album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Good Time Boys (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:01 N/A
2
Higher Ground (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
3
Subway To Venus (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:25 N/A
4
Magic Johnson (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:57 N/A
5
Nobody Weird Like Me (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:49 N/A
6
Knock Me Down (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
7
Taste The Pain (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:31 N/A
8
Stone Cold Bush (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:05 N/A
9
Fire (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:03 N/A
10
Pretty Little Ditty (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:07 N/A
11
Punk Rock Classic (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:46 N/A
12
Sexy Mexican Maid (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
13
Johnny, Kick A Hole In The Sky (Remastered)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:20 N/A
14
Song That Made Us What We Are Today  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 12:56 N/A
15
Knock Me Down  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:44 N/A
16
Sexy Mexican Maid  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:59 N/A
17
Salute To Kareem  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:24 N/A
18
Castles Made Of Sand (Live)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:19 N/A
19
Crosstown Traffic (Live)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:53 N/A
Add all to INTEREST

Discography

ロサンゼルスのイースト・ウエスト・スタジオ、そしてマリブのシャングリ・ラ・スタジオでレコーディングされた『アイム・ウィズ・ユー』はリック・ルービンのプロデュースによるものである。リック・ルービンは、バンドの過去5作、1991年の『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』、1995年の『ワン・ホット・ミニット』、1999年の『カリフォルニケイション』、2002年の『バイ・ザ・ウェイ』、そして2006年の『ステイディアム・アーケディアム』もプロデュースしている。アルバムのミックスはアンドリュー・シェップスとグレッグ・フィデルマンが手掛けている。 『アイム・ウィズ・ユー』は、アメリカを含む世界28カ国で初登場1位となったCD2枚組作品『スタディアム・アーケディアム』以来のニュー・アルバムとなる。ロサンゼルス出身の4人組が母国で初登場1位を飾ったのは前作が初めてのことである。アルバムからは、「ダニー・カリフォルニア(モダン・ロック・チャートで14週連続ナンバー1を獲得したほか、ビルボード誌オルタナティヴ・チャートで初登場1位を飾った3曲の内の1曲でもある)、「テル・ミー・ベイビー」そして「スノー」の3曲のナンバー1モダン・ロック・ヒットが生まれている。『ステイディアム・アーケディアム』の発売に合わせ、レッチリは2007年を通じて世界各地で何百万人ものファンの前でライヴを行ってきたが、その中にはソールド・アウトとなったヨーロッパと北米のアリーナ・ツアー、さらに日本のフジ・ロック・フェスティヴァル、ロンドンのライヴ・アース、シカゴのロラパルーザでのヘッドライナー、そして英国のレディング/リーズ・フェスティヴァルへの出演も含まれている。

View More Discography Collapse
Collapse

News

前田勝彦さん(world's end girlfriend)、お誕生日おめでとう!――バースデイ速報

前田勝彦さん(world's end girlfriend)、お誕生日おめでとう!――バースデイ速報

今日、11月1日は、前田勝彦さん(world's end girlfriend)の誕生日です。37歳、おめでとうございます。 ソロ・ユニット、world's end girlfriendとして活躍するほか、ブレることのない人気を誇るレーベル、Virgi