How To Buy
TitleDurationPrice
hone  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:22
fuckin' boy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:29
SAKURAI SHO  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:50
302  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 00:18
talk to you  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:35
thinking?  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:57
orange  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:55
heart interlude  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:13
Tiffany  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 18:30
Album Info

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの初となるMixtape。

これまで内省的なリリックと優しい特徴的なフロウが多かったgummyboyだが、先行リリースされている「f***in' boy」と「thinking?」では、新しい一面とレベルアップしたサウンドを既に聴かせてくれている。

本作「The World of Tiffany」では、これまでのgummyboyからは想像できなかった幅広いサウンドとフロウが収録されており、代名詞ともいえるリスナーの共感を生むリアルなリリックもレベルアップした形で聞くことができる。

「hone」から始まる前半3曲は2019年のMall Boyzの勢いを再現するかのような圧倒的な勢いが見られ、後半はgummyboyの真骨頂とも言えるメロウなサウンドが続く。最後に収録されている「Tiffany」では2019年を経たgummyboyの心情が丁寧に表現されたリリックが散りばめられており、全体を通してgummyboyというアーティストの圧倒的な成長が垣間見えつつ、今後にも期待できる内容になっている。

既に多くのライブアクトも決まっており、昨年よりも一層ソロ活動を活発化させているgummyboy。飛躍の年になるであろう2020年のスタートにふさわしい内容のMixtapeとなった。

Discography

HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

1 track
HipHop/R&B

シングル曲 Samuragochi (ん?ん?ん?)をリリース ん? ん? ん?というワードが特徴の本楽曲は、 gummyboyのナードなリリックとLil’ Yukichiのハードさもあり、不気味なビートが一度聴いたら頭から離れず、ミーム汚染のように聞くものの脳内へ広がっていく。プロデュースはLil’ Yukichiが担当。

1 track
HipHop/R&B

シングル曲 Samuragochi (ん?ん?ん?)をリリース ん? ん? ん?というワードが特徴の本楽曲は、 gummyboyのナードなリリックとLil’ Yukichiのハードさもあり、不気味なビートが一度聴いたら頭から離れず、ミーム汚染のように聞くものの脳内へ広がっていく。プロデュースはLil’ Yukichiが担当。

1 track
HipHop/R&B

2022年2月リリースアルバム「Moonlight Sword」が好評だったアーティストgummyboyがシング ル曲「wit me」をリリースする。 自身のルーツであるヒップホップを拡張し、透明感のあるサウンドと愛をテーマにしたリリックが乗ったgummyboyの新たなマスターピースが誕生した。 サウンドプロデュースは奈良を拠点にするコレクティブ〈HEAVEN〉のメンバーで、これまでAgeFactoryの楽曲を手がけるプロデューサーとしての動きが目立っていたRY0N4が担当した。

1 track
HipHop/R&B

2022年2月リリースアルバム「Moonlight Sword」が好評だったアーティストgummyboyがシング ル曲「wit me」をリリースする。 自身のルーツであるヒップホップを拡張し、透明感のあるサウンドと愛をテーマにしたリリックが乗ったgummyboyの新たなマスターピースが誕生した。 サウンドプロデュースは奈良を拠点にするコレクティブ〈HEAVEN〉のメンバーで、これまでAgeFactoryの楽曲を手がけるプロデューサーとしての動きが目立っていたRY0N4が担当した。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1st EP『Ultimate Nerd Gang』のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。2021年には「Woo Wee」がYoutubeで50万回再生を突破するなどシングル曲がヒット、飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 gummyboyが、先日リリースしたニューアルバム『Moonlight Sword』に続き、早くもニューシングル『bitch hold on!』をリリースした。 本作は、シンプルでありながらもバウンシーなトラックの上でgummyboyらしいユーモアあるリリックが印象的な内容となった。またプロデューサーには前作に続き、SATOHのプロデューサーとしても活躍するkyazmが担当。前作のニューアルバム『Moonlight Sword』でも感じられた、ヒップホップがベースにありながらもどこかポップな音楽性が感じられる作品に仕上がった。 2022年、ニューアルバム『Moonlight Sword』のリリースや東京大阪でのリリースパーティーの成功などアーティストとして大きく成長したgummyboyの新曲を是非一度聞いて欲しい。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1st EP『Ultimate Nerd Gang』のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして『Mall Tape』を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。2021年には「Woo Wee」がYoutubeで50万回再生を突破するなどシングル曲がヒット、飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 gummyboyが『The World of Tiffany』(2020)以来、2年ぶりとなるニューアルバム『Moonlight Sword』をリリースした。本作は、自身の物語を劇画的に表現したgummyboyらしいユーモアあるリリックが際立つ内容となった。トラックには、SATOHのプロデューサーとしても活躍するkyazmが全曲に携わり、ヒップホップだけでなく、ロックやJ-POPに通じる多様な音楽性を持った作品に仕上がった。 また客演には、Elle Teresa、Gokou Kuyt、LINNAFIGGを迎えており、本人達が持つキャラクターとアルバムの世界観が自然にマッチしている。 Mall Boyzに所属するHAM384が担当したアートワークは、本作の物語性を直裁的に表現しており、gummyboyの世界観に彩を添えている。アルバムのリリース以降も、MVやリリースツアーの予定が控えており、今後の活動にも注目だ。

11 tracks
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。2021年には「Woo Wee」などのシングル群がヒット、Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 本作『it's OK』は、2月にリリース予定のアルバムからの先行シングルとなる。 前回のリリース"Dragon"で抜群の相性を見せたkyazmを再びプロデューサーに迎えた。 爽やかなトラックの上で、一度聞いたら口ずさみたくなるようなフレーズ『it's OK』が印象的な楽曲となった。 アートワークは同じくMall Boyzに所属するHAM384が担当。 今回の楽曲の持つどこか寂しい雰囲気がうまく引き出されている。 来年には現在製作中のアルバムのリリースを控えているとのこと。 今後のgummyboyの活動に是非注目して欲しい。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。2021年には「Woo Wee」などのシングル群がヒット、Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 本作「Dragon」は今年8月にリリースした「How you feeling」以降、約3か月振りのリリースとなる。 前回のリリースで抜群の相性を見せたプロデューサーkyazmを再度迎え、ダンスミュージックをベースにどこか寂しさや抜け感のあるトラックの上で、gummyboyらしいフローがマッチした楽曲となった。 アートワークは同じくMall Boyzに所属するHAM384が担当。 二人の普段の距離感から生まれた今回のアートワークは楽曲の持つ壮大さをより引き立たせてくれる。 また、来年にはアルバムのリリースを控えているとのこと。今後のgummyboyの活動に是非注目して欲しい。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 6月にGokou Kuytを客演に迎えリリースした「game」以降、約1か月振りのリリースとなる本作「How you feeling」 プロデューサーに東京を拠点に活動するネオハイパーポップ系デュオSATOHからkyazmを迎えた。ギターサウンドから始まりハイブリットな展開を見せるトラックの上で、gummyboyらしいフローと自身の生活や心情がピュアに反映された等身大なリリックがマッチした内容となっている

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 4月にリリースされたシングル「STU」、5月にはElle Teresaをフィーチャリングした「Woo Wee」に続く3ヶ月連続リリースとなる本作。アニメや様々なサブカルチャーを経由、ポップスとテン年代型ヒップホップとの接近が独自の人気を誇るGokou Kuytが客演。釈迦坊主らを中心とするイベント「TOKIO SHAMAN」などを通じて親交の深い2人が、ビデオゲームを連想させるキャッチーなトラックでそれぞれの個性を発揮している。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 先月リリースされたシングル「STU」から連続のリリースとなる本作「Wowee」は、普段から親交の深いElle Teresaを客演に迎えている。タイトなビートにgummyboyの耳に残る印象的なフックと、Elle Teresaの挑発的だが愛嬌のあるリリックで、互いの良さが存分に引き出された楽曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

2018年末、1stEP「Ultimate Nerd Gang」のリリースからアーティストとしての頭角をあらわし、直後Tohjiと共にMall Boyzとして「Mall Tape」を発表。収録された「Higher」が2019年を代表する大ヒットとなり、その名を一躍知らしめたgummyboy。Tohjiとは対照的な飾らないキャラクターが根強いファンを獲得している。 先月リリースされたシングル「STU」から連続のリリースとなる本作「Wowee」は、普段から親交の深いElle Teresaを客演に迎えている。タイトなビートにgummyboyの耳に残る印象的なフックと、Elle Teresaの挑発的だが愛嬌のあるリリックで、互いの良さが存分に引き出された楽曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

突如シーンに姿を表し、2019年に世代を代表する存在にまで成長したMall Boyz。Tohjiと共に超満員のO-EastやLIQUIDROOM、またUltra Koreaへの出演を果たしたgummyboyは、ソロとして2020年2月には自身初のミックステープ「The World of Tiffany」をリリース。ハードなトラップだけではなく、叙情的なリリックでメロウな曲調までを自由に乗りこなし、独自のアーティスト像を確立している。 本作は一度耳にしたら忘れられないカラフルでポップなサウンドが、世界中に多くのファンを持つTomgggによる「Tiffany」のリミックスワーク。 ダンスミュージックやアイドルの楽曲などが目立つTomgggだが、2020年1月にリリースされたの4年ぶりの新作『Unbalance』では台湾のシンガーやマレーシアの若手ラッパーを起用するなど、近年ヒップホップのリミックスなどを公開することも多くなっている。SoundCloud上でのみ発表されたMall Boyz「mallin' (Tomggg Remix) 」もそのうちの一つで、異色のコラボレーションながらも多くのクラブでプレイされた。 gummyboyによるミックステープのタイトル曲でもある「Tiffany」は内省的なリリックと感傷的なトラックが特徴だったが、本作ではTomgggによる親しみやすいポップなサウンドが加えられ、楽曲に新しい解釈を与えている。

1 track
HipHop/R&B

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの初となるMixtape。 これまで内省的なリリックと優しい特徴的なフロウが多かったgummyboyだが、先行リリースされている「f***in' boy」と「thinking?」では、新しい一面とレベルアップしたサウンドを既に聴かせてくれている。 本作「The World of Tiffany」では、これまでのgummyboyからは想像できなかった幅広いサウンドとフロウが収録されており、代名詞ともいえるリスナーの共感を生むリアルなリリックもレベルアップした形で聞くことができる。 「hone」から始まる前半3曲は2019年のMall Boyzの勢いを再現するかのような圧倒的な勢いが見られ、後半はgummyboyの真骨頂とも言えるメロウなサウンドが続く。最後に収録されている「Tiffany」では2019年を経たgummyboyの心情が丁寧に表現されたリリックが散りばめられており、全体を通してgummyboyというアーティストの圧倒的な成長が垣間見えつつ、今後にも期待できる内容になっている。 既に多くのライブアクトも決まっており、昨年よりも一層ソロ活動を活発化させているgummyboy。飛躍の年になるであろう2020年のスタートにふさわしい内容のMixtapeとなった。

9 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

CINRA主催〈CROSSING CARNIVAL'20〉第2弾出演者発表

CINRA主催〈CROSSING CARNIVAL'20〉第2弾出演者発表

CINRA.NET主催の音楽イベント〈CROSSING CARNIVAL'20〉の第2弾出演者が発表された。 5回目の開催となる〈CROSSING CARNIVAL〉。今回は「変化」をテーマに据えて、5月16日にTSUTAYA O-EAST、TSUTAY