album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Don't be so sad -- DJまほうつかい  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:01 Album Purchase Only
windandwindows -- DJまほうつかい  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:40 Album Purchase Only
Last Summer -- DJまほうつかい  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:08 Album Purchase Only
Guillotine -- DJまほうつかい  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:04 Album Purchase Only
Ghosts in the Forest -- DJまほうつかい × 吉田隆一(blacksheep)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:11 Album Purchase Only
Hollow -- DJまほうつかい × 吉田隆一(blacksheep)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:10 Album Purchase Only
All those moments will be lost in time -- DJまほうつかい × 吉田隆一(blacksheep)× MOE(Moe and ghosts)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:06 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 22:20
Album Info

8月27日に初の作品集(画集)『くらやみ村のこどもたち』を宝島社から刊行するマンガ家の西島大介。この西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、昨年8月に発表した『All those moments will be lost in time EP』から約1年振りとなる最新EP『Ghosts in the Forest EP』をHEADZ内レーベルWEATHERからリリース。タイトル・トラックとなる「Ghosts in the Forest」は軽快なピアノ・タッチが印象的な、古き良き海外のアニメーションのサウンドトラックを想起させる自作曲のピアノ・インストルメンタル。CMソングとしてRCC中国放送のTVCM曲にも採用された。2曲目は、ヘヴィ・メタルをエレクトロニカの文法で再構築したMetaltronicaシリーズの最新作で、タイトル曲にスリラー感を加味した、その名もホーンテッド・ミックス。3曲目は、ぽわぽわPとも呼ばれ、ボーカロイドシーンや音楽シーンで活躍する弱冠19歳のサウンドクリエーター椎名もたが、西島のマンガ作品に多 大にインスパイアされた、ほぼ書き下ろしの新曲とも言える「1UP Suicide remix」を提供している。4曲目として、著作『すべてがちょっとずつ優しい世界』が、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出されたことで出演が決定した、第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 ラウンジトーク&ライブパフォーマンス“Sound and Vision”でのライブ演奏を全編収録。このライブは1トラックながらタイトル曲を始め全7曲を収録しており、“SF + ジャズ”をコンセプトにした変則ジャズ・ユニット、blacksheepのリーダーで、西島がジャケットのイラストを手掛けたことで以前より交流のあるバリトン・サックス奏者の吉田隆一、最近では菊地成孔と大谷能生のジャジー・ヒップホップ・ユニット、JAZZ DOMMUNISTERSにもフィーチャリングされ、更に注目を集めているMoe and ghostsのラップ担当、MOEがゲスト参加し、緊迫感溢れる素晴らしいパフォーマンスが見事に音源化されている。ミックスおよびマスタリングは前作『All those moments will be lost in time EP』に続き、detune.のメンバーであり、蓮沼執太フィルのメンバーとしても活躍する石塚周太が担当。ジャケット・イラストは勿論、西島大介本人が担当。

Discography

Dance/Electronica

マンガ家、西島大介がついにDJまほうつかいとして、全曲自作の初のピアノ・ソロ・アルバムをリリースする。蓮沼執太のお墨付きで『All those moments will be lost in time EP』をリリースしたのが2013年8月、昨年8月には『Ghosts in the Forest EP』(Moe and ghostsのMoe、blacksheepや新垣隆とのデュオでも有名な吉田隆一をフィーチャーしたライブ音源を収録)を発表してきたが、今年8月はフル・アルバムの発売が決定。2012年に刊行され、第三回広島本大賞を受賞し、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品に選出された『すべてがちょっとずつ優しい世界』(講談社)や、作品集『くらやみ村のこどもたち』(宝島社)で描かれた世界観をそのまま音楽に反映したかのような、静寂さと郷愁が同居した、はかなくも美しいソロ・ピアノ集。ポスト・クラシカルよりもプリミティヴに、ピアノの音と響きのみを生かしたシンプル構成であるにも拘らず、ひとつひとつの音色や強度や振動を聞き手が十分に咀嚼できるような間をもっていて、手触りや時間の感覚や、音と音との間の沈黙を空間と捉えさせてくれる。先入観無く、この素晴らしい楽曲たちに接して頂けると幸いです。

Dance/Electronica

8月27日に初の作品集(画集)『くらやみ村のこどもたち』を宝島社から刊行するマンガ家の西島大介。この西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、昨年8月に発表した『All those moments will be lost in time EP』から約1年振りとなる最新EP『Ghosts in the Forest EP』をHEADZ内レーベルWEATHERからリリース。タイトル・トラックとなる「Ghosts in the Forest」は軽快なピアノ・タッチが印象的な、古き良き海外のアニメーションのサウンドトラックを想起させる自作曲のピアノ・インストルメンタル。CMソングとしてRCC中国放送のTVCM曲にも採用された。2曲目は、ヘヴィ・メタルをエレクトロニカの文法で再構築したMetaltronicaシリーズの最新作で、タイトル曲にスリラー感を加味した、その名もホーンテッド・ミックス。3曲目は、ぽわぽわPとも呼ばれ、ボーカロイドシーンや音楽シーンで活躍する弱冠19歳のサウンドクリエーター椎名もたが、西島のマンガ作品に多 大にインスパイアされた、ほぼ書き下ろしの新曲とも言える「1UP Suicide remix」を提供している。4曲目として、著作『すべてがちょっとずつ優しい世界』が、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出されたことで出演が決定した、第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 ラウンジトーク&ライブパフォーマンス“Sound and Vision”でのライブ演奏を全編収録。このライブは1トラックながらタイトル曲を始め全7曲を収録しており、“SF + ジャズ”をコンセプトにした変則ジャズ・ユニット、blacksheepのリーダーで、西島がジャケットのイラストを手掛けたことで以前より交流のあるバリトン・サックス奏者の吉田隆一、最近では菊地成孔と大谷能生のジャジー・ヒップホップ・ユニット、JAZZ DOMMUNISTERSにもフィーチャリングされ、更に注目を集めているMoe and ghostsのラップ担当、MOEがゲスト参加し、緊迫感溢れる素晴らしいパフォーマンスが見事に音源化されている。ミックスおよびマスタリングは前作『All those moments will be lost in time EP』に続き、detune.のメンバーであり、蓮沼執太フィルのメンバーとしても活躍する石塚周太が担当。ジャケット・イラストは勿論、西島大介本人が担当。

Dance/Electronica
V.A.

8月27日に初の作品集(画集)『くらやみ村のこどもたち』を宝島社から刊行するマンガ家の西島大介。この西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、昨年8月に発表した『All those moments will be lost in time EP』から約1年振りとなる最新EP『Ghosts in the Forest EP』をHEADZ内レーベルWEATHERからリリース。タイトル・トラックとなる「Ghosts in the Forest」は軽快なピアノ・タッチが印象的な、古き良き海外のアニメーションのサウンドトラックを想起させる自作曲のピアノ・インストルメンタル。CMソングとしてRCC中国放送のTVCM曲にも採用された。2曲目は、ヘヴィ・メタルをエレクトロニカの文法で再構築したMetaltronicaシリーズの最新作で、タイトル曲にスリラー感を加味した、その名もホーンテッド・ミックス。3曲目は、ぽわぽわPとも呼ばれ、ボーカロイドシーンや音楽シーンで活躍する弱冠19歳のサウンドクリエーター椎名もたが、西島のマンガ作品に多 大にインスパイアされた、ほぼ書き下ろしの新曲とも言える「1UP Suicide remix」を提供している。4曲目として、著作『すべてがちょっとずつ優しい世界』が、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出されたことで出演が決定した、第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 ラウンジトーク&ライブパフォーマンス“Sound and Vision”でのライブ演奏を全編収録。このライブは1トラックながらタイトル曲を始め全7曲を収録しており、“SF + ジャズ”をコンセプトにした変則ジャズ・ユニット、blacksheepのリーダーで、西島がジャケットのイラストを手掛けたことで以前より交流のあるバリトン・サックス奏者の吉田隆一、最近では菊地成孔と大谷能生のジャジー・ヒップホップ・ユニット、JAZZ DOMMUNISTERSにもフィーチャリングされ、更に注目を集めているMoe and ghostsのラップ担当、MOEがゲスト参加し、緊迫感溢れる素晴らしいパフォーマンスが見事に音源化されている。ミックスおよびマスタリングは前作『All those moments will be lost in time EP』に続き、detune.のメンバーであり、蓮沼執太フィルのメンバーとしても活躍する石塚周太が担当。ジャケット・イラストは勿論、西島大介本人が担当。

Dance/Electronica
V.A.

8月27日に初の作品集(画集)『くらやみ村のこどもたち』を宝島社から刊行するマンガ家の西島大介。この西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、昨年8月に発表した『All those moments will be lost in time EP』から約1年振りとなる最新EP『Ghosts in the Forest EP』をHEADZ内レーベルWEATHERからリリース。タイトル・トラックとなる「Ghosts in the Forest」は軽快なピアノ・タッチが印象的な、古き良き海外のアニメーションのサウンドトラックを想起させる自作曲のピアノ・インストルメンタル。CMソングとしてRCC中国放送のTVCM曲にも採用された。2曲目は、ヘヴィ・メタルをエレクトロニカの文法で再構築したMetaltronicaシリーズの最新作で、タイトル曲にスリラー感を加味した、その名もホーンテッド・ミックス。3曲目は、ぽわぽわPとも呼ばれ、ボーカロイドシーンや音楽シーンで活躍する弱冠19歳のサウンドクリエーター椎名もたが、西島のマンガ作品に多 大にインスパイアされた、ほぼ書き下ろしの新曲とも言える「1UP Suicide remix」を提供している。4曲目として、著作『すべてがちょっとずつ優しい世界』が、第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出されたことで出演が決定した、第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 ラウンジトーク&ライブパフォーマンス“Sound and Vision”でのライブ演奏を全編収録。このライブは1トラックながらタイトル曲を始め全7曲を収録しており、“SF + ジャズ”をコンセプトにした変則ジャズ・ユニット、blacksheepのリーダーで、西島がジャケットのイラストを手掛けたことで以前より交流のあるバリトン・サックス奏者の吉田隆一、最近では菊地成孔と大谷能生のジャジー・ヒップホップ・ユニット、JAZZ DOMMUNISTERSにもフィーチャリングされ、更に注目を集めているMoe and ghostsのラップ担当、MOEがゲスト参加し、緊迫感溢れる素晴らしいパフォーマンスが見事に音源化されている。ミックスおよびマスタリングは前作『All those moments will be lost in time EP』に続き、detune.のメンバーであり、蓮沼執太フィルのメンバーとしても活躍する石塚周太が担当。ジャケット・イラストは勿論、西島大介本人が担当。

Dance/Electronica
V.A.

「DJまほうつかい。それは西島大介じゃない。」 ―― 蓮沼執太マンガ家の西島大介によるアルター・エゴ、DJまほうつかいが、蓮沼執太が主宰するポッドキャスト番組から生まれたレーベル、ウインドアンドウインドウズのリリース第二弾として、初のEP作品をリリース。

Dance/Electronica
V.A.

DJまほうつかい/石塚周太/姫乃たま、三人が手がけた『Catacombe~異類婚のエスノグラフィー・サウンドトラック~』は全7曲入り。エレクトロニカ、ギター、生ピアノ、主題歌と、短編映画ながらバラエティ豊かな音楽は、退廃的なSF世界を描き出している。DJまほうつかいは漫画家西島大介の音楽名義。ソロピアノを中心とし、主題歌「Catacombe」の作詞作曲を手がける。アルバムのアートワークも担当。石塚周太はdetune.や蓮沼執太フィルのメンバーとして活動しながら、木下美紗都のとプロジェクト「アルプ」名義で映画『知らない、ふたり』の劇伴を手がけている。姫乃たまはソロアルバム『First Order』をリリースしたばかりの歌手、地下アイドル。僕とジョルジュや、DJまほうつかいとのコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」としても活動する。「ひめとまほう」による映画主題歌「Catacombe」も完全収録。ギター・バージョン、映画本編未使用のウィスパーボイス・バージョン含めると合計3パターンの「Catacombe」を聴くことができる。映画『異類婚のエスノグラフィー』はワタナベカズキ、佐々木友輔、udocorgによる映像制作ユニット・シフターによる短編SF映画。主演はモデルの中田クルミ。「八王子Short Film映画祭」にて12月4日に公開される。

Dance/Electronica
V.A.

DJまほうつかい/石塚周太/姫乃たま、三人が手がけた『Catacombe~異類婚のエスノグラフィー・サウンドトラック~』は全7曲入り。エレクトロニカ、ギター、生ピアノ、主題歌と、短編映画ながらバラエティ豊かな音楽は、退廃的なSF世界を描き出している。DJまほうつかいは漫画家西島大介の音楽名義。ソロピアノを中心とし、主題歌「Catacombe」の作詞作曲を手がける。アルバムのアートワークも担当。石塚周太はdetune.や蓮沼執太フィルのメンバーとして活動しながら、木下美紗都のとプロジェクト「アルプ」名義で映画『知らない、ふたり』の劇伴を手がけている。姫乃たまはソロアルバム『First Order』をリリースしたばかりの歌手、地下アイドル。僕とジョルジュや、DJまほうつかいとのコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」としても活動する。「ひめとまほう」による映画主題歌「Catacombe」も完全収録。ギター・バージョン、映画本編未使用のウィスパーボイス・バージョン含めると合計3パターンの「Catacombe」を聴くことができる。映画『異類婚のエスノグラフィー』はワタナベカズキ、佐々木友輔、udocorgによる映像制作ユニット・シフターによる短編SF映画。主演はモデルの中田クルミ。「八王子Short Film映画祭」にて12月4日に公開される。

News

ひめとまほうによる主題歌も収録 映画「異類婚のエスノグラフィー」サントラ配信開始

ひめとまほうによる主題歌も収録 映画「異類婚のエスノグラフィー」サントラ配信開始

短編映画「異類婚のエスノグラフィー」のサウンドトラック『Catacombe~異類婚のエスノグラフィー・サウンドトラック~』が本日11月27日よりOTOTOYで配信開始。mp3版と24bit/48kHzハイレゾ版が配信されている。 本作はDJまほうつかい、

ひめとまほう、書き下ろし新曲が短編SF映画「異類婚のエスノグラフィー」主題歌に

ひめとまほう、書き下ろし新曲が短編SF映画「異類婚のエスノグラフィー」主題歌に

10月29日に3rdシングル『みつばちのささやき』をリリースしたばかりのひめとまほう。 彼らが映画「異類婚のエスノグラフィー」の主題歌を担当していることが明らかになった。 ひめとまほうは、姫乃たまとDJまほうつかい(漫画家・西島大介)によるコンテンポラリ

ひめとまほう、新シングルはユーモラスなラップ曲『みつばちのささやき』 リリイベも決定

ひめとまほう、新シングルはユーモラスなラップ曲『みつばちのささやき』 リリイベも決定

姫乃たまと、DJまほうつかい(漫画家・西島大介)によるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」が、10月29日に3rdシングル『みつばちのささやき』をリリースする。 全ての曲の作詞、作曲をDJまほうつかいが手がけ、歌唱を姫乃たまが担当。今回もレ

アプガ、アイルネ、吉田凜音、ブクガ出演「IDOL NEWSING LIVE 2」いよいよ開催

アプガ、アイルネ、吉田凜音、ブクガ出演「IDOL NEWSING LIVE 2」いよいよ開催

今、押さえておきたいアイドル達が新宿に集結。 アイドルDVDマガジン「IDOL NEWSING vol.2」の発売記念ライヴイベント「IDOL NEWSING LIVE 2」が、7月22日(金)に新宿BLAZEにて開催される。 出演は、武道館単独公演を今

ひめとまほう、ポップな夏歌2ndシングルをハイレゾ配信&コール指導音源の特典も

ひめとまほう、ポップな夏歌2ndシングルをハイレゾ配信&コール指導音源の特典も

自らが率いる音楽ユニット「僕とジョルジュ」としても活動する地下アイドルで文筆家の姫乃たまと、「ディエンビエンフー」などで知られるマンガ家・西島大介の音楽活動名義・DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」。 彼らが7月24日

姫乃たま+DJまほうつかい=「ひめとまほう」、1stシングルをハイレゾ配信開始 個人練習音源の特典つき

姫乃たま+DJまほうつかい=「ひめとまほう」、1stシングルをハイレゾ配信開始 個人練習音源の特典つき

自らが率いる音楽ユニット「僕とジョルジュ」としても活動する地下アイドルで文筆家の姫乃たまと、「ディエンビエンフー」などで知られるマンガ家・西島大介の音楽活動名義・DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」。 手焼きCDRとし

View More News Collapse
姫乃たま+DJまほうつかい=「ひめとまほう」、1stシングル発売&リリイベ開催決定

姫乃たま+DJまほうつかい=「ひめとまほう」、1stシングル発売&リリイベ開催決定

音楽ユニット「僕とジョルジュ」としても活動する地下アイドルで文筆家の姫乃たまと、マンガ家・西島大介の音楽活動名義・DJまほうつかいが、コンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめとまほう」を結成。 5月22日に1stシングル『ひめとまほう』をリリースする。

DJまほうつかい、美しい旋律が印象的な新作EPをリリース

DJまほうつかい、美しい旋律が印象的な新作EPをリリース

マンガ家の西島大介による別名義、DJまほうつかいが、新作EP『All those moments will be lost in time EP』を8月7日(水)にリリースする。 このEPは、蓮沼執太が主宰するポッドキャスト番組から生まれたレーベル「ウ

二階堂和美、2年ぶり主催イヴェントを広島で開催。大友良英、西島大介(DJまほうつかい)ら参加

二階堂和美、2年ぶり主催イヴェントを広島で開催。大友良英、西島大介(DJまほうつかい)ら参加

二階堂和美の主催イヴェント〈堂脈〉が、8月19日(日)広島の横川シネマにて約2年ぶりに開催されることが決定した。 第7回目となる今回は、昨年8月に福島にて行なわれた〈フェスティバルFUKUSHIMA!〉の広島編として〈堂脈vol.7×フェスティバル

Collapse

Articles

ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信

インタヴュー

ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信

2016年のサマー・アンセムはこれ! ひめとまほう、とびきりポップな2ndシングルをハイレゾ独占配信僕とジョルジュでも活動中の姫乃たまと、“ターンテーブルを持っていないDJ”でおなじみの音楽家、DJまほうつかいによるコンテンポラリー・ポップ・ユニット「ひめ…

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

インタヴュー

DJまほうつかいの新作EPを特殊な3フォーマットでお届け

謎多き音楽家、DJまほうつかいによる新作EPを特殊フォーマットでお届け!“ターンテーブルを持っていないDJ”であり、“まほうのちから”で音楽を作る音楽家、DJまほうつかい。9年前から音楽家としての創作をはじめ、DJではエレクトロニカ、クラシック、はたまたX…

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/8/7~2013/8/13)

2013/8/7~8/13の注目2作品をレビュー!!今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともに…

西島大介×曽根原僚介の対談を掲載!! V.A.『どんちゃか ~0歳からの電子音楽シリーズ その1~』配信開始!!

インタヴュー

西島大介×曽根原僚介の対談を掲載!! V.A.『どんちゃか ~0歳からの電子音楽シリーズ その1~』配信開始!!

レーベル、GINGAがおくる、漫画と音楽のコラボレーション・シリーズ『0歳からの電子音楽シリーズ』第1弾。「子どもに聴かせたい音楽」や「子供の頃に聴きたかった音楽」がコンセプトの本作は、ボカロPによる書き下ろし楽曲10曲と、西島大介の描き下ろし漫画がセット…