album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
はじまりはここから  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:37
少年と夏  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:17
Brand new day  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:45
1:28  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:28
letter  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:31
Mirror  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:42
jour apres jour  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:35
夜があけたら  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:38
Runway  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:45
おたずねもの  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:43
1:11  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:11
ice flower  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:34
真夏のスコーピオン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:06
舞台裏  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:16
夢をみながら Full ver.  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:20
うわばきクックの音楽  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:39
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 48:07
Album Info

アルバム「STAGE」ピアニスト&作曲家はらかなこのファーストアルバム。自身の華麗なピアノを中心としながら、様々な映像を思い浮かべさせる多彩な楽曲が詰まった作品。<タイアップ曲>「夢をみながら」 TVアニメ「少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-」第10話ED曲 Full ver.「うわばきクックの音楽」 読売テレビアニメ「うわばきクック」BGM Medley 「舞台裏」 「ニューヨーク青春物語」(脚本:二—ル・サイモン)2015年上演 間奏曲<はらさんへの文>耳を澄ますと、脈打つ物語が目の前に広がり、静謐な空気を身にまとった音楽がいつもの日常を特別な時間にしてくれる。晴れの日も雨の日も、変わらずに空を見上げる元気をくれる。弾む音たちが、「まぁ楽しくやりましょうよ」って語りかけてくる。はらかなこさんの音楽にはそんな魅力がある。はじめてはらさんの音楽と出会ったのは「冬のマジョモリ」という自社制作の短編アニメを作っていたとき。すぐに惚れ込んでしまい、その後図々しくもテレビアニメのエンディング曲までお願いして、そして聴かせて頂いたのが「夢をみながら」という素敵な曲でした。夢に向かう人間を鼓舞するわけでも、頑張りを強いるわけでもなく、独り夢の入り口に立った精悍な青年の、未来への大きな憧憬と小さな不安を同時に受け止めてそっと寄り添うような、そんな美しい曲です。夢の途中でまごついていても、初めてその道に立った日の気持ちを呼び起こして、また歩き出す力をくれる。僕はこの曲が大好きです。はらさんは、明るいだけの光じゃなく、暗いだけの闇じゃなく、簡単に割り切れない想いをそのまま音楽にのせている。そういう人の音楽だからこそ、いつも側に置いてずっと聴いていたい気持ちになるんじゃないかと思います。この先、はらさんの音楽がもっと世界に広がって、そしてまた僕の作品にも音楽を添えてくれたらなぁと夢を見る、今日この頃です。黒柳トシマサ / アニメーション監督

Discography

最新アルバムは、プロデューサーに浜崎快声氏を迎え、バンドサウンドはよりダイナミックに、アコースティックサウンドはよりやさしく響くよう、楽器の数を抑えたアレンジとなっている。アーティストとして更にスケールアップした作品となっている。・収録曲 全13曲「夢の間に」日本テレビ系「news every.」2018年6月〜お天気コーナーテーマソング「Picture Window」読売テレビ「キューン!」3月度エンディングテーマ「天文学者」キーボード・マガジン2015年WINTER号提供楽曲「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」インストカバー「七丁目のノラ猫 (live ver.)」配信限定

ピアニスト&作曲家として活躍中のはらかなこのセカンドアルバム。アルバムには、これまでの自主盤のみに収録されていた彼女の活動開始からの作品から、ドラマ劇伴の最新曲まで全16曲が収められ、ピアノソロのみならず、弦楽器との演奏、バンドとの演奏等、バラエティに富んだ内容となっている。「Memories」 ラジオ日本戦後70年特別番組『移りゆく時間の中で〜横浜・本牧に残る大空襲の記憶〜』テーマ曲「Feeling of Love」 読売テレビドラマ「脚本家と女刑事」BGM

「夢の間に(Single Version)」 日本テレビ系「news every.」6月〜お天気コーナーテーマソングC/W 「All of me (Single Version)」ピアニスト&作曲家 はらかなこ作曲・演奏によるピアノ曲。彼女はこれまで2枚のアルバム「STAGE」「Friend」をリリース。ソロピアニストとしてライブ活動を行いながら、TVドラマ、アニメ、CM、舞台音楽制作や有名アーティストのサポートを担当する等、多彩な才能を見せている。初の配信シングルとなる「夢の間に(Single Version)」(日本テレビ系「news every.」6月〜お天気コーナーテーマソング)は、彼女のポジティブな中にも繊細なタッチが楽曲に映えるワルツ曲。「All of me(Single Version)」はノスタルジックなイントロから、様々な表情を見せる曲調の変化が楽しい楽曲となっている。

アルバム「STAGE」ピアニスト&作曲家はらかなこのファーストアルバム。自身の華麗なピアノを中心としながら、様々な映像を思い浮かべさせる多彩な楽曲が詰まった作品。<タイアップ曲>「夢をみながら」 TVアニメ「少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-」第10話ED曲 Full ver.「うわばきクックの音楽」 読売テレビアニメ「うわばきクック」BGM Medley 「舞台裏」 「ニューヨーク青春物語」(脚本:二—ル・サイモン)2015年上演 間奏曲<はらさんへの文>耳を澄ますと、脈打つ物語が目の前に広がり、静謐な空気を身にまとった音楽がいつもの日常を特別な時間にしてくれる。晴れの日も雨の日も、変わらずに空を見上げる元気をくれる。弾む音たちが、「まぁ楽しくやりましょうよ」って語りかけてくる。はらかなこさんの音楽にはそんな魅力がある。はじめてはらさんの音楽と出会ったのは「冬のマジョモリ」という自社制作の短編アニメを作っていたとき。すぐに惚れ込んでしまい、その後図々しくもテレビアニメのエンディング曲までお願いして、そして聴かせて頂いたのが「夢をみながら」という素敵な曲でした。夢に向かう人間を鼓舞するわけでも、頑張りを強いるわけでもなく、独り夢の入り口に立った精悍な青年の、未来への大きな憧憬と小さな不安を同時に受け止めてそっと寄り添うような、そんな美しい曲です。夢の途中でまごついていても、初めてその道に立った日の気持ちを呼び起こして、また歩き出す力をくれる。僕はこの曲が大好きです。はらさんは、明るいだけの光じゃなく、暗いだけの闇じゃなく、簡単に割り切れない想いをそのまま音楽にのせている。そういう人の音楽だからこそ、いつも側に置いてずっと聴いていたい気持ちになるんじゃないかと思います。この先、はらさんの音楽がもっと世界に広がって、そしてまた僕の作品にも音楽を添えてくれたらなぁと夢を見る、今日この頃です。黒柳トシマサ / アニメーション監督

アルバム「STAGE」ピアニスト&作曲家はらかなこのファーストアルバム。自身の華麗なピアノを中心としながら、様々な映像を思い浮かべさせる多彩な楽曲が詰まった作品。<タイアップ曲>「夢をみながら」 TVアニメ「少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-」第10話ED曲 Full ver.「うわばきクックの音楽」 読売テレビアニメ「うわばきクック」BGM Medley 「舞台裏」 「ニューヨーク青春物語」(脚本:二—ル・サイモン)2015年上演 間奏曲<はらさんへの文>耳を澄ますと、脈打つ物語が目の前に広がり、静謐な空気を身にまとった音楽がいつもの日常を特別な時間にしてくれる。晴れの日も雨の日も、変わらずに空を見上げる元気をくれる。弾む音たちが、「まぁ楽しくやりましょうよ」って語りかけてくる。はらかなこさんの音楽にはそんな魅力がある。はじめてはらさんの音楽と出会ったのは「冬のマジョモリ」という自社制作の短編アニメを作っていたとき。すぐに惚れ込んでしまい、その後図々しくもテレビアニメのエンディング曲までお願いして、そして聴かせて頂いたのが「夢をみながら」という素敵な曲でした。夢に向かう人間を鼓舞するわけでも、頑張りを強いるわけでもなく、独り夢の入り口に立った精悍な青年の、未来への大きな憧憬と小さな不安を同時に受け止めてそっと寄り添うような、そんな美しい曲です。夢の途中でまごついていても、初めてその道に立った日の気持ちを呼び起こして、また歩き出す力をくれる。僕はこの曲が大好きです。はらさんは、明るいだけの光じゃなく、暗いだけの闇じゃなく、簡単に割り切れない想いをそのまま音楽にのせている。そういう人の音楽だからこそ、いつも側に置いてずっと聴いていたい気持ちになるんじゃないかと思います。この先、はらさんの音楽がもっと世界に広がって、そしてまた僕の作品にも音楽を添えてくれたらなぁと夢を見る、今日この頃です。黒柳トシマサ / アニメーション監督

ピアニストはらかなこ、2ndミニアルバム。目を閉じて、何が見えますか。アーティスト本人による曲コメント1.かもめ大空を自由に飛びまわる、かもめをイメージしました。2.ひとりの夜ひとりで過ごす夜はいろいろ想いがめぐって、気持ちが爆発しそうになったり涙がでたり。そんな日に出来た曲です。3.雨のラプソディ大嫌いな雨の日が好きになるように作った曲です。4.みんな笑顔でみんなが自然と笑顔になりますように、という想いを込めて作りました。5.星が降った夜は大切なひと、大切な想い出とともに聴いてもらいたいです。6.reflection自分自身の苦しさともどかしさをそのまま表現した曲です。背中をおすような曲になれば嬉しいです。