album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Fun  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:04
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:04
Album Info

東京を拠点に活動し、シティポップとR&Bを融合させたジャンルで世界中に多くのファンを獲得しているシンガーソングライター、 Laura Ribeiro(読み:ラウラ・リベイロ)と、Spotifyで100万回以上の再生回数を誇るサンディエゴ出身のプロデューサーZuma. (読み: ズマ) がコラボ曲「 FUN」をリリース。

梅雨明けのシーズンにぴったりなアップビートなレゲトンと、しっとり聴かせるR&Bをフュージョンさせたような今回の楽曲。ブラジルとポルトガルをルーツに持つLaura Ribeiroが、Zuma.が奏でるラテンのビートに合わせて「What do you do for fun? (何をして楽しみたいの?)」と挑発的に歌い上げている。

スペイン語の歌詞は、「Robando tu corazon (私はあなたの心を奪っている)」と歌っており、まさに真夏の海が目に浮かぶようなセクシーな歌詞になっている。耳を澄ませば、カモメの鳴き声も聞こえてくるかもしれない…!

BIOGRAPHY

LAURA RIBEIRO

2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプ ラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージと して発信し続けている。2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデル として採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガール に抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍 が光る。 デビュー曲の「Summer Nights」はSpotifyで約10万回再生されるなど、インディペンデントながら今後も活躍が期待されている。

Zuma. サンディエゴ出身で、現在は東京をベースに活動するプロデューサー/DJ。エレクトロニックなR&Bのサウンドを得意としており、世界中のアーティストとコラボし、楽曲をリリースしている。サンディエゴのクリエイティブコレクティブ「Tribe 20:4」の創設メンバーの一人でもある。同じくカリフォルニア出身のアーティストLenisとコラボした楽曲はSpotifyでバイラルチャートに上り、現在100万回以上再生されている。これからの活躍から目が離せない期待の新鋭プロデューサーである。

Discography

東京をベースに活躍する、ブラジル出身ロンドン育ちのアーティストLaura Ribeiroが、新曲「High Baby」をリリース。インディペンデントアーティストでありながら、代表曲「Some Things Never Change」や、「Summer Nights」は15万回近くSpotifyで再生され、アップカミングなアーティストとしてblock.fmでも取り上げられるなど注目されている。今回の楽曲のfeaturingアーティストは、実の妹ALÍSI。爽やかなメロディーに乗せられて、二人のメンタルヘルスについての会話が歌詞として歌われている。ドリームポップなトラックのプロデュースは、前回の「FUN」でもコラボしているZuma.、そしてギターはtokyovitaminのMat Jrが担当。

1 track

東京をベースに活躍する、ブラジル出身ロンドン育ちのアーティストLaura Ribeiroが、新曲「High Baby」をリリース。インディペンデントアーティストでありながら、代表曲「Some Things Never Change」や、「Summer Nights」は15万回近くSpotifyで再生され、アップカミングなアーティストとしてblock.fmでも取り上げられるなど注目されている。今回の楽曲のfeaturingアーティストは、実の妹ALÍSI。爽やかなメロディーに乗せられて、二人のメンタルヘルスについての会話が歌詞として歌われている。ドリームポップなトラックのプロデュースは、前回の「FUN」でもコラボしているZuma.、そしてギターはtokyovitaminのMat Jrが担当。

1 track

東京を拠点に活動し、シティポップとR&Bを融合させたジャンルで世界中に多くのファンを獲得しているシンガーソングライター、 Laura Ribeiro(読み:ラウラ・リベイロ)と、Spotifyで100万回以上の再生回数を誇るサンディエゴ出身のプロデューサーZuma. (読み: ズマ) がコラボ曲「 FUN」をリリース。 梅雨明けのシーズンにぴったりなアップビートなレゲトンと、しっとり聴かせるR&Bをフュージョンさせたような今回の楽曲。ブラジルとポルトガルをルーツに持つLaura Ribeiroが、Zuma.が奏でるラテンのビートに合わせて「What do you do for fun? (何をして楽しみたいの?)」と挑発的に歌い上げている。 スペイン語の歌詞は、「Robando tu corazon (私はあなたの心を奪っている)」と歌っており、まさに真夏の海が目に浮かぶようなセクシーな歌詞になっている。耳を澄ませば、カモメの鳴き声も聞こえてくるかもしれない…! BIOGRAPHY LAURA RIBEIRO 2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプ ラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージと して発信し続けている。2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデル として採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガール に抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍 が光る。 デビュー曲の「Summer Nights」はSpotifyで約10万回再生されるなど、インディペンデントながら今後も活躍が期待されている。 Zuma. サンディエゴ出身で、現在は東京をベースに活動するプロデューサー/DJ。エレクトロニックなR&Bのサウンドを得意としており、世界中のアーティストとコラボし、楽曲をリリースしている。サンディエゴのクリエイティブコレクティブ「Tribe 20:4」の創設メンバーの一人でもある。同じくカリフォルニア出身のアーティストLenisとコラボした楽曲はSpotifyでバイラルチャートに上り、現在100万回以上再生されている。これからの活躍から目が離せない期待の新鋭プロデューサーである。

1 track

シティポップやボサノバに影響されたR&Bなど、幅広いジャンルで楽曲を生み出すシンガーソングライター、Laura Ribeiro(読み:ラウラ・リベイロ)が新曲「Some Things Never Change」をリリース。 インディペンデントでありながら、デビュー曲「Summer Nights」や、EP「INSOMNIA」からの先行配信曲「Dreaming」は数多くのSpotify Playlistに採用されるなど活躍が目立つ。 今回の新曲は、今までとは打って変わって、グウェン・ステファニーの「Cool」を思い起こすような、どこか懐かしいレトロポップ調になっている。 昔の恋人を懐かしみつつも、今の恋愛で幸せを噛み締めるという、どこか切なげだが、前向きな歌詞になっている。Lauraの優しい歌声がさらに、哀愁ただよう 楽曲の雰囲気を引き立てている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプ ラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッ セージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、 また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢さ れている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が 光る。

1 track

シティポップやボサノバに影響されたR&Bなど、幅広いジャンルで楽曲を生み出すシンガーソングライター、Laura Ribeiro(読み:ラウラ・リベイロ)が新曲「Some Things Never Change」をリリース。 インディペンデントでありながら、デビュー曲「Summer Nights」や、EP「INSOMNIA」からの先行配信曲「Dreaming」は数多くのSpotify Playlistに採用されるなど活躍が目立つ。 今回の新曲は、今までとは打って変わって、グウェン・ステファニーの「Cool」を思い起こすような、どこか懐かしいレトロポップ調になっている。 昔の恋人を懐かしみつつも、今の恋愛で幸せを噛み締めるという、どこか切なげだが、前向きな歌詞になっている。Lauraの優しい歌声がさらに、哀愁ただよう 楽曲の雰囲気を引き立てている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプ ラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッ セージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、 また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢さ れている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が 光る。

1 track

LAURA、Chocoholicプロデュースの1st EP『INSOMNIA』をリリース。 9月にシンガーデビューしたばかりのモデルのLaura Ribeiroが、12月4日(水)に4曲組のEPを配信開始する。先行シングルである「Dreaming」は、Spotifyのプレイリストである「Tokyo Rising」や「New Music Wednesday」にも取り上げられ、注目を浴びている。明朗なシティポップである前作「Dreaming」とは雰囲気を変え、新録曲は大人でセクシーなバラード「Body」。SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholicのプロデュースが光るミニマルなトラックになっている。もう一つの新曲「Something About You」はシンプルなアコースティックな一曲になっており、どこか切なげな歌はLana Del Reyを連想させる。 タイトルである「INSOMNIA」は、自身が長年患っている不眠症からきており、眠れない夜に書き溜めた失恋の痛みや、新しい恋への不安などが楽曲になり収録されている。 LAURA(Laura Ribeiro)は、ブラジル生まれイギリス育ちのアーティスト。2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。また、2年連続「世界で最も美しい顔100人」にも選出されている。

4 tracks

LAURA、Chocoholicプロデュースの1st EP『INSOMNIA』をリリース。 9月にシンガーデビューしたばかりのモデルのLaura Ribeiroが、12月4日(水)に4曲組のEPを配信開始する。先行シングルである「Dreaming」は、Spotifyのプレイリストである「Tokyo Rising」や「New Music Wednesday」にも取り上げられ、注目を浴びている。明朗なシティポップである前作「Dreaming」とは雰囲気を変え、新録曲は大人でセクシーなバラード「Body」。SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholicのプロデュースが光るミニマルなトラックになっている。もう一つの新曲「Something About You」はシンプルなアコースティックな一曲になっており、どこか切なげな歌はLana Del Reyを連想させる。 タイトルである「INSOMNIA」は、自身が長年患っている不眠症からきており、眠れない夜に書き溜めた失恋の痛みや、新しい恋への不安などが楽曲になり収録されている。 LAURA(Laura Ribeiro)は、ブラジル生まれイギリス育ちのアーティスト。2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。また、2年連続「世界で最も美しい顔100人」にも選出されている。

4 tracks

東京を拠点に活動し、ブラジル音楽をルーツに持つR&BシンガーLAURA(ラウラ)が、2ヶ月連続シングルリリース。 「Dreaming」は、前回のボサノヴァに影響を受けた楽曲とはうってかわって、軽やかでキャッチーなメロディが耳に残るシティ・ポップ調の新曲だ。遠距離恋愛をテーマにした歌詞は、自身の経験をもとに書かれており、「元カノと遠距離恋愛をしていた時、毎日毎日仕事をしているか寝ているかだった」と語るLAURAが夢の中で会いたいと思って書いたラブソングになっている。 プロデュースは、前回と同じく、SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholic。 11月にはChocoholicとの共作EPがリリースされる予定だ。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。

1 track

東京を拠点に活動し、ブラジル音楽をルーツに持つR&BシンガーLAURA(ラウラ)が、2ヶ月連続シングルリリース。 「Dreaming」は、前回のボサノヴァに影響を受けた楽曲とはうってかわって、軽やかでキャッチーなメロディが耳に残るシティ・ポップ調の新曲だ。遠距離恋愛をテーマにした歌詞は、自身の経験をもとに書かれており、「元カノと遠距離恋愛をしていた時、毎日毎日仕事をしているか寝ているかだった」と語るLAURAが夢の中で会いたいと思って書いたラブソングになっている。 プロデュースは、前回と同じく、SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholic。 11月にはChocoholicとの共作EPがリリースされる予定だ。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。

1 track

ブラジル生まれ、イギリス育ち。日本でモデルとしてのキャリアを積み、世界中でも活躍するLaura Ribeiro (ラウラ・リベイロ) が、シンガーソングライター【LAURA】としてデビューする。 EPのリリースに先駆け、シングルとして「Summer Nights / uma noite de verão」を9月18日にリリース。自身のルーツであるブラジル音楽のボサノヴァに影響を受けたR&Bに、ノスタルジックなメロディーが心地良い一曲になっている。リリースと同時に国内のビーチで撮影された夏の終わりを感じさせるリリックビデオが公開される。 プロデュースは、SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholic。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。

1 track

ブラジル生まれ、イギリス育ち。日本でモデルとしてのキャリアを積み、世界中でも活躍するLaura Ribeiro (ラウラ・リベイロ) が、シンガーソングライター【LAURA】としてデビューする。 EPのリリースに先駆け、シングルとして「Summer Nights / uma noite de verão」を9月18日にリリース。自身のルーツであるブラジル音楽のボサノヴァに影響を受けたR&Bに、ノスタルジックなメロディーが心地良い一曲になっている。リリースと同時に国内のビーチで撮影された夏の終わりを感じさせるリリックビデオが公開される。 プロデュースは、SIRUPやLULU Xなどに楽曲提供をするChocoholic。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用され、また2018年にはコスモポリタン/Cosmopolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど活躍が光る。

1 track

‘Changes’は、hushlushとLaura Ribeiroの初コラボシングル。 このシングルは、hushlushのチル・エレクトロニックのサウンドとLauraのソフトなボーカルサウンドが融合した、春の始まりにぴったりの1曲となっている。 Lauraによって書かれた歌詞は、人生における新しい出会いがテーマだ。‘Changes’というタイトルは、過去の痛みを乗り越え、新しく出会った人を信じ愛せるようになるまでの自分の成長を表している。 これから希望に満ちた新しいスタートを切る人達にふさわしい、フレッシュな1曲である。 リリース日:2020年4月29日 hushlush(本名:長澤 佑)は、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年には‘Away’と‘Here We Are’の2つのシングルをリリースし、計79,000回以上のストリームを獲得。 2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソグライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといったテイストメーカー達からサポートを受けている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用された。また2018年には、コスモポリタン/Cosmoolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。 その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど、数多くのメディアで活躍している。

1 track

‘Changes’は、hushlushとLaura Ribeiroの初コラボシングル。 このシングルは、hushlushのチル・エレクトロニックのサウンドとLauraのソフトなボーカルサウンドが融合した、春の始まりにぴったりの1曲となっている。 Lauraによって書かれた歌詞は、人生における新しい出会いがテーマだ。‘Changes’というタイトルは、過去の痛みを乗り越え、新しく出会った人を信じ愛せるようになるまでの自分の成長を表している。 これから希望に満ちた新しいスタートを切る人達にふさわしい、フレッシュな1曲である。 リリース日:2020年4月29日 hushlush(本名:長澤 佑)は、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年には‘Away’と‘Here We Are’の2つのシングルをリリースし、計79,000回以上のストリームを獲得。 2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソグライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといったテイストメーカー達からサポートを受けている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用された。また2018年には、コスモポリタン/Cosmoolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。 その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど、数多くのメディアで活躍している。

1 track
HipHop/R&B

SIRUPや向井太一、ampmなどの楽曲をプロデュースするなど今最も注目を集めている女性プロデューサー「Chocoholic (チョコホリック) 」が、初となる最新EP「Rewrite (リライト) 」をリリース! 本作には既に先行シングルとリリースされているオーストラリアのR&B / エレクトロニックデュオ 「Fortunes.」迎えた“Baseball”や、話題沸騰中のシンガー「Friday Night Plans」を迎えた”See You Later”に加え、日本在住の女性シンガー「LAURA」を迎えた“ILYAI”、カナダの新星「Shyo」とコラボした”Things You Like“など今の「Chocoholicサウンド」が詰まった全4曲を収録。

4 tracks