、BULL MOOSEからリリース〜スマッシュヒットを記録したコンピレーションアルバム『FLOATIN' LAB』の第二弾!!現在のシーンを彩るアーティスト達の競演に加え、NIHA-C, MoroといったBULL MOOSE期待の新人もベールを脱ぐ!SKY-HI自身のRAPも更にエッジを増して、本盤ならではの多種多様なコラボレーションが魅力的で豪華な1枚!!

News

電波少女にNIHA-Cが加入! 新体制初ワンマンも

電波少女にNIHA-Cが加入! 新体制初ワンマンも

ヒップホップ・クルーの電波少女にNIHA-Cが正式加入することが決定した。 NIHA-Cは、電波少女の楽曲の中でも人気曲である「MO」「オーバードーズ」「COMPLEX」などにフィーチャリングで参加しており、昨年は電波少女の全国ツアーにも帯同している。N

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

〈電波少女的ヒッチハイクの旅〉を無事完走してメジャー・デビューが決定したヒップホップ・ユニット、電波少女。そんな彼らが、2月4日(土)にShibuya WWWで〈電波少女 ワンマンライブ「サライ」~電波少女的ヒッチハイクの旅 完~〉を行なった。 今回のワ