album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Toothwheels  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:47 Album Purchase Only
Where You Stand  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:40 Album Purchase Only
Show Me  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:48 Album Purchase Only
Fragment Two  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:34 Album Purchase Only
Demon To Lean On  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:12 Album Purchase Only
5 Days  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:13 Album Purchase Only
Fuzzbomb  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:43 Album Purchase Only
I Am Haunted  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:26 Album Purchase Only
Machineries of Joy  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:17 Album Purchase Only
A Ton Of Love  alac,flac,wav,aac,mp3: 24bit/96kHz 03:58 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 43:38
Album Info

6/8&6/9Hostess Club Weekender開催!トラヴィス、ムームの新曲を含む出演アーティストの楽曲全10曲収録で900円のお買い得コンピ!HCW予習に最適!

Discography

2015年に発売され全英トップ5にランクインした前作『イン・ドリーム』に続く、エディターズにとって6作目となる『ヴァイオレンス』。今作の共同プロデュースを手掛けたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ワイルド・ビースツ、カール・バラー、カール・ハイド)、そしてミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねる。アルバムからのリード曲「Magazine」についてフロントマンのトム・スミスは話す。「この曲は権力を持った奴ら...汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ。」

2015年に発売され全英トップ5にランクインした前作『イン・ドリーム』に続く、エディターズにとって6作目となる『ヴァイオレンス』。今作の共同プロデュースを手掛けたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ワイルド・ビースツ、カール・バラー、カール・ハイド)、そしてミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねる。アルバムからのリード曲「Magazine」についてフロントマンのトム・スミスは話す。「この曲は権力を持った奴ら...汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ。」

Rock

インディー・シーンを震撼させたローファイ・キング、ウェーヴス6枚目のスタジオ・アルバム! 2008年に、米サンディエゴ出身の宅録少年のネイサン・ウィリアムスによるソロ・プロジェクトとしてスタートし、バンドメンバー3人を正式に迎えてから、拠点として活動しているLAではスーパースター的存在にまで上り詰めたウェーヴス。そのゆるーいスタイルにサーフ感たっぷりのローファイ・サウンドにパンキッシュなパフォーマンスが評判。 2009年に米レーベル<Fat Possum>からリリースされたセルフタイトル・デビュー・アルバム『ウェーヴス』、続く2010年『キング・オブ・ザ・ビーチ』、2013年『アフレイド・オブ・ハイツ』これまでにリリースされたアルバム全てが各メディアで大絶賛!さらに2013年にはHostess Club Weekenderに出演した。 15年には5thアルバム『V』をリリース。特に米音楽メディアのPitchforkではBest New Music、Best New Trackの常連であり、批評家、リスナーからの支持が高いアーティストである。 そしてリリースされる今作は50年代のドゥワップ、フォーク、カンボジアン・ポップ、70年代南アメリカのサイケデリアに影響を受けた作品に! USインディー・ローファイ・シーンで王座に君臨するウェーヴスがまた新たな傑作を届けてくれた!

Rock

2005年に『ウィー・アー・リトル・バーリー』で鮮烈デビューを飾り、モダン・ブルーズ、ファンク、ロックンロールなど作品ごとに様々な色を取り入れ変化し続ける英ノッティンガムの3人組、リトル・バーリー。今までに幾度となく来日公演を行い、日本で熱烈な支持を得ている彼らが、極上ギターロックを引っ提げてついに帰還!3年振り5作目となるニュー・アルバム『デス・エクスプレス』をリリースすることを発表!世界各地で公演を行う傍らで、ザ・ストーン・ローゼス、ダイナソーJr.、カサビアン、プライマル・スクリームなど、数々の大物ミュージシャンのサポートとして参加し、メンバーそれぞれが絶えず演奏技術を磨いてきたリトル・バーリーがついにアルバムを完成させた。本作は、グラミー賞ノミネート経験もある敏腕、トミー・フォレスト(ベースメント・ジャックス、デューク・デュモン)がミックスを担当。トミーは昨年発売されたリトル・バーリーの米カリフォルニアの高速道路をテーマにしたシングル「I.5.C.A」も手がけており、再タッグを組む形となった。さらに、日本のファンの事をスペシャルに想っているリトル・バーリーによる粋な計らいにより、新作をいち早く日本先行リリースすることも決定!ギターが華々しく全面に出てくるバンドが少ない今、求めていたソリッドなギターロックがここに!

Rock

2005年に『ウィー・アー・リトル・バーリー』で鮮烈デビューを飾り、モダン・ブルーズ、ファンク、ロックンロールなど作品ごとに様々な色を取り入れ変化し続ける英ノッティンガムの3人組、リトル・バーリー。今までに幾度となく来日公演を行い、日本で熱烈な支持を得ている彼らが、極上ギターロックを引っ提げてついに帰還!突如、2017年春にニュー・アルバム『デス・エクスプレス』をリリースすることを発表!さらにアルバムから、ジャムセッションのようなアップ・テンポなファースト・シングル「Love Or Love」の音源も公開され、12月9日(金)にデジタルでのリリースが決定!

Rock

UKの3ピース・バンド、リトル・バーリーが新シングル「I.5.C.A (Tommy Forrest mix)」をリリース

デビュー・アルバムとセカンド・アルバムが共に全英チャート1位を獲得したUKが誇る5人組ロックバンド、エディターズの5作目となるニュー・アルバム。バンド自身によるプロデュースで、ミックスはアークティック・モンキーズやフー・ファイターズ、プラシーボ等の仕事でも知られるアラン・モウルダーが担当。前述の2曲はもちろん、スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェルがゲスト・ヴォーカルで参加したデュエット曲「Ocean Of Night」や「The Law」「At All Cost」など、全10曲を収録。

12年に発表したデビュー・アルバム『トゥー・ザ・ツリートップス!』1枚で世界的ブレイクを果たした、北欧ノルウェー・オスロ出身の男女混合6人組バンド、チーム・ミーが2年振りとなる待望の2ndアルバム『ブラインド・アズ・ナイト』をリリース!

Rock

日本先行発売! 英ロンドンの新世代ロックンロール・バンド、リトル・バーリーが3年振りとなる4thアルバムをリリース!前作に続き、共同プロデューサーに超敏腕エドウィン・コリンズを迎えた最強タッグ作品!

レディオヘッドやオアシス、コールドプレイと並び英国ロック界を引率してきたグラスゴー出身4ピース・バンド、トラヴィスがトレードマークとも言えるメランコリックで美しいメロディが満載のニューアルバムをリリース!

アルバム2作品連続で全英チャート1位を獲得したUKが誇るモンスター・バンド、エディターズが3年半振りとなる4thアルバムをリリース!

Rock

6月9日Hostess Club Weekender出演!ナイーヴなパンク・ロック・サウンドで、一躍インディー・シーンにセンセーションを巻き起こしたローファイ・キングこと"ウェーヴス"が充実の4thアルバムをリリース!

Next ヴァンパイア・ウィークエンド!!北欧ノルウェー・オスロ出身の男女混合6人組バンド、チーム・ミーが待望のデビュー・アルバムをリリース! 昨年リリースしたデビューEPが、海外はもちろん日本の音楽サイトや早耳ブロガーの間で高く評価され、輸入盤のみにも関わらず、異例の大ヒットを記録。最もアルバムが待ち望まれる新人バンド!!

Rock

今年行われた来日公演も大好評!ナイーヴなパンク・ロック・サウンドで、一躍インディー・シーンにセンセーションを巻き起こしたウェーヴスが帰ってきた!新曲5曲、ライヴ1曲の必聴EP!

6/8Hostess Club Weekender出演! NMEアルバム年間ベスト1位他、世界中様々なメディアから大絶賛された2ndアルバム『ヒドゥン』から約3年・・・更なる進化を遂げたジーズ・ニュー・ピューリタンズが新作を引っ提げカムバック!

V.A.

今やビョークやシガー・ロスに次ぐ、アイスランドを代表するグループとして世界的に高い支持を受けるムームが、遂に4年ぶりの新作アルバム『スマイルウーンド』をリリース!

Rock
V.A.

6/8&6/9Hostess Club Weekender開催!トラヴィス、ムームの新曲を含む出演アーティストの楽曲全10曲収録で900円のお買い得コンピ!HCW予習に最適!

V.A.

人気ゲーム「Grand Theft Auto V」のために制作されたサウンドトラック。TV On The Radioのフロントマン、トゥンデ・アデビンペや、アロー・ブラック、キラー・マイクといった豪華アーティストをフィーチャリング。

News

エディターズ、6thアルバムが完成! 汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てたMVも

エディターズ、6thアルバムが完成! 汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てたMVも

UKが誇る5人組ロック・バンド、エディターズが通算6作目のアルバム『ヴァイオレンス』をリリースすることが決定した。 2005年にデビューし、デビュー作は英国で最も栄誉ある音楽賞であるマーキュリー・プライズにノミネートされ、全英チャート2位を獲得した。続く

インディー・ロック界のスーパー・グループ、BNQTがアルバム『ヴォリューム 1』を発売

インディー・ロック界のスーパー・グループ、BNQTがアルバム『ヴォリューム 1』を発売

ミッドレイクのエリック・プリードの呼びかけによって、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノス、バンド・オブ・ホーセズのベン・ブライドウェル、トラヴィスのフラン・ヒーリー、グランダディのジェイソン・リトルらが集結したインディー・ロック界のスーパー

まもなく開催〈Hostess Club Weekender〉、最高のタイムテーブル+超貴重なサイン会も!

まもなく開催〈Hostess Club Weekender〉、最高のタイムテーブル+超貴重なサイン会も!

2月25日(土)、26日(日)に新木場スタジオコーストで開催される〈Hostess Club Weekender〉(以下、HCW)。注目のイベントのタイムテーブルがついに発表となった。 今回もそれぞれの出演アーティストが、単独公演と変わらないセット時間を

ピクシーズ、ザ・キルズら出演〈Hostess Club Weekender〉日割りラインナップ決定

ピクシーズ、ザ・キルズら出演〈Hostess Club Weekender〉日割りラインナップ決定

2月25日(土)・26日(日)に新木場スタジオコーストにて復活開催される〈Hostess Club Weekender〉(以下HCW)。 ピクシーズやザ・キルズ、リトル・バーリーにザ・レモン・ツイッグスなど豪華8組が揃い、先行予約が行われた2日通し券は即

ジョン・グラント初来日〈Hostess Club Presents Sunday Special〉開催決定

ジョン・グラント初来日〈Hostess Club Presents Sunday Special〉開催決定

新人から大御所まで、独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャーしてきたHostess Clubのライヴ・シリーズ。 この春、新たなイベント〈Hostess Club Presents Sunday Special〉の開催が決定した。

イトケンがソロ・アルバム発表、トクマルシューゴやTeam Meメンバーなど多数参加

イトケンがソロ・アルバム発表、トクマルシューゴやTeam Meメンバーなど多数参加

イトケンが13年ぶりとなるソロ・アルバム『スピーカー』を9月2日(水)にリリースする。 ドラマー、打楽器奏者であるイトケンは、トクマルシューゴ、相対性理論、蓮沼執太などさまざまなアーティストのバンドにメンバーとして参加。また自身のユニットであるD.V.D

View More News Collapse
11月開催〈HCW〉第3弾ラインナップにファックト・アップ&イベイー出演決定

11月開催〈HCW〉第3弾ラインナップにファックト・アップ&イベイー出演決定

11月2日、3日に開催される第9回〈Hostess Club Weekender〉の第3弾ラインナップとしてファックト・アップとイベイーの出演が決定した。 2012年11月開催の〈HCW〉でのパフォーマンスが好評だったファックト・アップが2度目の出演決定

応援!? 対決!? リトル・バーリー大阪公演にKING BROTHERS緊急参戦

応援!? 対決!? リトル・バーリー大阪公演にKING BROTHERS緊急参戦

いよいよ再来週に迫ったリトル・バーリーの大阪公演に、“応援アクト”としてKING BROTHERSが出演することがあきらかになった。 先日、メンフィスを皮切りにUSツアー〈HELL OH! USA TOUR 2014〉を敢行することを発表した西宮の狂犬3

〈HCW〉カイザー・チーフスからのコメント動画公開、2日通し券も発売開始

〈HCW〉カイザー・チーフスからのコメント動画公開、2日通し券も発売開始

11月2日(日)3日(土)に開催される第9回目となる〈Hostess Club Weekender〉のヘッドライナーを務めるカイザー・チーフスが、イベント出演に向けてコメント動画を公開した。 早くも9回目となる開催まであと2ヶ月をきった〈Hostess

チーム・ミー『ブラインド・アズ・ナイト』OTOTOYから配信開始

チーム・ミー『ブラインド・アズ・ナイト』OTOTOYから配信開始

北欧ノルウェー・オスロ出身の男女混合6人組バンド、チーム・ミーのニューアルバム 『ブラインド・アズ・ナイト』の配信がスタートした。 『トゥー・ザ・ツリートップス!』以来約2年半ぶりとなる待望のセカンド・アルバム『ブラインド・アズ・ナイト』は日本で世界最

リトル・バーリー来日公演OAに踊ってばかりの国、王舟、快速東京

リトル・バーリー来日公演OAに踊ってばかりの国、王舟、快速東京

リトル・バーリーが3年ぶりにおこなう単独公演に大阪公演が追加決定、さらにそれぞれオープニング・アクトの出演が決定した。 大阪公演は踊ってばかりの国、東京公演の9月25日(木)には王舟、9月26日(金)は快速東京、といった注目の邦楽アーティストたちがそれ

チーム・ミーが新作『ブラインド・アズ・ナイト』を日本先行リリース

チーム・ミーが新作『ブラインド・アズ・ナイト』を日本先行リリース

北欧ノルウェー・オスロ出身の男女混合6人組バンド、チーム・ミーがニューアルバム 『ブラインド・アズ・ナイト』を日本で世界最速リリースすることが決定した。 2012年、デビュー・アルバムトゥー・ザ・ツリートップス!』1枚で世界的ブレイクを果たしたチーム・

リトル・バーリー、3年振り&新作リリース後初の単独公演が決定

リトル・バーリー、3年振り&新作リリース後初の単独公演が決定

リトル・バーリーの単独公演としては3年振り、新作リリース後初の来日公演が決定した。 モリッシーやプライマル・スクリームのギタリストとして知られるバーリー・カドガン、ベースのルイス・ワートン、スティーヴ・ハウの息子でドラマーのヴァージル・ハウの3人による

メインは渋谷! Little Barrieが全編日本撮影のPVを公開

メインは渋谷! Little Barrieが全編日本撮影のPVを公開

リトル・バーリーの最新PV「Tip it Over」が公開された。 Little Barrie 「Tip it Over」 フロントマンのバーリー・カドガンはモリッシーやプライマル・スクリームのバックギタリストとしても活躍し、さらにポール・ウェラ

カイトとチーム・ミーの夢のカップリング・ライヴが決定

カイトとチーム・ミーの夢のカップリング・ライヴが決定

5月9日(水)恵比寿LIQUIDROOMにて、カイトとチーム・ミーのツーマン・ライヴが行われることが決定した。 UKはレスターシャー出身のカイトは、これまでに3枚のアルバムをリリース。叙情的な世界観に人気が集まっており、日本でも〈SUMMER SO

Collapse

Articles

【REVIEW】リトル・バーリー、5作目のアルバムを日本先行リリース!

レヴュー

【REVIEW】リトル・バーリー、5作目のアルバムを日本先行リリース!

【REVIEW】リトル・バーリー、5作目のアルバムを日本先行リリース!日本でも熱烈な支持を受けているイギリスの3人組ロック・バンド、リトル・バーリーが5作目のアルバム『DEATH EXPRESS』を日本先行でリリースです。モダン・ブルーズ、ファンク、ロック…

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

インタヴュー

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 『ポストロック・ディスク・ガイド』を巡って、あるいは2015年夏、インディ・ロックのある視点初夏に刊行された『ポストロック・ディスク・ガイド』(以下、『ディスク・ガイド』)、それと呼応するようにポストロックの重要バンドのリリースが続いているーーt…

リトル・バーリー、3年ぶりの新作『シャドウ』をリリース

ライヴレポート

リトル・バーリー、3年ぶりの新作『シャドウ』をリリース

2005年にデビュー、モダンなブルーズ・ロック・サウンドを中心に、作品ごとに違う色を取り入れ変化し続けるイギリスの3人組、リトル・バーリーが3年ぶりとなる新作『シャドウ』をリリース。ライヴ感を大事にしたという今作は無駄な音が極限まで削ぎ落とされ、そのストイ…

トラヴィス、5年ぶりのニュー・アルバム『Where You Stand』をリリース

レヴュー

トラヴィス、5年ぶりのニュー・アルバム『Where You Stand』をリリース

1996年のデビュー以来、数々の世界的大ヒットを生み出し、UKロック界を牽引してきたグラスゴー出身の4人組バンド、トラヴィス。力強いロック・アンサンブルとメランコリックな美しいメロディで世界中に根強いファンを持つ彼らが、5年の沈黙を破りニュー・アルバム『W…

The Editors、4thアルバムリリース & インタヴュー

インタヴュー

The Editors、4thアルバムリリース & インタヴュー

2作品連続で全英チャート1位を獲得した、UKが誇るモンスター・バンド、エディターズが3年半ぶりとなる4thアルバムをリリース。2013年6月、Hostess Club Weekender出演のため来日していたメンバーに直撃しました! メンバーの脱退、加入か…

注目のバンドが来日するHostess Club weekenderのコンピレーション・アルバムがリリース

ライヴレポート

注目のバンドが来日するHostess Club weekenderのコンピレーション・アルバムがリリース

レディオヘッドやヴァンパイア・ウィークエンドなど、海外の良質な音楽を多くとりあつかうレーベル・Hostessが贈るパーティー“Hostess Club weekender”が、2013年6月8日、9日の2日間に渡って恵比寿ガーデンホールで開催される。その開…

Hostessレーベル・コンピレーション『NO SHIT!』

レヴュー

Hostessレーベル・コンピレーション『NO SHIT!』

世界の洋楽作品を東京・中目黒から発信し続けるレーベル、ホステス・エンターテインメントが、創立から10年の時を経て遂に初のレーベル・コンピレーションをリリースする。ドミノ・レコーディングス、PIASエンタテインメント・グループ、ベガーズ・グループ(XLレコー…