album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Party Over  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54
Good S***it  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:50
Mahbie's step  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:05
Take it two  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:57
P.O.H.  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:22
Space Brothers (feat. 田我流 & Bobby Bellwood) -- MAHBIE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:40
Yes I do  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
City Hunter  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
Cosmo  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
Merry Christmas Mr. Patrasche  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:21
Ascension  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:29
Yoake  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:26
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 46:28
Album Info

田我流、Bobby BellwoodをFeatしたアルバムタイトル曲「Space Brothers」はクラシック認定! ! 岩手の大地に育まれたビートレスラー=MAHBIE待望のファーストアルバムが完成。SP-404を操り、全国各地でビート巡業を重ねて培った独自のグルーヴ/サンプリング・センス際立つ、黒さに溢れるハイブリッドなビート /サウンドが世界を温かく揺らす! 岩手県・盛岡のJazzy Sportに世界中から届けられるニュータイプのビートや、町のリサイクルショップで掘り起こしたカビ臭いネタレコードにまみれて、音楽の旅をスタートしてから十数年・・・・。SP-404を操り、ワン&オンリーなグルーヴ/サンプリングセンスをもって、全国各地でビート巡業を重ね、黒さ溢れるハイブリッドなビート/サウンドに磨きを掛けてきたビートレスラー=MAHBIE。2017年、待望のフルアルバム『Space Brothers』をリリース。胸に響くピアノ・リフレインと共にアルバムの幕開けを飾る「Party Over」、Jamalライクなフレーズを織り交ぜ、熟練のヒップホップな耳を引き寄せつつレゲエ・ダブも感じさせるフレッシュなグルーヴ/サウンドを届ける「Mahbie's Step」、J Dillaの意匠を感じさせる「Take It Two」、"鳴り"の良さの際立ちとズルムケのグルーヴ感に圧倒される「P.O.H.」と、新感覚のハイブリッドなヒップホップ・サウンドの中に、黒さや懐かしさ、優しさを織り込むMAHBIE節が展開されていく前半。そしてアルバム・タイトル曲にしてハイライトと呼べるスペシャルナンバー「Space Brothers feat. 田我流, Bobby Bellwood」では、現在の拠点である山梨にて交流を続ける田我流、そしてMAHBIEが心の師と仰ぐBobby Bellwoodとのコラボレーションが実現。田我流による未来や過去へ向けた時空を超えるリスペクト溢れるピュアなリリックは涙腺を掻き乱し、 Bobby Bellwoodによるご機嫌なバックコーラスが不変のソウル感を増幅させていく。音楽史に名を残すあの曲のフレーズも深く織り込まれ、クラシック認定を決定づける名曲になっている。そして後半からは、AORディスコ、ブラジリアン・レアグルーヴのソース/テイストを感じる2曲のビートダウン的ダンストラックを展開し、Count Bass DやSlum Villageへのオマージュも内包した楽曲「Ascension」、ハートウォームなオルガンが最幸の音時間を彩るラストTRK「Yoake」と、自身の音楽人生の集大成と呼ぶに相応しいサウンドを送り届ける。Jazzy Sport部屋から世界の土俵へ。岩手の大地に育まれたビートレスラーMAHBIEのサウンドが世界を温かく揺らす!

Discography

HipHop/R&B

田我流、Bobby BellwoodをFeatしたアルバムタイトル曲「Space Brothers」はクラシック認定! ! 岩手の大地に育まれたビートレスラー=MAHBIE待望のファーストアルバムが完成。SP-404を操り、全国各地でビート巡業を重ねて培った独自のグルーヴ/サンプリング・センス際立つ、黒さに溢れるハイブリッドなビート /サウンドが世界を温かく揺らす! 岩手県・盛岡のJazzy Sportに世界中から届けられるニュータイプのビートや、町のリサイクルショップで掘り起こしたカビ臭いネタレコードにまみれて、音楽の旅をスタートしてから十数年・・・・。SP-404を操り、ワン&オンリーなグルーヴ/サンプリングセンスをもって、全国各地でビート巡業を重ね、黒さ溢れるハイブリッドなビート/サウンドに磨きを掛けてきたビートレスラー=MAHBIE。2017年、待望のフルアルバム『Space Brothers』をリリース。胸に響くピアノ・リフレインと共にアルバムの幕開けを飾る「Party Over」、Jamalライクなフレーズを織り交ぜ、熟練のヒップホップな耳を引き寄せつつレゲエ・ダブも感じさせるフレッシュなグルーヴ/サウンドを届ける「Mahbie's Step」、J Dillaの意匠を感じさせる「Take It Two」、"鳴り"の良さの際立ちとズルムケのグルーヴ感に圧倒される「P.O.H.」と、新感覚のハイブリッドなヒップホップ・サウンドの中に、黒さや懐かしさ、優しさを織り込むMAHBIE節が展開されていく前半。そしてアルバム・タイトル曲にしてハイライトと呼べるスペシャルナンバー「Space Brothers feat. 田我流, Bobby Bellwood」では、現在の拠点である山梨にて交流を続ける田我流、そしてMAHBIEが心の師と仰ぐBobby Bellwoodとのコラボレーションが実現。田我流による未来や過去へ向けた時空を超えるリスペクト溢れるピュアなリリックは涙腺を掻き乱し、 Bobby Bellwoodによるご機嫌なバックコーラスが不変のソウル感を増幅させていく。音楽史に名を残すあの曲のフレーズも深く織り込まれ、クラシック認定を決定づける名曲になっている。そして後半からは、AORディスコ、ブラジリアン・レアグルーヴのソース/テイストを感じる2曲のビートダウン的ダンストラックを展開し、Count Bass DやSlum Villageへのオマージュも内包した楽曲「Ascension」、ハートウォームなオルガンが最幸の音時間を彩るラストTRK「Yoake」と、自身の音楽人生の集大成と呼ぶに相応しいサウンドを送り届ける。Jazzy Sport部屋から世界の土俵へ。岩手の大地に育まれたビートレスラーMAHBIEのサウンドが世界を温かく揺らす!

V.A.

" perfect world " 三者三様、それぞれの世界観を表現する3人のsound designer、STEEEZO 、MAHBIE、スティルイチミヤのYOUNG-G(stillichimiya) と独自の声質とwritingでフローするラッパーCHILI、"SARAしぼ"で1曲参加している昭和の銀幕俳優を彷彿とさせるこれまたスティルイチミヤのラッパーMMM 。 みんなで面白いアルバム創りました。 要らないのに必要だったり、大好きなのに大嫌いだったり、1番近くに敵が居たり、悲しいことがあってもメシを喰います。世の中は"廻っている" ということになります"完璧"に。 こう捉えたら気持ちがラクになるよと時にこちらに問いかけるようなリリック。産地直送の新鮮なサウンド。"初期衝動"のまま仕上げたFRESHな作品となりました。

V.A.

" perfect world " 三者三様、それぞれの世界観を表現する3人のsound designer、STEEEZO 、MAHBIE、スティルイチミヤのYOUNG-G(stillichimiya) と独自の声質とwritingでフローするラッパーCHILI、"SARAしぼ"で1曲参加している昭和の銀幕俳優を彷彿とさせるこれまたスティルイチミヤのラッパーMMM 。 みんなで面白いアルバム創りました。 要らないのに必要だったり、大好きなのに大嫌いだったり、1番近くに敵が居たり、悲しいことがあってもメシを喰います。世の中は"廻っている" ということになります"完璧"に。 こう捉えたら気持ちがラクになるよと時にこちらに問いかけるようなリリック。産地直送の新鮮なサウンド。"初期衝動"のまま仕上げたFRESHな作品となりました。