album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
ハート  mp3: 16bit/44.1kHz 01:38 N/A
2
17  mp3: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
3
りぼん  mp3: 16bit/44.1kHz 03:03 N/A
4
櫻の園  mp3: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
5
Soyo Soyo Kaze and a Band  mp3: 16bit/44.1kHz 04:40 N/A
6
自転車  mp3: 16bit/44.1kHz 02:45 N/A
7
裸足になって風吹いて  mp3: 16bit/44.1kHz 03:24 N/A
8
シーン  mp3: 16bit/44.1kHz 05:21 N/A
9
花火  mp3: 16bit/44.1kHz 05:22 N/A
10
金魚  mp3: 16bit/44.1kHz 04:48 N/A
Album Info

デビュー直後に、森は生きている、ミツメ、Homecomingsなどと共にフジロック・フェスティバル「ROOKIE A GO-GO」へ出演し、話題を集める4人組=水中図鑑。曽我部恵一、LOSTAGE、柴田聡子などの作品を手がけている池内亮氏をエンジニアに迎え遂にファースト・フル・アルバムをリリース!

Add all to INTEREST

Discography

水中図鑑、3年ぶりのリリースは今までのサウンドを一新し プロデューサーにOkada Takuro、レコーディングエンジニアに葛西敏彦、MV ディレクターに仲原達彦(São Paulo)を迎え 趣きが全く異なる2曲をデジタルシングルとして連続リリース。 2015年に1st フルアルバムをリリースして以来マイペースに活動を続けており、これまでの3年間のスタジオ内でのセッションやメンバー個々の新しい音楽体験を通して新たなサウンドが自然な形でスタジオ内外で生まれはじめ、レコーディングに臨んだ。なおプロデュースには今年リリースした「The Beach EP」も話題となったOkada Takuroを迎え、レコーディングエンジニアに葛西敏彦、マスタリングエンジニアには風間萌を迎え、 MVディレクター にはミツメやceroなど数多くのMVディレクションを行う仲原達彦を迎えリリースに至る。 楽曲「迷路」はCasiotone 701の音色を主に使用しアンビエント、ニューエイジ、ポストパンクな音を通過しながらも、ドリーミーでサイケな独特な空気を醸し出したポップソングとなっている。

水中図鑑、3年ぶりのリリースは今までのサウンドを一新し プロデューサーにOkada Takuro、レコーディングエンジニアに葛西敏彦、MV ディレクターに仲原達彦(São Paulo)を迎え 趣きが全く異なる2曲をデジタルシングルとして連続リリース。 2015年に1st フルアルバムをリリースして以来マイペースに活動を続けており、これまでの3年間のスタジオ内でのセッションやメンバー個々の新しい音楽体験を通して新たなサウンドが自然な形でスタジオ内外で生まれはじめ、レコーディングに臨んだ。なおプロデュースには今年リリースした「The Beach EP」も話題となったOkada Takuroを迎え、レコーディングエンジニアに葛西敏彦、マスタリングエンジニアには風間萌を迎え、 MVディレクター にはミツメやceroなど数多くのMVディレクションを行う仲原達彦を迎えリリースに至る。 楽曲「クルマのふたり」は近年のUSインディロックミュージックのアプローチを主体としながらも管楽器やシンセサイザーによるポストクラシカルなアプローチが垣間見える瞬間のある楽曲に仕上がった。

デビュー直後に、森は生きている、ミツメ、Homecomingsなどと共にフジロック・フェスティバル「ROOKIE A GO-GO」へ出演し、話題を集める4人組=水中図鑑。 曽我部恵一、LOSTAGE、柴田聡子などの作品を手がけている池内亮氏をエンジニアに迎え遂にファースト・フル・アルバムをリリース!

加瀬透(Gt/Bv/Vo)、片岡徹弥(Vo/Gt)、河辺志音(Vo/Ba)、鈴木麻祐子(Dr)、中村文子(Key/Bv/Vo)という桑沢デザイン研究所のクラスメイトで2011年に結成された水中図鑑のファースト・ミニ・アルバム。その1970年代後半~90年代のパンク、ニューウェーブ、オルタナティブ・ロックから影響を受けたサウンドと独特なリリックが注目の1枚。

V.A.

2015年10月12日に渋谷Duo/O-Nest/7th Floorの3会場で同時開催されるRALLYE LABELのフェスティバル“ソコカシコ”の開催を記念したレーベル・コンピ。所属アーティストの新録音や未発表曲なども収録した入門編にして、ベストな1枚。

News

ミツメの自主企画〈WWMM〉にスカート出演! ミツメの4人交えたスペシャル編成披露

ミツメの自主企画〈WWMM〉にスカート出演! ミツメの4人交えたスペシャル編成披露

ミツメがライヴ・イベント〈WWMM〉を2月2日、恵比寿 LIQUIDROOM、KATAにて開催。その追加アクトが発表された。 LIQUIDROOMには、スカートの出演が決定。佐藤優介、シマダボーイに加え、ミツメの4人を交えたスペシャル編成で演奏を行う。ま

〈フジロック〉ルーキーに選出、South Penguinがデビュー作『Alaska』リリース

〈フジロック〉ルーキーに選出、South Penguinがデビュー作『Alaska』リリース

South PenguinがデビューEP『Alaska』を7月20日(水)に〈rallye label〉よりリリース。またレコ発が9月3日(土)に渋谷O-NESTにて開催されることも決定した。 彼らは2014年に結成された4人組。 〈FUJI ROCK

noid × my letterのスプリット作レコ発にmoools、チームマモル5、水中図鑑

noid × my letterのスプリット作レコ発にmoools、チームマモル5、水中図鑑

金沢のnoidと京都のmy letterによるイベントが渋谷TSUTAYA O-nestにて4月2日(土)に開催。その出演者が明らかになった。 昨年11月のレコードの日にスプリット・シングルを7インチで発表したnoidとmy letter。今回のイベント

ネオ・フォーク奏でる京都の5人組“Easy Yoke” 1stEP『Soft Laws』リリース

ネオ・フォーク奏でる京都の5人組“Easy Yoke” 1stEP『Soft Laws』リリース

京都を拠点に活動するネオ・フォーク・バンド、Easy Yokeが1stEP『Soft Laws』をリリースする。このたび収録曲「強い目眩」がSoundCloudにてフル公開された。 Easy Yokeは2014年より活動をスタート。山﨑大暉(Vo/Gt)

〈ソコカシコ 2015〉開催 ショコラ&アキト、YeYe、LUCKY TAPESら出演

〈ソコカシコ 2015〉開催 ショコラ&アキト、YeYe、LUCKY TAPESら出演

〈rallye label〉が主催する音楽フェスティバル〈ソコカシコ 2015〉が10月12日(月・祝)に開催。会場は渋谷Duo、O-Nest、7th floorとなる。 同イベントの開催は2年ぶり。〈rallye label〉所属の日本人アーティストが

フジ〈ROOKIE A GO-GO〉にも出演、オルタナ奏でる“水中図鑑”が1stフル・アルバム

フジ〈ROOKIE A GO-GO〉にも出演、オルタナ奏でる“水中図鑑”が1stフル・アルバム

ロック・バンド水中図鑑が、7月2日(木)に1stフル・アルバム『198X』をリリースする。 水中図鑑は、加瀬透(Gt/Bv/Vo)、片岡徹弥(Vo/Gt)、河辺志音(Vo/Ba)、鈴木麻祐子(Dr)、中村文子(Key/Bv/Vo)という桑沢デザイン研究所

View More News Collapse
台湾インディー最重要バンド2組のフロントマンが来日弾き語りツアー

台湾インディー最重要バンド2組のフロントマンが来日弾き語りツアー

台湾のインディーズ・シーンでカリスマ的人気を誇る2バンドのフロントマン、洪申豪(透明雑誌)と斑斑(skip skip ben ben)が秋に来日し、全5公演の弾き語りツアー〈台湾から来た二人〉を行う。 台湾の若者から絶大な支持を集め、日本でも知名度の高

Collapse