album jacket
TitleDurationPrice
Let It Happen  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:48
Nangs  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:48
The Moment  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:16
Yes I'm Changing  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:31
Eventually  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:19
Gossip  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 00:55
The Less I Know The Better  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:36
Past Life  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:48
Disciples  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:49
'Cause I'm A Man  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:02
Reality In Motion  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:12
Love/Paranoia  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:06
New Person, Same Old Mistakes  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:03
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 51:13
Album Info

2012年の前作 『ローナイズム』 が第56回グラミー賞で 「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」 にノミネート、 NMEの年間ベストアルバム第1位を獲得、 ピッチフォークでは年間ベスト第4位を獲得するなど世界的ブレイクを果たしたテーム・インパラ。 今年3月に新曲 「Let It happen」 を突如発表した際にはTwitterの世界トレンド・ワードとして 「Let It Happen」 がトップ20を記録した。 今年のUSコーチェラ・フェスティバルではAC/DCに次ぎ堂々の準ヘッドライナーを務めた。 ここ数年はブラジルからアメリカ、 ヨーロッパ、 イギリス、 そして日本など世界各地をツアーで周り、 マーク・ロンソンのアルバムへの参加、 映画 『ダイバージェント』 のサウンドトラックではケンドリック・ラマーとのコラボ曲も発表している。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

テーム・インパラ来日公演決定

テーム・インパラ来日公演決定

サイケポップ・バンド、テーム・インパラ(Tame Impala)の来日公演が決定した。 昨年、待望の3rdアルバム『Currents』をリリースしたテーム・インパラ。 60年代後半のロックに大きな影響を受けたストレートなサイケデリック・ロック・サウンドを

2015年にリリースされた「10年に一度」のアルバムって!?  海外音楽メディア年間ベスト情報まとめ

2015年にリリースされた「10年に一度」のアルバムって!? 海外音楽メディア年間ベスト情報まとめ

2015年も残り2週間。年の瀬がじわじわと押し迫りまくっているなか、各音楽メディアが続々と年間ベストを発表しています。 今年はどんな音楽が評価されたのかをわかりやすく知るために、海外の各音楽メディア&音楽ブログの年間ベストが出揃ったタイミングで海外年間ベ

脳も体も溶かすテーム・インパラのサイケ&ポップな最新作が米チャートで快挙、売り上げの約3割をLPが占める

脳も体も溶かすテーム・インパラのサイケ&ポップな最新作が米チャートで快挙、売り上げの約3割をLPが占める

2015年の最重要作と目されていた、オーストラリアを拠点とするサイケポップ・バンドのテーム・インパラによるニュー・アルバム『Currents』が、米ビルボードの総合アルバム・チャートで初登場4位にランクイン。 彼らのアルバムが同チャート上のトップ10入り

Articles

OTOTOY AWARDS 2015──洋楽ロック / ポップス編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──洋楽ロック / ポップス編──

文句なしのアラバマ・シェイクス! OTOTOY AWARDS 2015──洋楽ロック / ポップス編──ここ数年の傾向である、「チャート上位をインディー・ロックが占める」現象は、健在どころかますますエスカレートしている。歓迎しつつケンドリック・ラマーのよう…