album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
House of Mortar  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:49
Rock Around With Ollie Vee  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:13
Shake A Leg  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:04
Go-on kokomo  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:04
Dance The Night Away With You  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:23
Ghost Riders in the Sky  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:23
Golden Ring  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
I Love You Because  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:32
I'll Cry Alone  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:22
Route90  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:37
Rainy Night In Georgia  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:29
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 35:12
Album Info

ライブで好評の浦朋恵の歌をフィーチャーした浦にとって初めての 「うたもの」 アルバム。 ロッキンエノッキーとのコンビでスワンピーなR&B、 R&Rのカバーが中心です。 [解説]浦朋恵の新境地、 泥沼系カントリーファンク!スパイ&サスペンス風味つきのオリジナル・インスト・ナンバーで幕開け、 続く2曲目はエノッキーによるバディ・ホリーの 「ザットル・ビー・ザ・デイ」 のB面でお馴染みのナンバーをカバー。 3は、 テキサス女流ロックンローラー、 マーガレット・ルイスの曲を浦のボーカルでヘヴィ・スワンプ・ロックにカバー。 さて4曲目ムッシュ登場!テキサスの夫婦デュオ、 ジーン&ユナイスのお熱いイチャイチャ・ナンバーをムッシュかまやつ&浦でイチャイチャ・カバー、 絡みまくります。 ムッシュが驚くほどの本気ボーカルを魅せてくれます。 5はトミーリピューマがプロデュースしたドクタージョンの異色作から切ないナンバーを浦が歌い上げます。 6は、 ヴェンチャーズのカバーで知られたウェスタン/カウボーイ・ナンバーをスリーズィーに。 7は新しめ(1976年)のカントリーナンバーを2人のデュエットで(パブロック風)。 8は盲目のホンキートンク系シンガーソングライターのヒット曲(1949年)のカバーをエノッキーのモテ・ボーカルで。 浦もデュエット。 9は浦の十八番、 ノーザンソウル・鉄板ナンバーしかし“アメリカの昭和歌謡”をソロボーカルで。 10曲目はディープサウスのハイウェイソングを再びエノッキーのリードボーカルで。 新井伝太のヴィブラフォンがナイス。 最後はブルック・ベントンの名唱でおなじみ、 トニー・ジョー・ホワイトの名曲 「雨のジョージア」 を悲しい色やねん大阪南港イメージの“歌のない歌謡曲”風インストカバーで締めます、 サイコー!

Discography

ライブで好評の浦朋恵の歌をフィーチャーした浦にとって初めての「うたもの」アルバム。ロッキンエノッキーとのコンビでスワンピーなR&B、R&Rのカバーが中心です。 [解説]浦朋恵の新境地、泥沼系カントリーファンク!スパイ&サスペンス風味つきのオリジナル・インスト・ナンバーで幕開け、続く2曲目はエノッキーによるバディ・ホリーの「ザットル・ビー・ザ・デイ」のB面でお馴染みのナンバーをカバー。3は、テキサス女流ロックンローラー、マーガレット・ルイスの曲を浦のボーカルでヘヴィ・スワンプ・ロックにカバー。さて4曲目ムッシュ登場!テキサスの夫婦デュオ、ジーン&ユナイスのお熱いイチャイチャ・ナンバーをムッシュかまやつ&浦でイチャイチャ・カバー、絡みまくります。ムッシュが驚くほどの本気ボーカルを魅せてくれます。5はトミーリピューマがプロデュースしたドクタージョンの異色作から切ないナンバーを浦が歌い上げます。6は、ヴェンチャーズのカバーで知られたウェスタン/カウボーイ・ナンバーをスリーズィーに。7は新しめ(1976年)のカントリーナンバーを2人のデュエットで(パブロック風)。8は盲目のホンキートンク系シンガーソングライターのヒット曲(1949年)のカバーをエノッキーのモテ・ボーカルで。浦もデュエット。9は浦の十八番、ノーザンソウル・鉄板ナンバーしかし“アメリカの昭和歌謡”をソロボーカルで。10曲目はディープサウスのハイウェイソングを再びエノッキーのリードボーカルで。新井伝太のヴィブラフォンがナイス。最後はブルック・ベントンの名唱でおなじみ、トニー・ジョー・ホワイトの名曲「雨のジョージア」を悲しい色やねん大阪南港イメージの“歌のない歌謡曲”風インストカバーで締めます、サイコー!