album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
あの頃  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 01:28 N/A
2
飾りすぎていた  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 05:16 N/A
3
ふたり  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 03:02 N/A
4
君は、笑う  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 04:37 N/A
5
欲しい  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
6
愛している  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 05:01 N/A
7
生活  alac,flac,wav,mp3: 16bit/44.1kHz 04:30 N/A
Album Info

結成から半年足らずでFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たし、注目を集めていたodol。これまで音源は全てbandcampとSoundCloudでの発表のみであり、今作が初のフィジカル・リリースとなる。1分半程度の短さの中で、壮大かつ、ドラマチックにアルバムの冒頭を飾るM1。odolを象徴するようなゆったりとしたBPMで、繊細かつエモーショナルに胸に迫るM2。アップテンポで畳み掛け、爆発力のあるM3&M5。歌とピアノをメインに、浮遊感あるギターと、叙情性が滲み儚さを帯びた歌声とが相まって、柔らかくも切ないM4。アルバム随一の激しく重みのあるサウンドと、それに呼応するかのように昂る歌唱で見事な構築美のM6。美しいピアノのイントロから堂々たる名曲の風格を漂わせ、odolの個性が最良の形で結び付いた名曲M7。全曲オルタナティブな感性と美意識に貫かれた世界観でありながら、ポップミュージックとして開かれた作品となっている。今後の更なる飛躍を期待せざるを得ないバンドである。

Add all to INTEREST

Discography

Rock

2021年6月にアルバム『はためき』をリリース後、下半期も楽曲制作を止めずに活動してきたodolが、新体制として最初の作品となる3曲入りDigital EP『pre』をリリース。 『pre』というタイトルは、新体制になってもこれまでと変わらず一歩一歩模索しながら進んでいく様と、これから新しいことが生まれそうだという期待感のどちらもがある、現在のバンドの状況を表したものになっている。異なる魅力を持った3曲が収められているEPを是非楽しんで欲しい。

3 tracks
Rock

2021年6月にアルバム『はためき』をリリース後、下半期も楽曲制作を止めずに活動してきたodolが、新体制として最初の作品となる3曲入りDigital EP『pre』をリリース。 『pre』というタイトルは、新体制になってもこれまでと変わらず一歩一歩模索しながら進んでいく様と、これから新しいことが生まれそうだという期待感のどちらもがある、現在のバンドの状況を表したものになっている。異なる魅力を持った3曲が収められているEPを是非楽しんで欲しい。

3 tracks
Rock

odolの2年8ヶ月振りとなる、待望のアルバムが完成した。 今作は、radikoブランドムービーオリジナルソング「小さなことをひとつ」や、森永乳業コーポレートムービーオリジナルソング「歩む日々に」など、2019年~2020年に様々な企業やクリエイターからオファーを受け、書き下ろしてきた5曲のタイアップ曲が全て収録されている。 また他には、デジタルシングルとしてリリースされてきた「眺め」、「虹の端 (Rearrange)」、そして2021年に新たに制作された「未来」、「独り」という全9曲入り。 まるでベストアルバムのような充実度であり、聴き手の日常の暮らしに寄り添うような作品となっている。

9 tracks
Rock

odolの2年8ヶ月振りとなる、待望のアルバムが完成した。 今作は、radikoブランドムービーオリジナルソング「小さなことをひとつ」や、森永乳業コーポレートムービーオリジナルソング「歩む日々に」など、2019年~2020年に様々な企業やクリエイターからオファーを受け、書き下ろしてきた5曲のタイアップ曲が全て収録されている。 また他には、デジタルシングルとしてリリースされてきた「眺め」、「虹の端 (Rearrange)」、そして2021年に新たに制作された「未来」、「独り」という全9曲入り。 まるでベストアルバムのような充実度であり、聴き手の日常の暮らしに寄り添うような作品となっている。

9 tracks
Rock

odol、アルバム『はためき』より「未来」

1 track
Rock

odol、3曲入りDigital EP『WEFT』を配信リリース。本作には「小さなことをひとつ」の他に、「UCC BLACK無糖」のキャンペーン「#この気持ちは無添加です」に書き下ろした「かたちのないもの」、映画「サヨナラまでの30分」の劇中バンド・ECHOLLに楽曲提供をした「瞬間」を収録。

3 tracks
Rock

odol、3曲入りDigital EP『WEFT』より「小さなことをひとつ」

1 track
Rock

odol、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーディング/リミックスなどを通して、現在進行形の解釈を提示する<Rework Series>の第3弾「人の海で(Rearrange)」

1 track
Rock

odol、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーディング/リミックスなどを通して、現在進行形の解釈を提示する<Rework Series>の第2弾「虹の端(Rearrange)」

1 track
Rock

今年5月に『眺め / POSE』、9月に『狭い部屋 (Rearrange)』をDigital Singleとしてリリースし、10~11月には雨のパレード、ものんくる、Helsinki Lambda Club、The fin.を迎えた自主企画ライブを開催するなど、精力的な活動をしているodol。 今回発表する新曲『身体』は、アース製薬の入浴剤「温泡」のTV CM楽曲としてオファーを受け書き下ろしたもの。 CMのテーマである「温かさ」「安心感」などを軸にメロディやアレンジを組み立て、アコースティックギターをはじめとした優しい音色のバンドサウンドが楽曲が彩り、サビでは開放感あふれる歌のハーモニーが展開される。 また歌詞については、自分の身体を通した感覚や身体の一部分ごとを切り取った比喩で、肉体性のもどかしさと温かさを表現している。

1 track
Rock

今年6月にDigital Single『眺め / POSE』をリリースし、現在秋にリリース予定の新曲を制作中のodol。 新曲のリリースとは別の新たな軸として、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーディング/リミックスなどを通して、現在進行形の解釈を提示するをスタートさせた。 は「1つの作品の解釈を1つに限定しない」という考えのもと、新曲と並行して発表していくもので、その第1弾として「狭い部屋 (Rearrange)」をリリースする。 原曲の「狭い部屋」は、2017年9月に発表したEP『視線』の収録曲。いわゆるリード曲ではないにも関わらず、 Spotifyでは人気プレイリスト「眠れぬ夜の音楽」などにリストインされたこともあり、現在26万回再生を超え、odolで最も聴かれている楽曲となっている。 「狭い部屋 (Rearrange)」は、ライブで演奏することを前提にリアレンジ/新録されている。 原曲の持つディープでサイケデリックな雰囲気はそのままに、曲の後半では、抑制された序盤の閉塞感を打ち破るような荒々しい轟音ギターサウンドと、 格段にダイナミズムを増したバンドアンサンブルが美しく鳴り響く。 年内には新曲だけでなく、からも数曲リリースが予定されている。

1 track
Rock

odol、約8ヶ月振りとなる新曲「眺め」「POSE」の2曲を配信リリース

2 tracks
Rock

まだ見ぬ美しさを追求するバンド、odol。特定のジャンルやシーンに固執せず、自由に音楽の旅をしてきたodolが辿り着いた最高傑作!リード曲となる「光の中へ」は、マーチングバンドのリズム、ストリングスやホーンを取り入れた勇ましく雄大なサウンドがこの曲の大きな個性になっており、新たな代表曲と言える名曲の輝きを放っている。サウンドに呼応するような明るく美しいメロディと、人生を肯定してくれるような歌詞が、聴く人の心を奮い立たせると同時に優しく包み込む。

9 tracks
Rock

1 track
Rock

この情報は、本日6月3日(日)に仙台spaceZeroで開催された「odol LIVE 2018 ”O/g-3”」にて、ミゾベリョウ(Vo/Gt)が発表したもの。 「four eyes」は、本日のライブでも演奏しており、ダンスミュージックにインスパイアされ制作した楽曲。自然と体が動き出すビート、高揚感のあるメロディと曲構成でありながら、ただ踊ることを目的とした機能的・道具的な側面だけに留まらないサウンドで、バンドの新境地の表現として成立させている。

1 track
Rock

odol、2018年第2弾となる配信シングル「大人になって」

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

odol、新体制初のデジタルEP『pre』リリース

odol、新体制初のデジタルEP『pre』リリース

2021年6月にアルバム『はためき』をリリース後、下半期も楽曲制作を止めずに活動してきたodol。 11月17日に新体制として最初の作品となる3曲入りデジタルEP『pre』をリリースすることが決定した。 『pre』というタイトルは、新体制になってもこれま

odol、新アルバム『はためき』全9曲のLyric Videoシリーズをスタート

odol、新アルバム『はためき』全9曲のLyric Videoシリーズをスタート

odolが新たなLyric Videoシリーズ“はためきとまなざし”を開始した。 “はためきとまなざし”は、odolと写真家・濱田英明氏とのコラボレーション作品。 本日リリースのodolのNewアルバム『はためき』に収録された全9曲に、濱田氏が撮り下ろし

odolがニューAL『はためき』収録の新曲「未来」を5/19先行配信

odolがニューAL『はためき』収録の新曲「未来」を5/19先行配信

odolが6月9日(水)にリリースのニューAlbum『はためき』より新曲「未来」が5月19日(水)より先行配信されることが決定した。 また今夜5月17日(月)24:00から放送のFM802『MIDNIGHT GARAGE』にて、「未来」のフルサイズ音源が

odolがニューAL『はためき』のジャケット&全曲ティザーを公開

odolがニューAL『はためき』のジャケット&全曲ティザーを公開

odolが6月9日(水)にリリースする、ニューアルバム『はためき』のジャケットと、全曲ティザーを公開した。 『はためき』のジャケット写真は、写真家・濱田英明氏によるもので、2020年にリリースしたDigital EP『WEFT』以来、2度目のジャケット写

odol、森永乳業・コーポレートムービーオリジナルソングとして新曲「歩む日々に」を書き下ろし

odol、森永乳業・コーポレートムービーオリジナルソングとして新曲「歩む日々に」を書き下ろし

odolが森永乳業・コーポレートムービーオリジナルソングとして書き下ろした新曲「歩む日々に」を、12月25日(金)に配信リリースする。 本楽曲は、森永乳業の「かがやく“笑顔”のために」というコーポレートスローガンや、「老若男女を問わず、人生に寄り添う」と

全30組のバンドグッズを販売『GOODS MARKET 2020 TOUR』大阪梅田にて明日より開催

全30組のバンドグッズを販売『GOODS MARKET 2020 TOUR』大阪梅田にて明日より開催

全30組のアーティストのオフィシャルグッズが東急ハンズの店舗をツアーのように回る『GOODS MARKET 2020 TOUR』が、明日11/10(火)より東急ハンズ梅田店で開催されることが決定した。 本企画は、新型コロナウイルスの影響により、今年は数々

View More News Collapse
odol、本日リリースのDigital EPより“小さなことをひとつ”リリック・ビデオ公開

odol、本日リリースのDigital EPより“小さなことをひとつ”リリック・ビデオ公開

odolが本日リリースしたDigital EP『WEFT』より、リード曲となる“小さなことをひとつ”のリリック・ビデオを公開した。 このリリック・ビデオは、Digital EP『WEFT』のジャケット・デザインを担当した写真家・濱田英明氏がディレクション

odol、“人の海で (Rearrange)”を本日配信リリース

odol、“人の海で (Rearrange)”を本日配信リリース

一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ / リレコーディング / リミックスなどを通して、odolの現在進行形の解釈を提示する<Rework Series>の第3弾、“人の海で (Rearrange)”がリリースされた。 (第1弾は昨年9月リリース“狭い

羊文学、Ghost like girlfriend、ものんくる、odol出演〈Flying Flags〉Vol.7延期開催決定

羊文学、Ghost like girlfriend、ものんくる、odol出演〈Flying Flags〉Vol.7延期開催決定

東北に新たな音楽の旗を掲げ、新しい音楽シーンのフラグを打ち立てるライヴ・イベント〈Flying Flags〉。 当初予定されていた、2020年3月20日(金/祝)の公演はコロナウィルスの影響により中止となり、新たに延期日程として、2020年6月7日(日)

odol「虹の端 (Rearrange)」を本日配信リリース

odol「虹の端 (Rearrange)」を本日配信リリース

odolが本日2月26日(水)に「虹の端 (Rearrange)」を配信リリースした。 「虹の端 (Rearrange)」は、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーディング/リミックスなどを通して、現在進行形の解釈を提示する<Rework Se

Ghost like girlfriend、新曲「光線」本日配信リリース

Ghost like girlfriend、新曲「光線」本日配信リリース

Ghost like girlfriendが、本日1月15日(水)に新曲「光線」を配信シングルとしてリリースした。 同曲は、希望も絶望も全て巻き込んで歌う、その固い意志を強く感じることのできる楽曲。打ち込みのトラックベースとリズミカルなサウンドを、ドラマ

3/20開催〈Flying Flags Vol.7〉に羊文学、Ghost like girlfriend、ものんくる、odolが出演

3/20開催〈Flying Flags Vol.7〉に羊文学、Ghost like girlfriend、ものんくる、odolが出演

東北に新たな音楽の旗を掲げ、新しい音楽シーンのフラグを打ち立てて行くイベント〈Flying Flags〉。 これまでにKing Gnu、Tempalay、WONK、D.A.N.、yahyel、iri、TENDRE、DATS、mouse on the ke

江沼 郁弥、odol、クボケンジが出演、実験型音楽イベント「音/脈 SOUND PULSE」開催

江沼 郁弥、odol、クボケンジが出演、実験型音楽イベント「音/脈 SOUND PULSE」開催

3名の若手クリエイターの映像と、 3組のアーティストの音楽を融合した音楽実験室「音/脈 SOUND PULSE」が2019/10/19(土)に渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて開催される。 音楽がいつでもどこでも簡単に聴けるようになった現在に

odol、「狭い部屋 (Rearrange)」本日配信リリース

odol、「狭い部屋 (Rearrange)」本日配信リリース

odolが本日9月25日(水)に「狭い部屋 (Rearrange)」をリリース、各種ダウンロードサイトにて配信開始となった。 「狭い部屋 (Rearrange)」は、odolが新曲とは別の新たな軸として、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーデ

odol 自主企画ライブに、ものんくる、Helsinki Lambda Club、The fin.出演

odol 自主企画ライブに、ものんくる、Helsinki Lambda Club、The fin.出演

odolが2019年秋に東名阪にて開催する、自主企画ライブシリーズ〈O/g(オージー)〉のゲストアーティストを発表した。 10/16(水)東京公演には、ものんくる、10/18(金)大阪公演には、Helsinki Lambda Club、11/14(木)愛

キタニタツヤ、9月発売MiniAlbumの詳細発表

キタニタツヤ、9月発売MiniAlbumの詳細発表

インディーシーンに突如現れ、話題となっているキタニタツヤ。 9月25日(水)にリリースされる、彼にとって初の全国流通盤となる1st Mini Album『Seven Girls’ H(e)avens』の詳細が発表された。 VILLAGE VANGUARD

キタニタツヤ、10月開催自主企画にPELICAN FANCLUB追加発表

キタニタツヤ、10月開催自主企画にPELICAN FANCLUB追加発表

いまインディーシーンに突如現れ、話題となっているキタニタツヤ。 今年2月に下北沢MOSAiCでの初ワンマンライヴが瞬く間に即完となり、続く5月の渋谷WWWのワンマンライヴもソールドアウト。 期待が高まるなか、10月4日(金)に渋谷WWW Xにて開催される

odol、自主企画ライヴシリーズ「O/g」、2019年秋に東名阪にて開催

odol、自主企画ライヴシリーズ「O/g」、2019年秋に東名阪にて開催

odolが2019年秋に、自主企画ライヴシリーズ「O/g(オージー)」を、東名阪にて開催する。 会場は、10月16日(水)にodolにとって初のホール公演となる、東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE、1

YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)の対談〈後編〉公開

YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)の対談〈後編〉公開

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40(ワイエムオーフォーティー)」のオフィシャル・サイト上で、高田漣と森山公稀(odol)のスペシャル対談動画(聞き手:佐野郷子)が公開されており、先週の〈前編〉に続き、

Helsinki Lambda Club × odol 中国ツアー決定

Helsinki Lambda Club × odol 中国ツアー決定

Helsinki Lambda Clubとodolが初の中国ツアーを開催することが決定した。 この中国ツアーは、8月9日(金)に北京、8月10日(土)に上海の2都市を回るもの。 Helsinki Lambda ClubとodolはUK.PROJECTのレ

YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)のスペシャル対談公開

YMO40サイトで高田漣と森山公稀(odol)のスペシャル対談公開

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40(ワイエムオーフォーティー)」のオフィシャル・サイト上に、マルチ弦楽器奏者の高田漣と、バンドodol(オドル)のメンバー森山公稀(もりやま・こうき)のスペシャル対談動

odol、ギタリスト・早川知輝が脱退

odol、ギタリスト・早川知輝が脱退

odolから早川知輝(Gt.)が、2019年9月30日(月)をもって脱退することが発表された。 本日6月19日(水)に配信リリースされた新曲『眺め / POSE』が、早川が参加した最後のレコーディング作品となり、7月4日(木)に東京・渋谷WWWにて開催さ

odol、新曲「眺め」「POSE」配信リリース決定

odol、新曲「眺め」「POSE」配信リリース決定

odolが、6月19日(水)に、約8ヶ月振りとなる新曲「眺め」「POSE」の2曲を配信リリースする。 odolのオフィシャルサイト(https://odol.jp)では、音楽ジャーナリストの柴那典氏によるライナーノーツが公開されている。 また、7月4日(

六甲山山頂にて開催の〈ROKKO SUN MUSIC 2019〉出演者発表

六甲山山頂にて開催の〈ROKKO SUN MUSIC 2019〉出演者発表

兵庫県の六甲山山頂にて開催されているイベント〈ROKKO SUN MUSIC〉、今年の出演者が本日発表された。 出演者と日程は以下の通り。 ◆7月6日(土) 宇宙人(Cosmos People)from TAIWAN / ハンバート ハンバート / ワン

Collapse

Articles

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

インタヴュー

自分のドキュメンタリーを音楽で表現する──新作『はためき』に込めたodolの祈り

odolが日本語で歌う理由は、嘘なく表現したいから。結成当時から母国語での表現を選択したのは、単に「日本人だから」というわけではなく、言葉の意味が最もそのまま伝わるはずだという純粋な想いがあってのことだ。6月9日にリリースされたodolのアルバム『はためき…

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

コラム

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

特定のジャンルやシーンに固執せず、 さまざまな音楽の要素を取り入れ、作品ごとにその姿を変化し続けてきたロック・バンド、odolが2018年10月24日(水)に新アルバム『往来するもの』をリリースした。その楽曲から自然と情景が思い浮かぶと言われることも多いo…

odolが飛躍を遂げる1st EP『視線』を先行配信開始──究極の普遍性を追求した変容

インタヴュー

odolが飛躍を遂げる1st EP『視線』を先行配信開始──究極の普遍性を追求した変容

今作『視線』が配信開始される直前にミゾベリョウがこんなツイートをしていた。「この6曲を作った期間が、今までの僕の音楽人生の中で一番に大きな意味を持つ時間になりました」と。これまで『odol』、『YEARS』と2枚のアルバムをリリースしてきた彼らだが、この度…

平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー

インタヴュー

平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー

現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティ…

結成わずか1年! 脅威のニューカマー、odolのファースト・アルバムを配信&インタヴュー

インタヴュー

結成わずか1年! 脅威のニューカマー、odolのファースト・アルバムを配信&インタヴュー

荒々しく空間を満たすシューゲイズ・サウンドとメランコリックなピアノで注目を集め、結成わずか半年にしてFUJI ROCK FESTIVAL 2014に出演を果たしたニューカマー、odol(オドル)。これまでのリリースがフリー・ダウンロードのE.P2作品のみの…