album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Holy Water -- Ben Kweller  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:33 N/A
2
Devil's Train -- グレイス・ポッター・アンド・ザ・ノクターナルズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:27 N/A
3
Poor Paddy on the Railway -- Shane MacGowan  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:06 N/A
4
So Long Gone -- Pete Molinari  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:26 N/A
5
Central and Union -- Sara Watkins  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:58 N/A
6
The American Dream -- The White Buffalo  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:57 N/A
7
Lonesome Whistle -- Dave Alvin  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:11 N/A
8
Sweet Betsy from Pike -- イギー・ポップ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:00 N/A
9
Rattling Bone -- アイアン & ワイン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:47 N/A
10
Cowboy -- The Rubens  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:53 N/A
11
Everything But the Truth -- Lucinda Williams  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:02 N/A
12
The Truth Lives On -- The Aggrolites  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:48 N/A
13
Butch's Ballad -- ゴメス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:37 N/A
14
Saddle the Wind -- John Grant  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:42 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Rock

2016年に発表された前作『ポスト・ポップ・ディプレッション』が全英初登場3位、全米17位という自身最高位を獲得し、勢い止まない生きるレジェンドことイギー・ポップの最新作! 自身最高位を記録した作品に続く今作は、前作どころか、これまでのイギー・ポップのサウンドとは全く異なったサウンドに仕上がっている。 ジャズ・トランペット奏者のLeron Thomasと、Post Pop Depression Tourのオープニング・アクトに抜擢されたギタリストのNovellerとのコラボレーションによって、陰鬱な瞑想へ誘い込むようなサウンド。 「俺はこれまで、感じるままに生きることを信じてきた。幸福感や愛よりも、自由さを感じたかったんだ。このアルバムはその中で自然と生まれ、俺はただ、そのままにさせただけなんだ」と語るイギー、約3年ぶりのソロ18作目!

Rock

2016年に発表された前作『ポスト・ポップ・ディプレッション』が全英初登場3位、全米17位という自身最高位を獲得し、勢い止まない生きるレジェンドことイギー・ポップの最新作! 自身最高位を記録した作品に続く今作は、前作どころか、これまでのイギー・ポップのサウンドとは全く異なったサウンドに仕上がっている。 ジャズ・トランペット奏者のLeron Thomasと、Post Pop Depression Tourのオープニング・アクトに抜擢されたギタリストのNovellerとのコラボレーションによって、陰鬱な瞑想へ誘い込むようなサウンド。 「俺はこれまで、感じるままに生きることを信じてきた。幸福感や愛よりも、自由さを感じたかったんだ。このアルバムはその中で自然と生まれ、俺はただ、そのままにさせただけなんだ」と語るイギー、約3年ぶりのソロ18作目!

バリトン・ヴォイスがトレードマークの米SSW、ジョン・グラントが3年ぶり4作目となる新作『ラヴ・イズ・マジック』をリリース!ジョン・グラントは2010年にソロ・デビューを果たし、2013年発表のセカンド・アルバム『ペール・グリーン・ゴースツ』が国内外の数々のメディアで年間ベスト・アルバムに選出された。2016年にはジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント他)をプロデューサーに迎え制作された『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』をリリースし、2度の来日を果たした。前作ではクラシカルなアレンジを採り入れたロック・バラードとエレクトロ・ファンクを織り交ぜたサウンドが印象的であったが、最新作『ラヴ・イズ・マジック』ではさらにエレクトロ・ミュージックを探求している。今年の頭に英エレクトロニック・トリオのラングラーと共にミスター・ダイナマイト名義でアルバムを発表したジョンは、ラングラーのメンバーでありアナログ・シンセサイザーのエキスパートであるベンジと、デビュー作のころより親交のある米テキサスのベーシストのポール・アレキサンダーと共に本作の制作を行った。直訳すると"愛は魔法"と名づけられた本作では、人々が執着する様々な愛の形が描かれている。ジョンは「愛は多くの労力を要するし、思い通りにいきません。にもかかわらず、愛は依然として"魔法"であるという事実から目をそらすことはできません」と語っている。愛やセクシャリティーを掘り下げ、ジョンらしく表現している1枚だ。

バリトン・ヴォイスがトレードマークの米SSW、ジョン・グラントが3年ぶり4作目となる新作『ラヴ・イズ・マジック』をリリース!ジョン・グラントは2010年にソロ・デビューを果たし、2013年発表のセカンド・アルバム『ペール・グリーン・ゴースツ』が国内外の数々のメディアで年間ベスト・アルバムに選出された。2016年にはジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント他)をプロデューサーに迎え制作された『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』をリリースし、2度の来日を果たした。前作ではクラシカルなアレンジを採り入れたロック・バラードとエレクトロ・ファンクを織り交ぜたサウンドが印象的であったが、最新作『ラヴ・イズ・マジック』ではさらにエレクトロ・ミュージックを探求している。今年の頭に英エレクトロニック・トリオのラングラーと共にミスター・ダイナマイト名義でアルバムを発表したジョンは、ラングラーのメンバーでありアナログ・シンセサイザーのエキスパートであるベンジと、デビュー作のころより親交のある米テキサスのベーシストのポール・アレキサンダーと共に本作の制作を行った。直訳すると"愛は魔法"と名づけられた本作では、人々が執着する様々な愛の形が描かれている。ジョンは「愛は多くの労力を要するし、思い通りにいきません。にもかかわらず、愛は依然として"魔法"であるという事実から目をそらすことはできません」と語っている。愛やセクシャリティーを掘り下げ、ジョンらしく表現している1枚だ。

アウスゲイルの英詞を手掛けた話題のシンガー・ソングライター、ジョン・グラントの全英5位を獲得した最新作!ボン・イヴェールやグライムスを いち早く年間ベスト1位に選出しブレイクさせた英老舗レコード・ストア、ラフ・トレード・ショップスの2013年年間ベスト・アルバム1位獲得した話題作 『ペール・グリーン・ゴースツ』から3年、2014年はアウスゲイルのデビューアルバムの英詞を手掛けたことでも話題となったUSシンガー・ソングライ ターのジョン・グラントが、待望の3rdアルバムをリリース!『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』と題された今作は、アイスランドでレコーディングされた前作と打って変わって、テキサスでジョン・コン グルトン(セイント・ヴィンセント、フランツ・フェルディナンド、スワンズ)をプロデューサーに迎え制作。前作同様エレクトロニック・ポップとバラードが バランスよく散りばめながらも、新しいサウンドの追求にも努めた。収録曲「Disappointing」ではトレイシー・ソーンが、その他にもアメリカ人ヴォーカリストのアマンダ・パーマーや元バンシーズのドラマー、 バッジーらが今作にゲスト参加している。タイトルの"グレイ・ティックルズ"は、アイスランド語の"中年の危機"を、"ブラック・プレッシャー"はトルコ 語の"悪夢"をそれぞれ直訳したものだという。母国語の他にドイツ語とロシア語を流暢に話し、今では在住しているアイスランド語もそのリストに加わった。これまで自身がゲイであることやHIVに感染していることなどを包み隠さず公表してきたジョン・グラント。そんな彼の包み隠さない等身大のキャラクター が、周りを惹きつける魅力のひとつでもある。昨年のブリット・アワードにおいては「最優秀インターナショナル男性ソロ・ アーティスト」にノミネートされた他、英詞を手掛けたアウスゲイルが世界中で大ブレイクしたことは記憶に新しい。

View More Discography Collapse
Collapse

News

アンダーワールド、新プロジェクト『Drift』を立ち上げ、新曲「Drift, Episode 1: Another Silent Way」を緊急リリース

アンダーワールド、新プロジェクト『Drift』を立ち上げ、新曲「Drift, Episode 1: Another Silent Way」を緊急リリース

アンダーワールド(Underworld)が、自身も所属するデザイン集団TOMATOの他、脚本家からジャズDJ、テクノDJ、画家、詩人まで様々なジャンルで活躍する友人らと新プロジェクト『Drift』を立ち上げ、その一環として新曲「Another Silen

〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER〉、出演アーティスト第4弾発表でアウスゲイルとジョン・グラントが追加!

〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER〉、出演アーティスト第4弾発表でアウスゲイルとジョン・グラントが追加!

8月20日(土)に幕張メッセで行なわれる〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER〉。その第4弾出演アーティストに、アウスゲイルとジョン・グラントが追加決定した。 弱冠23歳ながら、デビュー・アルバムが出身地であるアイスランド史上最速で売れた国内