album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Changes  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:42
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 02:42
Album Info

‘Changes’は、hushlushとLaura Ribeiroの初コラボシングル。 このシングルは、hushlushのチル・エレクトロニックのサウンドとLauraのソフトなボーカルサウンドが融合した、春の始まりにぴったりの1曲となっている。 Lauraによって書かれた歌詞は、人生における新しい出会いがテーマだ。‘Changes’というタイトルは、過去の痛みを乗り越え、新しく出会った人を信じ愛せるようになるまでの自分の成長を表している。 これから希望に満ちた新しいスタートを切る人達にふさわしい、フレッシュな1曲である。 リリース日:2020年4月29日

hushlush(本名:長澤 佑)は、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年には‘Away’と‘Here We Are’の2つのシングルをリリースし、計79,000回以上のストリームを獲得。 2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソグライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといったテイストメーカー達からサポートを受けている。

LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用された。また2018年には、コスモポリタン/Cosmoolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。 その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど、数多くのメディアで活躍している。

Discography

そのチル・エレクトロニックなスタイルをベースに、国内外のアーティストとのコラボも積極的に展開する札幌在住のプロデューサーhushlushが、ラッパーのMIYACHIや、☆TakuTakahashi (m-flo)とのコラボで話題沸騰中のLA出身のR&BシンガーソングライターsheidAと初コラボレーション。 この曲は誰もが感じる自分自身との葛藤と向き合い、背中を押してくれるような気持ちが綴られた作品。美メロでクールなhushlushのトラックと、sheidAの透き通った歌声が心地いい、オルタナティブなR&Bナンバー。

1 track

そのチル・エレクトロニックなスタイルをベースに、国内外のアーティストとのコラボも積極的に展開する札幌在住のプロデューサーhushlushが、ラッパーのMIYACHIや、☆TakuTakahashi (m-flo)とのコラボで話題沸騰中のLA出身のR&BシンガーソングライターsheidAと初コラボレーション。 この曲は誰もが感じる自分自身との葛藤と向き合い、背中を押してくれるような気持ちが綴られた作品。美メロでクールなhushlushのトラックと、sheidAの透き通った歌声が心地いい、オルタナティブなR&Bナンバー。

1 track

‘Changes’は、hushlushとLaura Ribeiroの初コラボシングル。 このシングルは、hushlushのチル・エレクトロニックのサウンドとLauraのソフトなボーカルサウンドが融合した、春の始まりにぴったりの1曲となっている。 Lauraによって書かれた歌詞は、人生における新しい出会いがテーマだ。‘Changes’というタイトルは、過去の痛みを乗り越え、新しく出会った人を信じ愛せるようになるまでの自分の成長を表している。 これから希望に満ちた新しいスタートを切る人達にふさわしい、フレッシュな1曲である。 リリース日:2020年4月29日 hushlush(本名:長澤 佑)は、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年には‘Away’と‘Here We Are’の2つのシングルをリリースし、計79,000回以上のストリームを獲得。 2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソグライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといったテイストメーカー達からサポートを受けている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用された。また2018年には、コスモポリタン/Cosmoolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。 その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど、数多くのメディアで活躍している。

1 track

‘Changes’は、hushlushとLaura Ribeiroの初コラボシングル。 このシングルは、hushlushのチル・エレクトロニックのサウンドとLauraのソフトなボーカルサウンドが融合した、春の始まりにぴったりの1曲となっている。 Lauraによって書かれた歌詞は、人生における新しい出会いがテーマだ。‘Changes’というタイトルは、過去の痛みを乗り越え、新しく出会った人を信じ愛せるようになるまでの自分の成長を表している。 これから希望に満ちた新しいスタートを切る人達にふさわしい、フレッシュな1曲である。 リリース日:2020年4月29日 hushlush(本名:長澤 佑)は、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年には‘Away’と‘Here We Are’の2つのシングルをリリースし、計79,000回以上のストリームを獲得。 2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソグライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといったテイストメーカー達からサポートを受けている。 LAURAは、2016年にレズビアンであることをカミングアウトしてから、YouTubeなどのプラットフォームで自身の経験などをオープンにシェアし、自分らしくいることの大切さをメッセージとして発信し続けている。 2017年に、Diesel Japanの「Make Love Not Walls」のキャンペーンのモデルとして採用された。また2018年には、コスモポリタン/Cosmoolitan JapanのLGBTQ特集にてカバーガールに抜擢されている。 その他にもNylon Japan、Vogue Taiwan、H&M Japanに取り上げられるなど、数多くのメディアで活躍している。

1 track

hushlushは、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年に発売されたシングル‘Here We Are’は、'Away'と共に計10万回以上のストリームを獲得している。 その後2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソングライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにSpotifyではNew Music Wednesdayを含む複数の公式プレイリストから、YoutubeではMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといった海外の大型メディアからサポートを受けている。

1 track

hushlushは、東京出身の音楽プロデューサーである。彼は16歳の時にMadeonやPorter Robinsonといったプロデューサー達に影響を受け、エレクトロニックミュージックの制作を開始した。 その後札幌へ拠点を移した彼は、雪国特有の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックの制作スタイルを確立。 2019年に発売されたシングル‘Here We Are’は、'Away'と共に計10万回以上のストリームを獲得している。 その後2020年3月には、初のボーカル・フィーチャーとなる、アイルランド出身のシンガー・ソングライターLydia Fordとのコラボシングル‘Brooklyn’をリリースした。 今までにSpotifyではNew Music Wednesdayを含む複数の公式プレイリストから、YoutubeではMr.RevillzやENM(Epic Network Music)、Czech Vibes Soundといった海外の大型メディアからサポートを受けている。

1 track