album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Starlight Starlight  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 04:06 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

バンド初となる12曲入りのファースト・アルバムが完成。これまでのバンドのパブリックイメージを良い意味で払拭させた作品に仕上がった。「宇都宮出身のギターロックバンド」と言うイメージをお持ちであれば、今すぐそのイメージを捨て去ってほしい。今作では元CONDOR44、現44th musicの石田千加子がコーラスで三曲参加(M1,8,9)。ジャケットのアートワークはUCARY VALENTINEが担当。

Rock

polly、前作から1年ぶりとなる新作ミニアルバム「哀余る」発売決定。

Rock

宇都宮で結成された4人組バンド、polly。まだ10代のメンバーもいるニューカマーだ。ファースト・ミニアルバム『青、時々、goodbye』から聴こえてくるのは、ドラマチックに物語を歌い上げるギターの音色と、その若さ溢れる躍動感に満ちたビート、さり気ない人懐こさを纏うポップなメロディ。ふわふわとした足取りで現実という輪郭をボヤけさせるような浮遊感が心地良い「ナイトダイビング」や、細やかに降り注ぐ雨の情景に切ない想いを重ね合わせるような「雨の魔法が解けるまで」、引き裂かれるような別れを美しいギターのアルペジオに乗せた「hello goodbye」など、そのアレンジ力、表現力の豊かさにまずは驚かされる。そして聴き手は、ポップという強みの奥に潜む、曲を手がける越雲龍馬(Vo&G)の心に、そっと手を触れてしまうことになる。話の最初に「コシクモっていう苗字、珍しいね」と言うと、「昔からこの名前がすごく嫌で。初対面で〈この人とは二度と会わないだろうな〉と思ったら、いつも嘘の名前を言ってました」な んて手強い答えをいきなり返してくるような彼だ。小さい頃から打ち込んできた夢があった。その為にならどんなことにも耐えられるような気がしていた。しかし高校生になり挫折を味わい、自らの支えになっていたその夢を手放した。周りの人を疑ったり、自分の気持ちを上手く伝えられなかったり、どこにも居場所がないように感じたり、考えすぎて苦しくなったりするのは、そうした過去があるから。生きる意味さえ見いだせなくなっていた時、たまたま手にしたのは、いつか買ったまま部屋に飾っていたギター。自分の為に、紡いだ言葉たち。今でもライヴハウスや楽屋や打ち上げだって苦手で、ライヴ後にひとり、階段で本を読んでいたりする、そんな不器用なバンドマンだ。先行で無料配信される「Loneliness」はpollyの楽曲の中でも特に躍動感のあるフレッシュなサウンドと弾けるリズムに乗って、メロディが胸に直球で飛び込んでくるような愛らしさで届けられる。だけども歌詞は歌い出しから〈嫌いだよ キミのこと〉、といきなり先制パンチを食らわせるような内容なのだ。このカラクリがpollyらしさのひとつかも。「暗い歌詞で暗い演奏をしちゃうと押し付けがましいですよね、そういうのはあんまり好きじゃないんで。暗い内容をポップなメロディでキャッチーなものにするのは、自分にとっても救いみたいなものなんです。『Loneliness』は僕らが色んなメジャーのレコード会社の人から声をかけられていた時、ある人に〈お前らは流行りの四つ打ちの曲も作れないのか?〉と言われたことをきっかけに書いた曲。自分がお世話になっている人でも心を寄せている人でもないのに、何でそこまで言われなくちゃいけないんだろう?と思って。その人のことは今でも嫌いだしムカつくんですけど……でもお陰でこの曲が出来たので良かったです(笑)」(越雲)他人をディスりながら登場する新人バンドっていうのも面白いが。こうして曲の中で牙を剥いたり溜息をついたりしながらも、pollyのバンドサウンドは何だか楽しげに鳴り響く。生き生きとした表情の4人がフロアを煽る。ハッピーエンドを経験したことがないのなら、アンハッピーエンドを高らかに鳴らせばいい。そんな嘘のない言葉と思わず口ずさみたくなるようなメロディに憂鬱を吹き飛ばされ、今まで見ていた景色が変わるかのような魔法が、確かにここにある。[テキスト:上野三樹]

News

polly、写真展「Closer」を原宿・LUCKANDで開催

polly、写真展「Closer」を原宿・LUCKANDで開催

2019年1月に地元・宇都宮でワンマン・ライヴと、宮下太輔撮影による初の写真展を開催したpolly。 好評により、写真展の東京開催が急遽決定した。 3月5日(火)〜3月17日(日)、宮下太輔撮影によるTHENOVEMBERSのライヴ写真展も開催された所

ART-SCHOOL木下急病の為、出演キャンセルとなった〈オルタネイティブ・サーキット〉東京リベンジ公演が決定

ART-SCHOOL木下急病の為、出演キャンセルとなった〈オルタネイティブ・サーキット〉東京リベンジ公演が決定

ART-SCHOOL、踊ってばかりの国、pollyが昨年10月から11月にかけて開催した“オルタネイティブな精神を持つ”3バンドによる東名阪ツアー〈オルタネイティブ・サーキット〉。 ツアー・ファイナルであった東京公演は、ART-SCHOOLボーカル木下理

Helsinki Lambda Clubリリース・ツアーに、polly、uri gagarn、The Cynical Storeの出演が決定

Helsinki Lambda Clubリリース・ツアーに、polly、uri gagarn、The Cynical Storeの出演が決定

Helsinki Lambda Clubが12月5日にセカンド・ミニアルバム『Tourist』を発売し、そのリリース・ツアーを来年、1月12日(土)名古屋公演を皮切りに大阪・仙台・千葉・福岡・札幌、そしてファイナルとなる3月10日(日)渋谷WWWの全7箇

ART-SCHOOL、木下理樹が急病 明日の〈オルタネイティブ・ サーキット〉出演キャンセル

ART-SCHOOL、木下理樹が急病 明日の〈オルタネイティブ・ サーキット〉出演キャンセル

11月30日に渋谷WWW Xで開催される〈オルタネイティブ・ サーキット〉。 ART-SCHOOL、踊ってばかりの国、pollyの3組で行われる予定だったが、ART-SCHOOLはヴォーカル木下理樹の急病により出演キャンセルとなった。 イベント自体は開催

ART-SCHOOL、踊ってばかりの国、pollyによる東名阪ツアー〈オルタネイティブ・サーキット〉開催決定

ART-SCHOOL、踊ってばかりの国、pollyによる東名阪ツアー〈オルタネイティブ・サーキット〉開催決定

ART-SCHOOL、踊ってばかりの国、pollyというオルタネイティブな精神を持つ3バンドによる東名阪ツアー〈オルタネイティブ・サーキット〉が10月から開催されることが決定した。 3組とも今年、新作を発表したばかり。人も音も尖っている彼らがぶつかりあう

〈柏 MUSIC SUN 2016〉第3弾出演アーティストで中村 中、ISEKI (ex.キマグレン)、赤色のグリッター、ヒグチアイら一挙15組発表

〈柏 MUSIC SUN 2016〉第3弾出演アーティストで中村 中、ISEKI (ex.キマグレン)、赤色のグリッター、ヒグチアイら一挙15組発表

5月22日(日)に柏で開催される、ホタルライトヒルズバンド主催のサーキットフェス〈柏 MUSIC SUN 2016〉。 いよいよ開催まで1ヶ月を切り、第3弾及び最終出演アーティストのラインナップが発表された。 この度出演が発表されたのは、中村 中、ISE

View More News Collapse
paionia、ドラム尾瀬松島が脱退 現メンバー最後のライヴはpollyレコ発

paionia、ドラム尾瀬松島が脱退 現メンバー最後のライヴはpollyレコ発

ライヴ活動休止中の3ピース・ロック・バンドのpaioniaが、ドラムの尾瀬松島がバンドから脱退することを発表。現メンバーでの最後のライヴも決定した。 オフィシャルサイトに掲載された「第二期paionia終了」と題したメッセージによると、脱退の理由は「バン

Collapse

Articles

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

インタヴュー

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談──越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB) 2012年に宇都宮で結成された4人組ロック・バンドpolly。シューゲイザー、ドリーム・ポップ、サイケなどから影響を受けたサウンドを鳴らす彼…