album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
What Is This Thing Called Love? -- ビル・パーキンスアート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:32 N/A
2
A Foggy Day -- ビル・パーキンスアート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:56 N/A
3
Diane-A-Flow -- ビル・パーキンスアート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:04 N/A
4
Zenobia -- ビル・パーキンスアート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:17 N/A
5
Didi -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:15 N/A
6
Powder Puff -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:25 N/A
7
Bunny -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:48 N/A
8
Diablo's Dance -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:30 N/A
9
Diablo's Dance (Alternate Take) -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:05 N/A
10
Popo -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:04 N/A
11
Popo (Alternate Take) -- アート・ペッパー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 07:37 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

過去に他のレーベルから「1980年パリでのライヴ盤」として紹介されたが、その後の調査で、3曲はコペンハーゲン、2曲はパリ、1曲はイタリアのアンコーナと判明した。録音はいずれも1981年。コペンハーゲンの3曲はデューク・ジョーンダン(p)との珍しい共演。

Jazz/World

過去に他のレーベルからリリースされた、1980年ロンドンでの白熱のライヴ。チョイスされた5曲はペッパー自身がすごく気に入っていた演奏ばかりだ。このレギュラー・カルテットによるスタジオ録音はない。

Jazz/World

亡くなる前年に収録されたペッパー注目のライヴ盤がプライス・ダウンで再登場。2012年の初登場時にはミラノでの演奏とされたが、その後の調査で同じイタリアでもアドリア海に面した歴史の町アンコーナでの録音と判明した。内容は同じ。

Jazz/World

アート・ペッパーを中心とした若き日のマンデイ・ナイト・ジャム・セッションで、西海岸の新進気鋭が多数参加しているが、注目はニューヨークからロスに引っ越してきたばかりのアル・ヘイグ(p)が2曲で参加していること。これはセッション会場でのハプニングから生まれた一期一会の共演である。1952年8月18日、ロス郊外イングルウッドのジャズ・レストラン、トレード・ウィンズでのライヴ収録。

View More Discography Collapse
Collapse