album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Verdi: Requiem -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 08:48 N/A
2
Verdi: Dies Irae -- ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤンウィーン楽友協会合唱団  dsf: 1bit/2822400Hz 02:25 N/A
3
Verdi: Tuba Mirum -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 03:40 N/A
4
Verdi: Liber Scriptus -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団クリスタ・ルートヴィヒ  dsf: 1bit/2822400Hz 05:30 N/A
5
Verdi: Quid Sum Miser -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタ  dsf: 1bit/2822400Hz 03:54 N/A
6
Verdi: Rex Tremendae -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 03:56 N/A
7
Verdi: Recordare -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒ  dsf: 1bit/2822400Hz 04:21 N/A
8
Verdi: Ingemisco -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団カルロ・コッスッタ  dsf: 1bit/2822400Hz 03:58 N/A
9
Verdi: Confutatis -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 05:48 N/A
10
Verdi: Lacrymosa -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 06:08 N/A
11
Verdi: Offertorium -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 11:33 N/A
12
Verdi: Sanctus -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団  dsf: 1bit/2822400Hz 03:08 N/A
13
Verdi: Agnus Dei -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ミレッラ・フレーニクリスタ・ルートヴィヒ  dsf: 1bit/2822400Hz 05:12 N/A
14
Verdi: Lux Aeterna -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団クリスタ・ルートヴィヒカルロ・コッスッタニコライ・ギャウロフ  dsf: 1bit/2822400Hz 06:48 N/A
15
Verdi: Libera Me -- ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン楽友協会合唱団ミレッラ・フレーニ  dsf: 1bit/2822400Hz 13:51 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Classical/Soundtrack

魔笛は、モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピールであり、モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ

Classical/Soundtrack

オペラ「フィガロの結婚」は、フランスの劇作家ボーマルシェが1778年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲をもとにモーツァルトが1786年に作曲した。 序曲は流麗かつ華麗な曲調で、現代ではモーツァルトの序曲の中で一・二を争うほどの人気があり、コンサートでは序曲単独で演奏されることも多い。

View More Discography Collapse
Collapse