Track TitleDurationPrice
1
The One 2 alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:26 N/A
2
DITBR (Interlude) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 00:48 N/A
3
Dancing Is The Best Revenge alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:41 N/A
4
NRGQ alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:30 N/A
5
Throw Yourself In The River alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:55 N/A
6
What r u up 2Day? alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:27 N/A
7
Five Companies alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:59 N/A
8
Throttle Service alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:37 N/A
9
Imaginary Interviews alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:47 N/A
10
Our Love (U Can Get) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:27 N/A
11
Things Get Hard alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:29 N/A
12
R Rated Pictures alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:19 N/A
13
Anybody’s Guess alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:29 N/A
アルバム購入特典
BRC_545_chk_Liner_ol.pdf
作品情報

ニューヨークが生んだ史上最狂のディスコ・パンク・バンド、!!!(チック・チック・チック)が2年振り通算7作目となるスタジオ・アルバムを完成!「恐れを振り払え!」というメッセージが込められたタイトル『Shake The Shudder』は彼らの座右の名であり、そのキャリアを通して示してきた言葉である。バンドのホームタウンであるブルックリンでレコーディングされた今作には、個性豊かな女性ヴォーカリストが多数参加。さらに最近のお気に入りだというムーディーマンやケイトラナダ、ニコラス・ジャーなどからの影響を反映した様々なエレクトロニック・ミュージックの要素に加え、自由な精神を象徴としてハウス・ミュージックを取り入れ、「ビートに乗ってりゃ何でもあり!」というオープンな姿勢から生まれた過去最高にソウルフルかつダンサブルなサウンドに仕上がっている。一貫して変わることのないパンクなアティチュードと、アルバム毎に進化を続け、シーンの変化とも巧みにリンクしてきたチック・チック・チックの最新作は、キャリアの全てを反映させた集大成でありながら、歌詞とサウンドの両方にさらにエッジを効かせ、混迷を極める世界の中に対するチックらしいポジティブかつ痛快なダンス・アルバム!

備考

アルバムまとめ購入の場合、CDと同様の木津毅による解説、今井スミによる歌詞対訳が掲載されたデジタル・ライナーノーツPDFが付属します。

ディスコグラフィー

  • !!!
    ライブ会場でしか買えなかった!!!の300枚限定の12インチがデジタルでリリース!ハウスっぽさを打ち出した最高のダンストラックに仕上がっている。
  • !!!
    ニューヨークが生んだ史上最狂のディスコ・パンク・バンド、!!!(チック・チック・チック)の7作目となるアルバム『Shake The Shudder』よりタイトルと同名曲のスペイン語バージョンをシングルリリース!
  • !!!
    ニューヨークが生んだ史上最狂のディスコ・パンク・バンド、!!!(チック・チック・チック)が2年振り通算7作目となるスタジオ・アルバムを完成!「恐れを振り払え!」というメッセージが込められたタイトル『Shake The Shudder』は彼らの座右の名であり、そのキャリアを通して示してきた言葉である。バンドのホームタウンであるブルックリンでレコーディングされた今作には、個性豊かな女性ヴォーカリストが多数参加。さらに最近のお気に入りだというムーディーマンやケイトラナダ、ニコラス・ジャーなどからの影響を反映した様々なエレクトロニック・ミュージックの要素に加え、自由な精神を象徴としてハウス・ミュージックを取り入れ、「ビートに乗ってりゃ何でもあり!」というオープンな姿勢から生まれた過去最高にソウルフルかつダンサブルなサウンドに仕上がっている。一貫して変わることのないパンクなアティチュードと、アルバム毎に進化を続け、シーンの変化とも巧みにリンクしてきたチック・チック・チックの最新作は、キャリアの全てを反映させた集大成でありながら、歌詞とサウンドの両方にさらにエッジを効かせ、混迷を極める世界の中に対するチックらしいポジティブかつ痛快なダンス・アルバム!
  • !!!
    ニューヨークが生んだ史上最狂のディスコ・パンク・バンド、!!!(チック・チック・チック)が2年振り通算7作目となるスタジオ・アルバムを完成!「恐れを振り払え!」というメッセージが込められたタイトル『Shake The Shudder』は彼らの座右の名であり、そのキャリアを通して示してきた言葉である。バンドのホームタウンであるブルックリンでレコーディングされた今作には、個性豊かな女性ヴォーカリストが多数参加。さらに最近のお気に入りだというムーディーマンやケイトラナダ、ニコラス・ジャーなどからの影響を反映した様々なエレクトロニック・ミュージックの要素に加え、自由な精神を象徴としてハウス・ミュージックを取り入れ、「ビートに乗ってりゃ何でもあり!」というオープンな姿勢から生まれた過去最高にソウルフルかつダンサブルなサウンドに仕上がっている。一貫して変わることのないパンクなアティチュードと、アルバム毎に進化を続け、シーンの変化とも巧みにリンクしてきたチック・チック・チックの最新作は、キャリアの全てを反映させた集大成でありながら、歌詞とサウンドの両方にさらにエッジを効かせ、混迷を極める世界の中に対するチックらしいポジティブかつ痛快なダンス・アルバム!
  • !!!
    !!!(チック・チック・チック)が新作と共に帰還!最新アルバム『Shake The Shudder』から、アルバムのオープニングを飾る新曲「The One 2」に続き、新曲「Dancing Is The Best Revenge」の先行配信がスタート!
  • !!!
    !!!(チック・チック・チック)が新作と共に帰還!最新アルバム『Shake The Shudder』から、アルバムのオープニングを飾る新曲「The One 2」が先行配信スタート!
  • !!!
    !!!(チック・チック・チック)が新作と共に帰還!最新アルバム『Shake The Shudder』から、アルバムのオープニングを飾る新曲「The One 2」が先行配信スタート!
  • !!!
    通算6枚目となるスタジオ・アルバムは、「最狂ライブバンド」チック・チック・チックが、強靭なグルーブと強力ダンスチューンは満載し、自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の自信作。
  • !!!
    通算6枚目となるスタジオ・アルバムは、「最狂ライブバンド」チック・チック・チックが、強靭なグルーブと強力ダンスチューンは満載し、自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の自信作。
  • !!!
    エレクトラグライドのパフォーマンスが大絶賛だった!!!がクリスマス・シングルをリリース!
  • !!!
    2013年4月にリリースされ、初期のカオティックな熱量とタ゛ンス・ミューシ゛ックへのあくなき探究心を見事にフ゛レント゛した快心作『スリラー』を よりフロア向けにアッフ゜テ゛ートした新曲を含むレア音源7曲を収録した 日本限定CDか゛エレク゛ラ出演目前に緊急リリース!! 新曲「Broadway」はアルハ゛ムにも参加したスフ゜ーンのシ゛ム・イーノに よる80年代NYの妖しくも煌ひ゛やかな空気を纏ったミット゛ナイト・シャッ フルM-2と恍惚感溢れる王道のNYハウスて゛ミラーホ゛ールを照らすM-6の2ウ゛ァーシ゛ョンを収録!! さらに漆黒の巨匠モーリス・フルトンや大注目のNY地下ハウス・レーヘ゛ル【Mister Saturday Night】からアンソニー・ネイフ゜ルスとアレックス・ハ゛ーカットを起用し、真夜中のフロアを狂騒の渦へと呑みこむタ゛ンス・トラックへアッフ゜テ゛ート!
  • !!!
    6月にリリースされた『Strange Weather, Isn't It?』からの2ndシングル。Liv Spencerによるリミックスを収録。
  • !!!
    ファンクネスとポップネスが入り乱れ、洗練と混沌がせめぎ合う。不屈の闘志と揺るぎない決意で幾多の試練を乗り越え、堂々辿り着いた新境地!スタイリッシュでグルーヴィーなアンサンブルで踊らないヤツはいない!!!享楽的、幻惑的、退廃的、攻撃的、特異的、超人的、圧倒的、パンク、ディスコ、ファンク、そして最高のポップス。バンドの根っこは変わらずとも、大胆な変貌を遂げたディスコ・パンクのオリジネイターが放つ、2010年最狂のダンス & パンク・アンセム!「まだ終わらない、音楽は続いていくんだ」。やっぱりチック・チック・チックに限界はない!

Features

!!!『Strange Weather, Isn't It?』レビュー

!!!『Strange Weather, Isn't It?』レビュー

変貌を遂げた!!!(チック・チック・チック)が、新たなパンク・ダンス・チューンを引っさげやってきた! 前作『Myth Takes』から約3年ぶり…