How To Buy
TitleDurationPrice
AAAA-4-Poivre (feat. RHYDA, KMC & 没) [Remix]  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:22
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:22
Album Info

VOLOJZAのスーパーアシッドマイクリレーをDie,No Ties,Flyとして共に活動するPoivreがパーティー度マシマシにしてREMIX!!

Discography

HipHop/R&B

千葉を拠点に活動するラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZA(読み方:ボロジャザ)は新たなアルバム「割れた鏡が見た何か」をリリースする。全8曲入り。先行シングル「真犯人」、「favorite」、「夢は枯野を駆け廻る」も収録されている。 VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメイカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録されたKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU」が大きな話題を集めた。2022年には同作のレコードでのリリースのほか、ビートメイクに徹したソロでのインスト作品「BLACKSUMMER 2」、Die,No Ties,Flyのpoivreのアルバム「So Far So Good」への参加など精力的に活動してきた。 今回リリースするアルバムは、生活や価値観などの変化に対する心境の動きが反映された作品。ビートは全曲をVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU」などで聴けるようなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したという。スタイルとしてはトラップやグライム、フォンクなどと隣接するエクスペリメンタルヒップホップ作品となっている。また、ラップ面でも高速で詰め込むフロウやゆるく歌うようなフロウなど様々なアプローチを披露。ビート・ラップ共に多彩な顔を見せている。 客演にはVLUTENT RECORDS所属のラッパー、doqとW.Oが参加。ミックスとマスタリングはKABEYAMが担当し、アートワークの写真はKazuki Hatakeyamaが撮影した。

8 tracks
HipHop/R&B

千葉を拠点に活動するラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZA(読み方:ボロジャザ)は新たなアルバム「割れた鏡が見た何か」をリリースする。全8曲入り。先行シングル「真犯人」、「favorite」、「夢は枯野を駆け廻る」も収録されている。 VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメイカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録されたKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU」が大きな話題を集めた。2022年には同作のレコードでのリリースのほか、ビートメイクに徹したソロでのインスト作品「BLACKSUMMER 2」、Die,No Ties,Flyのpoivreのアルバム「So Far So Good」への参加など精力的に活動してきた。 今回リリースするアルバムは、生活や価値観などの変化に対する心境の動きが反映された作品。ビートは全曲をVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU」などで聴けるようなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したという。スタイルとしてはトラップやグライム、フォンクなどと隣接するエクスペリメンタルヒップホップ作品となっている。また、ラップ面でも高速で詰め込むフロウやゆるく歌うようなフロウなど様々なアプローチを披露。ビート・ラップ共に多彩な顔を見せている。 客演にはVLUTENT RECORDS所属のラッパー、doqとW.Oが参加。ミックスとマスタリングはKABEYAMが担当し、アートワークの写真はKazuki Hatakeyamaが撮影した。

8 tracks
HipHop/R&B

千葉のラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAが、新たなアルバム「割れた鏡が見た何か 」からセカンドシングル「Favorite」をリリース VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティ ヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメ イカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録され たKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU が大きな話題を集めた。 ビートはVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU 」などで聴けるよ うなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したPHONK風のビートになっておりVLUTENTからW.Oがフィーチャリングしている。

1 track
HipHop/R&B

千葉のラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAが、新たなアルバム「割れた鏡が見た何か 」からセカンドシングル「Favorite」をリリース VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティ ヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメ イカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録され たKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU が大きな話題を集めた。 ビートはVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU 」などで聴けるよ うなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したPHONK風のビートになっておりVLUTENTからW.Oがフィーチャリングしている。

1 track
HipHop/R&B

千葉のラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAが、新たなアルバム「割れた鏡が見た何か 」から先行シングル「真犯人」をリリース VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティ ヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメ イカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録され たKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU が大きな話題を集めた。 ビートはVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU 」などで聴けるよ うなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したグライムビートになっており、また、ラップ面では高速で詰め込むフロウを披露。自身の内外での怒りや悲しみなどの混沌を表現している。

1 track
HipHop/R&B

千葉のラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAが、新たなアルバム「割れた鏡が見た何か 」から先行シングル「真犯人」をリリース VOLOJZAはレーベルのVLUTENT RECORDSの10年以上に渡る主催や、オルタナティ ヴヒップホップグループのDie,No Ties,Flyでの活動でも知られているラッパー兼ビートメ イカー。2021年にはソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースし、同作にも収録され たKID FRESINOとの共演曲「I LIKE YOU が大きな話題を集めた。 ビートはVOLOJZA自身が手掛けているが、「I LIKE YOU 」などで聴けるよ うなサンプリングベースではなく、アナログシンセやドラムマシンといったハード機材をメインに使用して制作したグライムビートになっており、また、ラップ面では高速で詰め込むフロウを披露。自身の内外での怒りや悲しみなどの混沌を表現している。

1 track
HipHop/R&B

千葉を拠点に活動するラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAは11月17日(水)、新作ソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースした。 VOLOJZAはCHAPAHやKAICHOOなども所属するレーベル、VLUTENT RECORDSを主宰するラッパー兼ビートメイカー。オルタナティヴヒップホップグループ、Die, No Ties, Flyのメンバーとしても活動している。今年に入ってからも同グループでのEP「THE FLY」のほか、ソロでのインスト集「BLACKSUMMER」やシングル「AAAA-4」と精力的に作品をリリースしてきた。 全7曲入りの今回のアルバムは、「一話完結だが統一感のあるオムニバスドラマのような作品」を目指し全曲に客演を迎えて制作された作品だ。ビートは全てVOLOJZA自身が手掛け、ミックスとマスタリングはKABEYAMが担当。トラップやブーンバップといったヒップホップを軸に、テクノなども取り入れたカラフルでいて日常の侘び寂びも感じられるサウンドに仕上がっている。客演には先行シングル「君がいた夏」のヤング・キュンと「I LIKE YOU」のKID FRESINOのほか、QNやVLUTENT RECODSの面々が参加。ゆるいラップスタイルのVOLOJZAと多彩な個性の共演で、パーソナルだが他者に対して開かれた表現が楽しめる。

7 tracks
HipHop/R&B

千葉を拠点に活動するラッパー兼ビートメイカーのVOLOJZAは11月17日(水)、新作ソロアルバム「其レハ鳴リ続ケル」をリリースした。 VOLOJZAはCHAPAHやKAICHOOなども所属するレーベル、VLUTENT RECORDSを主宰するラッパー兼ビートメイカー。オルタナティヴヒップホップグループ、Die, No Ties, Flyのメンバーとしても活動している。今年に入ってからも同グループでのEP「THE FLY」のほか、ソロでのインスト集「BLACKSUMMER」やシングル「AAAA-4」と精力的に作品をリリースしてきた。 全7曲入りの今回のアルバムは、「一話完結だが統一感のあるオムニバスドラマのような作品」を目指し全曲に客演を迎えて制作された作品だ。ビートは全てVOLOJZA自身が手掛け、ミックスとマスタリングはKABEYAMが担当。トラップやブーンバップといったヒップホップを軸に、テクノなども取り入れたカラフルでいて日常の侘び寂びも感じられるサウンドに仕上がっている。客演には先行シングル「君がいた夏」のヤング・キュンと「I LIKE YOU」のKID FRESINOのほか、QNやVLUTENT RECODSの面々が参加。ゆるいラップスタイルのVOLOJZAと多彩な個性の共演で、パーソナルだが他者に対して開かれた表現が楽しめる。

7 tracks
HipHop/R&B

11月にリリースするALBUM『其レハ鳴リ続ケル』からKID FRESINOをfeaturingした先行シングル第二弾。 2014年にリリースしたALBUM『十』に収録された人気曲、『Don't Like Me』の続編的内容で(例えるならメンフィスラップと日本の歌謡曲の融合のような)自身の音楽の趣向を現段階において最良の形で昇華できた楽曲。

1 track
HipHop/R&B

11月にリリースするALBUM『其レハ鳴リ続ケル』からKID FRESINOをfeaturingした先行シングル第二弾。 2014年にリリースしたALBUM『十』に収録された人気曲、『Don't Like Me』の続編的内容で(例えるならメンフィスラップと日本の歌謡曲の融合のような)自身の音楽の趣向を現段階において最良の形で昇華できた楽曲。

1 track
HipHop/R&B

VOLOJZAのスーパーアシッドマイクリレーをDie,No Ties,Flyとして共に活動するPoivreがパーティー度マシマシにしてREMIX!!

1 track
HipHop/R&B

VOLOJZAのスーパーアシッドマイクリレーをDie,No Ties,Flyとして共に活動するPoivreがパーティー度マシマシにしてREMIX!!

1 track
HipHop/R&B

VLUTENT ALSTONESやあべともなり、GAMEBOYSやAIR BOURYOKU CLUBなど、近年多様化しているHIPHOPシーンの中でも10年代前半からドープかつユニークでフレッシュな作品をコンスタントにリリースし続けているVLUTENT RECORDSの首謀者VOLOJZAが2013年、VOLO名義でリリースされたアルバム『十』以来、6年ぶりのニューソロアルバム『In Between』をリリース。 客演には同レーベルの盟友、GAMEBOYSから それぞれCHAPAHとKAICHOOが参加しているのを始め、サックス奏者でありビートメイカーのhikaru yamadaやKOHHやSEEDAが認めた鬼才YungGucciMane、ニューウェーブギャル、田島ハルコが参加している。 ■PROFILE 上野から常磐線で20分ぐらいの千葉の玄関、松戸市出身在住、流行り廃りが激しいHIPHOPシーンにおいてコンスタントに他とは違うユニークでフレッシュなリリースを続けるVLUTENT RECORDS 代表。 MCとしてもソロの活動を続ける傍らレーベルのアベンジャーズのユニットVLUTENT ALSTONESとしても活動中。 近年ではMIKRISのカルトヒット曲 「Think About you」やラッパーとしてはAIR BOURYOKU CLUBとしてSIMILABのHi'specの1stアルバムのリード曲「BUG」などで強烈なインパクトを残した。 東西南北、新旧、ブーンバップorトラップなどつまらない二元論は意味をなさず独特のセンスで作られるHIPHOPは同業者の信頼も厚い。2013年にリリースした「十」以来、6年ぶりにアルバム「In Between」をリリースする。

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

Die, No Ties, Fly、ファーストアルバム『SEASONS』を本日リリース

Die, No Ties, Fly、ファーストアルバム『SEASONS』を本日リリース

VOLOJZA、LEXUZ YEN、プロデューサー・poivreからなるオルタナティブ・ヒップホップ・ユニット、Die, No Ties, Flyが1stアルバム『SEASONS』を本日12月27日(水)にリリースした。前作から2年の制作期間を要したとい

Articles

酸いも甘いも噛み分けた“ミドルエイジのオルタナ・ラップ”──Die, No Ties, Fly

連載

酸いも甘いも噛み分けた“ミドルエイジのオルタナ・ラップ”──Die, No Ties, Fly

ライター、斎井直史によるヒップホップ連載〈パンチライン・オブ・ザ・マンス〉第39回。2024年2月で7年目を迎えたこの連載ですが、今年もマイペースに斎井が気になったアーティストや楽曲を取り上げていきます! 前回は2020年解散してしまったCIRRRCLEの…

VOLOJZAが新作『In Between』で示す“丁度良さ”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第29回

連載

VOLOJZAが新作『In Between』で示す“丁度良さ”──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第29回

松戸や柏といったいわゆる東葛エリアや北千住の個性的でドープなラッパーが所属するレーベル〈VLUTENT RECORDS〉。その首領であるラッパー、VOLOJZAが今夏リリースしたソロ・アルバム『In Between』は彼の軽快なフローと見え隠れする余裕のあ…