album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
先生の言うとおり  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:25
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:25
Album Info

雄弁に語るピアノをベースに、HIPHOP Beats、Jazz Swingなど、今回も雑多なジャンルを絶妙にブレンド、旬のLofi感にまとめ上げられた楽曲は、さながら古いミュージカル映画を観させられているように聴くものを魅了する。

Discography

Pop

これまでも、ここからも、変わらぬ思いを届け続けるシキドロップ。2022年2月2日(水)NEWアルバムリリース!先行配信リリースされた「育つ暗闇の中で」「青春の光と影」「残響」「傘」「銀河鉄道」を含む、ニューアルバム「名付け合う旅路」。前回のアルバムリリース以降、作詞作曲はもちろんアレンジまで全てをメンバーで行ってきた。 アルバムタイトルにもある“旅”をテーマに創られた楽曲たちは、人生において前に進むことの大切さを教えてくれる。人生には苦しみがあるからこそ優しさを知る。悲しみがあるからこそ喜びに胸が躍る。影があれば光があるように。上手く生きようとしなくてもいい。大切なことは、どれだけ心を揺らして自分の命をまっとうできるかなのだから。 自身と向き合いながらセルフプロデュースしてきた彼らが伝えたいことは、今の時代を生きるあなたの一歩踏み出す背中を押してくれるだろう。誰しも人は皆、“旅人”なのだから。

7 tracks
Pop

これまでも、ここからも、変わらぬ思いを届け続けるシキドロップ。2022年2月2日(水)NEWアルバムリリース!先行配信リリースされた「育つ暗闇の中で」「青春の光と影」「残響」「傘」「銀河鉄道」を含む、ニューアルバム「名付け合う旅路」。前回のアルバムリリース以降、作詞作曲はもちろんアレンジまで全てをメンバーで行ってきた。 アルバムタイトルにもある“旅”をテーマに創られた楽曲たちは、人生において前に進むことの大切さを教えてくれる。人生には苦しみがあるからこそ優しさを知る。悲しみがあるからこそ喜びに胸が躍る。影があれば光があるように。上手く生きようとしなくてもいい。大切なことは、どれだけ心を揺らして自分の命をまっとうできるかなのだから。 自身と向き合いながらセルフプロデュースしてきた彼らが伝えたいことは、今の時代を生きるあなたの一歩踏み出す背中を押してくれるだろう。誰しも人は皆、“旅人”なのだから。

7 tracks
Pop

喪失感を抱えるキミに寄り添う、シキドロップ新曲 「銀河鉄道」 配信リリース! いつもあるはずの物がなくなる。いつもいるはずの人がいなくなる。いつも当たり前と思っていた日常が失われた時に、人は気づくことの多さを知る。悲しみや虚しさや苦しさ。複雑に絡み合った感情を抱いて、今日も夜は更けていく。生きていくことは、たくさんのもの失い、そしてそれに伴う喪失と向き合うことだろう。たとえ時間がかかり、時が経ってもそれを受け入れて前に進むしかないのだから。失くした傷みの心境を歌った、シキドロップの今伝えたい想いを感じて欲しい。 3rdミニアルバム後の楽曲は全てメンバー自身のセルフアレンジが続いているが、今作もアレンジをボーカルの宇野が、作詞・作曲を平牧が担当している。平牧が創り出した一つの世界観を宇野の声とアレンジでよりシンプルに躍動感のある世界へとさらに拡張している。シキドロップのその創造から”いまっぽい”を感じられるだろう。またジャケットデザインも、前作の配信シングル「残響」「傘」から変化を続ける人外的なキャラクターが描かれている。イラストレーター“革蝉”から進化(=前進する)のメッセージがここにも表現され続けている。

2 tracks
Pop

喪失感を抱えるキミに寄り添う、シキドロップ新曲 「銀河鉄道」 配信リリース! いつもあるはずの物がなくなる。いつもいるはずの人がいなくなる。いつも当たり前と思っていた日常が失われた時に、人は気づくことの多さを知る。悲しみや虚しさや苦しさ。複雑に絡み合った感情を抱いて、今日も夜は更けていく。生きていくことは、たくさんのもの失い、そしてそれに伴う喪失と向き合うことだろう。たとえ時間がかかり、時が経ってもそれを受け入れて前に進むしかないのだから。失くした傷みの心境を歌った、シキドロップの今伝えたい想いを感じて欲しい。 3rdミニアルバム後の楽曲は全てメンバー自身のセルフアレンジが続いているが、今作もアレンジをボーカルの宇野が、作詞・作曲を平牧が担当している。平牧が創り出した一つの世界観を宇野の声とアレンジでよりシンプルに躍動感のある世界へとさらに拡張している。シキドロップのその創造から”いまっぽい”を感じられるだろう。またジャケットデザインも、前作の配信シングル「残響」「傘」から変化を続ける人外的なキャラクターが描かれている。イラストレーター“革蝉”から進化(=前進する)のメッセージがここにも表現され続けている。

2 tracks
Pop

“雨が止んで虹が出て 綺麗に見えたら”今までの過去があって今日がある。降り止まない雨などないと信じて… 今作は、作詞とアレンジをボーカルの宇野が、作曲を平牧が担当している。シキドロップとしてリリースされる楽曲としては初の共作となる。宇野の普遍的な情景を描写したあたたかな詞世界は優しく語りかけ、感情の尊さを教えてくれる。また平牧の変わらない柔らかなメロディーは聴く人の心に心地よく響く。彼らの穏やかな日常に寄り添ったメッセージはきっと心に残るだろう。またジャケットワークは、前作「残響」から変化を遂げた人外的なキャラクターが描かれている。イラストレーター“革蝉”からの進化(=前進すること)のメッセージがここにも表れている。

2 tracks
Pop

“雨が止んで虹が出て 綺麗に見えたら”今までの過去があって今日がある。降り止まない雨などないと信じて… 今作は、作詞とアレンジをボーカルの宇野が、作曲を平牧が担当している。シキドロップとしてリリースされる楽曲としては初の共作となる。宇野の普遍的な情景を描写したあたたかな詞世界は優しく語りかけ、感情の尊さを教えてくれる。また平牧の変わらない柔らかなメロディーは聴く人の心に心地よく響く。彼らの穏やかな日常に寄り添ったメッセージはきっと心に残るだろう。またジャケットワークは、前作「残響」から変化を遂げた人外的なキャラクターが描かれている。イラストレーター“革蝉”からの進化(=前進すること)のメッセージがここにも表れている。

2 tracks
Pop

混沌としたこの世の中、予測不可能で不合理な環境にさらされても人は自分の人生を描いていく。世界はもう元の通りにならないけれども。前に進むことへの不安や悩み、そこで改めて気付く大事なもの。誰もが思う“今”の感情に寄り添うシキドロップの愛の言葉はずっと続いている。大丈夫、その先の光へ歩いていいんだと。今作もメンバー自身がアレンジまで行い、シンプルで温かみのある心地よく響くキャッチーなサウンドは、ジャンルに囚われない多彩な音楽性を物語っている。またビジュアル面において、これまで世界観を大きく広げていたイラストレーターsakiyamaから、イラストレーター“革蝉”へと新たなタッグを組み、擬人化的でノスタルジックな世界観で新たなシキドロップを魅せている。状況はどんどん変化していくけれども、自分らしく“今”を生きるというメッセージが込められた作品からシキドロップの“今”を感じて欲しい。

2 tracks
Pop

混沌としたこの世の中、予測不可能で不合理な環境にさらされても人は自分の人生を描いていく。世界はもう元の通りにならないけれども。前に進むことへの不安や悩み、そこで改めて気付く大事なもの。誰もが思う“今”の感情に寄り添うシキドロップの愛の言葉はずっと続いている。大丈夫、その先の光へ歩いていいんだと。今作もメンバー自身がアレンジまで行い、シンプルで温かみのある心地よく響くキャッチーなサウンドは、ジャンルに囚われない多彩な音楽性を物語っている。またビジュアル面において、これまで世界観を大きく広げていたイラストレーターsakiyamaから、イラストレーター“革蝉”へと新たなタッグを組み、擬人化的でノスタルジックな世界観で新たなシキドロップを魅せている。状況はどんどん変化していくけれども、自分らしく“今”を生きるというメッセージが込められた作品からシキドロップの“今”を感じて欲しい。

2 tracks
Pop

一歩先の未来も見えづらい混迷のこの時代を生きる人々へ、自分を受け入れ、進むしかないことを描いた平牧のリリックからは、そっと背中を押すような温かい愛が伝わってくる。また、今作よりこれまでのアレンジャーの手を離れ、メンバー自ら(宇野悠人)によるセルフアレンジとなり、シキドロップの音世界に新たな息吹きを加えたそのキャッチーなサウンドで、群雄割拠のJ-POPシーンにアプローチする。三部作を終えたシキドロップの新章スタートに相応しい作品となった。

2 tracks
Pop

一歩先の未来も見えづらい混迷のこの時代を生きる人々へ、自分を受け入れ、進むしかないことを描いた平牧のリリックからは、そっと背中を押すような温かい愛が伝わってくる。また、今作よりこれまでのアレンジャーの手を離れ、メンバー自ら(宇野悠人)によるセルフアレンジとなり、シキドロップの音世界に新たな息吹きを加えたそのキャッチーなサウンドで、群雄割拠のJ-POPシーンにアプローチする。三部作を終えたシキドロップの新章スタートに相応しい作品となった。

2 tracks
Pop

いよいよ物語は完結編へ。1stミニアルバム「シキハメグル」は、さよならをテーマにした“喪失”の物語。2ndミニアルバム「ケモノアガリ」は、また追いつこうと歩き出す“再生”の物語。そして今回の3rdミニアルバム「イタンロマン」では、自ら行動し世界を変えようとする“自認”の物語。「この3部作を通して、“人と生きて行くこと” そして、そこにある“巡り逢い” を描いた」という。これまでのミニアルバムを含め3部作として、今作がその完結編になる。「混沌としたこの世の中でも、最高の人生を描ける伴になれば」という祈りを込めたこのアルバムを是非聴いて欲しい。

7 tracks
Pop

いよいよ物語は完結編へ。1stミニアルバム「シキハメグル」は、さよならをテーマにした“喪失”の物語。2ndミニアルバム「ケモノアガリ」は、また追いつこうと歩き出す“再生”の物語。そして今回の3rdミニアルバム「イタンロマン」では、自ら行動し世界を変えようとする“自認”の物語。「この3部作を通して、“人と生きて行くこと” そして、そこにある“巡り逢い” を描いた」という。これまでのミニアルバムを含め3部作として、今作がその完結編になる。「混沌としたこの世の中でも、最高の人生を描ける伴になれば」という祈りを込めたこのアルバムを是非聴いて欲しい。

7 tracks
Pop

今回の3rdミニアルバム「イタンロマン」では、自ら行動し世界を変えようとする“自認”の物語。「この3部作を通して、“人と生きて行くこと” そして、そこにある“巡り逢い” を描いた」という。 アルバム発売に先駆け、先行リリースとなるのはシキドロップの第3章を告げるオープニング曲「イタンロマン」。壮大なEDMで現在の彼らの勢いを表現するこの曲を聴いてアルバムへの期待は高まるばかり。たとえ笑われたとしても愛や夢にかいた汗はきっと美しい。

1 track
Pop

今回の3rdミニアルバム「イタンロマン」では、自ら行動し世界を変えようとする“自認”の物語。「この3部作を通して、“人と生きて行くこと” そして、そこにある“巡り逢い” を描いた」という。 アルバム発売に先駆け、先行リリースとなるのはシキドロップの第3章を告げるオープニング曲「イタンロマン」。壮大なEDMで現在の彼らの勢いを表現するこの曲を聴いてアルバムへの期待は高まるばかり。たとえ笑われたとしても愛や夢にかいた汗はきっと美しい。

1 track
Pop

3rdミニアルバム「イタンロマン」を2021/2/17にリリースするシキドロップ。アルバム発売に先駆け、先行リリースとなる「エラー彗星」。前作からアプローチされた雑多なジャンル間のクロスオーバーはメンバー自身がサウンドプロダクションに関わり始めたことにより、その過渡期を迎えた。随所に見られるクラブミュージックエッセンスや、アーバンなサウンドは、昨今のお洒落なシティポップブームに乗りましたというより、独特な調合率でブレンドされ、まるで昭和のニューミュージックを想起させるような甘酸っぱい色合いで「大人になり切れない青臭い感情」を描くのに一役買っている。

1 track
Pop

3rdミニアルバム「イタンロマン」を2021/2/17にリリースするシキドロップ。アルバム発売に先駆け、先行リリースとなる「エラー彗星」。前作からアプローチされた雑多なジャンル間のクロスオーバーはメンバー自身がサウンドプロダクションに関わり始めたことにより、その過渡期を迎えた。随所に見られるクラブミュージックエッセンスや、アーバンなサウンドは、昨今のお洒落なシティポップブームに乗りましたというより、独特な調合率でブレンドされ、まるで昭和のニューミュージックを想起させるような甘酸っぱい色合いで「大人になり切れない青臭い感情」を描くのに一役買っている。

1 track
Pop

ASMR×演劇をコンセプトにYouTubeで公開された短編ドラマ「DUMMY 2032」の主題歌となったシキドロップの新曲「育つ暗闇の中で」前も後ろも右左も見失い、ただ真っ暗闇のそんな夜。 星を探して暗闇へ。闇の中でこそ星は光り輝く。自分を照らしている物のその大切さに、そこでこそ気が付ける。全てが逆説的で、でも前向きで。そんなモヤモヤを吐き散らかす独り言を歌った、闇の中で生きる人へのラブソング。

2 tracks
Pop

ASMR×演劇をコンセプトにYouTubeで公開された短編ドラマ「DUMMY 2032」の主題歌となったシキドロップの新曲「育つ暗闇の中で」前も後ろも右左も見失い、ただ真っ暗闇のそんな夜。 星を探して暗闇へ。闇の中でこそ星は光り輝く。自分を照らしている物のその大切さに、そこでこそ気が付ける。全てが逆説的で、でも前向きで。そんなモヤモヤを吐き散らかす独り言を歌った、闇の中で生きる人へのラブソング。

2 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

シキドロップ、イラストレーター“革蝉”制作の「名付け合う旅路」MV公開

シキドロップ、イラストレーター“革蝉”制作の「名付け合う旅路」MV公開

”宇野悠人”と”平牧仁"によるユニット“シキドロップ”が、2月2日に配信リリースしたミニアルバムより、タイトル曲「名付け合う旅路」のミュージックビデオをYouTubeにて公開した。 今作は、昨年配信リリースされたシングル曲「残響」・「傘」・「銀河鉄道」、

シキドロップ、4thミニAL『名付け合う旅路』を配信リリース

シキドロップ、4thミニAL『名付け合う旅路』を配信リリース

YouTuberとしてチャンネル登録者数が10万人を超え、1億回以上再生されている”宇野悠人”と、役者としてのキャリアを持つ”平牧仁"による異色ユニット“シキドロップ”が、約1年振りとなる4枚目のミニアルバム『名付け合う旅路』を配信リリースした。 「昨日

シキドロップ、新曲「銀河鉄道」を配信リリース

シキドロップ、新曲「銀河鉄道」を配信リリース

YouTuberとしてチャンネル登録者数が10万人を超え、1億回以上再生されている”宇野悠人”と、役者としてのキャリアを持つ”平牧仁"による異色ユニット“シキドロップ”が、セルフプロデュース第4弾となる「銀河鉄道」を配信リリースした。 「流れゆく車窓の景

シキドロップ、セルフプロデュース第3弾「傘」配信リリース

シキドロップ、セルフプロデュース第3弾「傘」配信リリース

シキドロップが、本日10月27日(水)にセルフプロデュース第3弾となる「傘」を配信リリースした。 「雨が止んだら歩き出そう。もう戻ることの無いあの日から。」 状況が日々変わるこの世の中で、気持ちの迷いや苦しみに遭遇してしまうことはある。そんな時にマインド

シキドロップ、セルフプロデュース第2弾「残響」を配信リリース

シキドロップ、セルフプロデュース第2弾「残響」を配信リリース

YouTuberとして1億回以上再生されている”宇野悠人”と、役者としてのキャリアを持つ”平牧仁"による異色ユニット“シキドロップ”が、本日9月15日(水)にセルフプロデュース第2弾となる「残響」を配信リリースした。 「“バイバイ” 進むために選ぶ何かを

シキドロップ、初のセルフアレンジ配信シングル “青春の光と影” MV公開

シキドロップ、初のセルフアレンジ配信シングル “青春の光と影” MV公開

YouTuberとして1億回以上再生されている宇野悠人と、役者としてのキャリアを持つ平牧仁による異色ユニット・シキドロップ。 そんな彼らが、7月7日(水)に配信リリースした “青春の光と影” のMVをYouTubeにて公開した。 「負の感情に支配されそう

View More News Collapse
シキドロップ、3部作完結編となる3rdミニアルバム『イタンロマン』をリリース

シキドロップ、3部作完結編となる3rdミニアルバム『イタンロマン』をリリース

YouTuberとして1億回以上再生されている”宇野悠人”と、「トッキュウジャー」、ミュージカル「テニスの王子様」など役者としてのキャリアを持つ”平牧仁"による異色ユニット“シキドロップ”が、3rdミニアルバム『イタンロマン』をリリースした。   201

シキドロップが配信シングル『育つ暗闇の中で』をリリース

シキドロップが配信シングル『育つ暗闇の中で』をリリース

YouTuberとして1億回以上再生されている宇野悠人と、「トッキュウジャー」など役者としてのキャリアを持つ平牧仁による異色ユニットシキドロップが、10月9日に配信シングル『育つ暗闇の中で』をリリースした。 「こんなご時世 闇の中で生きる人への ラブソン

Collapse

Articles

新たな表現へと向かう、シキドロップ4枚目のミニ・アルバム『名付け合う旅路』

インタヴュー

新たな表現へと向かう、シキドロップ4枚目のミニ・アルバム『名付け合う旅路』

ヴォーカルの宇野悠人と、役者としてのキャリアを持つ平牧仁によるユニット、シキドロップ。彼らが生み出した4枚目のミニ・アルバム『名付け合う旅路』は、これまでの3枚目のアルバムからさらに表現の幅が広がっています。アレンジにヴォーカルの宇野悠人が加わったことで、…

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

インタヴュー

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

YouTuberとして1億回以上再生されているヴォーカルの宇野悠人と、「トッキュウジャー」など役者としてのキャリアを持つ平牧仁による異色のユニット、シキドロップがサード・ミニ・アルバム『イタンロマン』をリリース。今回オトトイでは、シキドロップの2人にインタ…