album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Prologue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:55
Pilgrimage  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:48
Porcelain  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:29
帆衣  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:58
Easter Lily  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:16
Parfum d'étoiles  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:52
霧鳴島  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:27
Sagu Palmʼs Song  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:57
chinuhaji  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:52
血の風  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:47
Hagupit  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:58
Dawn in the Adan  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:45
ohayashi  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:44
アダンの島の誕生祭  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:07
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 49:55
Album Info

前作『qp』から2年ぶりとなる新作、『アダンの風』。青葉市子が ”架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに作り上げた、色彩豊かなオリジナルアルバム。

"その島には、言葉がありませんでした" という一文から綴られる、今年1月に青葉が長期滞在した沖縄の島々で着想・執筆した物語に基づき、すべての創作がスタートした。

作編曲の共同制作者に迎えたのは、音楽家・梅林太郎。従来のクラシックギターによる弾き語りに留まらず、室内楽編成やクラシックへの接近を取り入れた濃密なサウンドスケープが、聴き手を架空の映画の世界へといざなう。

青葉の描く物語に、梅林の深い解釈が加わることによって、深奥な音楽表現が導かれた。

全曲のレコーディング及びミックスを手がけたのは、エンジニア葛西敏彦。マスタリングは、オノ セイゲン。青葉の活動を支え続けるプロフェッショナルたちの手で今作が録音され、隅々まで研ぎ澄まされた。

生命の神秘と祝福、はじまりを予感させるジャケット写真は、写真家・小林光大が撮影。今作のアートディクレション、写真を一手に担った小林によって、『アダンの風』の世界と情景が、幻想的かつ鮮やかにスクリーンへと映し出される。

CD パッケージデザインは、デザイナー町口景によるもの(Matchand Company Co., Ltd)。今作の写真集、詩集、ビジュアルブックとも言える美しい仕上がりになっている。

新境地の表現へと到達した、全14曲のサウンドトラック。活動10周年を迎えた青葉市子のこれまでとこれからを繋ぐ、あらゆる命へ捧げるラブレターだ。

Discography

Pop

青葉市子、“架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに制作され、昨年12月の発表以降、国内外で高い評価を更新し続けている最新作、『アダンの風』リリース記念で行われた過去最大規模となるBunkamura オーチャードホールでのコンサートの模様を収録した『"Windswept Adan” Concert at Bunkamura Orchard Hall (Live)』を配信リリース。この公演では総勢10名による室内楽編成で、梅林太郎によるライブアレンジが施された「アダンの風」の収録曲が演奏された。音源化に際しミックスを葛西敏彦が手がけ、共同エンジニアとして米津裕二郎、立体音響システムエンジニアとして久保二朗を加えたエンジニアチームが立体音響作品としてオーチャードホールの音を再現している。なおマスタリングは木村健太郎(kimken studio)、ジャケットアートワークは公演の演出も担った写真家・小林光大が担当した。

16 tracks
Pop

青葉市子、“架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに制作され、昨年12月の発表以降、国内外で高い評価を更新し続けている最新作、『アダンの風』リリース記念で行われた過去最大規模となるBunkamura オーチャードホールでのコンサートの模様を収録した『"Windswept Adan” Concert at Bunkamura Orchard Hall (Live)』を配信リリース。この公演では総勢10名による室内楽編成で、梅林太郎によるライブアレンジが施された「アダンの風」の収録曲が演奏された。音源化に際しミックスを葛西敏彦が手がけ、共同エンジニアとして米津裕二郎、立体音響システムエンジニアとして久保二朗を加えたエンジニアチームが立体音響作品としてオーチャードホールの音を再現している。なおマスタリングは木村健太郎(kimken studio)、ジャケットアートワークは公演の演出も担った写真家・小林光大が担当した。

16 tracks
Pop

青葉市子、ニューシングル『Windswept Adan roots』を配信リリース。 このシングルは、2020年12月にリリースしたアルバム『アダンの風』からの3曲を「Easter lily (roots ver.)」「Porcelain (roots ver.)」「Dawn in the Adan (roots ver.)  」としてセルフカバーした作品。 ”架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに作り上げたアルバム楽曲をより“ルーツ”に寄せた弾き語りで聴かせている。

3 tracks
Pop

青葉市子、ニューシングル『アンディーヴと眠って』を配信リリース

1 track
Pop

青葉市子、ニューシングル『アンディーヴと眠って』を配信リリース

1 track
Pop

前作『qp』から2年ぶりとなる新作、『アダンの風』。青葉市子が ”架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに作り上げた、色彩豊かなオリジナルアルバム。 "その島には、言葉がありませんでした" という一文から綴られる、今年1月に青葉が長期滞在した沖縄の島々で着想・執筆した物語に基づき、すべての創作がスタートした。 作編曲の共同制作者に迎えたのは、音楽家・梅林太郎。従来のクラシックギターによる弾き語りに留まらず、室内楽編成やクラシックへの接近を取り入れた濃密なサウンドスケープが、聴き手を架空の映画の世界へといざなう。 青葉の描く物語に、梅林の深い解釈が加わることによって、深奥な音楽表現が導かれた。 全曲のレコーディング及びミックスを手がけたのは、エンジニア葛西敏彦。マスタリングは、オノ セイゲン。青葉の活動を支え続けるプロフェッショナルたちの手で今作が録音され、隅々まで研ぎ澄まされた。 生命の神秘と祝福、はじまりを予感させるジャケット写真は、写真家・小林光大が撮影。今作のアートディクレション、写真を一手に担った小林によって、『アダンの風』の世界と情景が、幻想的かつ鮮やかにスクリーンへと映し出される。 CD パッケージデザインは、デザイナー町口景によるもの(Matchand Company Co., Ltd)。今作の写真集、詩集、ビジュアルブックとも言える美しい仕上がりになっている。 新境地の表現へと到達した、全14曲のサウンドトラック。活動10周年を迎えた青葉市子のこれまでとこれからを繋ぐ、あらゆる命へ捧げるラブレターだ。

14 tracks
Pop

音楽家・青葉市子が12月2日 (水) にリリースする7枚目のオリジナルアルバム『アダンの風』より、先行配信シングル。 作編曲に梅林太郎を迎えた『Porcelain』は、室内楽編成による優美で濃密な音風景に、青葉の伸びやかな歌声が響く、生き生きとした1曲。循環する生命への祝祭と共に、聴き手を物語へといざない、そのみずみずしい幕開けと胸の高鳴りを予感させる。 青葉の描く物語に梅林の深い解釈が加わり、これまでの弾き語りで包まれていたイメージを、より色とりどりで豊かな音楽表現と導いた。レコーディング及びミックスは、エンジニア葛西敏彦が担当。”架空の映画のためのサウンドトラック“ をひとつのテーマに制作された今作『アダンの風』の全貌を、大きく期待させる仕上がりとなっている。 未だ存在しない映画のワンシーンを切り取った幻想的なジャケット写真は、アルバムのアートディレクターを務める小林光大が撮影。同時公開されたMVの監督も担っており、作品の世界観を広げる案内役の一人となっている。

1 track
Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉より新曲「海底のエデン」を配信リリース

1 track
Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉より新曲「海底のエデン」を配信リリース

1 track
Pop

今年1月11日に草月ホールで開催された10周年コンサート "gift" より青葉市子制作の会場BGMが配信開始。

1 track
Pop

今年1月11日に草月ホールで開催された10周年コンサート "gift" より青葉市子制作の会場BGMが配信開始。

1 track
Pop

自主レーベル〈hermine〉を立ち上げた青葉市子、2020年1月11日に東京・草月ホールにて開催された10周年記念ライヴ "gift"の模様を収録したライヴ音源をリリース!

17 tracks
Pop

自主レーベル〈hermine〉を立ち上げた青葉市子、2020年1月11日に東京・草月ホールにて開催された10周年記念ライヴ "gift"の模様を収録したライヴ音源をリリース!

17 tracks
Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉を立ち上げ、2曲入りシングル『amuletum bouquet』を配信リリース

2 tracks
Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉を立ち上げ、2曲入りシングル『amuletum bouquet』を配信リリース

2 tracks
Pop

青葉市子、キャリア初期の名盤3作品『剃刀乙女』、『檻髪』、『うたびこ』のリマスタリング・バージョンが全世界で配信開始。新たにリマスタリングを手がけたのはKIMKEN STUDIOの木村健太郎。海外を中心に同作品群の再評価が高まる中、昨年のアナログ盤リリースに引き続き、待望のリリースとなります。

8 tracks
Pop

青葉市子、キャリア初期の名盤3作品『剃刀乙女』、『檻髪』、『うたびこ』のリマスタリング・バージョンが全世界で配信開始。新たにリマスタリングを手がけたのはKIMKEN STUDIOの木村健太郎。海外を中心に同作品群の再評価が高まる中、昨年のアナログ盤リリースに引き続き、待望のリリースとなります。

8 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

青葉市子、折坂悠太のツーマンが決定

青葉市子、折坂悠太のツーマンが決定

恵比寿のクリスマスを飾る毎年恒例のクリスマスイベント〈L'ULTIMO BACIO〉(ルルティモ・バーチョ)で、既に発表された8公演に加え青葉市子、折坂悠太のツーマンライブ開催が発表となった。 2018年末の共演を契機に、親交を深めてきたという2人。ライ

【急上昇ワード】青葉市子、『"Windswept Adan” Concert at Bunkamura Orchard Hall (Live)』で聴く神秘的な『アダンの風』の世界

【急上昇ワード】青葉市子、『"Windswept Adan” Concert at Bunkamura Orchard Hall (Live)』で聴く神秘的な『アダンの風』の世界

青葉市子『"Windswept Adan” Concert at Bunkamura Orchard Hall (Live)』が8月18日(水)に配信リリースされた。 この作品は、アルバム『アダンの風』リリース記念として2021年6月21日(月)に行われ

青葉市子の名盤3作品リマスタリング音源が配信リリース

青葉市子の名盤3作品リマスタリング音源が配信リリース

青葉市子のキャリア初期の名盤3作品『剃刀乙女』、『檻髪』、『うたびこ』のリマスタリング・バージョンが本日より全世界で配信開始となった。 今回はKIMKEN STUDIOの木村健太郎が新たにリマスタリングを手がける。 海外を中心に同作品群の再評価が高まる中

青葉市子、ニューシングル『Windswept Adan roots』をリリース

青葉市子、ニューシングル『Windswept Adan roots』をリリース

青葉市子が、ニューシングル『Windswept Adan roots』を本日6月16日に配信リリースした。 このシングルは、2020年12月にリリースしたアルバム『アダンの風』からの3曲を「Easter lily (roots ver.)」「Porcel

〈FUJI & SUN'21〉タイムテーブル発表

〈FUJI & SUN'21〉タイムテーブル発表

2021年5月15日(土)16日(日)の2日間、富士山こどもの国を会場に開催される〈FUJI & SUN'21〉。 本日、アーティスト全28組の15日、16日両日の出演時間と計3つのステージ割りが発表された。 また、大自然のロケーションを活かしたアクティ

NUUAMMのワンマンライヴ5/18リキッドで開催決定

NUUAMMのワンマンライヴ5/18リキッドで開催決定

マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)と青葉市子によるユニットNUUAMMのワンマンライヴが5月18日に東京・LIQUIDROOMで開催されることが発表された。 2014年リリースのNUUAMM1stアルバム『NUUAMM』のアナログ化記念に行われるもので

View More News Collapse
〈FUJI & SUN'21〉初日のトリは くるり

〈FUJI & SUN'21〉初日のトリは くるり

2021年5月15日(土)16日(日)の2日間、富士山こどもの国を会場に開催される〈FUJI & SUN'21〉のライヴ出演アーティスト第3弾が発表。 5月15日(土)に、くるりの出演が決定した。 昨年の新型コロナウィルスの感染拡大により中止となった〈F

〈FUJI & SUN'21〉第2弾でカネコアヤノ、民クル、マヒトゥ・ザ・ピーポーら12組

〈FUJI & SUN'21〉第2弾でカネコアヤノ、民クル、マヒトゥ・ザ・ピーポーら12組

5月15日(土)16日(日)の2日間、富士山こどもの国を会場に開催される〈FUJI & SUN'21〉のライヴ出演アーティスト第2弾が発表。 さらに、日割りも発表された。 今回新たに出演が決定したのは∈Y∋、青葉市子、Akie、カネコアヤノ、Kotsu、

Eテレ「デザインあ」が200回スペシャルにコーネリアス、ショコラ、青葉市子出演のLIVE映像を放送

Eテレ「デザインあ」が200回スペシャルにコーネリアス、ショコラ、青葉市子出演のLIVE映像を放送

NHK Eテレの人気番組「デザインあ」が、放送200回を記念してスペシャルライヴを放送することが決定した。 スペシャルライヴには番組のすべての音楽を手がける小山田圭吾(コーネリアス)と、彼のコーネリアス・バンドのほか、ショコラ、青葉市子が参加。 ライヴ映

青葉市子、初期AL LP化プロジェクト第2弾『うたびこ』『0』が本日リリース

青葉市子、初期AL LP化プロジェクト第2弾『うたびこ』『0』が本日リリース

青葉市子の活動10周年を記念した初期4作品の初LP化、その第2弾である3rdアルバム『うたびこ』、4thアルバム『0』が本日リリースされた。 昨年12月にリリースされた1st『剃刀乙女』、2nd『檻髪』と合わせ、初期アルバムのLP化プロジェクトはこれにて

京都の寺社で音楽体験〈SOUND TRIP〉第二弾に青葉市子、ユザーンなどが参加

京都の寺社で音楽体験〈SOUND TRIP〉第二弾に青葉市子、ユザーンなどが参加

京都にある寺社とアーティストを組み合わせ、そこでしか聴けない音楽の体験を提供する〈SOUND TRIP〉の第二弾がリリースされた。 第二弾からはそれぞれの社寺の音楽を、訪れた人だけが持ち帰られるサービスをスタートし、各所の受付で専用のQRコードを購入し(

青葉市子、初期AL LP化プロジェクト第1弾『剃刀乙女』『檻髪』が本日リリース

青葉市子、初期AL LP化プロジェクト第1弾『剃刀乙女』『檻髪』が本日リリース

青葉市子が自身の音楽世界の礎を築いたとも言うべきキャリア初期の名盤4作品が、活動10周年を記念して初LP化。本日、その第1弾として1stアルバム『剃刀乙女』と2ndアルバム『檻髪』の2タイトルがリリースされた。 ファン待望のアナログ化は、完全初回プレス限

青葉市子、原美術館でのスペシャルライヴ「LIVEWIRE」で12/2配信

青葉市子、原美術館でのスペシャルライヴ「LIVEWIRE」で12/2配信

スペースシャワーが手掛けるオンライン・ライヴハウス「LIVEWIRE」で12月2日(水)に、青葉市子によるスペシャルライヴの配信が決定した。 ニューアルバム『アダンの風』の発売日となる夜に、 原美術館のコンサートシリーズ“Hara X”として一夜限りのス

青葉市子、ニューAL『アダンの風』リリースと活動10周年記念に初期名盤4タイトルの初LP化が決定

青葉市子、ニューAL『アダンの風』リリースと活動10周年記念に初期名盤4タイトルの初LP化が決定

音楽家の青葉市子が、12月2日(水)に7枚目となるオリジナル・アルバム『アダンの風』をリリースする。 本日より、同アルバムから先行シングル「Porcelain」の配信がスタートし、あわせてMVが公開された。 Ichiko Aoba – Porcelain

〈FUJI & SUN ‘20〉第1弾で安藤裕子、KIRINJI、くるり、TENDRE、林立夫 with 大貫妙子ら決定

〈FUJI & SUN ‘20〉第1弾で安藤裕子、KIRINJI、くるり、TENDRE、林立夫 with 大貫妙子ら決定

富士山の麓のキャンプフェス〈FUJI & SUN ‘20〉の開催が今年も決定。 早くも第1弾出演アーティストが発表となった。 〈FUJI & SUN ‘20〉は様々なエンターテイメントを一挙に楽しめる、キャンプフェス。初開催となった昨年は快晴に恵まれ、富

野外フェス〈THE CAMP BOOK〉第1弾にGLIM SPANKY、eastern youthなど計6組発表

野外フェス〈THE CAMP BOOK〉第1弾にGLIM SPANKY、eastern youthなど計6組発表

「CAMP」「MUSIC」「SCHOOL」をテーマに、南アルプスを一望できる富士見高原リゾートにて、2020年6月13日(土)と6月14日(日)の2日間で開催される野外フェス〈THE CAMP BOOK 2020〉。 今年で4回目を迎える本フェスの第1弾

ドキュメンタリー映画『うたのはじまり』に高木正勝、マヒト、青葉市子ら応援コメント

ドキュメンタリー映画『うたのはじまり』に高木正勝、マヒト、青葉市子ら応援コメント

俳優・窪田正孝の写真集や Mr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を撮影してきた“ろう”の写真家・齋藤陽道(さいとうはるみち)が、自身の子育てを通して、嫌いだった「うた」に出会うまでを記録したド キュメンタリー映画『うたのはじ

青葉市子、デビュー10周年記念シングルリリース&ソロコンサート開催決定

青葉市子、デビュー10周年記念シングルリリース&ソロコンサート開催決定

青葉市子の配信シングルが、2020年1月6日(月)にリリースされることが決定した。 2020年は、音楽家・青葉市子がデビューして10周年の年。 その幕開け、1月11日(土)には草月ホールでのソロコンサート、「 “gift” 青葉市子 10th anniv

神戸にて開催〈港町ポリフォニー2019 EXTRA〉に堀込泰行、青葉市子、折坂悠太、吉澤嘉代子が出演

神戸にて開催〈港町ポリフォニー2019 EXTRA〉に堀込泰行、青葉市子、折坂悠太、吉澤嘉代子が出演

2013年から毎年9月に港町・神戸で開催している室内型音楽イベント〈港町ポリフォニー〉。 その番外編イベント〈港町ポリフォニー2019 EXTRA〉が今年も3デイズ、2会場での開催が決定した。 出演アーティスト発表、チケット予約も開始されているので、早め

〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-大阪〉タイムテーブル発表

〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-大阪〉タイムテーブル発表

9月21日(土)大阪、10月12日(土)東京にて開催される、GEZAN主催レーベル〈十三月〉によるイベント〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-〉。 今週末開催となる大阪会場のタイムテーブルが公開された。 出演者は以下の通り。 (内) GEZAN

勝沼恭子+三宅純、『COLOMENA』本日リリース

勝沼恭子+三宅純、『COLOMENA』本日リリース

三宅純のヴォーカリストのひとりとして、またナレーター、モデルとして、独特の個性を放つ勝沼恭子が、自らの「内側の声」を探し求めた旅の記録。 2005年にパリに拠点を移してから温め続けてきた待望のファースト・アルバム『COLOMENA』 が、三宅純のプロデュ

SKIP SKIP BEN BENこと林以樂、本名名義で初7inchリリース、日本ツアー開催

SKIP SKIP BEN BENこと林以樂、本名名義で初7inchリリース、日本ツアー開催

バンド雀斑frecklesやソロプロジェクトSKIP SKIP BEN BENの活躍で台湾はもとより、日本でも多くの支持を集める音楽家「林以樂(リン・イーラー)」(多くの人は彼女をbenbenという愛称で呼んでいる)。 そんな彼女の本名名義でスタートさせ

〈全感覚祭19〉東京・第2弾出演者&フード出店発表

〈全感覚祭19〉東京・第2弾出演者&フード出店発表

2019年9月21日(土)に大阪、2019年10月12日(土)に東京で開催される十三月主催イベント〈全感覚祭19〉。 その両会場のフード出店と、東京会場の出演者第2弾が発表された。 なお今年の〈全感覚祭〉は入場のみならずフードもフリーでの提供を目指してい

〈全感覚祭19〉大阪 出演者発表でGEZAN、渚にて、折坂悠太(重奏)ら26組

〈全感覚祭19〉大阪 出演者発表でGEZAN、渚にて、折坂悠太(重奏)ら26組

GEZAN主催レーベル〈十三月〉が開催するイベント〈全感覚祭19〉。 今回は〈全感覚祭19 大阪〉への出演者と、EXHIBITION ARTISTが発表された。 出演者は以下の通り。 (内) ⚫︎〈全感覚祭19大阪〉出演者 GEZAN 渚にて 折坂悠太(

Collapse

Articles

自分の心の奥へと航海してゆく、そのサウンドトラック──青葉市子の新作『アダンの風』

インタヴュー

自分の心の奥へと航海してゆく、そのサウンドトラック──青葉市子の新作『アダンの風』

激動の2020年も暮れなずむ頃、青葉市子の約2年ぶりの新作『アダンの風』がリリースされました。オリジナル・アルバムとしては『qp』以来、通算7枚目となります。2020年は、自身のレーベル〈hermine〉を設立、またその初頭に行われたデビュー10周年記念公…

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

インタヴュー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントへの出演、七尾旅人との共演、内橋和久とのスタジオ・セッション音源『火のこ』(小山田圭吾がゲスト参加)をリリースしたりと、2011年も話題を振りまき続けたシンガー・ソングライター…

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

その他

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントによばれたり、青葉市子+内橋和久名義で『火のこ』をリリースしたり(小山田圭吾がゲスト参加)と、2011年も話題を振りまき続けたシンガー・ソングライターの青葉市子が、3rdアルバ…

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

連載

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、DSDで録音/配信するというサウンド&レコーディング・マガジン主催のPremium Studio Live。第5回は、即興音楽の分野で世界的な活躍を見せる一方、UAやくるりのプロデュースでも手腕を発…

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

その他

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

『VANISHING POINT vol.1』の前売りチケットはOTOTOYでも購入できます。しかも出演者の音源が詰まった『VANISHING POINT sampler vol.1』をプレゼント! 出演者の音源を聴いて『VANISHING POINT v…

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

その他

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

今年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売し、各地のショップで売り切れ続出、大反響を巻き起こしている青葉市子。 そんな青葉市子のワンマン・ライブの模様を、OTOTOYでは高音質音源を独占で配信致します。微細な音の粒子をも捉えるDSD音源で、当日の会場を包む青葉…

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

レヴュー

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

2010年1月、1stアルバム『剃刀乙女』で鮮烈にデビューした弱冠20歳の青葉市子。クラシック・ギターを手に独特の世界観を持った歌詞と、美しいメロディー・ライン、エバー・グリーンな歌声と驚くべき演奏力を兼ね揃えた彼女が、デビューから一年で新作をリリースする…

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

ワンマン・ライヴをいよいよ来週12月7日(火)に控え、現在フリー・ダウンロード中の「パッチワーク」、「レースのむこう」と2週にわたって新曲を披露してきた青葉市子。3週連続で新曲をリリースする企画の締めくくりとなる新曲第3弾「日時計」が到着! これまで一切の…

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

いま最も注目すべきSSW青葉市子の3週連続新曲リリース企画。第2弾の音源「レースのむこう」をHQD(24bit/48kHzのWAV音源)とmp3で配信スタート! 第1弾の「パッチワーク」同様、今回も青葉市子自身によるイラスト入りの歌詞付きです。そして、これ…

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

レヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

ネクスト・ブレイク間違いなし! 京都出身で現在は東京で活動中のSSW青葉市子。音楽好きの間で確実に人気を広げている彼女が、3週にわたって新曲をリリース。しかも今回お届けする第1弾音源は、なんとフリーでみなさんにお届け! 楽曲はHQD(24bit/48khz…