album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
West Indian Flower -- Snorre KirkStephen Riley  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:51
Lille Peter Edderkop (Itsy Bitsy Spider) -- Kristian Jorgensen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:02
This is The Way It Goes -- Hans Ulrik  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:32
Wish Someone Would Care -- Marie Bergman  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:23
A Cafe on the Corner -- Cafe lounge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:13
Engang - Once -- Maj-Britt KramerAndy Shepard  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
Nicole -- Hanne Boel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:04
Because I Got High (feat. Meschiya Lake) -- Søren Siegumfeldt String SwingMeschiya Lake  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:59
A New Orleans Bistro -- Eximo Blue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:27
The Night In The Cab -- Kristian Jorgensen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:57
Uptown Swing Theme -- Snorre KirkStephen Riley  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:30
At Once Always -- Hans Ulrik  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:28
The Traveller -- Jens Winther Group  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:48
I'll Never Be The Same -- Jesper Thilo Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:59
The Search (feat. Meschiya Lake) -- Søren Siegumfeldt String SwingMeschiya Lake  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:56
I'll See You Soon -- Erik Ørum Von Spreckelsen Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:59
I nat bliver vi gamle -- Kira Skov  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:59
Let Me Be The First To Know -- Marie Bergman  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:41
Beatrice -- Thomas Hass  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:58
A Sleepin' Bee -- Kristian Jorgensen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:46
Strong, Warm Resillience -- Relaxing Jazz Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:37
Unexpected -- Niels Thybo Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:09
Night And Day -- Jørgen Emborg Group  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:00
Child Of Paradise -- Hanne Boel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:53
Vintersang (Wintersong) -- Nothing Gulch Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:53
Percussion Cups -- Eximo Blue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:19
Comes Love -- Marie Bergman  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:09
Neighborhood Neobop -- Cafe lounge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:01
Benjamin -- Bombay Hotel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:28
A House In Encinitas (feat. Meschiya Lake) -- Søren Siegumfeldt String SwingMeschiya Lake  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:17
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 136:42
Album Info

【選曲者コメント】今回のテーマが、"Cooking & Jazz" ということで、お料理をしていて気分をたかめてくれるような選曲にこだわった。また、お料理をするときだけでなくお料理をする前の「今日のご飯は何を作ろう...」そういったお料理のアイデアを考える時間 から、出来上がった美味しいお料理を囲んで、大切な人たちと笑顔溢れるディナー になることを想像して、このコンピレーションアルバムを制作した。タイトルに入っている、"Jazz"という言葉。リスナーが抱くイメージとは何か、と考え、お洒落さではないかと思った。ただ、全体的に単調ではつまらないので、スパイスとなっていい味を出してくれそうな、様々な特色の曲をちりばめた。ジャズのみならず、思わず口ずさんでしまうようなポップな曲や、渋いブルージーな曲、ボサノバなどのワールドミュージックも数多く入っている。どれもお洒落で、美しいサウンドが特徴だ。最初の3曲は、聴きはじめからぐっと引き込まれる、印象的な曲を選りすぐった。特に最初の曲は、キッチンに立つワクワクを連想させる軽快ナンバーである。エンドレスでかけられるように、最後の曲から最初の曲への連結もこだわった【選曲者プロフィール】Lena (レナ) ジャズを中心に活躍するドラム奏者。高校時代、クラシックの打楽器を勉強し、大学入学とともにジャズに転向。洗足学園音楽大学ジャズコースを首席で卒業。大学在学中から、プロ活動を開始。現在、サイドメンだけでなく自身のリーダーライブも定期的に開催しており、ジャズフェスなどにも多数出演している。関東圏内ジャズクラブを中心に精力的に活動中。

Discography

一つのことに集中するための雰囲気を作り出すBGMコレクション集中力がなかなか続かない、とお嘆きの人は少なくないだろう。そもそも人間の集中力の持続時間は1時間半が限界といわれているが、いろいろな邪魔が入ったり、ほかの用事を思い出したりで、その1時間半の集中ができない場合は多い。そのようなことがないように、自分の世界を作り上げるためには、イヤホンで小さめに音楽を流しておくことで、雑念を排除し、目の前にあることだけに集中する環境にすればよい。今作『集中力を切らさないためのBGM』は、まさにそのようなシチュエーションにぴったりの作品で、いい意味で勉強や仕事を邪魔しない、BGMに徹してくれる楽曲ばかりを収録している。何かに集中したいときは、この作品をお供にしてもらいたい。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

甘い香りと甘い音楽で極上のスイートタイムを楽しむ。根強い人気を誇るデザートといえば、スイーツ。ケーキやタルトなどに目がない女性は多いのではないだろうか。そして最近は、そのスイーツ人気は男性にも広がり、ごっついプロレスラーでも大ファンがいるとか。それほど愛されるスイーツのポイントとなるのが甘さ。ただ甘いだけでは胸やけを起こしてしまうので、そのバランスはスイーツごとに綿密に計算されている。そして、完成品となって届けられるスイーツと共に、甘いメロディを持った音楽があればさらにその時間は素晴らしいものになるだろう。今作『ふんわり甘いジャズピアノ - Sweet Cafe Time』には、そんなくどくならない爽やかな甘さがいっぱいの楽曲が収録されている。

甘い香りと甘い音楽で極上のスイートタイムを楽しむ。根強い人気を誇るデザートといえば、スイーツ。ケーキやタルトなどに目がない女性は多いのではないだろうか。そして最近は、そのスイーツ人気は男性にも広がり、ごっついプロレスラーでも大ファンがいるとか。それほど愛されるスイーツのポイントとなるのが甘さ。ただ甘いだけでは胸やけを起こしてしまうので、そのバランスはスイーツごとに綿密に計算されている。そして、完成品となって届けられるスイーツと共に、甘いメロディを持った音楽があればさらにその時間は素晴らしいものになるだろう。今作『ふんわり甘いジャズピアノ - Sweet Cafe Time』には、そんなくどくならない爽やかな甘さがいっぱいの楽曲が収録されている。

外の寒さとは無縁なぬくぬくとした中で聴くピアノコレクション。体温が36℃未満になってしまうような寒い環境にいると、心身にはあまりよくない冷えを与えてしまう。例えば、血行が悪くなり体調不良に陥りやすくなり、疫細胞の働きが弱まることから風邪や感染症にもかかりやすくなる。そして、代謝機能も落ちてしまうため、脂肪を貯めやすく太りやすい状態になっているともいえる。今作『お家であったか巣ごもりデー』は、そんな冬の寒さをしのいで、ぬくぬくと家の中で楽しむためにセレクトされたピアノコレクション。のんびりと音符が少なめの展開の楽曲が多いので、ついうとうとしてしまいそうだが、拍車をかけて気持ちの良い気温もあるので、快眠は確実かもしれない。

外の寒さとは無縁なぬくぬくとした中で聴くピアノコレクション。体温が36℃未満になってしまうような寒い環境にいると、心身にはあまりよくない冷えを与えてしまう。例えば、血行が悪くなり体調不良に陥りやすくなり、疫細胞の働きが弱まることから風邪や感染症にもかかりやすくなる。そして、代謝機能も落ちてしまうため、脂肪を貯めやすく太りやすい状態になっているともいえる。今作『お家であったか巣ごもりデー』は、そんな冬の寒さをしのいで、ぬくぬくと家の中で楽しむためにセレクトされたピアノコレクション。のんびりと音符が少なめの展開の楽曲が多いので、ついうとうとしてしまいそうだが、拍車をかけて気持ちの良い気温もあるので、快眠は確実かもしれない。

新しい年に新しい誓いでモチベーションアップ…新年を祝うジャズピアノコンピレーション。新年というのは、何事にも良い区切りになる。仕事にしろ、勉強にしろ、プライベートにしろ、新たな誓いを立ててモチベーションを盛り上げていけるものだ。特に2020年は、全世界的に色々なことが起こり、生活自体が一変してしまっただけに尚更だろう。今作『Happy New Year Jazz Piano』は、そんな新年を迎えるにあたり、活力を与えてくれそうなジャズピアノコンピレーションだ。活力、といってもがむしゃらな勢いのあるものではなく、じんわりと染み入るような活力を注入してくれるようなイメージだろうか。明るいメロディラインにさまざまなテンポを持つ楽曲が揃っているこの作品を聴いて、新しい1年の駆け抜ける源泉にしてもらいたい。

新しい年に新しい誓いでモチベーションアップ…新年を祝うジャズピアノコンピレーション。新年というのは、何事にも良い区切りになる。仕事にしろ、勉強にしろ、プライベートにしろ、新たな誓いを立ててモチベーションを盛り上げていけるものだ。特に2020年は、全世界的に色々なことが起こり、生活自体が一変してしまっただけに尚更だろう。今作『Happy New Year Jazz Piano』は、そんな新年を迎えるにあたり、活力を与えてくれそうなジャズピアノコンピレーションだ。活力、といってもがむしゃらな勢いのあるものではなく、じんわりと染み入るような活力を注入してくれるようなイメージだろうか。明るいメロディラインにさまざまなテンポを持つ楽曲が揃っているこの作品を聴いて、新しい1年の駆け抜ける源泉にしてもらいたい。

軽快でおしゃれなジャズ・ピアノと一緒に自宅でのんびり過ごそう。休日だからと無理に外出する必要はなくて、家でゆったりのんびり過ごすのも一つの方法。まして冬の寒い日はほっこりとした自宅でぬくぬくと過ごすのも悪くないはず。そんな冬の休日を自宅で過ごす際にうってつけなピアノBGMがこの「自宅で過ごすホリデージャズ - Christmas at Home」。華やかながらもうるさくないシンプルなピアノの調べを流しながら料理、ゲーム、またはゆったりと布団にくるまりながらゴロゴロするのも良いのでは。冬の休日、のんびり、クリスマス気分、おしゃれで手軽なピアノ・ジャズ…こんなキーワードが当てはまったらぜひ手にとって流してもらいたい軽快なジャズ・ピアノBGM集!

軽快でおしゃれなジャズ・ピアノと一緒に自宅でのんびり過ごそう。休日だからと無理に外出する必要はなくて、家でゆったりのんびり過ごすのも一つの方法。まして冬の寒い日はほっこりとした自宅でぬくぬくと過ごすのも悪くないはず。そんな冬の休日を自宅で過ごす際にうってつけなピアノBGMがこの「自宅で過ごすホリデージャズ - Christmas at Home」。華やかながらもうるさくないシンプルなピアノの調べを流しながら料理、ゲーム、またはゆったりと布団にくるまりながらゴロゴロするのも良いのでは。冬の休日、のんびり、クリスマス気分、おしゃれで手軽なピアノ・ジャズ…こんなキーワードが当てはまったらぜひ手にとって流してもらいたい軽快なジャズ・ピアノBGM集!

まだ誰も聴いたことのない真新しいクリスマスアルバムが登場!ハロウィーンが終わり、11月に入ると早くもクリスマスソングが聴こえてきたり、町の飾り付けがクリスマス一色に。そして待ちに待った、一年で最もフェスティブムードにあふれる12月がやってくる。定番のクリスマスソングが流れているにぎやかな街の雰囲気も好きだけれど、クリスマス・イヴは大切な人と家で穏やかに過ごしたい…という人たちにオススメしたいBGMが、『Christmas Eve』だ。まだ誰も聴いたことのない、真っ白な雪のようにピュアで透明感のあるオリジナルピアノ曲集。暖炉の薪がパチパチとはぜる音、窓の外でシンシンと降る雪の音などがイメージされるような穏やかな音楽で、癒しのクリスマスを過ごせそうだ。落ち着いた、大人のためのクリスマスアルバム。

まだ誰も聴いたことのない真新しいクリスマスアルバムが登場!ハロウィーンが終わり、11月に入ると早くもクリスマスソングが聴こえてきたり、町の飾り付けがクリスマス一色に。そして待ちに待った、一年で最もフェスティブムードにあふれる12月がやってくる。定番のクリスマスソングが流れているにぎやかな街の雰囲気も好きだけれど、クリスマス・イヴは大切な人と家で穏やかに過ごしたい…という人たちにオススメしたいBGMが、『Christmas Eve』だ。まだ誰も聴いたことのない、真っ白な雪のようにピュアで透明感のあるオリジナルピアノ曲集。暖炉の薪がパチパチとはぜる音、窓の外でシンシンと降る雪の音などがイメージされるような穏やかな音楽で、癒しのクリスマスを過ごせそうだ。落ち着いた、大人のためのクリスマスアルバム。

一人で集中して勉強に取り組むためのピアノコンピレーション。人間というものは、無音状態になるとわずかな雑音が気になり、集中力が欠如するという。最も集中力が上がるといわれているのは、「50デシベル程度」の音量で、気にならない程度で風雨など自然界の音が聞こえてくるような状態をいう。そのため、勉強中も、仕事中も、適度にBGMを取り入れることが集中力のアップにつながるとされている。今作『自習室で集中したいときのピアノBGM』は、無音状態になりがちな自習室で流しておきたいBGM集だ。自習室でイヤホンやヘッドホンを使って聴けるように、音量を落とし気味の静かな楽曲ばかりを揃えている。ピアノの音色も優しいものばかり。一人で勉強するときのお供は、この作品で決まりだ。

一人で集中して勉強に取り組むためのピアノコンピレーション。人間というものは、無音状態になるとわずかな雑音が気になり、集中力が欠如するという。最も集中力が上がるといわれているのは、「50デシベル程度」の音量で、気にならない程度で風雨など自然界の音が聞こえてくるような状態をいう。そのため、勉強中も、仕事中も、適度にBGMを取り入れることが集中力のアップにつながるとされている。今作『自習室で集中したいときのピアノBGM』は、無音状態になりがちな自習室で流しておきたいBGM集だ。自習室でイヤホンやヘッドホンを使って聴けるように、音量を落とし気味の静かな楽曲ばかりを揃えている。ピアノの音色も優しいものばかり。一人で勉強するときのお供は、この作品で決まりだ。

ラテンテイストたっぷりの艶っぽいピアノでカフェやバーを楽しむ「ラテン系」という言葉があるように、ラテンアメリカの文化はイメージと共にしっかり確立されているものだ。こと音楽に関して言うと、ラテンアメリカ土着の「インディアンの音楽」と、アメリカ大陸発見後に移民してきた「ヨーロッパの音楽」、そしてアフリカから奴隷として連れてこられた「黒人の音楽」が影響し合い高められた音楽といえよう。コンガやボンゴといったラテンパーカッションを使ってリズミカルに演奏されることもある。今作『Piano Bar & Latin Cafe』は、そのラテンミュージックの良さが滲み出ている楽曲ばかりだ。テンポこそさまざまだが、どの曲も独特のグルーヴを持っていて聴きごたえ十分。カフェやバーで、グラスを傾けながら楽しみたい。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

勉強効率のアップのためのピアノコンピレーション。音楽を聴きながら勉強する…音楽に集中してしまうと意味がないが、メリットもたくさんある。まずは、気分が高揚することで勉強への取り組みが前向きになれること、そして医療現場でもすでに実践されているが、音楽を聴くことでリラックスできるということだ。さらに、クラシックやジャズピアノのような静かなインストゥルメンタルは、心身をリラックスさせる脳波であるアルファ波を発生させることは科学手に証明されているし、音楽があることで雑音や話し声の遮断にもつながる。今作『勉強の効率を高めるBGM』は、これらのメリットを満たすように選曲されたピアノコンピレーション。勉強時間を有効に使いたいときには、この作品で決まりだ。

勉強効率のアップのためのピアノコンピレーション。音楽を聴きながら勉強する…音楽に集中してしまうと意味がないが、メリットもたくさんある。まずは、気分が高揚することで勉強への取り組みが前向きになれること、そして医療現場でもすでに実践されているが、音楽を聴くことでリラックスできるということだ。さらに、クラシックやジャズピアノのような静かなインストゥルメンタルは、心身をリラックスさせる脳波であるアルファ波を発生させることは科学手に証明されているし、音楽があることで雑音や話し声の遮断にもつながる。今作『勉強の効率を高めるBGM』は、これらのメリットを満たすように選曲されたピアノコンピレーション。勉強時間を有効に使いたいときには、この作品で決まりだ。

せめて気分だけは温かく…冬に聴くハートウォーミングなカフェピアノミュージック日本は、世界中のどこよりも春夏秋冬がはっきりとしているといわれている国だ。その中でも、北海道・東北・新潟といった雪が積もる地域は、その区切りがよりはっきりしている。雪の降らない地域の住民にとっては寒さが厳しく雪が降る「非日常」をうらやましいと思う向きもあるようだが、実際に雪国に住んでいる人々の「日常」はそんなに甘いものではない。今作『心地よい冬のコーヒータイムBGM』は、そんな厳しい「日常」を少しでも和らげようと企画されたハートウォーミングなカフェミュージックの決定版。どの曲も柔らかく温かさに溢れたメロディラインを持っているので、ホットコーヒーとの相性も抜群だ。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

雪がちらちら舞う中、三拍子で踊るピアノワルツ。ワルツは、19世紀に特にヨーロッパで好まれた舞曲だ。大きな特徴としては、三拍子であることで、その語源はドイツ語で「回転する」を意味する「waltzen」だといわれている。ヨハン・シュトラウスやチャイコフスキー、そしてショパンやシューベルトなど大物作曲家もこの拍子を取り入れ、全国的に広がりを見せた。独特の雰囲気を醸し出すワルツは、ダンス向けということもあり、今作『雪のワルツ』のようにちらちら雪が舞う中で聴くのがよく似合う。大雪ならともかく、ゆっくりと空から舞い降りてくる大粒の雪は、まるで自由自在に舞うダンサーのようだ。幻想的な雰囲気の中でピアノを楽しみたいなら、この作品で決まりだ。

View More Discography Collapse
Collapse