album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Tiffany (Tomggg remix)  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:14
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 03:14
Album Info

突如シーンに姿を表し、2019年に世代を代表する存在にまで成長したMall Boyz。Tohjiと共に超満員のO-EastやLIQUIDROOM、またUltra Koreaへの出演を果たしたgummyboyは、ソロとして2020年2月には自身初のミックステープ「The World of Tiffany」をリリース。ハードなトラップだけではなく、叙情的なリリックでメロウな曲調までを自由に乗りこなし、独自のアーティスト像を確立している。 本作は一度耳にしたら忘れられないカラフルでポップなサウンドが、世界中に多くのファンを持つTomgggによる「Tiffany」のリミックスワーク。 ダンスミュージックやアイドルの楽曲などが目立つTomgggだが、2020年1月にリリースされたの4年ぶりの新作『Unbalance』では台湾のシンガーやマレーシアの若手ラッパーを起用するなど、近年ヒップホップのリミックスなどを公開することも多くなっている。SoundCloud上でのみ発表されたMall Boyz「mallin' (Tomggg Remix) 」もそのうちの一つで、異色のコラボレーションながらも多くのクラブでプレイされた。 gummyboyによるミックステープのタイトル曲でもある「Tiffany」は内省的なリリックと感傷的なトラックが特徴だったが、本作ではTomgggによる親しみやすいポップなサウンドが加えられ、楽曲に新しい解釈を与えている。

Discography

HipHop/R&B

突如シーンに姿を表し、2019年に世代を代表する存在にまで成長したMall Boyz。Tohjiと共に超満員のO-EastやLIQUIDROOM、またUltra Koreaへの出演を果たしたgummyboyは、ソロとして2020年2月には自身初のミックステープ「The World of Tiffany」をリリース。ハードなトラップだけではなく、叙情的なリリックでメロウな曲調までを自由に乗りこなし、独自のアーティスト像を確立している。 本作は一度耳にしたら忘れられないカラフルでポップなサウンドが、世界中に多くのファンを持つTomgggによる「Tiffany」のリミックスワーク。 ダンスミュージックやアイドルの楽曲などが目立つTomgggだが、2020年1月にリリースされたの4年ぶりの新作『Unbalance』では台湾のシンガーやマレーシアの若手ラッパーを起用するなど、近年ヒップホップのリミックスなどを公開することも多くなっている。SoundCloud上でのみ発表されたMall Boyz「mallin' (Tomggg Remix) 」もそのうちの一つで、異色のコラボレーションながらも多くのクラブでプレイされた。 gummyboyによるミックステープのタイトル曲でもある「Tiffany」は内省的なリリックと感傷的なトラックが特徴だったが、本作ではTomgggによる親しみやすいポップなサウンドが加えられ、楽曲に新しい解釈を与えている。

HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの初となるMixtape。 これまで内省的なリリックと優しい特徴的なフロウが多かったgummyboyだが、先行リリースされている「f***in' boy」と「thinking?」では、新しい一面とレベルアップしたサウンドを既に聴かせてくれている。 本作「The World of Tiffany」では、これまでのgummyboyからは想像できなかった幅広いサウンドとフロウが収録されており、代名詞ともいえるリスナーの共感を生むリアルなリリックもレベルアップした形で聞くことができる。 「hone」から始まる前半3曲は2019年のMall Boyzの勢いを再現するかのような圧倒的な勢いが見られ、後半はgummyboyの真骨頂とも言えるメロウなサウンドが続く。最後に収録されている「Tiffany」では2019年を経たgummyboyの心情が丁寧に表現されたリリックが散りばめられており、全体を通してgummyboyというアーティストの圧倒的な成長が垣間見えつつ、今後にも期待できる内容になっている。 既に多くのライブアクトも決まっており、昨年よりも一層ソロ活動を活発化させているgummyboy。飛躍の年になるであろう2020年のスタートにふさわしい内容のMixtapeとなった。

HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの新作Mixtapeから、二つ目のシングルカット。 先月発表された「f***in' boy」では、アッパーなトラップチューンという新しい一面を見せたgummyboyだが、本作では代名詞とも言える内省的なリリックと耳に残るメロウなサウンドが一層洗練された形で聴くことができる。 2020年始から勢いに乗るgummyboy。2月下旬リリース予定の1st Mixtapeと今後の活躍が期待される。

HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの新作Mixtapeから、二つ目のシングルカット。 先月発表された「f***in' boy」では、アッパーなトラップチューンという新しい一面を見せたgummyboyだが、本作では代名詞とも言える内省的なリリックと耳に残るメロウなサウンドが一層洗練された形で聴くことができる。 2020年始から勢いに乗るgummyboy。2月下旬リリース予定の1st Mixtapeと今後の活躍が期待される。

HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。Tohjiと共にクルーを率い、ソロ活動での飛躍も期待されるgummyboyの新作である本楽曲は、2020年2月リリース予定の新作ミックステープからの先行シングル第一弾。 内省的でエモーショナルな楽曲の印象が強いgummyboyだが、新曲「f***in’ boy」はアッパーで激しい楽曲となった。数多くのリリースや全国ツアーの開催、O-East、Liquidroomといった大きなステージでのパフォーマンスなど、飛躍の年となった2019年の経験を経たgummyboyの第二章がこのシングルから始まる。

HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。Tohjiと共にクルーを率い、ソロ活動での飛躍も期待されるgummyboyの新作である本楽曲は、2020年2月リリース予定の新作ミックステープからの先行シングル第一弾。 内省的でエモーショナルな楽曲の印象が強いgummyboyだが、新曲「f***in’ boy」はアッパーで激しい楽曲となった。数多くのリリースや全国ツアーの開催、O-East、Liquidroomといった大きなステージでのパフォーマンスなど、飛躍の年となった2019年の経験を経たgummyboyの第二章がこのシングルから始まる。

HipHop/R&B

TohjiとともにMall Boyzとしてリリースした「Mall Tape」そして「Higher」が2019年のシーンの話題をさらったgummyboyの最新ソロep。 全3曲の本epのプロデュース陣には、Mall Boyzのクルーメイトとして共に活動し最新作「stei x TYOSiN x Tohji - lastnight」が10万再生を突破し破竹の活躍をみせるstei、そしてLAのレーベル〈Eternal Dragonz〉からのリリースが話題の大阪のプロデューサーであるLe Makeupを迎えて全曲を2人の共作ビートが彩っている。 gummyboyの叙情的なリリックに、2000年代R&Bの系譜を組むメロディ、展開豊かな808ベースラインが混じり合って生まれた今作はラッパーとしてのgummyboyのネクストステージを感じさせる内容となっている。

HipHop/R&B

TohjiとともにMall Boyzとしてリリースした「Mall Tape」そして「Higher」が2019年のシーンの話題をさらったgummyboyの最新ソロep。 全3曲の本epのプロデュース陣には、Mall Boyzのクルーメイトとして共に活動し最新作「stei x TYOSiN x Tohji - lastnight」が10万再生を突破し破竹の活躍をみせるstei、そしてLAのレーベル〈Eternal Dragonz〉からのリリースが話題の大阪のプロデューサーであるLe Makeupを迎えて全曲を2人の共作ビートが彩っている。 gummyboyの叙情的なリリックに、2000年代R&Bの系譜を組むメロディ、展開豊かな808ベースラインが混じり合って生まれた今作はラッパーとしてのgummyboyのネクストステージを感じさせる内容となっている。

HipHop/R&B

「Ultimate Nerd Gang」は日本のアニメの世界観をトラップに落とし込んだサウンドで構成される。 作品全体を通して、2000年代から続くジャパニーズナードカルチャーを解釈した楽曲が続く。

HipHop/R&B

メンバーは今年EP「9.97」をリリースし各ストリーミングサービスで公式プレイリスト入りし、ヒップホップシーン内外からの注目を集めるTohji。 そして今冬初のEP「Ultimate Nerd Gang」をリリースしたgummyboy。 東京を拠点に活動しSoundCloud上でも数々の連名曲を発表していた2人が、彼らのルーツであるショッピングモールについて制作したのが今作「Mall Tape」。 出身の異なるフッドを持たない者達が唯一共有している原風景であるショッピングモールを描ききった。 ドライブの最中に口をついて生まれたようなフロー、彼らを取り巻いてきた環境やルーツに基づいた歌詞、それらが煌びやかでヘビーなトラックと融合し聴く人の景色を加速させる。 田園風景広がる東京の外れ、彼らの住む半屋外のヤサで彼ら自身の手で生み出されたアートワーク、ミュージックビデオ、そして楽曲を乗せて彼らは走り出した。

HipHop/R&B

メンバーは今年EP「9.97」をリリースし各ストリーミングサービスで公式プレイリスト入りし、ヒップホップシーン内外からの注目を集めるTohji。 そして今冬初のEP「Ultimate Nerd Gang」をリリースしたgummyboy。 東京を拠点に活動しSoundCloud上でも数々の連名曲を発表していた2人が、彼らのルーツであるショッピングモールについて制作したのが今作「Mall Tape」。 出身の異なるフッドを持たない者達が唯一共有している原風景であるショッピングモールを描ききった。 ドライブの最中に口をついて生まれたようなフロー、彼らを取り巻いてきた環境やルーツに基づいた歌詞、それらが煌びやかでヘビーなトラックと融合し聴く人の景色を加速させる。 田園風景広がる東京の外れ、彼らの住む半屋外のヤサで彼ら自身の手で生み出されたアートワーク、ミュージックビデオ、そして楽曲を乗せて彼らは走り出した。

News

CINRA主催〈CROSSING CARNIVAL'20〉第2弾出演者発表

CINRA主催〈CROSSING CARNIVAL'20〉第2弾出演者発表

CINRA.NET主催の音楽イベント〈CROSSING CARNIVAL'20〉の第2弾出演者が発表された。 5回目の開催となる〈CROSSING CARNIVAL〉。今回は「変化」をテーマに据えて、5月16日にTSUTAYA O-EAST、TSUTAY