album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Yesterdays -- Enrico PieranunziMads VindingAlex Riel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 11:30
Winter Waltz -- Aaron ParksThomas FonnesbækKarsten Bagge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
Everlasting Flowers -- Christina Nielsen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:10
Dindi -- Harry Allen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:28
Glitter And Gold (feat. Mikito Nakatani & Daiki Mishima) -- Cafe lounge JazzMikito NakataniDaiki Mishima  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:33
Alone -- Thomas ClausenFrancesco Calì  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:10
So Many Stars (Secret Bar Jazz ver.) -- Cafe lounge Jazz  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:41
The Good Life (feat. Eliot Zigmund) -- Christina Von BülowSøren KristiansenJesper Lundgaard  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 10:35
Kemble (feat. Naohiko Amatatsu, Fumiko Kido & Daiki Mishima) -- Cafe lounge JazzNaohiko AmatatsuFumiko Kido  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:24
Tit Er Jeg Glad -- Aaron ParksThomas FonnesbækKarsten Bagge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:19
On The Sunny Side Of The Street -- Povl Dissing  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:52
Bless You -- Bobo Moreno  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:13
Do You Know What It Means To Miss New Orleans? -- Povl Dissing  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:37
A Child Is Born -- Veronica Mortensen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:21
Smile -- Hanne Boel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
Livia -- Peter Rosendal  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:21
Abstract -- Lars Moeller Group  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:35
Moonlight Boogie (feat. Sayaka Seno & Masami Sato) -- Cafe lounge JazzSayaka SenoMasami Sato  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:09
Light and Darkness -- Ole Matthiessen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:13
Stella By Starlight -- Thomas Clausen Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:36
Greensleeves -- Hans Ulrik  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:27
Living Now -- Soeren Lee  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:36
The Rat and the Parrot -- Daniel Franck Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:09
Flashback -- Ole Matthiessen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:08
El Cajon (feat. Eliot Zigmund) -- Christina Von BülowSøren KristiansenJesper Lundgaard  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 11:07
The Hangout -- Daniel Franck Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:17
A Nameless Date -- Enrico PieranunziMads VindingAlex Riel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:15
Streams Of Love (feat. Mikito Nakatani & Daiki Mishima) -- Cafe lounge JazzMikito NakataniDaiki Mishima  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:52
Heartflower -- Christina Nielsen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:56
Molto Ancora -- Enrico PieranunziThomas Fonnesbæk  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:30
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 173:44
Album Info

【選曲者コメント】今回はテーマがエスプレッソと共にという事だったので、全体的に暗めでお洒落な雰囲気を大切に選曲しました。この雰囲気を保つためにいわゆる王道のスイングジャズではなく、現代風のヨーロピアンなサウンドの曲が中心に並んでいます。1.2は落ち着いたピアノトリオ、3.4は落ち着いた中に明るさを持たせるため管楽器の入った編成、5~9は更にしっとりとバラードが続きますが途中管楽器を含めていろんなバラードが楽しめます。11~15はボーカル、お洒落な雰囲気を維持する為男性ボーカルから始めてみました。ここまでマッタリなサウンドを続けたので16~21では徐々に明るい雰囲気になるよう選曲しました。22~26ではプレイリストの終盤らしさを出す為明るめなサウンドを選曲、27~30はまたヨーロピアンなお洒落なサウンドになり落ち着いた雰囲気でプレイリストを終えられます。また30と1では繋ぎ目が見えないような選曲になっているので1周だけでなく何周も楽しんでもらえるよう選曲しました。 【選曲者プロフィール】濱田省吾(はまだしょうご) 1993年山口県生まれ。2012年に国立音楽大学ジャズ専修へ入学、ドラムを高橋徹、神保彰、アンサンブルを小曽根真に師事。2014年夏に井上陽介のセッションへ参加したことからプロとしての活動を始める。第33回浅草ジャズコンテストにてグランプリを受賞。2015年ドラマーUlysses Owens Jrにレッスンを受け、大きな影響を受ける。2016年春に国立音楽大学を卒業。2017年ミスタードーナツのCM「夏のミスドは、大雪だ」、JR東海道・山陽新幹線のCM「スマートEX」の音楽に参加。2018年Seiko Summer Jazz Campに参加し、Quincy Davisに師事。2019年井上陽介9枚目となるニューアルバム「NEW STORIES」にも参加。現在は池田篤(as)、井上陽介(b)、植松孝夫(ts)、椎名豊(p)、中島朱葉(as)の各グループへレギュラーメンバーとして参加。その他にもこれまでに伊藤君子(vo)、大口純一郎(p)、大西順子(p)、岡崎好郎(tp)、片倉真由子(p)、辛島文雄(p)、小濱安浩(ts)、澤田一範(as)、鈴木央紹(ts)、山下洋輔(p)など数多くのセッションやライブに参加し精力的に活動している。また明海大学ジャズ部の講師として教育にも力を入れている。関東地方を中心にジャズドラマーとして活動を広げている。

Discography

2人の女性ジャズ・ミュージシャンが奏でるムーディーでリラクシンな夜の風景。「Secret Bar Jazz Sessions ~隠れ家バーのジャズBGM」は、 "知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。今作はピアノ+サックスのデュオでの作品。参加ミュージシャンは、"First Class Lounge~Premium Jazz Piano Collection Vol.3~"でしっとりとしなやかなプレイで魅了してくれたMasami Sato(P)、同じく"First Class Lounge"シリーズで艶やかな出音とメロウなフレージングを聴かせてくれているSayaka Seno(Sax)。ミディアム~スロー・テンポを中心にした柔らかなトーンに包まれた音像と、緊張感よりも心地良さが優った魅力的なジャズ・セッション。深くゴージャスなピアノのサウンドとアダルトな味わいのサックスが、洗練さ溢れる都会の夜とリラックスできる隠れ家バーの雰囲気を醸し出し、落ち着いたムーディーな空気感をたっぷりと演出してくれる作品になっている。しなやかな音色を醸し出す2人の女流ジャズメンが届けてくれる落ち着いた夜の風景。まずは1、2、4、7~9曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。 Sax: Sayaka Seno Piano: Masami Sato Recording: S2S Studio

2人の女性ジャズ・ミュージシャンが奏でるムーディーでリラクシンな夜の風景。「Secret Bar Jazz Sessions ~隠れ家バーのジャズBGM」は、 "知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。今作はピアノ+サックスのデュオでの作品。参加ミュージシャンは、"First Class Lounge~Premium Jazz Piano Collection Vol.3~"でしっとりとしなやかなプレイで魅了してくれたMasami Sato(P)、同じく"First Class Lounge"シリーズで艶やかな出音とメロウなフレージングを聴かせてくれているSayaka Seno(Sax)。ミディアム~スロー・テンポを中心にした柔らかなトーンに包まれた音像と、緊張感よりも心地良さが優った魅力的なジャズ・セッション。深くゴージャスなピアノのサウンドとアダルトな味わいのサックスが、洗練さ溢れる都会の夜とリラックスできる隠れ家バーの雰囲気を醸し出し、落ち着いたムーディーな空気感をたっぷりと演出してくれる作品になっている。しなやかな音色を醸し出す2人の女流ジャズメンが届けてくれる落ち着いた夜の風景。まずは1、2、4、7~9曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。 Sax: Sayaka Seno Piano: Masami Sato Recording: S2S Studio

変則ピアノ・トリオによるリラクシンな空気感に満ちた大人の艶やかな音色。「Secret Bar Jazz Sessions ~隠れ家バーのジャズBGM」は、 "知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。フルート、ピアノ、ウッド・ベースというトリオ編成での今作、参加ミュージシャンは、ボサノヴァ作品を中心に軽やかかつアダルティで艶やかな音色を披露してくれているNaohiko Amatatsu(Fl)、"First Class Lounge ~ゆったり心地よいボサノヴァ・ラウンジ・セッション~"でエレガントで心地よいプレイを聴かせてくれたFumiko Kido(Pf)、同シリーズのVol.6や"First Class Lounge ~大人の夜の贅沢Jazz Lounge~"で攻守共に存在感あるフレージングを残しているDaiki Mishima(B)。ボサノヴァを中心にスウィング~R&Bまで織り交ぜた幅広い楽曲をテーマにしたセッション形式での演奏が収録されているが、柔らかなフルートときらびやかなピアノの音色に導かれたリラクシンな空気感が印象的で、落ち着いた大人の余裕を感じさせる3者のリード・プレイも心地よく溶け込み、まさに"穏やかな雰囲気の隠れ家バーで演奏される大人のジャジー・サウンド"といった音世界がたっぷり楽しめる作品になっている。アダルティでリラクシンな世界観に満ちた心地よいジャジー・ジャム・セッション集の新作、まずは2~5曲目、7曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。 Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Fumiko Kido Bass: Daiki Mishima Recording: S2S Studio

変則ピアノ・トリオによるリラクシンな空気感に満ちた大人の艶やかな音色。「Secret Bar Jazz Sessions ~隠れ家バーのジャズBGM」は、 "知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏は実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用。豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。フルート、ピアノ、ウッド・ベースというトリオ編成での今作、参加ミュージシャンは、ボサノヴァ作品を中心に軽やかかつアダルティで艶やかな音色を披露してくれているNaohiko Amatatsu(Fl)、"First Class Lounge ~ゆったり心地よいボサノヴァ・ラウンジ・セッション~"でエレガントで心地よいプレイを聴かせてくれたFumiko Kido(Pf)、同シリーズのVol.6や"First Class Lounge ~大人の夜の贅沢Jazz Lounge~"で攻守共に存在感あるフレージングを残しているDaiki Mishima(B)。ボサノヴァを中心にスウィング~R&Bまで織り交ぜた幅広い楽曲をテーマにしたセッション形式での演奏が収録されているが、柔らかなフルートときらびやかなピアノの音色に導かれたリラクシンな空気感が印象的で、落ち着いた大人の余裕を感じさせる3者のリード・プレイも心地よく溶け込み、まさに"穏やかな雰囲気の隠れ家バーで演奏される大人のジャジー・サウンド"といった音世界がたっぷり楽しめる作品になっている。アダルティでリラクシンな世界観に満ちた心地よいジャジー・ジャム・セッション集の新作、まずは2~5曲目、7曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。 Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Fumiko Kido Bass: Daiki Mishima Recording: S2S Studio

歌心溢れるメロディーと優雅なサウンドが詰まったロマンティック・スタンダード集。"贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画シリーズ"First Class Lounge"。本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。メロウなメロディーとムードたっぷりな演奏によるスタンダード・サウンドを集めたロマンティックな香りたっぷりの今作。華麗で優雅なピアノを中心に、艶やかなサックス、軽やかなフルートも散りばめたセンチメンタルで歌心溢れるフレーズと滑らかなインタープレイがたっぷり詰まった内容になっている。現場経験豊富なジャズメン達が奏でる肩の抜けた優雅なプレイはとても耳に優しく聴きやすく、自宅でゆっくり過ごす時間をきっと鮮やかに彩り、心地よい空間を作り上げてくれるであろう。ポップで聴きやすいメロディーとサウンドが並んだロマンティックなこのジャズ・スタンダード・カヴァー集、緩やかなグルーヴが気持ち良い2曲目、柔らかなピアノによる3曲目、センチメンタルな5曲目、フルートが優雅に奏でる8&13曲目、サックスとピアノの掛け合いが良い10曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。Piano: Fumiko Kido(M2.8.13.14), Kazuhiro Takemoto(M3.5.6.7.9.11.12), Masami Sato(M1.4.10) Flute: Naohiko Amatatsu (M2.8.13.14) Sax: Sayaka Seno(M1.4.10) Bass: Daiki Mishima(M2.8.13.14) Recording: S2S Studio

歌心溢れるメロディーと優雅なサウンドが詰まったロマンティック・スタンダード集。"贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画シリーズ"First Class Lounge"。本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。メロウなメロディーとムードたっぷりな演奏によるスタンダード・サウンドを集めたロマンティックな香りたっぷりの今作。華麗で優雅なピアノを中心に、艶やかなサックス、軽やかなフルートも散りばめたセンチメンタルで歌心溢れるフレーズと滑らかなインタープレイがたっぷり詰まった内容になっている。現場経験豊富なジャズメン達が奏でる肩の抜けた優雅なプレイはとても耳に優しく聴きやすく、自宅でゆっくり過ごす時間をきっと鮮やかに彩り、心地よい空間を作り上げてくれるであろう。ポップで聴きやすいメロディーとサウンドが並んだロマンティックなこのジャズ・スタンダード・カヴァー集、緩やかなグルーヴが気持ち良い2曲目、柔らかなピアノによる3曲目、センチメンタルな5曲目、フルートが優雅に奏でる8&13曲目、サックスとピアノの掛け合いが良い10曲目あたりからぜひ聴いてみてほしい。Piano: Fumiko Kido(M2.8.13.14), Kazuhiro Takemoto(M3.5.6.7.9.11.12), Masami Sato(M1.4.10) Flute: Naohiko Amatatsu (M2.8.13.14) Sax: Sayaka Seno(M1.4.10) Bass: Daiki Mishima(M2.8.13.14) Recording: S2S Studio

シンプルで素朴なメロウ・ジャズ・サウンドで深みある休日の朝を。"贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画シリーズ"First Class Lounge"。本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。今作は"休日のゆったりとした朝に楽しみたいジャジー・サウンド"をテーマに、ピアノ+フルート+ウッド・ベースのトリオからピアノ&サックスのデュオやピアノ・ソロ曲も織り交ぜた編成でのスタンダード・カヴァー作品。音数よりも響きや広がりを意識したようなシンプルで素朴な味わいの演奏と、メロウでセンチな選曲がまったりとした休日の朝に染みる。爽やかな楽曲の他にマイナー寄りの作品も多く取り上げられているのも特色で、いつもと違うゆったりさと深みある朝の時間を感じられるのでは。オススメは、味わい深いトーンのピアノの2&10曲目、爽やかなフルートが聴ける3曲目、柔らかな哀愁が染みる5&7曲目、広がりが心地良い6曲目、軽やかなマイナー曲の11曲目。ゆったりとした晴れの日の休日にかけながらそっと物思いに更けてみたくなる、そんな深みを感じるメロウでシンプルな演奏と名スタンダード・ナンバーの柔らかなメロディーに包まれた、人気シリーズの新作!Piano: Fumiko Kido(M1.3.5.6.7.9.14), Kazuhiro Takemoto(M2,8,10), Masami Sato(M4,11,12,13) / Flute: Naohiko Amatatsu (M1.3.5.6.7.9.14) / Sax: Sayaka Seno(M4,11,12,13) / Bass: Daiki Mishima(M1.3.5.6.7.9.14) Recording: S2S Studio

シンプルで素朴なメロウ・ジャズ・サウンドで深みある休日の朝を。"贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画シリーズ"First Class Lounge"。本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。今作は"休日のゆったりとした朝に楽しみたいジャジー・サウンド"をテーマに、ピアノ+フルート+ウッド・ベースのトリオからピアノ&サックスのデュオやピアノ・ソロ曲も織り交ぜた編成でのスタンダード・カヴァー作品。音数よりも響きや広がりを意識したようなシンプルで素朴な味わいの演奏と、メロウでセンチな選曲がまったりとした休日の朝に染みる。爽やかな楽曲の他にマイナー寄りの作品も多く取り上げられているのも特色で、いつもと違うゆったりさと深みある朝の時間を感じられるのでは。オススメは、味わい深いトーンのピアノの2&10曲目、爽やかなフルートが聴ける3曲目、柔らかな哀愁が染みる5&7曲目、広がりが心地良い6曲目、軽やかなマイナー曲の11曲目。ゆったりとした晴れの日の休日にかけながらそっと物思いに更けてみたくなる、そんな深みを感じるメロウでシンプルな演奏と名スタンダード・ナンバーの柔らかなメロディーに包まれた、人気シリーズの新作!Piano: Fumiko Kido(M1.3.5.6.7.9.14), Kazuhiro Takemoto(M2,8,10), Masami Sato(M4,11,12,13) / Flute: Naohiko Amatatsu (M1.3.5.6.7.9.14) / Sax: Sayaka Seno(M4,11,12,13) / Bass: Daiki Mishima(M1.3.5.6.7.9.14) Recording: S2S Studio

アダルトなジャズ・ギター・デュオによる大人のラウンジ・サウンド。First Class Loungeシリーズは、"ホテルのバー・ラウンジにいるような贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画盤だが、本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。今作は夜のアダルトな香りが漂うジャジー・ギターを中心にしたウッド・ベースとのデュオ・スタイルでの作品。参加メンバーはFirst Class LoungeシリーズではおなじみのFumi(G)とShigeki Umezawa(B)。柔らかなタッチから繰り出す暖かなジャズ・トーンの出音でキラー・フレーズを生み出していくギター、ゆったりとした間を生かしたプレイからスピード感溢れるリズムまで粒立ち揃ったサウンドと抜群のグルーヴを生み出すベース、両者が生み出す安定感と緊張感が交差する魅力的なアンサンブルでジャズ・スタンダードを奏でる、聴きごたえたっぷりの作品になっている。オススメは、ナイスなスウィングの1&3曲目、まったりグルーヴが良い4&10曲目。深夜のホテル・ラウンジで聴けるようなまったりとしたジャズ・グルーヴとアダルティなギター・サウンドに浸りたい気分の時、ぜひ流していたいオススメのジャズ・ギター・デュオ作品! Guitar: Fumi Bass: Shigeki Umezawa

アダルトなジャズ・ギター・デュオによる大人のラウンジ・サウンド。First Class Loungeシリーズは、"ホテルのバー・ラウンジにいるような贅沢かつリラックスし落ち着いた空間を演出するBGM"というコンセプトのもと制作された企画盤だが、本格的な演奏・選曲、ハイクオリティな録音どれをとっても、リラックスしたムードも演出しつつ、音楽そのものを楽しむことを十分に楽しめる内容になっている。今作は夜のアダルトな香りが漂うジャジー・ギターを中心にしたウッド・ベースとのデュオ・スタイルでの作品。参加メンバーはFirst Class LoungeシリーズではおなじみのFumi(G)とShigeki Umezawa(B)。柔らかなタッチから繰り出す暖かなジャズ・トーンの出音でキラー・フレーズを生み出していくギター、ゆったりとした間を生かしたプレイからスピード感溢れるリズムまで粒立ち揃ったサウンドと抜群のグルーヴを生み出すベース、両者が生み出す安定感と緊張感が交差する魅力的なアンサンブルでジャズ・スタンダードを奏でる、聴きごたえたっぷりの作品になっている。オススメは、ナイスなスウィングの1&3曲目、まったりグルーヴが良い4&10曲目。深夜のホテル・ラウンジで聴けるようなまったりとしたジャズ・グルーヴとアダルティなギター・サウンドに浸りたい気分の時、ぜひ流していたいオススメのジャズ・ギター・デュオ作品! Guitar: Fumi Bass: Shigeki Umezawa

ピアノとウッド・ベースで奏でるゴージャス感溢れるスタンダード集。今作はピアノとウッド・ベースというシンプルなアンサンブルでの作品。参加メンバーはシリーズ初参加となるMikito Nakatani(P)とDaiki Mishima(B)。大人の色気を感じさせる艶やかな音色と繊細でメロディアスなフレーズで魅せるピアノ、攻めのフレージングとドライブ感たっぷりのどっしりとしたグルーヴを聴かせるベース、相性抜群の両者が奏でるアダルティでゴージャスな音世界はまるで高級ラウンジで聴く極上のジャズ・コンボのよう。歌心溢れる両者のプレイもあって、贅沢感とリラックス感が同居した、とても心地よいサウンドに溢れた作品になっている。オススメは、グッド・スウィングの1&2曲目「The Days Of Wine And Roses」「It Could Happen To You」、哀愁漂う4曲目「Corcovado」、軽快さが良い8曲目「Someday My Prince Will Come」。ゴージャスでアダルトなジャズ・ラウンジ・サウンドと、リラクシンで気持ち安らぐ空気感をたっぷりと味わえるピアノ・デュオ。オススメの人気シリーズ最新作!Piano: Mikito Nakatani Bass: Daiki Mishima

ピアノとウッド・ベースで奏でるゴージャス感溢れるスタンダード集。今作はピアノとウッド・ベースというシンプルなアンサンブルでの作品。参加メンバーはシリーズ初参加となるMikito Nakatani(P)とDaiki Mishima(B)。大人の色気を感じさせる艶やかな音色と繊細でメロディアスなフレーズで魅せるピアノ、攻めのフレージングとドライブ感たっぷりのどっしりとしたグルーヴを聴かせるベース、相性抜群の両者が奏でるアダルティでゴージャスな音世界はまるで高級ラウンジで聴く極上のジャズ・コンボのよう。歌心溢れる両者のプレイもあって、贅沢感とリラックス感が同居した、とても心地よいサウンドに溢れた作品になっている。オススメは、グッド・スウィングの1&2曲目「The Days Of Wine And Roses」「It Could Happen To You」、哀愁漂う4曲目「Corcovado」、軽快さが良い8曲目「Someday My Prince Will Come」。ゴージャスでアダルトなジャズ・ラウンジ・サウンドと、リラクシンで気持ち安らぐ空気感をたっぷりと味わえるピアノ・デュオ。オススメの人気シリーズ最新作!Piano: Mikito Nakatani Bass: Daiki Mishima

ジャズ・センスと空間センスが光るギターとベースによる大人のジャズ・セッション。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。今作はギターとウッド・ベースというデュオで華やかな演奏を繰り広げる。参加ミュージシャンは、"First Class Lounge"等で落ち着いた大人のジャジー・フレーズを披露してくれているFumi(G)、"Aurora Piano Sessions"や"First Class Lounge"シリーズでどっしり濃厚な低音を響かせてくれたShigeki Umezawa(B)。ゆったりとしながらもスピード感溢れるタイム感で豊かな旋律を奏でるギター、リード・フレーズも披露しながら抜群の空間センスで低音とリズムを支配するベース。相性抜群の2者が奏でる大人の匂いがたっぷり漂う肩の力の抜けたジャム・セッション形式のサウンドをたっぷり感じる事ができる作品。ジャズ・センス抜群のフレーズを連発するギターに特に注目!オススメは、ブルージーな1&6曲目、心地よい4ビートの3曲目、ワルツの5曲目、スローの9&14曲目。落ち着いたトーンと肩の力の抜けたリラクシンな演奏ながらも秘めたジャズ愛を両者からたっぷりと感じる事ができる大人のジャズ・セッション。ジャズ初心者から上級者まで楽しめる作品!Guitar: Fumi Bass: Shigeki Umezawa

幅広い曲調で繰り広げられるピアノ+ウッド・ベースのジャム・セッション。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シンプルにピアノとベースのデュオによる今作。参加ミュージシャンは今回シリーズ初参加となるMikito Nakatani(P)とDaiki Mishima(B)。繊細な指使いながらも時に自由奔放にアドリブを決めるピアノ、ゆったりとどっしりと支えながらもアグレッシブな精神を忘れないベース。時にメロウさを協力して奏で、時に緊張感溢れるスリリングな展開を醸し出す、まさに目の前でジャム・セッションを繰り広げているかのような臨場感溢れるサウンド・スケープをたっぷりと味わえる作品になっている。オススメは、爽やかなテーマと雄弁なソロが楽しめる1曲目、ポップなボッサの2&5曲目、アグレッシブに攻める3曲目、ブルージーな7曲目。スウィング、ラテン、ボッサが入り混じった、デュオながらも白熱の音と音とのやり取りが楽しめる作品!Piano: Mikito Nakatani Bass: Daiki Mishima

ジャズ・センスと空間センスが光るギターとベースによる大人のジャズ・セッション。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。今作はギターとウッド・ベースというデュオで華やかな演奏を繰り広げる。参加ミュージシャンは、"First Class Lounge"等で落ち着いた大人のジャジー・フレーズを披露してくれているFumi(G)、"Aurora Piano Sessions"や"First Class Lounge"シリーズでどっしり濃厚な低音を響かせてくれたShigeki Umezawa(B)。ゆったりとしながらもスピード感溢れるタイム感で豊かな旋律を奏でるギター、リード・フレーズも披露しながら抜群の空間センスで低音とリズムを支配するベース。相性抜群の2者が奏でる大人の匂いがたっぷり漂う肩の力の抜けたジャム・セッション形式のサウンドをたっぷり感じる事ができる作品。ジャズ・センス抜群のフレーズを連発するギターに特に注目!オススメは、ブルージーな1&6曲目、心地よい4ビートの3曲目、ワルツの5曲目、スローの9&14曲目。落ち着いたトーンと肩の力の抜けたリラクシンな演奏ながらも秘めたジャズ愛を両者からたっぷりと感じる事ができる大人のジャズ・セッション。ジャズ初心者から上級者まで楽しめる作品!Guitar: Fumi Bass: Shigeki Umezawa

ライヴ形式で繰り広げられる、臨場感たっぷりの優雅なジャズ・コンボ・サウンド。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シリーズ5作目となる今作はピアノ+フルート+ウッド・ベースというトリオ編成での作品。参加メンバーは"Piano Ballads"や"Aurora Piano Session"の他、今シリーズの1作目で色気あるプレイを魅せてくれたShusuke Inari(Pf)、"First Class Lounge"のボッサ作品等で柔らかながら攻めるフレージングを聴かせてくれたNaohiko Amatatsu(Fl)、"Surf Music Cafe"、"First Class Lounge"でグルーヴィーなリズムでクールさを演出していたSyouji Uno(B)。クールな4ビート・スウィングやさらりとしたラテン/ボッサからヒューマンなトーンに満ちたバラードまで様々なスタイルの楽曲を、現場巧者らしい余裕さと切れ味が合わさった大人のアンサンブル・サウンドを聴かせてくれるトリオ・ジャズ。柔らかで優しい音色とは裏腹な攻めたフレージングのフルートに特に注目!オススメは、リラクシンながらも熱さも秘めたブルースの1曲目、フルートが映えるラテンの2曲目、クールな4ビートの6曲目。ステージでの臨場感と大人の色気が彩られた優雅な旋律がたっぷり味わえるこの変則ピアノ・トリオ、BGMにするにはもったいない濃い内容のジャジー・サウンドが詰まったオススメ盤!Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Shusuke Inari Bass: Syouji Uno

幅広い曲調で繰り広げられるピアノ+ウッド・ベースのジャム・セッション。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シンプルにピアノとベースのデュオによる今作。参加ミュージシャンは今回シリーズ初参加となるMikito Nakatani(P)とDaiki Mishima(B)。繊細な指使いながらも時に自由奔放にアドリブを決めるピアノ、ゆったりとどっしりと支えながらもアグレッシブな精神を忘れないベース。時にメロウさを協力して奏で、時に緊張感溢れるスリリングな展開を醸し出す、まさに目の前でジャム・セッションを繰り広げているかのような臨場感溢れるサウンド・スケープをたっぷりと味わえる作品になっている。オススメは、爽やかなテーマと雄弁なソロが楽しめる1曲目、ポップなボッサの2&5曲目、アグレッシブに攻める3曲目、ブルージーな7曲目。スウィング、ラテン、ボッサが入り混じった、デュオながらも白熱の音と音とのやり取りが楽しめる作品!Piano: Mikito Nakatani Bass: Daiki Mishima

ライヴ形式で繰り広げられる、臨場感たっぷりの優雅なジャズ・コンボ・サウンド。「Secret Bar Jazz Sessions~隠れ家バーのジャズBGM」は、"知る人ぞ知る隠れ家バーで夜な夜な繰り広げられる腕利きミュージシャンたちのジャズセッション"がテーマのシリーズ。演奏には実際に現場で活発に演奏活動を繰り広げるジャズ・ミュージシャン達を起用し、豊富な経験を元にした豊かなフレーズとふくよかなグルーヴを持って時に協力し合い時に技をぶつけ合いながら、リラックス感と白熱さが入り乱れた演奏を余すところなく収録している。シリーズ5作目となる今作はピアノ+フルート+ウッド・ベースというトリオ編成での作品。参加メンバーは"Piano Ballads"や"Aurora Piano Session"の他、今シリーズの1作目で色気あるプレイを魅せてくれたShusuke Inari(Pf)、"First Class Lounge"のボッサ作品等で柔らかながら攻めるフレージングを聴かせてくれたNaohiko Amatatsu(Fl)、"Surf Music Cafe"、"First Class Lounge"でグルーヴィーなリズムでクールさを演出していたSyouji Uno(B)。クールな4ビート・スウィングやさらりとしたラテン/ボッサからヒューマンなトーンに満ちたバラードまで様々なスタイルの楽曲を、現場巧者らしい余裕さと切れ味が合わさった大人のアンサンブル・サウンドを聴かせてくれるトリオ・ジャズ。柔らかで優しい音色とは裏腹な攻めたフレージングのフルートに特に注目!オススメは、リラクシンながらも熱さも秘めたブルースの1曲目、フルートが映えるラテンの2曲目、クールな4ビートの6曲目。ステージでの臨場感と大人の色気が彩られた優雅な旋律がたっぷり味わえるこの変則ピアノ・トリオ、BGMにするにはもったいない濃い内容のジャジー・サウンドが詰まったオススメ盤!Flute: Naohiko Amatatsu Piano: Shusuke Inari Bass: Syouji Uno

View More Discography Collapse
Collapse