album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ジョイ・スプリング -- クリフォード・ブラウン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
ストレイト・ノー・チェイサー -- セロニアス・モンク  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:56
ブルー・ムーン -- ビリー・ホリデイ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:34
エンブレイサブル・ユー -- サラ・ヴォーン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:52
ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム -- バーニー・ケッセル  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:50
ステアウェイ・トゥ・ザ・スターズ -- ソニー・スティット  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:18
ボディ・アンド・ソウル -- オスカー・ピーターソン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:23
ラヴ・フォー・セール -- アニタ・オデイ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:36
ムード・インディゴ -- ニーナ・シモン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:03
ザ・レディ・イズ・ア・トランプ -- ミルト・ジャクソン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:22
オーニソロジー -- バド・パウエル  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:24
グルーヴィン・ハイ -- ディジー・ガレスピー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:43
ゼイ・キャント・テイク・ザット・アウェイ・フロム・ミー -- エラ・フィッツジェラルド/ルイ・アームストロング  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:39
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 48:56
Album Info

「新たな年の初めの一発目に聴きたいような名曲」「ジャズを初めて聴く方のための入門用」〜そんないろんな意味の<聴き初め(キキゾメ)>・・・ビッグ・アーティスト&有名曲ジャズ・コンピレーション!

Discography

JAZZ!JAZZ!JAZZ! その道の第一人者による名曲・名演を集めたスタイリッシュなジャズ・コンピレーションが登場!ジャズの格好良さに触れる入門編としてもおススメです。バーニー・ケッセルのプレイ全開な<ギター>編。

ジャズの魅力がギュッと詰まった「ジャズる」シリーズが登場。これぞジャズ!といった軽快なジャズを聴けば、身も心もウキウキとスウィングします。「ギター」編。

Jazz/World

ジャズの巨匠たちシリーズです。セロニアスモンクはアメリカのジャズ・ピアニストであり、即興演奏における独特のスタイルと、数多くのスタンダード・ナンバーの作曲で知られる

ジャズの巨匠たちシリーズです。サラヴォーンはアメリカ合衆国の黒人女性ジャズボーカリスト。ソプラノからコントラルトまで幅広いレンジに、美しいヴィブラートの掛かった、オペラ歌手にも匹敵する幅広い声域と、豊かな声量を兼ね備え、大胆なフェイクやスキャットを取り入れた歌唱力をも持ち味とした。ジャズ・ボーカル史上ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドと並ぶ、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人と言われている。

チャーリー・クリスチャン直系のギタリストとしてスウィンギーで都会的なスタイルでファンを魅了したバーニー・ケッセルの代表作といえば、一連の『ポール・ウィナーズ』シリーズ(コンテンポラリー)と本盤『オン・ファイヤー』である。『オン・ファイヤー』はフィル・スペクターが主宰するフィルス系のジャズ・レーベルとして発足したエメラルドの第一回作品だが、レーベルは一年で立ち行かなくなり二枚目のアルバムはでず、当然ながらこの作品も超短期間で廃盤になってしまった。1974年に 『幻の名盤読本』(スイング・ジャーナル社)で取り上げらて評判となり、1980年代に日本でLP復刻されたがディスク・ダビングでしかもモノラルでの発売だったので評判が悪かった。その後米インタープレイ社が原盤権を獲得してから発見されたマスターに近いステレオ音源によるLPとCDのリリースが実現したが、今回の再発では技術の進歩とDSDマスタリグによりさらなる音質の向上を図った。もちろんステレオでのリリース。ハリウッドの人気ナイト・スポットP.J.'sでの1965年のライヴ録音で、共演はジェリー・シェフ(b)とフランク・キャップ(ds)。8曲目からのボーナス・トラックはTV番組『ジャズ・シーン・USA』での演奏で、今回が世界初リリース。1962年10月1日の放映で、パーソネルはバーニー・ケッセル(g)、バディ・ウッドソン(b)、スタン・リーヴィー(ds)

Jazz/World

1966年のヨーロッパ・ツアー中にノルウェイのオスロとデンマークのコペンハーゲンで収録されたセロニアス・モンク・カルテットのTV素材を音源とする世界初のCDリリース。1−3が4月15日のオスロで、4−6が4月18日のコペンハーゲン。カルテットのパーソネルは、セロニアス・モンク(p)、チャーリー・ラウズ(ts)、ラリー・ゲイルズ(b)、ベン・ライリー(ds)。5のみセロニアス・モンクによるピアノ・ソロ。

世界初登場の貴重な音源。1971年3月ロンドンのBBCスタジオで収録されたオスカー・ピーターソン・トリオによる快演。調子の波がなく常に高水準の演奏を聴かせるピーターソンだけに期待を違えることのない素晴らしいパフォーマンスに終始しているが、ジョージ・ムラーツのベースとレイ・プライスのドラムスからなるレギュラー・トリオによるレコードはMPSに2枚あるのみなので、大変貴重。しかも1曲のダブリもなく、レイ・プライスは前任者のボビー・ダーハムよりタイトでテンションの高いプレイを聴かせる。

View More Discography Collapse
Collapse

News

WONKの〈エピストロフ〉が〈ブルーノート〉と組み、セロニアス・モンク100周年を祝う!

WONKの〈エピストロフ〉が〈ブルーノート〉と組み、セロニアス・モンク100周年を祝う!

昨年9月にリリースした1stアルバム『Sphere』が大絶賛を浴び、各所で話題沸騰中のエクスペリメンタル・ソウル・バンド、WONK。9月6日にはツイン・アルバム『Castor』『Pollux』を2枚同時リリースする彼らによる、新たな主導プロジェクトが発表