album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Angel feat. G:nt  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:59
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:59

Discography

HipHop/R&B

約1年前に、「渋谷を上半身裸に白のドゥーラグ姿で歩き回る」というインパクトに満ちたMVが公開され、話題となった19歳のラッパー「Itaq」の楽曲が遂にリリース。大胆にも旧約聖書において神が発したとされる「I Am That I Am (私は在りて有る者なり)」という台詞を冠した、事実上の「ラップの神」宣言で在りながら、現代社会における「多様性」をその身でもって体現しようとする姿勢も覗かせる、意欲作。ポップでエモーショナルな作風とマルチな実力を武器に、2019年のラップゲームに名を轟かせた「uyuni」、話題のクルー「夜猫族」でも異彩を放つ孤高のアーティスト「noma」、そしてUMB2018富山予選での優勝などの活躍を見せながらも、楽曲においては一度聴いたら忘れられないスタンスと声で聴く者を魅了する米国生まれの「Kenny Bullard」と、3人のラッパーをフィーチャーした「I Am That I Am (Remix) feat. uyuni, noma & Kenny Bullard」と、渋谷WOMBメインフロアでのDJ経験も持つトラックメイカー「Shimon」による「I Am That I Am (Shimon Remix)」も同時収録。超・高密度な仕上がりとなった。

HipHop/R&B

今作で明かされるのは今まで敢えて触れられて来なかったItaqのバックボーン。宗教学校時代の葛藤から上京後の今に至るまでを、時間の円環論、失恋、神への疑い等様々な要素を孕みながら、ひりひりとした質感で描き出す。 客演にはネットラップ界の重鎮野崎りこんを始め、Itaqの実の弟であるDirty Kiyomiya (ダーティー・キヨミヤ)、Lanc3 Pynchon (ランス・ピンチョン)、uyuni (ウユニ)、イベント「TOKYOBLUE」のレジデントを務めるISSEI (イッセイ)、そして今の日本のシーンを席巻するACE COOL (エース・クール) と、今までの粗悪興業による作品とは毛色の異なる顔ぶれが並ぶ。 ミックス・マスタリング、そしてイントロ、スキットの制作はなんとItaq本人によって為されており、その点においても挑戦作品と言えるだろう。

栃木足利をレペゼンし、数々のMCバトルで名を轟かせてきたMAKAが"TRICO"として音楽スタイルを一新。 ドラムンベースで様々なMCとバースを蹴り合うプロジェクト "Bass Down Wall Show"の第2弾。 1トラック2曲構成でミックスされており、featアーティストにはPOWER WAVE.Itaqが参戦。 プロデューサーにはSRAD StudioのAkioを迎え、自身の"NATURAL VYBZ"としてイギリスやクロアチアでの活動を背景に、海外のBass Music Soundをプロデュース。 日本にBass Musicカルチャーを広げるべく"TRICO"&"SRAD"が新たなダンスミュージックを築いていく。

栃木足利をレペゼンし、数々のMCバトルで名を轟かせてきたMAKAが"TRICO"として音楽スタイルを一新。 ドラムンベースで様々なMCとバースを蹴り合うプロジェクト "Bass Down Wall Show"の第2弾。 1トラック2曲構成でミックスされており、featアーティストにはPOWER WAVE.Itaqが参戦。 プロデューサーにはSRAD StudioのAkioを迎え、自身の"NATURAL VYBZ"としてイギリスやクロアチアでの活動を背景に、海外のBass Music Soundをプロデュース。 日本にBass Musicカルチャーを広げるべく"TRICO"&"SRAD"が新たなダンスミュージックを築いていく。

2009年から日本語グライムを提示し続けてきたGRIME CITYの首謀者"DUFF"、本場UKからも注目されワールドワイドに活動しているグライムMC "Catarrh Nisin"、ラップスタア誕生2020で圧倒的なスキルを魅せつけた神に選ばれた男"Itaq"、3人のMCによるプロジェクト『Tri Genocide』から先行シングル[Nuh]をリリース。 プロデュースは北関東のグライム狂ことNEGATIN。

2019年7月27日、閉鎖的な雪国が生んだ孤高の奇才 "SUICIDE RYUSEI" による、彼の世界観やリリシズムを詰め込んだファースト・アルバムが遂に完成。 "RE:YUKI NO NAKA", "REMEMBER THAT RAINY DAY"などの切なさに押し潰されそうになるEmo Trapから、"雨ニモ負ケズ"のようなガラパゴス感の溢れるLo-Fi Hiphop、90年代の煙たさを継承した"BRING IT BACK", "VETERANO MUSICA" に加え、"生きる (feat. KVXAN)" や、当アルバムのタイトル曲でもある "霞草" などの自身の感情を包み隠さずに吐露した曲まで、幅広いジャンルの楽曲がこのアルバム1枚で聴けるだろう。 All Beats Produced By SUICIDE RYUSEI Featuring Artists: Kvxan, Swalker, BBY NABE, monvmi, Itaq & KRYZ

各所で話題沸騰中の若手ヒップホップクルー夜猫族の頭領nomaによる2nd EP。客演にはラッパーのTRASH ODE、Itaqと若手の実力派たちを迎え入れ、トラックは同じく夜猫族のFFFFFFとMermrilが担当した。冒頭から堰を切ったようにアグレッシブなラップをそのシニカルな目線から畳み掛けたと思えば、途中からまるで別の曲になったかと錯覚するほどダークで不気味なメロディが展開し異様な雰囲気を醸す1曲目「LOSTOWL (Prod. FFFFFF)」や、若手プロデューサーMemrilの奏でる鮮麗な世界観の上で掛け値なしの静かな叫びを綴るひび割れたガラス細工のような繊細さが琴線に触れる4曲目「Sheep」など、nomaというアーティストの異様さが際立つ本作はヒップホップというジャンルを超え確実にシーンに爪跡を残した。全5曲わずか17分ほどの中にこれでもかと組み込まれたギミックで聴くものを飽きさせることはまずないだろう。

View More Discography Collapse
Collapse