album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Always  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:19
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 05:19
Album Info

I Saw You Yesterday | New Release 202190年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる音楽性で海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。2020年5月「Wander」からスタートした3曲のリリースが話題となり、更なる飛躍が期待される中、2021年のリリースが決定。静粛な佇まいを感じさせるイントロから後半のシューゲイズパートが聴きどころの新たな代表曲。「Wander」に続き、cero、ミツメ、Homecomingsなどを手掛けるTatsuhiko Nakaharaが監督したMVも楽曲の世界観を伝えるものとなっている。マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。

Discography

Rock

I Saw You Yesterday | New Release 202190年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる音楽性で海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。2020年5月「Wander」からスタートした3曲のリリースが話題となり、更なる飛躍が期待される中、2021年のリリースが決定。静粛な佇まいを感じさせるイントロから後半のシューゲイズパートが聴きどころの新たな代表曲。「Wander」に続き、cero、ミツメ、Homecomingsなどを手掛けるTatsuhiko Nakaharaが監督したMVも楽曲の世界観を伝えるものとなっている。マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。

Rock

I Saw You Yesterday | New Release 2020海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。2019年11月にリリースした2ND ALBUM「Calm Days」から半年で届けられる新曲が連続デジタル・リリース。90年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる「I Saw You Yesterday」の世界が更に深化。連続リリース第一弾「Wander」(5月13日発売)は、孤独、寂しさ、疎外感をテーマに作られた楽曲で夕暮れの景色を目に浮かばせる。同曲のMVは、cero、ミツメ、Homecomingsなどを手掛けるTatsuhiko Nakaharaが担当。ネオアコ/インディを想わせるイントロでスタートする第二弾「Still New」(6月03日発売)は、メロディの輪郭がはっきりとしたバンド史上屈指にポップな楽曲に仕上がっている。第三弾「Float Away」(6月24日発売)は、前2曲に比べ、少しダークな中に神聖さも感じられる楽曲で後半のシューゲイズ・パートも特徴となっている。マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。この3曲以降も2020年は、定期的にリリースを予定している。

Rock

I Saw You Yesterday | New Release 2020海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。2019年11月にリリースした2ND ALBUM「Calm Days」から半年で届けられる新曲が連続デジタル・リリース。90年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる「I Saw You Yesterday」の世界が更に深化。連続リリース第一弾「Wander」(5月13日発売)は、孤独、寂しさ、疎外感をテーマに作られた楽曲で夕暮れの景色を目に浮かばせる。同曲のMVは、cero、ミツメ、Homecomingsなどを手掛けるTatsuhiko Nakaharaが担当。ネオアコ/インディを想わせるイントロでスタートする第二弾「Still New」(6月03日発売)は、メロディの輪郭がはっきりとしたバンド史上屈指にポップな楽曲に仕上がっている。マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。この3曲以降も2020年は、定期的にリリースを予定している。

Rock

I Saw You Yesterday | New Release 2020海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。2019年11月にリリースした2ND ALBUM「Calm Days」から半年で届けられる新曲が連続デジタル・リリース。90年代のオルタナティヴ・サウンドから影響を受けた哀愁漂うミニマルなリフレインから徐々に高揚していく二層のギター、タイトなリズムとダイナミックなヴォーカルが重なる「I Saw You Yesterday」の世界が更に深化。連続リリース第一弾「Wander」(5月13日発売)は、孤独、寂しさ、疎外感をテーマに作られた楽曲で夕暮れの景色を目に浮かばせる。同曲のMVは、cero、ミツメ、Homecomingsなどを手掛けるTatsuhiko Nakaharaが担当。マスタリングは、Kentaro Kimura(KIMKEN STUDIO)、アートワークは、Ayaka Nakazawaが手掛けている。この3曲以降も2020年は、定期的にリリースを予定している。

Rock

I Saw You Yesterday は東京にて活動する4人組インディ・ポップ・バンド。2015年に結成し都内を中心に活動をスタートする。US インディ直系のギター・ロック・サウンドで、90年代オルタナティブやシューゲイザーからの影響が強く、疾走感のあるインディー・ポップ・サウンドを鳴らす。海外レーベル Captured Tracks や Slumberland 所属のアーティスト達と共鳴し、日本では唯一無二の音を鳴らすバンドといっても過言ではないだろう。2016年2月に WEB レーベル Ano(t)raks からデジタルEP『Malibu』をリリースすると、その後は精力的な活動が増え、同年9月にはりんご音楽祭の出演も果たす。数々の海外バンドの前座も務めながら、2017年4月には待望のデビュー作『Dove』を Dead Funny Records からリリースした。2018年1月にはミツメらとタイの音楽フェス POW! FEST に出演し、初の海外進出を実現。同年4月には1年ぶりとなる新作『Topia EP』をリリースした。本作『Calm Days』は 1st アルバム『Dove』以来、2年ぶりとなる 2nd アルバムである。2018年にリリースした2曲のシングル「Topia」「City Girl」も再録し収録されている。冒頭の「White Out」はメロウなミドル・テンポ・ナンバーであり、彼らのバンドとしての成熟を感じさせる本作のメインとなる楽曲だ。収録されている楽曲達は、海外志向を強く感じさせるバンドとしてのスタイルを貫く一方で、2曲のシングル・カットもさることながら、すべての楽曲がネクスト・ステップへと着実に進化したポップ・ソングに仕上がっている。アルバムのラストを飾るタイトル曲「Calm Days」は、《穏やかな日々》という言葉に相応しくインパクトの中に安らぎを感じさせる楽曲だ。彼らの貫くアティテュードは何処までも純粋でクールだ。全8曲で構成された彼らの意欲作は、インディという言葉に美学を感じる全ての方々に聞いていただきたい作品である。

Rock

東京の4人組インディ・ポップ・バンドI Saw You Yesterday2年ぶりとなるフル・アルバム『Calm Days』からのサード・シングル

Rock

東京の4人組インディ・ポップ・バンドI Saw You Yesterday2年ぶりとなるフル・アルバム『Calm Days』からのセカンド・シングル

Rock

東京の4人組インディ・ポップ・バンドI Saw You Yesterday2年ぶりとなるフル・アルバム『Calm Days』からのリード・シングル

Rock

東京にて活動する4人組インディ・ポップ・バンド I Saw You Yesterday が1年ぶりとなる新作『Topia EP』をリリースした。本作は Pavilion Xool によるリミックス・シングル。Beach Fossils や DIIV、The Pains Of Being Pure At Heart のようなUSインディ・ポップ・バンドとサウンドは近く、国内では唯一無二と言ってもいい音を鳴らす若き実力派バンド。ディープなボーカルに煌めくギターが重なり、楽曲に独特の疾走感・陰鬱感を与え、静と動のバランスが取れた90年代シューゲイザー・グランジのような轟音ノイズは、楽曲にインパクトを与える。

Rock

東京にて活動する4人組インディー・ポップ・バンドI Saw You Yesterdayが1年ぶりとなる新作『Topia EP』をリリースする。昨年4月にリリースしたデビュー作『Dove』以来となる今作は、疾走感あふれる2曲のキラーチューン「Topia」「City Girl」を収録した作品である。Beach FossilsやDIIV、The Pains Of Being Pure At HeartのようなUSインディー・ポップ・バンドとサウンドは近く、国内では唯一無二と言ってもいい音を鳴らす若き実力派バンド。ディープなボーカルに煌めくギターが重なり、楽曲に独特の疾走感・陰鬱感を与え、静と動のバランスが取れた90年代シューゲイザー・グランジのような轟音ノイズは、楽曲にインパクトを与える。その要素を支える美しくポップなソングライティングに彩られ、「Topia」「City Girl」それぞれのキラーチューンは、ISYYの代名詞とも言える彼らのあるべき姿を体現した楽曲となった。彼らのキャリアにおいて重要な飛躍作となることは間違いないだろう。

News

I Saw You Yesterday、新曲“Wander”デジタル・リリース

I Saw You Yesterday、新曲“Wander”デジタル・リリース

海外でも熱心なファンを獲得している東京の4人組「I Saw You Yesterday」。 2019年11月にリリースしたセカンド・アルバム『Calm Days』から半年で届けられる新曲が連続デジタル・リリースされる。 90年代のオルタナティヴ・サウンド

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終タイムテーブル発表

2月2日に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終タイムテーブルが発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

インディーロック・イベント〈CLACK!!〉最終出演者発表。No Buses、uri gagarnなど計21組が出演

来年2月に下北沢BASEMENTBAR & THREEの2会場で開催されるイベント〈CLACK!!〉の最終出演者が発表された。 BASEMENTBARで定期開催されているイベント〈CLACK!!〉。そのスペシャル版ともいえる昼夜通しのイベントが、来年2月

“わくわくミツメまつり” tofubeats、んoon、SaToAら出演決定

“わくわくミツメまつり” tofubeats、んoon、SaToAら出演決定

2020年1月18日(土)恵比寿 LIQUIDROOM & KATAにて行われる、毎年恒例・ミツメの自主企画イベント「WWMM(わくわくミツメまつり)」の出演者が発表された。 リキッドルームのステージにはtofubeatsと、んoonが、KATAのステー

For Tracy Hyde、I Saw You Yesterdayなどのメンバーと船底春希による新バンド「エイプリルブルー」が始動。

For Tracy Hyde、I Saw You Yesterdayなどのメンバーと船底春希による新バンド「エイプリルブルー」が始動。

管梓 a.k.a 夏bot(Gt / For Tracy Hyde)、ムラカミカイ(Gt / I Saw You Yesterday)、村岡佑樹(Ba / ARAM)、宮澤純一郎(Dr / 17歳とベルリンの壁)、バンド経験がなかったイベントオーガナイザ

韓国インディ・ムーヴメント大本命、LAND OF PEACEが9月に初来日! 東京2daysショート・ツアー決定

韓国インディ・ムーヴメント大本命、LAND OF PEACEが9月に初来日! 東京2daysショート・ツアー決定

PARASOL、Se So Neonをはじめ、Say Sue MeやSilica GELといった新世代のインディ・バンドの活躍がめざましい韓国のミュージック・シーンから若手5人組バンド、LAND OF PEACEの初来日が決定した。 独自の目線で個性的な

View More News Collapse
国境をまたいで活動するThe Josephs、2年ぶりに貴重なリリース・パーティが決定

国境をまたいで活動するThe Josephs、2年ぶりに貴重なリリース・パーティが決定

3月にニュー・アルバム『Dusty Dreams』をリリースしたインディ・ロック・バンド、The Josephs(ザ・ジョセフス)。コナクリ(ギニア)、大阪を拠点に活動する彼らが、東京と大阪で2年ぶりにリリース・パーティを開催する。 アクトは〈SONIC

Collapse