album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
なにはともあれ  mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
拓く(人+言)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:05
タイムトラベル  mp3: 16bit/44.1kHz 03:48
周波数 feat. JUNY THE DOPE BOY  mp3: 16bit/44.1kHz 03:31
解除  mp3: 16bit/44.1kHz 03:41
SKIT (オリジナルルーティン)  mp3: 16bit/44.1kHz 02:53
音楽と会話  mp3: 16bit/44.1kHz 04:16
119  mp3: 16bit/44.1kHz 03:12
まごころと深切  mp3: 16bit/44.1kHz 03:09
自由型スキル feat. 漢 a.k.a. GAMI  mp3: 16bit/44.1kHz 02:40
追い風  mp3: 16bit/44.1kHz 04:14
フィーリンググッド feat. 嶋野百恵  mp3: 16bit/44.1kHz 03:24
音信 remix  mp3: 16bit/44.1kHz 04:00
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 45:09
Album Info

2014年5月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして年末に発表されたインストアルバム「COMPLETED TUNING INSTRUMENTALS」、そして2015年1月にBLACK SWANから発表された最新EP「GEAR」とシーンへのカムバックから圧倒的な制作スピードで話題作を送り出すLIBROによる最新作「拓く人」。「COMPLETED TUNING」発表時にもリスナーから多くの声があがっていた「もっとLIBROがマイクを握った作品を聞きたい」との声に呼応するように、全編で自身がマイクを握った渾身のソロアルバム。勿論ビートは全てLIBRO自身。その中にもスパイスを利かせる客演として「GEAR」で共演したJUNY THE DOPEBWOY、「マイクロフォンコントローラー」での共演もバッチリだった鎖GROUPの漢 a.k.a. GAMI、「COMPLETED TUNING」の1曲目を飾った抜群の相性を魅せる歌姫嶋野百恵が参加。

Discography

HipHop/R&B

1997年リリースの「軌跡」から始まった自身の“軌跡”となる20年を祝った『祝祭の和音』から1年、アルバムとしては『風光る』から2年半振りとなるアルバムはブレずに歌い、鳴らし続けるLIBROの言葉と音が詰まった渾身の一作。客演には“オトニカエル”(EVISBEATS「ムスヒ」収録)で初共演を果たしたEVISBEATS、“マイクロフォンコントローラー”(「COMPLETED TUNING」収録)以来の共演となるMEGA-G、サイプレス上野が参加。

HipHop/R&B

1977年リリースのデビュー作「軌跡」から20年。深化させてきた声やフロウ、姿勢、リリックの内容や胸の内の変遷を既存曲のセルフ・ミックスを中心に、ソロ曲、鬼、小林勝行を迎えた新曲や、DJ BAKUによる「雨降りの月曜」等を収録。この20年の変化と不変を再発見、及び再構築した祝祭作。

HipHop/R&B

昨年から怒涛のリリースを続け、最新作:嶋野百恵との「オトアワセ」も話題を呼んだLIBROの新作アルバム。

HipHop/R&B

2014年5月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして年末に発表されたインストアルバム「COMPLETED TUNING INSTRUMENTALS」、そして2015年1月にBLACK SWANから発表された最新EP「GEAR」とシーンへのカムバックから圧倒的な制作スピードで話題作を送り出すLIBROによる最新作「拓く人」。「COMPLETED TUNING」発表時にもリスナーから多くの声があがっていた「もっとLIBROがマイクを握った作品を聞きたい」との声に呼応するように、全編で自身がマイクを握った渾身のソロアルバム。勿論ビートは全てLIBRO自身。その中にもスパイスを利かせる客演として「GEAR」で共演したJUNY THE DOPEBWOY、「マイクロフォンコントローラー」での共演もバッチリだった鎖GROUPの漢 a.k.a. GAMI、「COMPLETED TUNING」の1曲目を飾った抜群の相性を魅せる歌姫嶋野百恵が参加。

HipHop/R&B

ロングセールスを記録する前作"night canoe"から早5年...brLIBROによる当代きっての個性的なラッパーを招いたbr暖かいながらもリアルなヒップホップアルバムが完成。 brbr自身の新レーベル:AMPED MUSICからのリリース第2弾となる本作。2009年に発表されたLIBRO名義初のインストアルバムとなった前作"night canoe"は、旅の記憶を頼りにLIBRO独特の話法で紡いだ、決して派手ではないがシネマティックでロウなビートが話題となり、「ビートメイカーのイ ンストアルバム」という領域を超えて幅広いフィールドで評価された。あれから5年、ブレずにMPCによるビートメイキングの手法を軸に組み上げたトラック に、東西を問わない唯一無二の個性的なラッパーを招いた"COMPLETED TUNING"が完成。言葉の飴と鞭で背中を押すようなラップとLIBRO節が冴え渡るトラックが絶妙なバランスで統一された、暖かくもリアルなヒップ ホップアルバム。自身もラップで参加。

HipHop/R&B

リブロ1998年リリースの日本語ラップ・クラシック。自ら手掛けた珠玉のトラックは、手探りでスリリングなサンプリング・ソースと、自由に発想されたドラムワークが、時代を選ばない甘酸っぱい情感を思わせ、メロディを帯びたリブロのフロウによる相乗効果も抜群に素晴らしい。TENORIO JR."NEBULOSA"を、オールスクールドラムと構築した"雨降りの月曜"、GHOSTFACE KILLER"DAYTONA"をモチーフにしたKM-MARKIT(UBG)、ARK(BACKGAMONN)、DOBINSKI、DJ TONKとの"DOYTENA"も収録。

News

泉まくら、豪華プロデューサー陣が支える新作よりティザー映像公開

泉まくら、豪華プロデューサー陣が支える新作よりティザー映像公開

泉まくらが4月22日(水)に2ndアルバム『愛ならば知っている』をリリース(OTOTOYからも配信を予定)。同作のティザー映像がYouTube上にて公開された。 愛をテーマに制作された今作は、泉まくらにとって1年半ぶりの作品。メイン・プロデューサーにna

映画「テラスハウス」劇中歌にも起用、泉まくらが愛をテーマにした新作リリース

映画「テラスハウス」劇中歌にも起用、泉まくらが愛をテーマにした新作リリース

泉まくらが4月22日(水)に2ndアルバム『愛ならば知っている』をリリースする。今作は2013年10月発表の1stアルバム『マイルーム・マイステージ』以来、約1年半ぶりの作品となる。 mabanua、菅野よう子との共作曲がアニメ「スペース☆ダンディ」に、

Articles

〈自分をさらけ出す〉決意を固めたベテラン・ラッパー――LIBRO『風光る』インタビュー

インタヴュー

〈自分をさらけ出す〉決意を固めたベテラン・ラッパー――LIBRO『風光る』インタビュー

〈自分をさらけ出す〉決意を固めたベテラン・ラッパー――LIBRO『風光る』インタビュー 97年に活動をスタートしたトラック・メイカー/ラッパー、LIBRO。2014年に約5年ぶりとなるアルバム『COMPLETED TUNING』をリリースして以降、それまで…