album jacket
TitleDurationPrice
Just Like a Woman  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:55
I’ve Been Working  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:09
Friday’s Child  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:39
Hound Dog  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:50
Ballerina  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 08:57
Dead or Alive  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:26
Tupelo Honey  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:18
Wild Night  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:02
Blue Monday  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:10
Buonasera Signorina  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:46
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 56:12

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Rock
ロックの殿堂入りを果たしているアイルランドが生んだ孤高の伝説的シンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンが37作目となる最新アルバム『ローリング・ウィズ・ザ・パンチズ』をリリース。2008年にリリースしたオリジナル・アルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから35年目にして自身初の全米トップ10入りを果たし、2012年リリースの最新オリジナル・アルバム『ボーン・トゥ・シング:ノー・プラン・B』は全世界で32万枚のセールスを達成。2015年にリリースされた『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』は全世界で50万枚のセールスを達成、昨年リリースした前作アルバム『Keep Me Singing』はUKチャート初登場4位、USでも9位獲得するなど、近年においてもその人気は上昇している。
Rock
ロックの殿堂入りを果たしているアイルランドが生んだ孤高の伝説的シンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンが37作目となる最新アルバム『ローリング・ウィズ・ザ・パンチズ』をリリース。2008年にリリースしたオリジナル・アルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから35年目にして自身初の全米トップ10入りを果たし、2012年リリースの最新オリジナル・アルバム『ボーン・トゥ・シング:ノー・プラン・B』は全世界で32万枚のセールスを達成。2015年にリリースされた『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』は全世界で50万枚のセールスを達成、昨年リリースした前作アルバム『Keep Me Singing』はUKチャート初登場4位、USでも9位獲得するなど、近年においてもその人気は上昇している。
Rock
ロックの殿堂入りを果たし来年にはソロ・デビュー50周年を迎える、アイルランドが生んだ孤高の伝説的シンガー・ソングライター、ヴァン・モリソンが36作目となる最新アルバム『キープ・ミー・シンギン』をリリース!自らが全曲のプロデュースを手掛けている今作アルバム、ヴァン・モリソンによって書かれた12曲のオリジナル・トラックと1曲のカヴァーが収録された合計13曲56分の大作が完成。アレサ・フランクリンやケニー・ロジャース等にもカヴァーされているブルースの名曲「Share Your Love With Me」(作詞作曲 : アルフレッド・バックス、ドン・ロービー)も収録されている。有名作詞家、ドン・ブラックとの共作曲も収録されており、アルバムの最後を飾る「Caledonia Swing」はヴァンがピアノとサックスを演奏したインストルメンタル・トラック。2008年にリリースしたオリジナル・アルバム『キープ・イット・シンプル』は、ソロ・デビューから41年目にして自身初の全米トップ10入りを果たし、2012年リリースの最新オリジナル・アルバム『ボーン・トゥ・シング:ノー・プラン・B』は全世界で32万枚のセールスを達成。昨年リリースされた前作『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』は全世界で50万枚のセールスを達成するなど、近年においてもその人気は上昇している。
View More Discography Collapse