album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
タンバリン  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:17
ボーイ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:44
ヨアケ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:03
ぐるり  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:41
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 20:45
Album Info

関西を中心に活動するギターポップバンド、チャンポンタウンの1st EP!! 1曲目「タンバリン」、壮大な広がりある曲調や歌と、間奏で出てくるピアニカや詩の幼い感じとのコントラストが気持ちのいい曲。言葉と言葉で作られた間でじわっと音を聴かせる職人的な遊びが活き活きしててすげぇ楽しいです。そのまますっと流れるように入る2曲目「ボーイ」、エレクトロ 的なビート感とキーボードサウンド、上に乗る日本語のミスマッチ感がリスナーを浮遊させるようなかなり攻めた曲。じわっと攻めてくる編曲に漂う風格がやばいです!! 3曲目「ヨアケ」、ロウテンポに歌で引きつけ、オルタナティブ感のある音の出し入れでゆっくりと乗せられるような感じ、段々と詩の中に連れて行かれる夢見心地感。アコースティックギターだけでそっと終わるアウトロの切なさがやばいです。4曲目「ぐるり」、ノイジーなギターサウンドと抜群の歌メロ、違和感まみれのベースの小刻みな動きが生み出す切迫感。3曲目からの流れで、どこか遠くの方へと飛んでいくような伸びやかさを感じます。なんとなくなストーリー性があって、4曲で作られた世界の中にどっぷりと浸かれる色の濃い音源です!!

Discography

「フォーキーなサウンドをベースに、細野晴臣やBO GUMBOSなどの日本のエキゾチックソウル、世界のトラディショナルミュージックなど、影響を受けた様々な音楽を絶妙なバランス感覚で紡いだ未来型ポップス。」

関西を中心に活動するギターポップバンド、チャンポンタウンの1st EP!! 1曲目「タンバリン」、壮大な広がりある曲調や歌と、間奏で出てくるピアニカや詩の幼い感じとのコントラストが気持ちのいい曲。言葉と言葉で作られた間でじわっと音を聴かせる職人的な遊びが活き活きしててすげぇ楽しいです。そのまますっと流れるように入る2曲目「ボーイ」、エレクトロ 的なビート感とキーボードサウンド、上に乗る日本語のミスマッチ感がリスナーを浮遊させるようなかなり攻めた曲。じわっと攻めてくる編曲に漂う風格がやばいです!! 3曲目「ヨアケ」、ロウテンポに歌で引きつけ、オルタナティブ感のある音の出し入れでゆっくりと乗せられるような感じ、段々と詩の中に連れて行かれる夢見心地感。アコースティックギターだけでそっと終わるアウトロの切なさがやばいです。4曲目「ぐるり」、ノイジーなギターサウンドと抜群の歌メロ、違和感まみれのベースの小刻みな動きが生み出す切迫感。3曲目からの流れで、どこか遠くの方へと飛んでいくような伸びやかさを感じます。なんとなくなストーリー性があって、4曲で作られた世界の中にどっぷりと浸かれる色の濃い音源です!!

2018年 ゴルゴスを中心に結成したファンタスティックフォークバンド! 春に1st EP「tambourine」をリリースし、自主企画《Champon Night!》を開催、初ライブ初企画ながら多くの方々に好評を博す。 2019年1月、待望の新作EP「ごきげんよう」が完成! なんだかちょうどいいサウンドは敵も味方につける圧倒的ポップネス!!