album jacket
TitleDurationPrice
ふたりの夕日ライン (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:18
微笑んで (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:56
River Deep - Mountain High (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:28
Born To Be Together (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:16
ソーダ水の空 (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:29
夏のペーパーバック (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:57
Love's Lines, Angles and Rhymes (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:01
8月の雨の日 (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:26
Wonderful World Of The Pen Friend Club (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:20
Sherry She Needs Me (stereo)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:42
ふたりの夕日ライン (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:17
微笑んで (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:55
River Deep - Mountain High (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:27
Born To Be Together (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:16
ソーダ水の空 (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:31
夏のペーパーバック (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:56
Love's Lines, Angles and Rhymes (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:00
8月の雨の日 (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:27
Wonderful World Of The Pen Friend Club (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:21
Sherry She Needs Me (mono)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:40
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 77:43
Album Info

揺るぎないサウンド表現はそのままに、 さらに進化した輝きを放つ4枚目のアルバム!こだわり抜かれた完全セルフプロデュースのサウンドメイキングと世界観が新たな境地へ到達したThe Pen Friend Clubの最高傑作!アイドルユニットRYUTistへの楽曲提供で話題となった 「ふたりの夕日ライン」 のセルフカバーや、 ナイアガラー必聴の 「夏のペーパーバック」 The 5th Dimension 「Love's Lines, Angles and Rhymes」 など名曲のカバー群に、 バンドの個性が存分に味わえるオリジナル曲を合わせた全10曲(それぞれステレオ&モノラルの2バージョン収録した計20トラック)!ライナーノーツは作家の越谷オサム( 「陽だまりの彼女」 )。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Articles

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース

インタヴュー

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース

他愛のない日常が、輝いて見えてくる──The Pen Friend Club初のベスト盤を先行リリース60年代アメリカン・ポップス、ソフト・ロックへの憧憬あふれるサウンド・ディレクションでウォール・オブ・サウンドを現代に再構築するバンド、The Pen F…