album jacket
TitleDurationPrice
スウィング・トゥ・バップ -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 09:02 Add Track
サヴォイでストンプ -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 08:20 Add Track
アップ・オン・テディズ・ヒル -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:16 Add Track
ダウン・オン・テディズ・ヒル -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:12 Add Track
ガイズ・ガット・トゥ・ゴー -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:29 Add Track
リップス・フリップス -- チャーリー・クリスチャン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:01 Add Track
スターダスト 1 -- ディジー・ガレスピー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:21 Add Track
ケルアック -- ディジー・ガレスピー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:42 Add Track
スターダスト 2 -- ディジー・ガレスピー  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:26 Add Track
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 51:49
Album Info

1938年にNYCのハーレムに開店したミントンズ・プレイハウスは、 1940年にバンドリーダーのテディ・ヒルがマネージャーに迎えられると、 スウィング・ジャズに飽き足らない若手ミュージシャンたちが仕事が終わったあと夜ごと集まりジャム・セッションを繰り広げ、 その後ビバップとなる新しいムーヴメントを創り上げていった。 本作は当時大学生でのちにレコーディング技師となるジェリー・ニューマンが録音したビバップ誕生前夜の歴史的な記録で、 モダンジャズの聖典として必携・必聴の作品である。 発表当時から一部の演奏でセロニアス・モンクがピアノを弾いていると言われてきたが、 現在では否定されている。 最初の6曲にモダンジャズ・ギターの開祖チャーリー・クリスチャンが参加しているが、 クリスチャンは25歳で病死したため残された録音は少なく、 これらセッションは極めて貴重だ。 あとの3曲はトランペットのディジー・ガレスピーがリーダーのジャム・セッション。 うち2曲はやはりニューヨークのモンローズ・アップタウン・プレイハウスでの演奏。 いずれも1941年の録音。

Popular albums of same genre

Discography